「人付き合いが苦手」な人にピッタリなお仕事を紹介!人付き合いの苦手意識を改善するコツもご紹介

人付き合いが苦手な人向けの仕事 転職のポイント

職場の人との良い人間関係が気づけない…。
「自分は仲良くしたいのに冷たい…。」

人間関係がうまくいってないと仕事に行くのもシンドイですよね。元から人付き合いが得意ではない性格だと、どう頑張って改善されないのが人間関係です。

一生懸命ツライことをしながらお仕事をするよりも、いっその事人付き合いがあまりない仕事を探してみるのが良いこともあります。

今回は人付き合いが苦手な人向けのお仕事をご紹介します。社会で働く以上は人付き合いが0(ゼロ)というのは難しいですが、他のお仕事(職種)と比べると人付き合いが少なくてすむ仕事はたくさんあります。

また、人付き合いが苦手な人は「人付き合いの方法」が間違っているだけの可能性があります。これを機に人付き合いを苦手にしてしまっている原因を探してみましょう。

 

人付き合いが苦手な人にピッタリなお仕事

人付き合いが苦手な人向けの仕事

 

人付き合いが苦手な人向けの仕事をここでは紹介します。

チームワークを重視するという働き方よりも、作業に集中するような働き方が中心になります。人と話すことが少ない仕事で、向いている人にとっては仕事がかなり楽に感じられるでしょう。

 

コンサル山田
コンサル山田

もちろんどんな仕事も人付き合いがまったくないわけではないぞ。

 

開発職や技術職

人付き合いが苦手な人はITエンジニア・プログラマーといった技術・開発職を目指す道もあります。

プログラミングの知識をつけておけば高い収入をデスクワークで得ることができ、普段の仕事の大半はPCに向かって作業をすることが多くなります。

 

人付き合いが苦手でも技術・開発職でその分スキルを仕事で発揮することができれば自分の会社でのポジションを確立することができる仕事です。

人付き合いのせいで肩身が狭い思いをすることがないので、プログラミングの勉強をするモチベーションがあるならぜひ選択肢の一つに入れてみてください。

 

派遣社員(非正規)

正社員へのこだわりがないなら、派遣社員としての働き方も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

正社員が「会社に貢献する」ということを期待されている一方、派遣社員は「業務の一部を手伝うために別会社から派遣されている」というポジションです。社内政治などに心底嫌気が差しているなら、社内のいざこざから完全に独立した存在である派遣社員として働くことで面倒な人付き合いから解放されることもあります。

また会社が合わない場合は一定期間で別の派遣先に変えてもらうことができるのも派遣社員のメリットです。

人付き合いを重視して職場を選びたい場合は、派遣社員として色々な会社を見て自分に合うところを探してみるのもよいでしょう。

おすすめはデータ入力業務です。

とにかく人との関わりがなく、PCに向き合う仕事であるため職場の人たちも「できるだけ人付き合いが少ない仕事がしたい」という動機からデータ入力の仕事を志望していることが多いです。いつも静かで世間話などもする必要ない職場がほとんどなのでストレスなく勤務できるでしょう。

派遣社員の募集が多い事務系の仕事もデスクワークでの作業が中心なのでおすすめですが、データ入力の作業よりはコミュニケーションの頻度が多くなることは覚悟しておきましょう。

 

派遣社員に関して
派遣社員と正社員の違いについてまとめた記事もご覧になってください。
参考:派遣から正社員になれるの?方法は3つ!メリット・デメリットを紹介

 

ライン工(工場勤務)

工場のライン工

デスクワークは嫌だ、自分の体を使った仕事がしたいという場合には工場のライン工という選択肢もあります。

ライン工の仕事は決められた時間で決められた作業をやり切る、スピードと正確性の仕事です。作業中にはおしゃべりをする余裕もありません。作業に集中しているとあっという間に1日が終わっているということもあるので向いている人は苦痛なく働くことができます。

また期間限定のライン工は貯金をしやすいというメリットもあります。工場によっては夜勤も含むため寮に入らなければならないことが多いのですが、寮費はほとんどの場合無料なので家賃分を浮かすことができます。

自動車メーカーの工場などでは最大の契約年数である2年11ヶ月を満了すると、慰労金として数百万円を受け取ることができるところもあります。また生産技術管理職にキャリアアップする可能性もあるので、手先が器用な人は考えてみてもよいかもしれません。

 

配送ドライバー

配送ドライバーの仕事は人付き合いの少ない仕事の代表格です。

タクシードライバーは人と話すことがあり気が使うシーンが多いですが、配送ドライバーであれば仕事内容によっては大幅に少なくなります。免許を取るモチベーションがあるなら、トラックのドライバーになるのも一つの手です。

荷物の積み下ろし以外、ほとんどの時間を一人で運転して過ごすため人との関わりを極力抑えられます。

とくにおすすめなのがルート配送という、決まったルートを走って荷物を降ろして回る仕事です。お互いに仕事を把握し合っているためあいさつ程度のコミュニケーションだけで済ますことができ、人付き合いのわずらわしさを感じません。

ただ積み下ろしの作業は体を使いますし、朝方まで勤務することもあるため体力勝負の仕事になります。

 

 

人付き合いがうまくいってない(苦手)な原因を探ろう

人付き合いがうまくいかない原因

 

人付き合いが苦手な人におすすめの仕事をご紹介しました。

人付き合いが苦手なら人付き合いを避けることができる仕事に就くことも大切なことが「なぜ今、人付き合いが苦手になってしまっているのか」という原因を探ることです。

仕事上での人付き合いは環境によって大きく変わる可能性もあります。

「そもそも人と話したくない」という根本的な理由以外では大体2つの原因が隠れていますので一度自分の現状を振り返ってみましょう。

 

上司や同僚などの職場関係がうまくいってない場合

今「人付き合いが苦手」なのは、職場の上司や同僚とうまくいっていないからではないでしょうか。

あなたに問題があるわけではなく、とにかく相性が悪いということも考えられます。

とくに上司との相性は大切で、職場で活躍できていなかった人でも、自分の長所を生かしてくれるマネジメントの上手な上司の下についたことにより社内MVPを獲得するまでになった、ということは本当によくある話です。

あなたに問題があるのではなく、上司に問題があるという可能性も忘れないでください。無能な上司でも社内政治だけは上手で一定の評価を得ているという場合もあるので、味方がいなくて辛い思いをしているかもしれません。
仕事内容は好きなのにとにかく上司や同僚との意見が合わない、うまくいかないという場合は無理に転職する必要はないかもしれません。

上司が苦手」な場合や、同僚とうまくいっていないのなら部署移動を申し出て社内で環境を変えてみることから始めてはどうでしょうか。

 

上司が嫌い
上司が嫌い!そんな人向けの記事です。
参考:「上司が嫌い!」合わない上司との関係をスッキリ解決・解消する方法

 

それでもうまくいかない場合に転職活動を始めてみても遅くはありません。

転職活動はそれなりの時間と労力を要するものなので、転職活動に比べると社内での部署移動の方がはるかに簡単に労働環境を変化させることができます。

 

コンサル山田
コンサル山田

同じ人間でも会社によってまったく変わるんだ。実際に私の経歴を見てもらえればわかる

 

 

仕事内容の相性が悪いせいで成果がでてなく周りの人から冷たい

周りが冷たい

 

今の仕事内容が自分に合っていないという可能性はありませんか?

職人のように作業に打ち込むことで本領を発揮できるタイプなのに、器用に動き回る営業としての働き方を求められている場合など、自分のよさを生かすことができない仕事をしていると成果につながりません。

そのせいで周りから「あの人は仕事ができない」と見なされ、冷遇されているということもあります。

仕事内容が自分に合っていないという自覚があるなら、ポジションチェンジも考えてみましょう。それが不可能なら、思い切って転職して自分に合った仕事を見つけるべきです。

仕事内容がはまって成果がでれば今までの人付き合いが信じられないくらいコミュニケーションが上手くいったり、周りがあなたに対して丁寧に接してくれるようになります。

仕事内容と自分の強みが本当に合致しているのか、仕事ができないのではなく自分の長所を生かせていないせいで人付き合いにも響いているのではないか、ということを一度よく考えてみましょう。

 

会社が嫌
会社が嫌らなとっととやめよう。でもその前に試してもほしいことをまとめています。
参考:「会社行きたくない」ならとっとと辞めよう!最後試してみるべき7つの方法はコレ!

 

人付き合いが苦手どうしても!誰とも合わないなら独立するしかない

思い切って独立

それでもどうしても人付き合いが苦手、そもそも人に管理されたり空気を読んで合わせなければいけないのが嫌という場合の最終手段は独立です。

独立すると自分の営業力で仕事を取らなくてはならなかったり、経理面を管理したりと苦労は多いですが会社員特有のわずらわしい人付き合いから解放されることは確かです。

今ではオンラインで受注する在宅ワークという働き方もあり、それで生計を立てている人たちもたくさんいます。

 

「週末起業」と呼ばれる、普段は会社で働きながら、週末を中心に独立へ準備する動き方もあり、独立してからの仕事がないというリスクも回避できるため、人付き合いが苦手なら週末企業から始めてみるのも一つの手段です。

自分自身にwebデザインやプログラミングなどのスキルがあるなら、インターネット上で営業活動をして仕事をもらえば人との直接的な付き合いは避けることができます。

今は「嫌なことでも我慢して働く」という時代ではありません。自分の長所やゆずれない条件に応じて色々な働き方が可能なので、「独立する」という選択肢も持っておいて損はありません。

 

コンサル山田
コンサル山田

私は最終的にはそれが理由で自分で会社を作ったからな

 

人付き合いが苦手な人向けのお仕事紹介 まとめ

人付き合いを苦手人向けのお仕事をいくつかご紹介してきました。

 

  • ITエンジニア
  • データ入力の派遣社員
  • 工場のライン工
  • ドライバー

 

会社員が悩みがちな人付き合いを気にする必要がないので、転職を考えている人はぜひ選択肢として考えてみてください。

また、人付き合いが苦手となっている原因が何なのかを把握することが大切です。

 

  • 上司や同僚との相性が悪いのか
  • 仕事内容が合っていないために成果が出ず、周りの人が冷たいのか

 

という2つのどちらかである場合、人付き合いが苦手になっているのは自分だけのコミュニケーション能力の問題ではないかもしれません。

それでもとにかく会社員としての人付き合いから解放されたいなら、独立してしまうのが一番かもしれません。

今はインターネット上でコミュニケーションをとり、仕事を進められる時代です。無理に我慢して会社員の身分にこだわるよりも、自分に合った働き方を見つけてください。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました