転職で後悔する代表的事例3つ!後悔したらまたすぐに転職ってできるの?事前の確認ポイントもご紹介

退職届の作成 転職のポイント

転職をする人の多くは「現状に不満」がある人です。

コチラのデータは厚生労働省が調査した自己都合で退職した人の主な退職理由です。転職者の理由の上位を見てみると「労働条件に不満」「仕事内容に不満」「会社の将来に不安」「人間関係うまくいかず」といった内容です。

 

 

「現状の不満点を解消するために転職」したはずなのに、転職後悔してしまうには代表的な3パターンがあります。

 

コンサル山田
コンサル山田

「せっかく転職したのに更に不満が増えてしまった」そんなことにならないようにしないとな。

 

秘書ひとみさん
秘書ひとみさん

もし今、転職して後悔していたとして、その次どうするかも考えてみましょう。

 

転職後悔しないために、事前にしっかりと確認すべきこと、そしてもし今アナタが転職したばかりで後悔をしていたとして、もう一度転職をすべきなのかどうか、についてもご紹介していきます。

これから転職を考えている人も、すでに転職して後悔している人も必見です。

 

転職で後悔する代表的事例3つ

転職で後悔する3パターン

 

「前職に不満をがあって転職したにも関わらず転職で後悔した」というのには主に3つのパターンがあります。

 

やりたいことと違った

仕事内容に不満があり自分のやりたいことを見つけたと思い転職、にも関わらず実際の業務は違って後悔、これは代表的な転職後悔のパターンです。転職の際に、事前に業務内容をしっかりと調べて面接挑んだにも関わらず入社後違ってしまう、なんてことも。

よくあるパターンが希望していた業務が全体の一部でしかなく、実はほとんどがそれ以外の業務、というケースです。

たとえば経理業務を希望していたので「経理」の仕事で応募して転職したにもかからず、経理業務はほんの一部で実はほとんどが一般事務・総務・庶務といった業務だった、というようなケースです。

面接では業務内容の全体をしっかりと確認する必要があります。

 

コンサル山田
コンサル山田

表面的な話だけで転職を進めてはダメだぞ。

 

待遇が違った

「給与や労働条件に不満があり、希望する条件の会社に転職したのに、入社後に条件が違うことが判明」

転職で後悔するパータンとしても「待遇面が違った」ということもあります。

さすがに違法企業でもない限り採用時の「労働条件通知書」に書かれている基本給が大きく違う、なんてことはないと思いますが、労働時間やサービス残業、また昇給・減給の条件が違った、ということはあります。

「残業はほとんどないと言っていたのに、結局月40時間も残業させられる」「残業代が一部しかでない」「休日出勤がある」「実は昇給する人がほとんどいない」といった内容です。

なかなか面接や募集要項だけでは見抜くことが難しいので、転職する際は転職口コミサイトの利用が必須です。

 

転職口コミサイト

おすすめの転職口コミサイト4選をコチラの記事でご紹介しています。
参考:【転職口コミサイト比較】実際に利用して信用できる4サイトはコレ!

 

人間関係が悪かった

人間関係が悪かった

仕事していて一番ツライのは人間関係が悪い状態です。

「せっかく転職したのに更に悪い人間関係になってしまった」こんな転職後悔のパターンもあります。

 

コンサル山田
コンサル山田

人間関係ばかりは入社してみないとわからないことが多いんだ。

 

実はこの人間関係についてが入社前に見抜くのが一番難しいのです。入社後に配属された部署にどんな人がいるかまでは把握できないからです。

面接時に直属の上司となる人とじっくりと話をするのと、「経営者の考え」というのも社内全体に行き渡っていることがありますので「最終面接での経営者の考えが合うか」というのも重要になってきます。

 

 

転職で後悔しないために事前に必ず調べること

事前にチェック

 

転職で公後悔する代表的な3パターンをご紹介してきましたが、次に転職で後悔しないための事前チェックポイントをご紹介します。

 

仕事内容・職種・職責

入社後にやりたい仕事と違った、ということにならないよう募集要項をしっかり確認した上で、面接でも「業務内容」について詳細に質問します。

全体的な仕事内容はもちろんのこと、一日の流れや1ヶ月の流れ、実際の募集要項以外にも手伝う仕事があるのか、など突っ込んで質問しましょう。

 

  • 全体の仕事
  • 一日の仕事の流れ
  • 一週間、一ヶ月単位の仕事の流れ
  • 募集要項以外にも行う業務があるのか

 

少しでも疑問点があればクリアにしなければなりません。あやふやなまま転職活動を進めると後悔することになってしまいます。

また転職エージェントを利用していたら、過去に転職した人が実際にどうだったのかも知ることもできます。

 

給与や待遇面の確認

給与や待遇等、記載にあることはもちろんのこと、将来的なことも含めて確認していきましょう。

 

  • 昇給・昇進の状況
  • 残業について
  • 休日出勤の可能性
  • 転勤・部署異動の可能性
  • 各種手当・社保年金の状況など

 

保険制度や退職金、財形、確定拠出年金等は見落としがちです。他にも住宅手当の有無や通勤交通費等に制限がある会社もあります。

実際は「総合職のみに昇給昇進」なんてケースもあります。

 

募集要項と違ったという点は大きな不満になるため転職口コミサイト<などで書き込まれることがあります。

転職口コミサイトで「実際入社したら違った!」といったようなことがないかチェックしてみましょう。

 

 

会社の将来性

将来性は大丈夫か

 

せっかく転職をしたのに、1年後には業績悪化でリストラ、なんてこともありえるのが今の世の中です。

上場企業でもない限り会社の将来性を計るのは難しいですが、将来性がない会社というのうはある程度見抜くことができます。

 

  • 給料が安い
  • 残業が多い
  • 業界的に伸びない
  • 社員に覇気がない
  • 社内・共有スペースが散らかっている・汚い

 

いくら綺麗事を言っていても業界平均より給与が安いと、現在の経営がうまくいっていない可能性が高いです。たとえ売上があって新規の顧客が増えているといっても、多額の借金を抱えて自転車操業で経営している場合もあります。

また異常なほどの残業をしている会社も業務に無理が生じています。社員にそれほどまで残業させなければ経営できない時点で、その会社はもう危険な状況です。

 

また転職で大事なことは業界選びです。業界的に近い将来なくなるような業界は、これ以上伸びる可能性がない業界の会社も将来性は厳しいでしょう。

 

伸びる業界
今後10年伸びる業界についてコチラでまとめています。
参考:この先10年伸びる業界へ転職して人生逆転を狙おう!

 

その他、面接で訪問した際、社員に覇気がない会社や、社員の身だしなみが乱れている会社も危ないでしょう。社員に元気がなく汚れたスーツやすり減った革靴の社員ばかり…給与も安くモチベーションが低い社員ばかり、そんな会社に将来性はありません。社内も散らかり、トイレも汚れている、なども今後伸びていく会社ではありません。

面接ではコチラもしっかり目を光らせ会社を面接する気持ちで挑みましょう。

 

 

職場の人間関係を見抜く

人間関係は大丈夫か

 

一番むずかしいのが人間関係についてです。

直属の上司は面接のときに話すことがあっても配属部署全員をじっくり話すことはできません。「上司がいい人そう」と思っても同僚や部下になる人と合わないという可能性もあります。

ある人にとっては素晴らしい人間関係でも、別の人にとっては人間関係が合わない会社、こんなことがありえるのが人間関係なのです。

人間関係が合うかどうかを見極めるには面接でじっくり話すしかありません。

 

  • 上司となる人と話す
  • 仕事観について聞いてみる
  • どんなメンバーを求めているかを聞いてみる
  • 部下にどんな風になってもらいたいかを聞く
  • 経営者に「求める人材像」を聞く
  • どんな社員が評価されているかと聞く
  • 社風を聞く

 

このあたりを面接でしっかり話してみましょう。

経営者どんな社員を求めているかで社内にどんなタイプの人間が多いのかが分かります。

また直属の上司となる人の仕事に対する考え方が自分と合うかも重要です。仕事観が合わない人と一緒に仕事するのは苦痛です。

 

人間関係すべてをクリアにすることはできませんが、ある程度面接での質問で「どんな社員が多いのか」というのを知ることができます。

 

 

転職して後悔!すぐにまた転職ってできるの?

転職してすぐに転職

 

転職で後悔しないためのチェックポイントをご紹介してきましたがすでに転職して後悔しているという人もいるでしょう。

「実際に転職してまだ短期間なんだけど明らかに希望と違った!転職した後悔!」となった場合どうすれば良いのでしょうか。

 

できれば3年はがんばりたい

「転職して後悔!」となってもできれば3年はがんばりたいところ。

短期間での転職は採用担当者からの印象も良くなく、次の転職でまた苦労することになります。とくに人気企業への転職は難しく、結局また人気のない企業、自分の希望と違った企業へ転職することになり「後悔」することにもなりかねません。

 

よほどのブラック企業や労働契約違反ではなければ、少し落ち着いてもう少しだけがんばってみるのはいかがでしょうか。チャンスが有れば「部署異動」や「業務内容の変更」を希望して新しいやりがいをみつける方法もあります。

 

結局の所、自分の希望が100%通るような転職先はありません。少し冷静になって今のいるところで成果をだしてみるのはいかがでしょうか。

3年後にキャリアと実績を積んで自分の希望するより良い会社へ転職をするのです。

 

 

1年以内でも転職は可能

もしブラック企業や労働契約違反、また人間関係が完全に合わないなど1日でも続けるのが厳しい状況の人もいるかと思います。

転職後にすぐまた転職するのは厳しい状況ではありますが、1回なら「前回は転職失敗だった」と許容してくれる企業もあります。

 

コンサル山田
コンサル山田

実際に私は転職した半年後にすぐに転職したことがある。更にいい優良企業へ転職できたんだ。

 

もちろん「なぜすぐに転職するのか」は必ず聞かれます。面接官が納得できる回答がでなければ採用されないので厳しい転職活動になりますが、可能性はあります。

どうしても合わないのであれば、いっそのこと思い切って転職するのも今のタイミングであれば有りでしょう。

 

転職で後悔する代表的事例3つ まとめ

転職で後悔する代表的な3パターンと後悔しないための事前のチェックポイント、そして後悔している人の転職の可能性についてご紹介してきました。

何かしら現状に不満があるから転職をするので、次の転職先でも同じような失敗は避けたいところ。

しっかりと事前リサーチをして転職活動を行いましょう。

 

コンサル山田
コンサル山田

転職は情報量が勝負だ。口コミサイトや転職エージェントと複数使いながら転職を成功させてほしい。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました