転職エージェントの選び方を解説!

転職で後悔する代表的事例3つ!後悔したらまたすぐに転職ってできるの?事前の確認ポイントもご紹介

第二新卒での転職

転職をする人の多くは「現状に不満」がある人です。

厚生労働省が調査した自己都合で退職した人の主な「労働条件に不満」「仕事内容に不満」「会社の将来に不安」「人間関係うまくいかず」といった内容です。

しかしながら「現状の不満点を解消するために転職」したはずなのに、転職後悔してしまうに人が増えています。

その転職後悔する代表的なケースは3つあります。

 

ハジメ

「せっかく転職したのに更に不満が増えてしまった」そんなことにならないようにしないといけません。

 

またもしいま転職して後悔していたとして…その次どうするかもご紹介します。

リカさん

 

転職後悔しないために、「事前にしっかりと確認すべきこと」そしてもし今アナタが転職したばかりで後悔をしていたとして、「もう一度転職をすべきなのかどうか」についてもご紹介していきます。

これから転職を考えている人も、すでに転職して後悔している人も必見です。

 

転職で後悔する代表的事例3つ

転職で後悔する3パターン

 

「前職に不満をがあって転職したにも関わらず転職後悔した」というのには主に3つのパターンがあります。

 

「やりたいこと」が大きく違った

自分がどんなことがしたいのかを考えずに、転職先を決めてしまう人は意外と多くいます。

そのためいい会社へ転職ができても、「やりたいことと違った」と感じて後悔をするのです。

誰でも辛い仕事に追われていると、「この仕事は自分には合っていない」と感じます。

後悔する人は、そう思ったらすぐに転職を考えてしまうのが特徴。その前に自分がどんな仕事をしたいのかを考えることが大切です。

もし現在の仕事が辛くても、やりたいことであれば踏みとどまるでしょう。

転職をする際もやりたい仕事を見つけることができ後悔をせずに澄みます。

 

ハジメ

適職診断を事前に受ける、ことで自分に合う仕事・やりたい仕事がわかることもありますよ。

 

無料の適職診断

転職を考えている人は無料の適職診断を受けましょう。

参考【無料】仕事や転職で悩んでいるなら適職診断を受けてみよう!

 

聞いていた待遇と違った

最も多いといっても過言ではない転職で後悔するパターンが、求人内容と待遇が違うことです。

やりたい仕事と違ったということだけでなく、労働時間、給与の問題も多くあります。

 

ハジメ

これは無駄に転職回数を増やしてしまうので、避けたいですね。

 

なぜ求人内容を見て入社したのに、待遇が違うかというと、求人情報にはいい例だけを記載していることが多いからです。

  • 長年勤務している人の給与を記載している
  • 全員には当てはまらない待遇を記載している

 

 

などの例は、嘘ではありませんが入社してからの相違に繋がります。

そんな後悔をしないためには、「労働条件通知書」を確認しましょう。

労働条件通知書とは、転職先に内定が決まると、発行してもらえる書類です。

求人情報には記載されていなかった事項まで確認ができます。必ず細部まで確認しましょう。

 

転職口コミサイト

おすすめの転職口コミサイト4選をコチラの記事でご紹介しています。

参考転職口コミサイトを徹底比較!私が利用して「信頼できる」と思った転職口コミサイトを4つ紹介します。

 

人間関係がすごく悪かった

人間関係が悪かった

どれだけ仕事に満足していても、人間関係が悪い会社はストレスが多いです。

実際に仕事で鬱になる人の原因で1番多いのはこの人間関係のトラブル。嫌がらせやパワハラ、女性ならセクハラなどの例があります。

確かに転職しようと思っている会社の人間関係までばっちりリサーチすることは難しいため後悔も多いです。しかし、できる限り実際に働いている人の声を聞くことが大切です。

 

ハジメ

人間関係ばかりは入社してみないとわからないことが多いでんです。

 

転職で後悔するパターンで「人間関係について」が事前に見抜くのことが一番難しい項目です。

面接で話した人と入社後に一緒に仕事する人が異なることがお多いからです。

 

できるだけ、面接時に直属の上司となる人と話すような機会をお願いしましょう。

また経営者がどんな人かも重要です。「経営者の考え」は社内全体に行き渡っていることがありますので「経営者の考えが合うか」というのも重要になってきます。

最終面接で経営者と話す機会があると思いますのでそのときに「会社の経営方針」や「社風」についてじっくり話をしましょう。

 

 

 

\ 無料で診断 /適職診断を受けよう

転職で後悔しないため4つの回避策

事前にチェック

 

転職で公後悔する代表的な3パターンをご紹介してきましたが、次に転職で後悔しないための事前チェックポイントをご紹介します。

仕事内容・待遇条件を今一度しっかりチェック

仕事内容や待遇条件は、しっかりと調べましょう。

しかし後悔した事例でも少し触れましたが、求人情報には、全ての人には当てはまらないいい条件だけを記載している可能性が高いです。

そのため自分でのリサーチの他に、内定後にもらえる「労働条件通知書」や「雇用契約書」も絶対に確認しておきましょう。

 

企業はこれらを発行する義務があります。ほとんどの企業は入社までの間に渡してくれるはずです。もしコチラから言わないと「労働条件通知書」や「雇用契約書」を発行してくれない、入社以降に渡されたなどの転職先は要注意です。

細かい条件を確認されないために、隠そうとしている可能性があります。

 

内定を断るのも、しっかりと正しい条件を確認してからでOK。

気になる点は、積極的に質問などもしてください。注目するポイントは、以下の必ず明示されるべき事項6つです。

 

  • 労働契約期間
  • 就業場所、従事する業務
  • 始業終業時刻
  • 休日
  • 賃金
  • 退職について

 

 

以上の項目に漏れがないか、求人情報と一致しているかを確認しましょう。

実際に働いことのあある社員の口コミをチェック

企業に質問をしても、返ってくる答えは業務的なことばかりです。

いくら正しいことを教えてくれていても、実際に働いている人の意見ではありません。

転職で後悔しないためには、実際に働いたことのある社員や、現在働いている社員の口コミをチェックしましょう。

おすすめは「オープンワーク」や「転職会議」などの、登録制転職向け口コミサイト。

それぞれそ会社の社員や、元社員が投稿した評価の統計が見れることや、いい点だけでなく、悪い点まで見ることができるので信憑性がとても高いです。

また社員たちが皆ほぼ同じ意見を持っていることが口コミから分かると、実際に働いているイメージもしやすく安心できます。

 

転職口コミサイト

おすすめの転職口コミサイト4選をコチラの記事でご紹介しています。

参考転職口コミサイトを徹底比較!私が利用して「信頼できる」と思った転職口コミサイトを4つ紹介します。

 

業績をチェックする

将来性は大丈夫か

転職をする上で、企業の業績までチェックする人は意外と少ないのです。

業績をチェックする主な方法は、上場企業であれば「IR情報」や「会社四季報」を見ることです。

IR情報とは、上場企業がホームページで公開している業績情報。株主や投資家向けに公開しているので、決算書や財務状況が確認できます。

たとえば多少業績が伸び悩んでいても、今後の事業戦略がしっかりと練られている企業は安心できるなどの見方ができるでしょう。

 

ただし上場企業しかIR情報を載せていないのが残念ですが、知っておいて損はないチェック方法です。

IR情報が無くても、会社四季報という雑誌に業績のデータがまとめられていることもあります。こちらも転職をしたい人向けの雑誌ではありませんが、業績をチェックすることに役立つでしょう。

 

四季報

created by Rinker
東洋経済新報社
¥2,241 (2019/11/11 16:39:09時点 Amazon調べ-詳細)

 

面接時に社風をチェック

人間関係は大丈夫か

同じ業種内転職でも、会社によって社風は違います。

また転職をしたい人も思い描く社風はそれぞれです。社風が合っていないことは、職場に満足ができない原因になり得ます。

そのため面接の際に「逆質問」で社風をチェックしましょう。

逆質問とは、面接で「最後に何か質問はありますか?」と聞かれるタイミングです。

このときに、自分が知りたい社風を聞き出すような質問をしてください。

  • どんな社員が評価されるのか
  • 社風について
  • どんな人が合わずに辞めてしまうのか

 

などです。

 

ダイレクトに気になることは質問しましょう。

その企業が、自分の想像と合っているかを確認する大きな材料となるので、知りたいことを面接前に考えておいてください。

 

 

転職して後悔している場合どうすればいいの?

転職してすぐ転職

 

いくら念入りに調べて転職をしても、気がつけなかったことや、思わぬ誤算は仕方がありません。その場合は、またすぐに転職ができるのかを解説していきます。転職回数が、企業からどう見られるのかなどもわかりますよ。

可能であれば3年は続けたい

転職が多いと、長く働けない人だと判断されて、再就職が不利になるとよくいわれます。

スキルが重要になる職種だと、そこまで気にされないこともありますが、3~4回以上の転職はよく思われないことが多いです。

そんな中でも企業が重視する点は1つの会社で3年以上働いているかということ。

もし転職回数が多くてもそれぞれ3年以上勤務しているのと、そうでないとでは印象が大きく変わるでしょう。

そのため、すぐに転職を考えずに、できれば部署異動や休職しながらでも3年はがんばりたいところ。

体調を崩した、給与がもらえないなどの状況では仕方ありませんが、イメージと違ったという理由なら3年頑張ればあなたのスキルや強みに変わる可能性も大です。

 

やりがいを見つける

今の仕事からやりがいを見つける方法をコチラの記事でご紹介しています。

参考やりがいのある仕事を見つけよう!今の仕事をやりがいのあるものにしていくためには

 

 

ただし1年以内でも転職は可能

残る努力や、周りに相談をしても、早期に転職した方がいい例もあります。

そんなときによくある失敗が早期に退職してから転職先を探すことです。

1年内の転職は思っているより苦戦します。

短期間で転職をする場合は、今の会社辞めずに転職活動をしてください。会社に属しながら転職活動しほうがまだ印象がよいです。心理的にも落ち着いて転職活動に挑めます。安心して転職先を探しましょう。

転職先には、ぜ短期間のうちに転職をしなければいけなくなったのかを聞かれます。その際は正直に事情を話せば、理解してくれるところもあります。

ハジメ

厳しい転職活動になるので転職エージェントは必ず利用しましょう。

 

転職エージェントについて

おすすめの転職エージェントから転職エージェントの利用方法までご紹介

参考転職エージェントおすすめ13社!キャリア別に実際に利用した転職成功者が詳細に紹介

 

\ 無料で診断 /適職診断を受けよう

転職で後悔する代表的事例3つ まとめ

転職で後悔する事例や、またすぐに転職ができるのかを解説しました。

転職をする際は、入念な事前調査がとても大事。後悔する人が多いのは、事前調査の仕方が分からない人が多いからです。

また転職に失敗してしまいどうしてもキツかったら部署異動や休職しながらでもできれば3年は続けたいです。もし厳しそうであれば1年以内でももちろん可能です。

 

転職エージェントおすすめ転職エージェントおすすめ13社!キャリア別に実際に利用した転職成功者が詳細に紹介 転職口コミサイト転職口コミサイトを徹底比較!私が利用して「信頼できる」と思った転職口コミサイトを4つ紹介します。 やりがいのある仕事とはやりがいのある仕事を見つけよう!今の仕事をやりがいのあるものにしていくためには

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です