転職エージェントの選び方を解説!

ヘッドハンティングでの転職は気をつけよう!ヘッドハンティングのメリットと注意ポイント

営業職として質の高い実績

スカウト形式でビジネスパーソンに声をかけて転職を促すことを「ヘッドハンティング」と呼びます。実績のある人や優秀な人ほど、このヘッドハンティングの声がかかりやすいと言われています。

 

ハジメ

「ヘッドハンティング」という言葉にはビジネスパーソンとして憧れがあるな。

 

ヘッドハンティングという言葉を聞いたことある人は多いと思います。実際のところ、どういったものなんでしょうか?

声のかかる優秀な人材とは?誰からどんな風に声がかかるのか?秘密裏に行われることも多く、実情がわかりにくいのがヘッドハンティングです。

今回は、このヘッドハンティングを解説していきます。

「ヘッドハンティングサービスの利用も考えている」人だけでなく、「実は、ヘッドハンティングされて戸惑っている」という方にも活用できる知識をご紹介していきます。

ヘッドハンティングとは?

ヘッドハンティング

 

優秀な人材を欲している企業が、別の企業に勤めている(または独立している)ビジネスパーソンを引き抜くことをヘッドハンティングといいます。

ヘッドハンティングの最大の特徴は「企業側から声がかかる」という点です。普通の転職活動とは異なり、自分で転職活動をすることはありません。

 

ヘッドハンティングサービス会社に登録しておくことで、自分の経歴・実績などを中心に評価され、企業側から声がかかることがあります。

「今すぐにでも転職したい」というよりも「とりあえず現状に満足しているが、今以上の条件があるなら転職を考えても良い」という人向けのサービスになります。

ヘッドハンティングで見られるのは「実績・評判・経歴」なので、経営層やトップマネジメント層の人材を中心に行われます。

 

また、業界で有名になるとヘッドハンティングサービス会社に登録しなくても、ヘッドハンティングされることはあります。業界大手に勤めている場合は、ライバル企業から。他には同僚や上司が起業・独立をするときにヘッドハンティングされるパターンなどがあります。

他にも良好な関係を築いている取引先など、想定していない場所からの引き抜きもあります。

 

しかし、身の回りからヘッドハンティングの声がかかるのは、限られたごくわずかな時だけです。優秀なだけでなく、タイミングも良くないと声がかかることはありません。

そのため、ヘッドハンティングを待つのであればヘッドハンティングサービス会社に登録するのがっベストな選択です。優秀な人材を探している企業はたくさんいますので、その場に露出させることは非常に有効です。

 

後ほどこのヘッドハンティングサービス会社については詳しく紹介します。

 

▼おすすめヘッドハンティングサービス会社を先に見る方は

 

ヘッドハンティングされる人材とは

中小企業事務職

 

ヘッドハンティングはスカウトされることでスタートする転職です。ただ、登録しただけでは全く声が掛からず、時間だけ無駄にしてしまう人も少なくありません。

まずは、どんな人材がヘッドハンティングされるのか?を確認しましょう。

 

エグゼクティブ層(管理職・経営陣など)

最近、管理職や経営陣をヘッドハンティングで集めるパターンが増えています。

自社の経験しかない人材だけでなく、色々な経験をした人材を招き入れることで活性化を狙います。

「マネジメントに自信がある。」「経営にも関わっている。」という人はヘッドハンティングの対象となる確率が高いです。自信のスキル、キャリアを積極的に発信してみると声がかかるかもしれません。

 

技術職(特殊なスキルを持った)

特殊なスキルを持った技術職は、ライバル企業だけでなく取引先からも引き抜かれやすいです。

プログラマーやシステムエンジニア、クリエイターやライターなどは外部企業の業務に深く関わっていくため、確固たる信頼関係を築くことが可能です。そのため、仕事のやり取りをしている間にそのままヘッドハンティングされることも珍しくありません。

また、プログラマーやシステムエンジニアなどのIT業界は、技術革新が頻繁におこる関係でヘッドハンティングが盛んに行われる業界です。インターネット広告エンジニアやWEBプロデューサー、ゲームディスクターなどの職種もヘッドハンティングされやすい職種といえます。

 

語学力のある人材(海外駐在の経験がある人)

転職したい国を探そう

 

企業がヘッドハンティングをするということは、新規事業に乗り出したい可能性があります。

近年はグルーバル化が著しいので、海外市場に向けた新規事業の展開を考えている企業も珍しくありません。そんな企業が喉から手が出るほど欲しいのは海外経験のある人材です。例えば、海外駐在経験や海外での事業拡大、新規立ち上げなどの経験があるとヘッドハンティングされる可能性は一気に上がると言えるでしょう。

また、海外経験がなくとも、英語や中国語などの語学力に注目している企業もたくさんあります。英語と中国語が評価されやすいですが、マイナーな外国語でも展開先とマッチすれば声がかかることもめずらしくありません。

そういいう意味では、ヘッドハンティングサービスに登録し、露出しておくことが非常に重要だということがわかります。

 

MEMO
海外転職について
一度きりにの人生。思い切って海外へ転職することも考えてみてはいかがでしょうか。
参考思い切って海外へ転職!まず何からはじめればいいの?

営業職(分かりやすい実績がある人材)

営業職として質の高い実績

営業職はヘッドハンティングされやすい職業だと言えます。なぜなら、実績が分かりやすい数字で出てくれるからです。

また、実績をあげることで「会社の顔」として扱われて露出が増えます。そうなるとライバル企業や取引先に自分の存在をアピールすることができます。

営業職は業界内外でのコネクションが広がりやすい仕事です。今いる業界とは関係のないところでもヘッドハンティングの声がかかることも珍しくはありません。

自分が所属している企業では、当たり前の実績でも業界外から見ると驚くような数字に映るかもしれません。そういった意味でもヘッドハンティングサービスに登録し、露出をしておくことでヘッドハンティングの可能性は大幅に上がるといえます。

 

人間関係を良好に築くことができる人

ヘッドハンティングで注目されているのは技術や実績だけではありません。

ヘッドハンティングは人間関係の構築に優れた人も好まれます

ハジメ

ヘッドハンティングされる人材はマネジメントクラスがメインだ。当然ながら、人間関係を構築できるか?は重要な要素だ。

 

 

実は、自社の採用ホームページの社員紹介で取り上げられたことによってヘッドハンティングされることは多いんです。採用ホームページに載せるということは、会社から期待をかけられており、社外へのアピールに使いたいという魅力的な人材だからです。

いまの会社で評価をされているという現れであり、社内での人間関係も良好である可能性が高いと判断されます。新たしい環境でも活躍してくれることと期待を込めて声をかけられるパターンが多いわけです。

 

ヘッドハンティングによる転職の注意点

注意点

待遇もよく華麗なキャリアアップも期待できるヘッドハンティング。「ヘッドハンティングサービスを利用してみたい!」と思ったら、まず最初にやることは、よくあるトラブルを覚ることです。

ヘッドハンティングを利用したものの、トラブルに会い今の職も失った、というケースも存在します。「せっかくのヘッドハンティングで浮かれていたら、全てを失ってしまった」とならないようにヘッドハンティングの注意点を一通り確認してください

 

条件は細かく確認をする

ヘッドハンティングで1番多いトラブルが「最初に言ってた条件と違う」という食い違いです。中でも給与面は特にトラブルが多いです。次に労働条件も注意が必要です。

自分がヘッドハンティングされた立場であるため、「自分は評価されたんだ」と思い、給料は上がるものと思い込んでしまうパターンが多いです。額面だけよく見えるように調整され、実際の手取りは今の仕事よりも低かった、というヘッドハンティングのトラブルも多いです。

ヘッドハンティングは転職活動と異なり、スカウトを受けている側です。「働かせていただけませんか?」とこちらから、お願いしているわけではありません。そのため、給料交渉ができるというのがヘッドハンティングの特徴でもあります。給料面では食い違いのないように交渉だけでなく、確認を細かくしていきましょう。

 

また、仕事内容の認識の食い違いもよくあるトラブルです。引き抜かれたものの、仕事内容が自分に合わず、それが原因で会社に馴染むことができず、辞めてしまうケースがあります。会社を辞めてしまうと退職金がもらえなかったり、転職活動をしなければいけないなど、多大な損失をかかえることになります。

 

妥協することなく細かい条件まで確認する、というのはヘッドハンティングの鉄則です。

 

MEMO
会社の評判を調べる
転職を考えている会社の評判を調べる方法の一つとして「転職口コミサイト」の活用があります。
参考【転職口コミサイト比較】実際に利用して信用できる4サイトはコレ!

自分が何を期待されているか、を確認する

期待されていることを確認する

 

ヘッドハンティングする、ということはそれなりの理由があります。相当な期待をしているから声をかけたわけです。

注意点の2つ目は、何を期待してヘッドハンティングしたのかを確認することです。

ヘッドハンティングされる多くは経営層として参加を求められたり、チームマネジメントをまされます。

チームの業績をどのくらい上げたいのか、どんな新規事業をどこまで引き上げたいのか、一緒に働くメンバーはどんな人達なのか、ヘッドハンティング企業が期待していることは必ず確認しましょう。

自分の強みや発揮できる能力とミスマッチしている場合は、実績を出せずに居場所がなくなってしまう可能性もあります。

 

信頼できるヘッドハンティング会社か確認する

採用の募集をしても集まらない企業だから、ヘッドハンティングせざるを得ない場合もあります。信頼できない企業という可能性もありますし、事業内容に人気がない場合もあります。

 

ハジメ

私もヘッドハンティングで「優秀という噂なのでぜひ来てほしい」と声かけられたことあった。しかし、詳しく話を聞いたら生保会社のセールス担当だったよ。友人・知人に生命保険を売って欲しい、ただそれだけの話だったんだ。

 

ヘッドハンティングは水面下でおなわれることが多いため、企業のことは直接合うまでは多く話しません。

なので、連絡があったら社名を聞き、インターネットで調べるようにしましょう。有名な企業であればインターネットでヒットしますし、悪い意味で有名な企業もインターネットでヒットします。社名を明かしてくれない企業の場合は、悪い意味で有名になってしまっている企業であったり、ヘッドハンティング自体が詐欺である可能性もあります。

また「なぜ自分をヘッドハンティングしたのか?」ということはしっかり聞いてください。「優秀なので」レベルの具体性のない場合や、うやむやにされた場合は一切スカウトをうけないことがトラブルを避けるために重要です。

 

ヘッドハンティング会社 おすすめ4選

ここでは信頼できるおすすめのヘッドハンティング会社を紹介します。

事前登録制をし、あなたに見合ったポストが空いたタイミングでスカウトが来るシステムです。ヘッドハンティングに興味が出たなら、まず以下のサービスに登録してみてくださいね。

 

キャリアカーバー

CAREER CARVER

公式サイト:https://careercarver.jp/

人材業界最大手のリクルートが運営するヘッドハンティングサービスです。

年収800~2000万円以上と、エグゼクティブ層・ハイクラス層をターゲットとしています。また担当コンサルタントを約600名以上の中から指名することができるので、じっくりと自分に合ったペースで求人を待つことが可能です。

 

ビズリーチ【ハイクラス向け】

公式サイト:https://bizreach.biz/

国内最大級のエグゼクティブ向け有料会員制のサービスを運営するのがビズリーチです。

こちらは年収750万円以上のハイクラス向けの転職サイトです。

会員数52万人以上、ヘッドハンター1,300名以上、採用企業社数3,700社以上と国内最大規模。職務経歴を登録すると厳正な審査をクリアしたヘッドハンターと国内外の優良・成長企業が直接スカウトします。

会員制ならではの普段あまり見かけない非公開求人や社長・役員ご指名のポジションも多数あります。希望の条件を高く設定し中長期的に利用することで、かなりの好条件のスカウトを獲得できる可能性が高くなります。

 

ハジメ

年収750万円以上ならぜひ登録してほしい

 

プロフェッショナルバンク

公式サイト:https://www.pro-bank.co.jp/

依頼に対するヘッドハンティングの成功率が約90%以上という実績を持つ会社で、業界では有名かつ高い評判を誇っています。

ハイクラス層、IT業界、ベンチャー企業へのヘッドハンティングが比較的強い傾向にあります。

 

クライスアンドカンパニー

公式サイト:https://www.kandc.com/

社長、取締役、社外取締役、執行役員などエグゼクティブポジションへ転身したい人を対象としたヘッドハンティング会社です。

ヘッドハンターのリストにエントリーした後、自分にマッチングした案件があれば声がかかります。30代マネージャークラスの案件もあるため、ハイクラスといっても身構えすぎる必要はありません。

 

ヘッドハンティングのメリットと注意点 まとめ

ヘッドハンティングのメリット・デメリットを中心にご紹介してきました。

もし、あなたがマネジメントや経営などを中心に行うエグゼクティブ層として働いているならチャンスです。積極的にキャリアアップを考えているならヘッドハンティングサービス会社に登録することでキャリアが加速する可能性があります。

しかし、怪しいヘッドハンティングサービスがあることは事実です。信頼できるヘッドハンティングサービスに登録しましょう。

英語力が重要海外転職にチャレンジ!準備すべきことを1から解説します。

 

MEMO
オススメの転職エージェント
確実に転職を成功させたい時こそ、転職エージェントを活用すべきです。
参考転職エージェントおすすめ13社!キャリア別に実際に利用した転職成功者が詳細に紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です