転職エージェントの選び方を解説!

ヘッドハンティングに注意!実際に声がかかった人・活用してみたい人へ注意点とキャリアップについて

ヘッドハンティング

スカウト形式でビジネスパーソンに声をかけて転職を促すことを「ヘッドハンティング」と呼びます。

実績のある人や優秀な人ほど、このヘッドハンティングの声がかかります。

 

ハジメ

ビジネスパーソンなら一度はヘッドハンティングされてみたいですよね。

 

ヘッドハンティングという言葉を聞いたことある人は多いと思います。実際のところ、どういったものなんでしょうか?

  • 声のかかる優秀な人材とは?
  • 誰からどんな風に声がかかるのか?

 

秘密裏に行われることも多く、実情がわかりにくいのがヘッドハンティングです。

ヘッドハンティングを名乗る怪しい会社もあるので注意が必要ですよ。

リカさん

 

ということで今回は、このヘッドハンティングを解説していきます。

「ヘッドハンティングサービスの利用も考えている」人だけでなく、「実は、まさに今ヘッドハンティングされて戸惑っている」という方にも活用できる知識をご紹介していきます。

目次

ヘッドハンティングの定義について

ヘッドハンティングの定義

ヘッドハンティングとは企業に勤めている人材を、別の企業が引き抜くことを指しています。

 

ハジメ

誰でもスカウトされる訳ではなく、優秀な人材でなければいけません。

 

周囲から抜きん出るほどの優秀な人材であるからこそ、他の企業から声がかかるのです。

 

企業が人材を確保する場合、自社の新卒採用や中途採用がメインになります。しかし自社で求職者を集めてみても、優秀な人材を確保できる保証はありません。

とくに新卒採用の場合、その社員の将来的な活躍や企業への貢献は未知数です。

 

しかしヘッドハンティングはそうではありません。

既に他の企業において現在進行系で活躍している人材を引き抜ければ、確実に「優秀な人材」を確保できるからです。

優秀な人材の確保が、ヘッドハンティングの目的であり、多くの企業がヘッドハンティング制度を取り入れている理由なのです。

 

▲目次に戻る

\ 無料で診断 /適職診断を受けよう

どのルートでヘッドハンティングされるの?

どのルートでヘッドハンティング

次に、ヘッドハンティングが行われる際の、幾つかのルートについて話をしていきます。

ヘッドハンティングサービス会社に登録しておく

ヘッドハンティングを受けるには、「ヘッドハンティングサービス会社」に登録しておく方法が一般的です。

ヘッドハンティングサービス会社とは人材紹介会社の一種で、ヘッドハンティングを専門として、もしくは注力して取り入れている会社のことを指します。

クライアント(企業)が求める高いスキルや実績を持った人材を、登録者からや独自のルート、ネットワークから見つけ出し、クライアントの代わりにスカウトを行います。

スカウトが成功してその人材がクライアントの企業に入社することで、ヘッドハンティングサービス会社は報酬を得るのが一般的な仕組みです。

一方で、転職を望んでいる求職者を自社のデータに登録させておき、その中からクライアントが求める人材を紹介するのが、いわえる「転職エージェント」です。

独自のルートやネットワークからも人材を見つけるのがヘッドハンティングサービス会社で、自社に登録した求職者のデータから人材を見つけるのが転職エージェントと覚えておくと良いでしょう。

▼信頼できるヘッドハンティングサービス会社を先にみたい方はコチラ

 

知人からの紹介「リファラル採用」

ヘッドハンティングされる経路として、「リファラル採用」もあります。

リファラル採用とは、自社の従業員が人材を紹介し採用になるケースのことを指しています。

 

ハジメ

「推薦する・紹介する」といった意味である、英語「referral(リファラル)」が語源となっています。

 

リファラル採用は、企業の採用担当者が行う新卒採用や中途採用とは違い、業務内容を理解した従業員による紹介のため、より業務に適した人材を確保できるといった特徴があります。

リファラル採用は、近年取り入れる企業が非常に増えてきています。そもそも優秀な社員ほど転職活動を行いません。優秀な社員は現職の会社が高い待遇を雇っているからです。

転職活動を行いわない人材を友人・知人経由でスカウト(ヘッドハンティング)するのです。

リファラル採用

近年増えているリファラル採用についてコチラの記事で詳細にまとめています。

参考【リファラル採用】急増中!転職者のメリット・デメリットとリファラル採用で転職する際の注意点

 

業界で目立つ実績を上げることで直接連絡がくることも

ヘッドハンティングされるルートとして、その業界で目立った実績を上げることも非常に効果があります。先ほど説明したヘッドハンティングサービス会社の担当者の目に留まる可能性が高くなるからです。

 

もしある企業がヘッドハンティングの対象となる優秀な人材を探していたのであれば、当然ながら同じ業界で実績を残している人を探しますよね。

さらに自分が働いている業界というのは、広いように感じる人も多いですが、実際は狭いものです。目立った成果や業績を残した情報というのは、意外と簡単に他の会社などに流れるものなのです。

現在自分がいる業界でヘッドハンティングされ、キャリアアップを図りたいのであれば、まずは目立った実績を上げることに全力を注ぎましょう。

 

ハジメ

僕も直接勤務先の会社宛てに連絡が来たことがありました。

▲目次に戻る

ヘッドハンティングされる人材4つのタイプとは

ヘッドハンティングされる人材

次にどのような業界にも共通するヘッドハンティングされやすい人材の4つの特徴について解説していきます。

 

エグゼクティブ層(管理職・経営陣など)

ヘッドハンティングされる確率が高いのが、「エグゼクティブ層」です。エグゼクティブ層とは、いわゆる経営層のことで上級の管理職(部長・執行役員)や役員などが該当します。

用語自体は「管理する・実行する」という意味である英語「executive」が語源となっています。

 

またエグゼクティブ層と同じ意味で、「ハイクラス層」という言葉が使われることもあります。エグゼクティブ層は、企業における上位層の役職になるため、必然的に確かな実績を残した、実力のある経営者・管理職者になります。

企業の経営層のメンバーは、その企業の公式サイトなどでも実名で公表されているケースも多いため、外部の人間に名前が知られていることがほとんどです。

そのためヘッドハンティングの対象になることが多いのです。

 

ハジメ

実績を上げてトップ層にいるわけですから、ヘッドハンティングの対象になりますよね。

 

分かりやすい実績を上げた人材(営業職など)

外部の企業からヘッドハンティングされやすい人材として挙げられるのが、分かりやすい実績を上げた人材です。

「分かりやすい実績」というのは、他社の人間が見ても大きな実績であると判断できる成果のことです。

 

例えば営業職などであれば売上高や利益といった具体的な数字で表すことのできる実績です。

 

売上高や利益といった数字であれば、その企業独自の評価システムによるものではないので、他の企業から見ても客観的に判断できるのです。このような分かりやすい実績を上げた人材には、他の企業の人事担当者やヘッドハンティングサービス会社の担当者の目に留まりやすいのです。

 

特殊なスキルを持った人材(技術・開発職)

特殊なスキルを持って人材も、ヘッドハンティングの対象になりやすいです。

特殊なスキルというのは、技術職や開発職の分野でも希少性の高いスキルのことを指しています。

たとえばネットワークの構築ができるエンジニアで、PM(プロジェクト・マネジメント)もできる技術者というのは、ごく僅かです。また、エンジニアや開発の分野には、様々な認定資格がありますが、合格者が少ない難易度の高い資格は、必然的に希少性が高くなります。

このような特殊なスキルを持った人材も、ヘッドハンティングの対象になりやすいのです。

 

語学力のある人材(海外駐在の経験がある人)

語学力の高い人材もヘッドハンティングの対象として注目を集めています。

例えば、海外駐在員としての勤務経験があるような人達です。

国際化の流れを受けて、外資系の企業が増えたり海外に進出する日本企業が増えたりしていますが、高いレベルで語学を使える人材はまだまだ足りていないのが現状です。

語学力の高い人材といのは、非常に希少性が高くヘッドハンティングの対象となるケースが多いのです。海外に進出する日本企業や外資系企業からヘッドハンティングの対象として求められることから、必然的に大企業になることが多いのも特徴です。

上記で説明した「分かりやすい実績を上げた人材」と同様に、語学力はTOEICやTOEFLのテストの点数といった形で、客観的に判断しやすい指標を持っているのも大きな要因となっています。

 

転職と英語資格

転職に有利になる英語資格をまとめた記事です。

参考転職に有利な英語資格おすすめ6選!鉄板のTOEICから外資系企業にも強い英語資格をご紹介

 

▲目次に戻る

\ 無料で診断 /適職診断を受けよう

ヘッドハンティングのメリット

ヘッドハンティングのメリット

ここからはヘッドハンティングに関する知識を深めてもらうために、他社からのスカウトを受けて実際に転職した場合に、どのようなメリット・デメリットがあるのかを解説していきます。

 

◎通常の転職より好待遇が期待できる

ヘッドハンティングによって転職した場合の最大のメリットが、通常よりも好待遇が期待できるというポイントです。

ヘッドハンティングは、他の企業で働いている人を引き抜くことになります。当然ながら現在の待遇と同等かそれ以上の良い条件を提示しなければ引き抜くことはできません。

 

ハジメ

ヘッドハンティングとして声をかけられたとしても給料が下がってしまうのであれば、全然魅力がないですもんね。

 

特に役員や管理職といったエグゼクティブ層であれば、十分な給料を貰っていることがほとんどです。

それを上回る好条件を提示しなければヘッドハンティングは難しいのです。

ヘッドハンティングは通常の転職よりも好待遇が期待できるのです。

 

◎通常の転職より条件交渉がしやすい

通常の転職活動によって入社するよりも、ヘッドハンティングの場合は条件交渉がしやすいといったメリットも大きいです。

例えば、ヘッドハンティングによって入社するケースでは、ヘッドハンティングサービス会社のヘッドハンターが直接、交渉をしてきます。

満足できる条件の内容でなければその人材を引き抜くことはできません。ヘッドハンターも金銭面や労働環境などの様々な条件を、柔軟に組み替えて提案を行ってきます。

ヘッドハンティングされる側の人材は、この提案を受ける立場になるので交渉がしやすいのです。

 

ハジメ

転職するときは自分の希望条件ってなかなかすべてを言いにくいですよね。

 

ヘッドハンティングであれば担当者に言えるので交渉しやすくなります。

リカさん

 

ヘッドハンティングには、このようなメリットがあるのです。

 

▲目次に戻る

ヘッドハンティングのデメリット

ヘッドハンティングのデメリット

もちろん好条件で転職できるヘッドハンティングにもデメリットがあります。

ヘッドハンティングのデメリット大きく2つをご紹介します。

 

×期待が高すぎプレッシャーを感じやすい

ヘッドハンティングのデメリットとして、強いプレッシャーがかかるケースです。

ヘッドハンティングの対象となるのは実力があり実績がある人材ですので、当然のように入社後の活躍を期待されます。

活躍を期待されるのは通常の転職でも同じなのですが、ヘッドハンティングの場合は高い給料といった好条件で入社することが多いです。

周囲のメンバーから、過度なプレッシャーがかかってしまうことが良くあるのです。

 

ハジメ

ヘッドハンティングで入社しても結果がともなわないと会社に居づらくなりますよね。

 

ヘッドハンティングされて入社できたとしても、良いことばかりではないことを覚えておきましょう。

 

×ヘッドハンティング詐欺もある

ヘッドハンティングを利用した詐欺が発生するケースもあるので、十分に注意で必要です。

過去にあった詐欺の事例では、「スカウトの手続きにお金がかかる」「入社にあたりセミナーを受講する必要がある」というような言葉を使い、お金を払わせようとします。

入金を済ませると急に連絡が取れなくなり、詐欺に気づくというケースもあるようです。

 

ヘッドハンティングの場合、ヘッドハンティングサービス会社などの第三者が介入するため、転職先となる企業の担当と実際にコンタクトを取らない状況も生まれます。

ヘッドハンティングとの話しを進めるとき、「内密で進めているので」という理由も通じやすいため、非常に騙されやすい状況が発生するのです。

ヘッドハンティングの特徴を悪用した詐欺が現実に起きているのです。

「好条件で入社できる」などと甘い言葉を聞かされると、つい舞い上がってしまうものですが、相手が信頼できる人がどうかは冷静に見極めなければいけません。

 

ハジメ

次にヘッドハンティングの声がかかった時の注意点を紹介していきます。必ず確認してください。

 

▲目次に戻る

ヘッドハンティングの声がかかったとき注意点

ヘッドハンティングの声がかかったとき注意点

ここからはヘッドハンティングの声がかかったとき注意すべきポイントについて解説していきます。

ヘッドハンティングで大きな失敗を侵さないためにも、しっかりとここでポイントを学んでください。

 

転職条件は細かく確認をする

何と言って、絶対に欠かせないのが、転職条件を細かくチェックすることです。

例えばヘッドハンティングサービス会社のヘッドハンターは、人材を入社させることでクライアント企業から報酬を受ける形式です。

言葉巧みに転職をそそのかし、何とか入社させようとする担当者も少なくはありません。

ヘッドハンティングサービス会社も、自分の会社の利益のために活動していることを十分に意識しなければいけません。

契約条件は口頭だけではなく、正式な書面を提示してもらうなどの対策が必要です。契約内容や労働条件は隅々まで確認しましょう。

 

なぜスカウトされたか、何を期待されているか、を確認する

自分がスカウトされた理由や経緯を確認することも大切です。

具体的には、「なぜスカウトされたか」「何を期待されているか」などを確認することです。

該当の企業がヘッドハンティングする目的や狙いによって、入社後の扱いや働き方が決まってくるからです。

例えば、入社して数年後には、地方の支社の管理職として配属させることを企業が考えているかも知れません。

 

転勤や出向があれば、勤務地も含めて働く環境が大きく変わってきますよね。自分がスカウトされる理由を明確にしておかなければいけないのです。

ヘッドハンティングによって採用しようとする企業、採用におけるマイナス面は隠したがるものです。

 

これは通常の転職活動にも起こり得ることですので、ヘッドハンティングに限ったことではありません。

疑問に思ったことはしっかりと確認し、その答えが曖昧だったり疑問に感じたりしたときは、転職の判断に慎重になる必要があります。

 

信頼できるヘッドハンティング会社か確認する

ヘッドハンティング会社を名乗るヘッドハンターから連絡を受けた際は、まずは信頼できるヘッドハンティング会社かどうかを確認するようにしましょう。

当然ですが、しっかりと名刺を貰ってその企業を念入りに調査することが求められます。

現在通常の企業であれば、公式のホームページを公開しているはずです。ちゃんとした企業なのか、信頼できる実績のある会社なのか、などはしっかりと確認しましょう。

 

ハジメ

信頼できるヘッドハンティング会社についてはこのあとご紹介します。

▼信頼できるヘッドハンティングサービス会社を先にみたい方はコチラ

 

ヘッドハンティング=採用ではない すぐに退社しないこと!

気をつけたいのが「ヘッドハンティング」=「採用」ではないという点です。

企業の担当者から直接、声がかかったとしても、実際に「雇用契約書」を結ぶまでは採用にはなりません。

スカウトされたからといって、すぐに退職してはいけないのです。高収入の条件を提示されたために舞い上がってしまい、勢いで会社を辞めてしまう人もいます。

後悔のもとになるかも知れません。スカウト担当からヘッドハンティングの声がかかったとしても、冷静に行動するように注意しましょう。

 

▲目次に戻る

ヘッドハンティングを断るときは

ここからはヘッドハンティングの断り方について解説していきます。

断る場合も慎重に!

待遇面や労働条件が合わないのであれば、ヘッドハンティングは断るべきです。断り方も慎重に行う必要があります。

入社する意識がないからといって雑な対応になったり、ビジネスにおいて好ましくない振る舞いをとったりすれば、企業単位での関係悪化にも繋がる可能性もあるからです。

自分ひとりの問題ではなく、常に会社の一員として対応している意識を持ちましょう。

ヘッドハンティング会社 おすすめ4選

最後に信頼できるおすすめのヘッドハンティング会社を紹介します。

事前登録制をし、あなたに見合ったポストが空いたタイミングでスカウトが来るシステムです。ヘッドハンティングに興味が出たなら、まず以下のサービスに登録してみてくださいね。

 

キャリアカーバー

CAREER CARVER

【おすすめ度】5 out of 5 stars

【公式サイト】https://careercarver.jp/

人材業界最大手のリクルートが運営するヘッドハンティングサービスです。

年収800万円以上の求人案件が20,000件以上と、エグゼクティブ層・ハイクラス層をターゲットとしています。

登録しているヘッドハンターも1,400人以上と業界トップクラス。

明確に年収を上げたい、今よりさらにいい待遇で、という人向けです。自分のペースで転職活動ができるのも魅力です。

CAREER CARVER(キャリアカーバー)無料登録はコチラ

 

ビズリーチ

【おすすめ度】4 out of 5 stars
【公式サイト】https://bizreach.jp/

TVCMでおなじみのビズリーチ。

こちらも年収600万円以上のハイクラス向けの転職サイトです。

会員数52万人以上、ヘッドハンター1,300名以上、採用企業社数3,700社以上と国内最大規模。

職務経歴を登録すると厳正な審査をクリアしたヘッドハンターと国内外の優良・成長企業が直接スカウトします。

会員制ならではの普段あまり見かけない非公開求人や社長・役員ご指名のポジションも多数あります。希望の条件を高く設定し中長期的に利用することで、かなりの好条件のスカウトを獲得できる可能性が高くなります。

 

BIZREACH(ビズリーチ)無料登録はコチラ

 

ハジメ

キャリアカーバーとビズリーチはハイクラスの転職を考えているならぜひ登録してください。

 

プロフェッショナルバンク

【公式サイト】https://www.pro-bank.co.jp/

依頼に対するヘッドハンティングの成功率が約90%以上という実績を持つ会社で、業界では有名かつ高い評判を誇っています。

ハイクラス層、IT業界、ベンチャー企業へのヘッドハンティングが比較的強い傾向にあります。

 

クライスアンドカンパニー

【公式サイト】https://www.kandc.com/

社長、取締役、社外取締役、執行役員などエグゼクティブポジションへ転身したい人を対象としたヘッドハンティング会社です。

ヘッドハンターのリストにエントリーした後、自分にマッチングした案件があれば声がかかります。30代マネージャークラスの案件もあるため、ハイクラスといっても身構えすぎる必要はありません。

 

▲目次に戻る

ヘッドハンティングのメリットと注意点 まとめ

ヘッドハンティングのメリットと注意点を中心にご紹介してきました。

マネジメントや経営などを中心に行うエグゼクティブ層、マネージャー職として働いているならヘッドハンティングは積極的に登録しておきましょう。

ハジメ

すぐではなくても転職を成功させるには情報量がとても重要ですから。

 

ヘッドハンティング会社を利用することでいままで出会えなかったような企業と話ができる可能性もあります。

より高みの転職を成功させるためにヘッドハンティングの注意点を確認しながら上手にヘッドハンティング会社を利用しましょう。

 

固定給が高い営業で稼ぐ!稼げる業種一覧とその厳しさについて知っておこう 伸びる業界これから伸びる業界に転職して人生大逆転!成長業界で働くメリットと10年後伸びる業界7選 海外転職について【海外転職のすべて】憧れの海外で働くための手順と注意点を詳しく解説します!

 

転職エージェント一覧

確実に転職を成功させたい時こそ、転職エージェントを活用すべきです。

参考転職エージェントおすすめ13社!キャリア別に実際に利用した転職成功者が詳細に紹介

▲目次に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です