【転職最終面接のポイント】一次二次面接とは異なる最終面接で意識すべき重要な3つのこと

最終面接はこれまでと異なる 面接対策

書類審査から始まり、1次面接、二次面接と進み、いよいよ最終面接。

会社の規模にもよりますが最終面接は社長や役員が面接者になることが多いです。当然これまでの面接官とは雰囲気が大きく異なります。

最終面接も、面接という意味では1次面接や2次面接とは変わりません。しかし、今までの面接とは違った部分をしっかりとアピールする必要があります。

この記事では、転職の最終面接に注意すべきポイントをご紹介します。

 

 

コンサル山田
コンサル山田

一次面接、二次面接と最終面接との違いをしっかり把握し、それぞれに応じた対策を練らなければないんだ。

 

最後の関門である最終面接を確実に突破して、志望企業の内定を手にしましょう。

 

最終面接は一次面接、二次面接と全く違う

最終面接はこれまでと異なる

 

最終面接は一次面接、二次面接と大きく異なります。

面接ごとに異なるポイントをご紹介します。

一次面接、二次面接のポイント

一次面接、二次面接では大抵の場合、人事など採用担当者や現場責任者のマネージャー(課長・部長)などが行います。

主に経験やスキル、社会人としての基本的な受け答え、また同じチームに入った場合他のメンバーとうまくやれるかどうかを見ています。

人事が面接をする場合、マイナスの理由がなければ落とされることはほとんどありません。人事部が書類選考を行った上で「戦力になりそうだ」とみなされて面接に進んでいるため、面接時にマイナスな発言をしたり挙動不審にならなければ大丈夫なのです。

二次面接からは現場の責任者が面接をする場合が多くなります。この場合はスキルや前職での経験・実績などを聞かれ、「入社後どんな働き方をする人なのか」ということを見られます。また現場の責任者は、あなたが現場に入った時に他のメンバーとうまくやれるのかどうかも見ています。スキルや経験・実績があっても「他のメンバーうまくやれなそう」と思われると落とされることもあります。

 

 

コンサル山田
コンサル山田

反対に現場責任者から「この人と一緒に仕事したら楽しそう・うまくやれそう」と思われると、経験・実績が不十分でも次の選考に進めることもあるんだ。

 

最終面接で重要となるポイント

スキルや経験・実績、現場のメンバーとうまくやれるかは一次・二次面接で合格しているという前提で最終面接は行われます。

最終面接は社長など経営陣が担当することがほとんどです。

相手が社長・経営者なので、現場の細かいスキルよりは仕事に対する熱意や将来のビジョンが会社に一致しているか、が重要になります。

 

コンサル山田
コンサル山田

本当にやる気があるのか、自社の社風と合うのかが重要なんだ

 

自分が会社を経営するならどんな人を雇いたいか、どれだけの熱意と展望を持っていてほしいのか、ということを考えると自ずと求められている受け答えが見えてくるでしょう。

実際に最終面接ではどんな流れになるのかご説明いたします。

 

 

最終面接で代表的な2つのパターン

最終面接のパターン

 

社長・経営者と対峙する最終面接は大きく2つのパターンに分けられます。

どちらのパターンが来ても焦らないよう、事前にその意図をここで確認しておきましょう。どちらにしても内定が約束されているわけではないので、気を抜かずに面接に臨むことが大切です。

 

バシバシ質問されるパターン

最終面接にも関わらず、一次・二次面接と同様志望動機や現職の退職理由、スキルや経験に関することまで細かく質問される場合があります。

バシバシ質問パターンは、社長・経営者がまだあなたを採用するかどうか考えている段階である可能性が高いので、しっかりと一つ一つの質問に誠実に答えることが必要です。

最終面接だからと言ってこれまでの面接と答え方を特別に変える必要はありません。むしろこれまでよりも意欲を交えた強い言葉で受け答えをする方が好印象を残せるでしょう。

また一次面接・二次面接での受け答えは最終面接官にも伝わっています。前回の面接での回答とあまりにも違うことを答えてしまうと「一貫性がない」という不信感につながりかねません。

 

面接での退職理由
面接で答えにくい質問「退職理由」についてまとめた記事です。
参考:面接で聞かれる「退職理由」王道4選~その答え方とは~

 

終始ニコニコ雑談のパターン

志望動機や経験などには触れられず、社長・経営者とニコニコと雑談をして終わるパターンもあります。

この場合、スキルや経験などは合格しているというサインで、人柄やビジョンなどが会社にマッチしているか、つまり社風との相性を見定められていると考えましょう。たとえスキル経験があっても、社風との相性がよくないと判断されると落とされてしまいます

事前にどのような人が働いているのか、どのような社風でどんな働き方が好まれているのかを調査し、企業理念やビジョンを頭に入れておきましょう。一次面接、二次面接で事前に「どんな方が活躍しているのか」など聞いておくのもポイントです。

それに合わせた受け答えを想定しておくことがニコニコ雑談パターンの最終面接突破のカギです。

 

コンサル山田
コンサル山田

ただ社風が合わない会社に無理やり自分をごまかして入社すると後々苦労するから、無理して合わせることはない

 

秘書ひとみさん
秘書ひとみさん

この経営者の考えなら共感できる、と思える会社に入社しましょう

 

最終面接で意識すべき重要な3つのポイント

最終面接の重要なポイント

 

最終面接では「バシバシ質問パターン」でも「ニコニコ雑談パターン」でも重要なことは、以下の3つです。

この3つをしっかり抑えておくことが最終面接の突破には重要になります。

 

熱意を伝える

最終面接で最も大切なことは、最終面接の相手は経営者です。会社に人生をかけ、仕事をしてきた人たちなので、その人たちに「一緒に働きたい」と思ってもらうためには熱い想いが必要不可欠です。

「この会社でどうしても働きたい」という熱意を見せることです。

経営者にとって、会社は自分が育ててきた存在なので、思い入れが人一倍強いことは間違いありません。

「どんな会社でも、とにかく転職さえできればいい」と思っていると、間違いなくその甘い気持ちは見透かされます。

 

会社にどれだけ貢献できるかを伝える

最終面接官は経営を考える立場なので、新しい人を雇うということは投資だと捉えています。

つまり「この人が会社にどれだけ貢献できるか」という期待を持って面接をしているのです。そのため自分のスキルや経験でなく、会社でどのような活躍をしていきたいか、どのような貢献をしていきたいのか、自分の将来に期待してもらえるような話し方が必要です。

ただし「将来を変えていきたい」とアピールする上で志望企業の過去や現状を否定するような言い方は避けましょう。

社長、経営者は自分の会社に対してプライドを持っています。会社に対して否定的な言葉が多いと、あなたの印象が格段に悪くなってしまいます。

「現在もすばらしいけど、こういうことをしてよりより会社作りに貢献したい」というような謙虚かつ前向きな態度が好まれます。

 

面接NGワード
面接で言ってはいけないNGワードまとめました。
参考:面接時のNGワードを一挙公開!これをいったらマイナス評価の要注意ワードです

 

長く続けられることを伝える

長く続けられるか

 

上記で言ったように、最終面接官は採用を投資と考えているため、シビアですが投資しただけの見返りを回収できるのかどうか、という点にはかなりの注意を払っています。

一人採用するだけでも大体40万円前後のコストがかかると言われています。

 

コンサル山田
コンサル山田

求人広告のコストだな。教育コストまで考えるともっと大金になる。

 

そのため、すぐに辞められてしまうとあなたに投資した金額を損してしまうことになるのです。

元々「転職」組なので「今回もすぐ辞めるのではない」ということに対してはかなり慎重に見ています。

「すぐに辞めるつもりはない」という意志を見せることが大切です。

最終面接で「またすぐ辞めそう」という不安を取り除くことができないと厳しく判断をされてしまいます。

 

 

最終面接ですると高評価な質問

最終面接の質問

面接で毎回聞かれる「何か質問はありますか?」という逆質問。

最終面接の相手は社長・経営者です。ここで現場の細かい業務のことを質問してはいけません。最終面接で経営者に対してポイントの高い逆質問というのがあるのです。

 

会社の理念・ミッション・ビジョン

最終面接官は経営者ということは、会社を立ち上げた人であることがあります。

企業理念やミッション、ビジョンは経営者が想いを込めて作っていることが多いので、「会社のビジョンに共感している」「関心がある」ということを質問によって伝えましょう。

あなたが会社の未来を一緒に作りたいと思っているような人材である、ということをアピールできます。

ホームページに書いてあることなど調べたらわかるようなことを質問するのも避けましょう。「自分で調べる能力のない人」と見なされ、「きっと仕事もあまりできないのだろう」と思われてしまいます。

 

3年後、5年後、10年後などの中長期ビジョン

中期ビジョン

 

最終面接官は日々の業務よりも、数年後会社をどうしていくのかということを日頃から考えています。

そのため、3年後、5年後、10年後などの中長期ビジョンに対して質問することで「経営者と同じ目線を持っている」「会社の将来のことを考えている」ということをアピールでき、かつ面接官も気持ちよく質問に答えてくれる場合がほとんどです。

そのため事前に会社概要や決算説明資料などを読み込んで、深掘りした質問をできるようにしましょう。

ただ単に「中長期的なビジョンを教えてください」だと新卒の就活生と質問のレベルが変わらない、とみなされてしまいます。自分の考えや自分独自の視点から会社の将来を考えてみることが必要です。

 

創業者が面接者の場合「創業苦労話」を聞く

もし最終面接者が会社の創業者の場合、会社創業の話を聞いてみると場が盛り上がります。

簡単に会社を立ち上げた人はいません。会社立ち上げのときはどの経営者も尋常ではない苦労をしています。

どんな思いで会社を立ち上げたのか、どうして今のビジネスをはじめたのか、最初からうまくいったのか、など質問すると喜んで苦労話を話してくれる経営者が多いのです。

最後の質問で「創業苦労話」を聞くと、雰囲気良く最終面接を終えることにつながります。

 

コンサル山田
コンサル山田

どんなタイプの経営者なのかを知る方法がある。

 

経営者について知るには
どんなタイプの経営者なのかを事前に知るには転職エージェントの利用がおすすめです。
参考:転職エージェントおすすめ12選!実際に利用した転職成功者からのアドバイス

 

転職の最終面接のポイント まとめ

以上、転職の最終面接における重要なポイントをご紹介してきました。

最終面接は一次・二次面接と違って会社の社長・経営者と直接話をすることになります。スキルや経験以上に理念への共感など、精神的な面を見られているということを意識しましょう。

最終面接で最も大切なことはこの3つです。

 

  • 熱意
  • 会社にどれだけ貢献できるか
  • 長く続けられるかどうか

 

細かいスキル・経験ではなく最終面接ではこの3つの点に関して説得力のあるアピールができるかどうが重要です。

また最終面接の逆質問も経営者の心をつかむ大事なポイントになりますでの、しっかり準備して挑みましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました