転職エージェントの選び方を解説!

飛び込み営業は実際に「つらい・きつい」のか?向いている人・向いていない人について

飛び込み営業とは

あなたは飛び込み営業にはどんなイメージをお持ちですか?

飛び込み営業は「つらい・きつい」というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

飛び込み営業は実際にどんな所がつらくて・きついのでしょうか。また飛び込み営業が向いている人とはどんな人なのでしょうか。

今回は飛び込み営業について解説していきます。

 

飛び込み営業とは

飛び込み営業とは

飛び込み営業とはその名の通り特定の営業ルートを持っていない顧客に対し、アポイント(約束)を取らずに訪問して営業をかけることをいいます。

アポイント(約束)がない相手に対していきなり訪問して商品やサービスを紹介したり売り込んだりします。

 

ハジメ

相手の嫌がられたりもするので結構強いメンタルと高度なテクニックが必要です。

 

稼げる営業

営業職の中でも稼げる営業をまとめた記事です。

参考営業で稼ぐ!稼げる業種一覧とその厳しさについて知っておこう

 

\ 無料で診断 /適職診断を受けよう

飛び込み営業を成功させるためには

飛び込み営業を成功させるためにはどのようなコツがあるのでしょうか。

飛び込み営業を成功させるための秘訣をご紹介します。

 

最初の会話を準備する

飛び込み営業の最初の難関は話を聞いてもらうことです。

最初の出だしから、「この人の話は聞く必要がない」と思われてしまうと話を聞いてもらう事すらできないのが飛び込み営業です。

飛び込み営業をする際には自分が飛び込み営業をされたことを想像してみると良いでしょう。

自分ならどんな会話をされたら、その人の話を聞いてみようと思うか、どんな切り出しが必要なのかを考えて最初の会話を行う必要があります。

また、その人の年齢や性別、立場によって最初に話すべき会話の内容は異なります。

複数のパターンを用意して、出てきた人にあわせて会話を行うと良いでしょう。

 

第一印象が重要

飛び込み営業は第一印象が非常に大切です。

初対面の人からその人が信頼に足りるかどうかを見極めるために見た目は重要な要素です。

清潔感が足りないなど、第一印象が悪くなる要素があると飛び込み営業はほとんど成功しないでしょう。

飛び込み営業をする際は、相手がどう感じるかも意識して第一印象にも気を配るようにしましょう。

 

数を打つ

飛び込み営業は成功率が低い営業手法です。

そのため、数を打たないと成果には繋がりません。

事前に準備をすることや成約率をあげる努力をすることは大切ですが、どれだけ準備をしても飛び込み営業の成約率はそこまで高くはならないでしょう。

たくさんの顧客に訪問しなければ成果をあげることは絶対にできないと肝に銘じて活動を行った方が良いでしょう。

 

折れない心

飛び込み営業には折れない「心」が必要です。飛び込み営業を行ってもほとんどの場合門前払いをくらいます。

先ほどもご説明した通り、飛び込み営業に成功率は決して高くはありません。そのため、数多くの顧客に営業をかける必要があります。

一件、一件に営業をかけてその都度心が折れてしまうと飛び込み営業を続けることすらできません。
飛び込み営業を続けるには折れない心を持って営業をする必要があると言えるでしょう。

 

飛び込み営業に向いている人

どのような人が飛び込み営業に向いているのでしょうか、くわしく解説していきます。

メンタルが強い人

飛び込み営業に強いメンタルが必要です。どれだけすごい営業マンでも飛び込み営業の成功率は決して高くありません。

はっきり言って断られることがほとんどです。

断られても、断られても次の訪問先に営業をし続けることが大切です。

飛び込み営業を続ける人にとって強いメンタルは必須のスキルと言えるでしょう。

 

卓越した会話術を持っている人

飛び込み営業を続けるには卓越した会話術を持つ必要があります。

特に重要なのは顧客に会えた直後の会話です。どんなにいい商品を販売していたとしても商品の良さを説明する前に門前払いをくらってしまうと商品の良さを活かすことすらできません。

まずは顧客の懐に入り込む会話術が必要ですね。

顧客の懐に入り込むにはどのような方法があるのでしょうか。

それは、「この人の話を聞くと得をしそうだ(あるいは聞かないと損をしそうだ)。」と思わせることです。

まずは話を聞いてもらう状態に持って行くまでが上手な人が飛び込み営業に向いていると言えるでしょう。

 

\ 無料で診断 /適職診断を受けよう

飛び込み営業に向いていない人

飛び込み営業に向いていない人はどのような人なのでしょうか。確認しておきましょう。

メンタルが弱い人

メンタルが弱い人は飛び込み営業には向いていないと言えるでしょう。

飛び込み営業を続けるとほとんどの人に断れます。

連続で断られ続けると心が折れてしまいそうになります。

そんな時でも「次こそは、次こそは」と次の飛び込み営業をし続けることができなければ、飛び込み営業で成果をあげることはできません。

そのため、メンタルが弱い人は飛び込み営業には向いていないと言えるでしょう。

 

人見知り

飛び込み営業を行う際は見ず知らずの人と数秒間のうちに人間関係を気付かなければなりません。

これは人見知りの人にはとてもできない芸当です。

出会ってから心をゆるすまでに時間がかかる人は飛び込み営業には向いていません。

 

人付き合いが苦手

人付き合いが苦手な人向けの職種をコチラの記事で紹介しています。

参考「人付き合いが苦手」な人にピッタリなお仕事を紹介!人付き合いの苦手意識を改善するコツもご紹介

 

飛び込み営業の問題点

飛び込み営業には問題点も多いと言われています。

飛び込み営業にはどのような問題点があるのでしょうか。確認しておきましょう。

 

強引な押し売りになってしまっている人がいる

飛び込み営業は少しの時間で商品を売り込む必要があります。そのため、商品の良い面だけを説明して強引な押し売りになってしまうことが多くあります。

商品を売りたいと思うあまり、強引な営業を行うことは顧客のニーズに反した商品を売りつけることにもつながります。

また、ルート営業とは違い、飛び込み営業は失敗しても基本的にマイナスになることはありません。

ルート営業であれば、強引な営業活動を行い、顧客から嫌われてしまうと既存の取引を失う可能性もあります。

しかし、ルートを持たない飛び込み営業であれば、基本的に失うものはありません。

そのため、強引な手法で押し売りをすることが多くなってしまうのです。

 

会話のきっかけをつくりたく嘘を言う人がいる

飛び込み営業は話を聞いてもらうことがもっとも難しい場面です。

そのため、会話のきっかけを作るために嘘をつく人も多くいます。

嘘をつく内容は様々です。

例えば、「このマンションに住んでいる人は全員契約をしなければならない」と必要が無いものを強制だと嘘をついたり、「これを契約しておかなければ、大変なことになる」と根拠の無い脅しを使った恐怖訴求での営業を行う人もいます。

営業が多少大袈裟に伝えることはよくあるものの、嘘をつくことはよくありませんね。
飛び込み営業をする人もされる人も嘘には気を付けなければなりません。

 

ビジネスの手法として非効率的

飛び込み営業はビジネスの手法としては非効率的な営業手法と言われています。

近年は豊かな時代になり人々のニーズも多様化しています。

そのなかで、顧客の調査や分析を行うことがほとんどできない飛び込み営業を続けることは非効率な営業モデルと言えるでしょう。

飛び込み営業での成否を分けるのは運と営業マンの実力しかありません。

飛び込み営業の能力はメンタルの強さとトーク力が重要です。

この2点は社会人になってから鍛えることは難しく、人材を育成し、継続的な利益を上げ続けることは難しい手法だと言えるでしょう。

 

問題の営業手法

同じく知らない人へどんどん営業する手法で「テレアポ」があります。

参考「テレアポ」とはどんな仕事?実際の仕事内容と向いている人・向いていない人を紹介

 

飛び込み営業について まとめ

飛び込み営業について解説いたしました。飛び込み営業は営業をする人にとって心身ともに負担が非常に大きい営業手法です。

また強引な押し売りに繋がりやすいセールス手法でもあり、SNS等で書き込みをされる可能性もあります。

AI技術の発展により、様々な顧客ニーズを分析が可能となった現代ではとても非効率的な営業手法です。

 

テレアポとは「テレアポ」とはどんな仕事?実際の仕事内容と向いている人・向いていない人を紹介 伸びる業界伸びる業界へ転職して人生逆転!この先10年伸びる業界を一挙紹介! 固定給が高い営業で稼ぐ!稼げる業種一覧とその厳しさについて知っておこう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です