転職スタイル只今リニューアル中!

Uターン転職のメリット・デメリット!成功するUターン転職のやり方から仕事の探しのコツまで

Uターン転職探し方

「首都圏で就職したけど、やっぱり地元がいいな…。」

いろいろな想いがあって首都圏で就職をしたけど、比べるとやっぱり地元で働きたいなと思う人が増えていきます。

仕事は首都圏に集中するため、首都圏での就職は容易です。しかし、地方での就職となると仕事の数は激減し、そう簡単にはいきません。さらにUターン転職は生活拠点ごと移すわけなので失敗するわけにはいきません。

Uターン転職に失敗しないために「Uターン転職での求人の探し方」や「Uターン転職のメリット・デメリット」も合わせてご紹介します。

「首都圏での生活がかならずしも幸せに繋がらない」と気づいたあなた「都会の生活に疲れた」「地元に戻って地元経済に貢献したい」「地元で家庭を築いて子育てしたい」と考えているあなたに是非とも読んでいただきたいと思います。

 

Uターン転職って何?

Uターン転職

 

Uターン転職とは大学への進学や企業への就職などで都市部で就職したものの、地元の企業に転職して、里帰りをする転職のことを指します。

Uターン転職をする理由はさまざまです。Uターン転職をした人に理由を聞いてみました。

 

親が高齢なので、介護のためにUターン転職を行いました。

やはり家族がイチバンだと考えました。

(35歳/男性)

3年間ほど働いてきましたが、都心は合いませんでした。

ただ都心を知れたので以前のように地元で生活することに迷いはありません。

(28歳/女性)

子育てのためにUターン転職をしました。

妻と話し合い、子供の環境を考えると地方だと思いました。

(31歳/男性)

 

このようにUターン転職はキャリアだけでなく、ライフスタイルでも大きな分岐点です。

仕事のことだけでなく自分の人生(ライフプラン)まで考えたとき、選択肢としてUターン転職が出てくる人が多いです。また、Uターン転職にメリット・デメリットは存在しますが、地方と都市部の両方を知った上での選択肢になります。比較的効果が少ないもの特徴です。

 

 

ライフスタイルが大きく変わります。

リカさん

通常の転職よりも慎重に考える必要があります。

ハジメ

仕事と住む場所が同時に変わるんだ。

そして、人間関係も変わることも忘れてはいけない。

 

 

また、Uターン転職は面接がある毎に地方へで向かわなければなりません。

  • 選考が進みにくく、長期化になる
  • 地方への交通費の負担が大きい

といったハードルもあります。忍耐強く転職活動をすすめる必要があることを覚えておきましょう。

 

 

Uターン転職以外の地方転職の3パターン

地方転職いろいろ

 

Uターン転職といっても、都市部から地元に帰ってくる転職だけではありません。

  • J(ジェイ)ターン転職
  • I(アイ )ターン転職
  • O(オー  )ターン転職

といった3パターンの転職もあります。パターンによって、ポイントも異なります。

 

1:Jターン転職

Jターン転職とは、地方出身者が都市部で就職した後に地元に近い地方都市で転職することです。

Jターン転職の例

兵庫県姫路市出身者が東京就職、その後兵庫県の最大都市である神戸市に転職。

 

地方といっても都市部への就職なのでUターン転職のなかでは求人数が多いことが特徴です。都心部と比べると劣ってしまいますが、「思った以上不便さは感じない」という声があります。地元や実家への帰省を年に何回もする必要がある場合、Jターン転職にメリットを感じることが多いです。

 

2:Iターン転職

Iターン転職とは、都市部生まれの人がそのまま都市部で就職した後、地方に転職することです。

Iターン転職の例

東京生まれ、そのまま東京の大学を出て、東京の企業へ就職した後、九州や関西圏に転職。

通常のUターン転職とは異なり、初めて地方に住むことになります。観光などで訪れたときは魅力的に感じたが「住んでみるとなんだか違う…。」と戸惑う人、「もっと早く住めばよかった!」と感動する人で別れます。

どちらにせよ、今まで経験したこと無い地方生活が始まるため、仕事面だけでなく生活面でも大きな変化を経験することになります。

 

3:Oターン転職

Oターン転職とはUターン転職した後、また都市部へ戻って就職といったOの字を描く転職です。

Oターン転職の例

北海道出身→東京で就職→北海道に転職→また東京に就職。

親の介護のために地元に戻ったが、介護が終わったので都心で就職し直す人。地元に戻ってみたものの「やっぱり都会が良い」と都心部に戻る人。主にこの2パターンが多いです。

「やっぱり都会が良い」と都心部に戻る場合のOターン転職には注意が必要です。これはUターン転職の失敗であるので、同じことを繰り替える必要があります。ここからはUターン転職のメリットとデメリットを整理してご紹介します。冷静に考えて、同じミスを繰り返さないように気をつけましょう。

 

 

Uターン転職のメリットとは

メリットデメリット

 

Uターン転職のメリットは、首都圏の生活などと比べてるとわかりやすいです。

地元で就職し、生活をするメリットを挙げてみました。

Uターン転職メリット
  1. 地元の友だちがいる
  2. 家賃などの生活コストが抑えられる
  3. ゆとりのある生活を送ることができる
  4. 通勤が楽
  5. 両親の近くで過ごすことができる
  6. 自治体のサポートを受けられる場合も

自分が育ってきた地元に戻るメリットはたくさんあります。家族との距離が近くなり、両親の介護も含めて安心して生活ができます。また、学生時代の友達と仲良くできることもメリットです。子供のときから仲良かった友人とまた思い出を作ることができます。

Uターン転職のメリットは、自分がUターンしたときにどのような生活ができるのかが想像しやすいことです。自分が所属してきたコミュニティや生活圏に戻るだけなので私生活ではストレスなく地域に馴染むことができます。

私も小学生からすっごい仲良かった子が地元にいます。

都内に住んでいるので年に1回会えるくらいなんです…。

電話とは違いますので、大きなメリットですよね♪

リカさん

 

また、都心部のデメリットを消すことができるのがUターン転職のメリットでもあります。その代表例が満員電車です。会社に到着する前にすでに疲れてしまうことはなくなります。満員電車を避けるためには「会社に近いけど、家賃の高いところに住む」「早朝の5時や6時に電車に乗る」などの代償が必要となります。しかし、地方であればこの苦痛からは代償ナシで開放されます。

加えて、地方自体は子育て支援・奨学金の返還支援・引っ越し費用の支援・その他の補助金など手厚くなっています。ただでさえ首都圏より物価が低く、生活コストが低いので金銭面の不安が少ないのもメリットとして挙げられます。

 

Uターン転職のデメリットとは

デメリット

 

Uターン転職はメリットも多く、都心での生活に疲れた人には魅力的にうつります。しかし、デメリットも多く存在しますので、しっかりとデメリットを把握しましょう。

Uターン転職デメリット
  1. 求人数が少ない
  2. 年収が下がる傾向にある
  3. ブラック企業に当たってしまう可能性がある
  4. 生活での娯楽が少ない
  5. 引っ越しコストがかかる
  6. 自動車所有コストがかかる
  7. 近所・親戚づきあいが面倒

転職において、Uターン転職の最大のデメリットは求人数が少ないことです。

「首都圏一極集中」というキーワードがニュースでよく出ています。企業だけでなく、多くの人が大都市に集まってきています。しかし、そのおかげで地方とは比べ物にならないレベルの求人数が掲載されています。求人数の多い都心では転職に困らなかった人でも、地方では求人がなく仕事が見つからないこともありえます

 

また、地方ならではの問題もあります。それはブラック企業問題です。

地方は企業の数が少ないこともありますが、そもそも人の出入りが激しくありません。新陳代謝が悪く古い体質が残っていることも。また、社長がワンマンの中小企業も多く、首都圏では信じられないようなハラスメントが飛び交う経営をしている会社もあります。「上司にお見合い相手を無理やり紹介させられる」なんて信じられない話も聞きます。

Uターン転職で距離は遠いですが、転職を決める際には足を運び、自分の目で見て雰囲気を感じることが大切です。

MEMO
ブラック企業の見抜き方
ブラック企業の見抜き方をこちらの記事でまとめています。
参考ブラック企業を見抜け!事前のリサーチと面接でブラック企業を見抜くポイントとは

 

生活面のデメリットとして考えられるのは娯楽の少なさです。

都心部のようなオシャレな飲食店は減りますし、娯楽も少なくなります。コンビニの数や大型スーパー、ショッピングモールのような施設、遊園地や流行りのお店なども少なくなります。日々の仕事への通勤は楽になるかも知れませんが、娯楽のある場所に行こうと思うと1時間~2時間かかってしまうことも少なくありません。

 

ハジメ

地方だと自家用車が必要になる。

そういう意味では生活コストが上がる人もいるんだ。

 

地方の場所によっては、物価にあまり差がないこともあります。

リカさん

お給料は確実に下がることを考えると…。

計算はしっかりする必要がありますね。

 

以上、Uターン転職のメリットとデメリットを挙げてきました。

一般的なメリット・デメリットを挙げましたが、人によってはデメリットと感じないこともあると思います。どちらも自分に置き換えて考えてみて、メリットがまさるようであればUターン転職に写っても良いでしょう。

 

Uターン転職が向いているタイプの人

Uターン転職向いている人

 

上記でUターン転職のメリット・デメリットを挙げましたが、どんなタイプの人がUターン転職に向いているのでしょうか。メリットに魅力を感じる人はもちろんのこと、重要なのはこの2点です。

  • キャリア上昇志向よりも「ワークライフバランス」重視な人
  • 地元の人間関係が好きな人

Uターン転職の魅力は何と言ってもゆとりのある生活や通勤の苦痛からの解放です。その分都市部のようなスピード感のある、ガツガツとした働き方はできないと思っておきましょう。

また流行や最新情報が回ってくるまでに地方と都市部では時間差があります。「常に最先端の流行に身を置きたい」または「仕事こそ人生」というキャリア上昇志向の人はのんびりとした地方の働き方にイライラしてしまうこともあります。

 

働くことだけでなく人生の他の部分を充実させたいという人にはUターン転職がおすすめよ

リカさん

 

ハジメ

もちろん地方でもバリバリ仕事している企業もあるが…都市部よりはゆっくりとしているな

 

また地元特有の人間関係を苦痛に思わないということも大事です。

地元によって差はあるものの、一般的には都市部よりもより密でウェットなコミュニケーションが必要となる場合が多く、人の入れ替わりも少ないためコミュニティの基盤が出来上がっていることがほとんどです。

そこに迎え入れてもらうためには、地元の人とのコミュニケーションが欠かせません。

飲み会などはもちろん、地域独自のしきたりなどもあるため柔軟に対応することが求められます。

 

 

Uターン転職の求人(仕事)の探し方

Uターン転職探し方

 

Uターン転職に自分は向いているはず、地元の企業に転職したいと思った時、どのように求人を探せばよいのでしょうか。

大体は2つのパターンに分かれます。

1つ目は地元の繋がりを利用すること、2つ目は転職サイト・転職エージェントを利用することです。

家族や親戚、友達のつてで転職することはUターン転職をする人たちの間でよくあります。待遇の確認や交渉を自分で行わなければならないので大変な面もありますが、比較的スピーディーに話が進んでいく傾向にあるので一度地元の知り合いに「Uターン転職を考えている」と相談してみましょう。

 

また求人数自体が少ないので複数の転職サイト・転職エージェントを利用必要があります。

転職エージェントでは「リクルートエージェント」「doda(デューダ)」など大手のサービスは地方にも拠点があるため、Uターン転職に強い転職エージェントです。

求人の数は大手の方がたくさん保有している傾向にあります。

また転職サイトでは「リクナビNEXT」「ハタラクティブ」です。「地域密着」を掲げている求人サービスで、地方の中小企業の求人に強みがあります。

 

MEMO
おすすめ転職エージェント
おすすめの転職エージェントをタイプ別にご紹介しています。
参考転職エージェントおすすめ13社!キャリア別に実際に利用した転職成功者が詳細に紹介

ぜひ他のサービスと併用してUターンの転職活動を効率よく進めてください。

 

Uターン転職 まとめ

Uターン転職のメリット・デメリット、仕事の探し方までご紹介してきました。

Uターン転職は都市部から地元に戻って転職するため、働き方だけでなく生活そのものが大きく変化します。

家族との時間やゆとりのある生活を重視する人にとっては、都市部でギリギリまで働くよりも幸福度が高くなるかもしれません。

しかしよく考えないでUターン転職にはデメリットもありますので、しっかりと事前調査をしないと失敗してしまうことも。行動に移す前にUターン転職のメリット・デメリットをしっかりと比べて自分に向いているのかどうかをじっくりと見極めましょう。

Uターン転職を決めたら焦らずじっくりと転職活動を進めることが大切です。求人数が少ないので複数の転職サイト・転職エージェントに登録して転職のタイミングを逃さないようにしましょう。

ブラック企業ブラック企業の特徴と見分け方!事前のリサーチや面接でブラック企業を見抜く方法 英語力が重要海外転職にチャレンジ!準備すべきことを1から解説します。 ジョブホッパージョブホッパーこそ評価されるべき!これまでの経験を長所に変え転職を成功させよう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です