転職エージェントの選び方を解説!

「転職活動に疲れた」を解消し気持ちを立て直す7つの方法

転職活動に疲れた

「内定がなかなかでなくて転職活動に疲れた」

「自分が希望する企業が見つからない」

思ったように転職活動が進まないと、心身共に疲れ切ってしまいますよね。

疲れたままで転職活動に臨むとうまくいくものもいかなくなってしまいます。

 

ハジメ

転職活動では疲れて判断力を失った状態で行うと良い結果がでません。

 

転職活動は何度もやり直しがきくものではないですからね。

リカさん

 

この記事では転職活動に疲れた時の解決策や、転職活動を少しでもスムーズに行うためにポイントを紹介します。

 

目次

転職活動に疲れたと感じる8つの理由

転職活動疲れの原因

転職活動に疲れたと感じる時はなにが理由になっているのでしょうか。

転職活動に疲れたと感じる時の理由や心理状態について説明します。

不採用続きで自分を否定されているように感じる

転職活動で不採用が続くと、「自分が社会から必要とされていない」ような気がしてしまいます。

不採用通知を受けるたびに自分を否定されているように感じてしまうのも無理はありません。自分自身に価値がないように思ってしまうこともあるでしょう。

「不採用は自分のスキルや実績が企業とマッチしていない」というだけなのです。

あなたを求めている企業に出会ってないだけです。

 

内定が出ず転職が長期化して疲れた

内定が出ないと、転職活動が長引いてしまいます。

とくに志望企業から内定が出なかった人によく見られる兆候です。

やる気を失ってしまったり、次にどこを受けるべきなのかを見失ったりして転職活動が長期化してしまうことが理由として挙げられます。

 

先が見えない不安に疲れた

転職活動は内定が出なければ、いつまで続くかわかりません。

1ヶ月で転職が決まる人もいれば、半年かかる人、1年以上かかる人もいます。

その先の見えない不安に疲れてしまうこともよくあります。

 

先に仕事を辞めてから転職活動を始めた人は、次が見つかるまで無職ということです。

社会的な不安に加えて経済的な不安とも戦っていかなければならないので、精神的に参ってしまうのも無理はありません。

 

ハジメ

先に仕事辞めたいと思ったときに読んでもらいたい記事です。

 

希望の転職先が見つからず疲れた

せっかく転職を決意しても、なかなか希望の転職先が見つからないこともあります。そのせいで動き出すことができず、いつまでも状況が進まないことに疲れを感じることもあるでしょう。

希望が多ければ多いほど、理想が高ければ高いほど次の転職先がなかなか見つからなくなってしまうものです。

とくに給料が高く知名度のある大手企業に在籍している場合には、その傾向が強くなります。

 

仕事と転職活動の両立に疲れた

転職と仕事との両立に疲れた

次が決まってから仕事を辞めるのが、転職活動の基本だと言っても過言ではありません。

しかし忙しい仕事の合間をぬって転職活動を進めるには相当な労力が求められます。

転職活動のために残業を切り上げなければならず、その仕事へのしわ寄せを早朝出勤で調整して、ときには周りに無理をいって有給休暇をとって…ということを繰り返していると、精神的にも肉体的にも疲労が溜まっていくものです。

かと言って先に仕事を辞めてしまうと転職活動を焦ってしまったり、逆にだらだらしてしまってなかなか次が決まらなかったりすることもよくあります。

仕事と転職活動は両立が必要不可欠なものの、疲れ切ってしまうほど大変な思いをするのもめずらしいことではありません。

 

転職活動も思った以上にお金がかかる

実は転職活動には意外とお金がかかります。

面接に出向く交通費、スーツやシャツなど面接用の服代、面接後の服のクリーニング代などが必要経費としてのしかかってきます。

また転職活動をしていると忙しくなるので自炊ができなくなることもあり、また自宅以外のカフェなどで作業しようと思うと外食がメインとなって食費もかさみがちです。

転職活動の期間が長引くほどお金がかかるので、その金額を考えると疲れを感じてしまうかもしれません。

 

年齢的な厳しさや学歴の壁を感じて疲れた

転職活動は楽ではありません。とくに書類選考になかなか通らない場合にはツライ思いをしてしまいます。

たとえば多くの企業が事実上の年齢制限や学歴の制限を設けています。年齢をオーバーしていたり、学歴が満たない場合には面接のチャンスさえもらえません。

いくら実績やスキルがあっても、そのアピールさえできないのです。そんな自分ではどうすることもできない年齢や学歴の壁に対して疲れを感じることもあるでしょう。

 

ハジメ

求人募集で「年齢制限」をしてはいけないんですが例外事項である「長期勤続によるキャリア形成を図る観点から…」という理由で年齢制限を設けている企業は多いですよね。

 

周囲にバレないように転職活動するのに疲れた

転職活動は仕事をしながら進めるものなので、転職先が決まるまでは水面下で動き続ける必要があります。

と言っても、周囲にバレないようにするのも大変です。不定期に有給を取ることが続いたり、残業を早めに切り上げたりすることがあれば周囲から怪しく思われてしまう可能性もあります。有給休暇取得の理由を考えるのも毎回大変です。

 

また転職エージェントや企業の採用担当者の中には就業中に電話をかけてくる人もいます。

周りにバレないように転職活動するのは神経を使います。

転職活動が長期化してしまうと「これ以上周りに隠せない」と思ってしまうほど疲れることもあるでしょう。

 

\ 無料で診断 /適職診断を受けよう

転職活動に疲れた時の対処法7選

転職活動に疲れたら

転職活動に疲れた時にはどうするべきでしょうか。

疲れた気持ちのまま転職活動を続けても成果につながりません。転職活動に疲れたら以下の対処法をぜひ試してみてください。

 

転職活動を一度休んでリフレッシュを

転職活動に疲れた時には一度休むのが一番です。

十分にリフレッシュ期間を取り、また転職への意欲が湧いてきたら転職活動を再開してみてください。有給休暇をとって旅行に行ったり、映画を見たりしてゆっくり過ごしましょう。

一度転職のプレッシャーから解放されることが大切です。

もちろん転職活動自体辞めてしまうと、再開するときに時間がかかってしまいますので、転職活動関する情報自体は受けられるようにしておきましょう。

ハジメ

エントリーしたり面談にいくのを1、2週間休んでみましょう。

 

親しい友人に会う

親しい友人に会うことも気分転換になります。

思いっきり趣味の話をするのもよいですし、自分の状況について話を聞いてもらうのもよいでしょう。

親しい友人なら、客観的な視点からアドバイスをくれるはずです。

転職活動に疲れたら、転職活動以外の時間を確保し、友人と楽しいひとときを過ごしてみてください。

 

ハジメ

できれば向上心が高い友人がいいですよ。お互いがマイナスにならないような友人と会いましょう。

 

 

転職ではなく異動や休職で解決しないか考えてみる

転職活動がストレスになっているなら、転職をせずに状況を変える方法を考えてみるのもアリです。

たとえば人間関係の悪化が転職理由なら、部署異動を申し出ることで転職をせずとも問題を解決することができます。

また業務量から体調が悪化しているなら、転職をしなくても休職し、療養につとめることもできるかもしれません。

 

転職をすると一気に環境を変えることができますが、転職活動中や転職後新しい会社になじむまでの間には大きな負担がかかります。

転職をせずに抱えている問題を解決できるなら、それに越したことはありません。

 

「会社に行きたくない」と思ったときに読んでもらいたい記事です。

リカさん

 

無職期間が長引きそうなら派遣社員で実績をつくるのも◎

「転職先が決まらないまま退職してしまった」という場合、転職へのプレッシャーは非常に重くのしかかってきます。

無職のまま転職期間が長くなると経済的な負担も増えるので、可能であれば派遣として実績をつくるのもおすすめです。

派遣社員なら仕事を見つけやすく、また転職先が見つかった時にも比較的辞めやすいのが利点です。

志望する業種で派遣として働き始めて、少しでも実績を積んでみましょう。また職場との相性がよければ派遣から正社員になれる可能性もあります。

 

転職経験者の成功体験を聞く・本を読む

いつでも実際の体験談がもっとも参考になるものです。転職経験者の成功体験を聞いたり、成功談を読んでみたりすることも刺激になります。

今までの自分になかった視点を得ることができ、転職活動の幅が広がることがあります。

また、転職の方法にもいろいろあることを学べます。自分が転職のためにできることが、今以上に見えてくるでしょう。

転職活動への意欲も戻ってくることが多いので、ぜひ一度試してみてください。

 

開き直ることも大切!

不採用が続くと自己肯定感が下がってしまいます。そんな時に必要なのは、開き直ることです。

「自分の価値がわからないなんて見る目のない企業には、就職しても意味がない」くらいの気持ちで構えておきましょう。

むしろ縁のない企業を見つけられてよかったかもしれません。あなたの価値がわからない企業は、今後少なからず失速していくはずだ、と考えておきましょう。自分で自分を肯定することはとても大切です。もちろん反省することも必要ですし、失敗を振り返って次に生かすことは転職活動の基本です。

しかし時には反省よりも開き直ることを優先してください。自己肯定感が低下すると、その自信のなさが表に出てしまうからです。

自信がないとさらに内定から遠下がってしまうのは、言うまでもないでしょう。

 

補足:「疲れた顔」では転職面接の印象も悪くなる

転職活動に疲れたまま、だらだらと続けると不採用の確率が上がります。

疲れは顔や表情、雰囲気に現れます。疲れた顔で面接を受けても「一緒に働きたい」と思ってもらえません。

 

ハジメ

マイナスオーラが出ていると採用されません。

 

面接官への印象が悪く不採用となり、不採用通知によってさらに疲れる…というマイナスの循環に陥ってしまうことも考えられます。

そんな負の連鎖から脱却するためにも、疲れた時は一度転職活動をやめて持ち直す必要があります。

 

 

【事前対策】「転職活動疲れた」とならないための5つのポイント

転職活動疲れにならないために

では、そもそも転職活動をつづけるにはどうすればよいのでしょうか。

以下では、「転職活動疲れた」とならないためのポイントを5つ紹介します。

「だらだら転職活動を続けてしまっている」と感じるなら、ぜひ5つのポイントを実践してみてください。

 

焦らずゆっくり転職活動に取り組む

期限を決めた方が効率的に転職活動を進められることもありますが、期限に追われて転職活動に疲れてしまっては意味がありません。

転職活動は、焦らずゆっくり取り組むようにしてください。

焦ると条件をよく吟味しないまま転職を決めてしまったり、勢いに任せて退職して後悔することになりかねません。

焦らずゆっくり、あらかじめ長期になることを覚悟しながら、無理をしない範囲で転職活動をしていくことをおすすめします。

 

100%理想が叶う転職を求めない

条件が完璧に揃う転職は不可能に近いほど難しいことです。優先事項を決めておき、それが満たされればOK、くらいの気持ちでいる方が幅広い選択肢を持つことができます。

完璧な条件や100%の理想にこだわっていると、いつまでも転職できません。

「そもそも完璧な求人はない」と考えることも転職活動には必要です。

 

自分の市場価値を再確認し、転職の幅を広げよう

自分の市場価値を再確認してみてください。

自分が思っているよりも自分の市場価値が高い・低いことはよくあります。自分にどんなことができるのか、どんな実績・スキルがあるのかを適切に把握してみてください。

自分の市場価値が届かないところに応募し続けていると不採用が続き、疲れてしまいます。

自分の市場価値を正確に知っておくことができれば、無理な高望みをして失敗することもありません。自分の市場価値を確認できるサービスもあります。

たとえば「doda」では「キャリアタイプ診断」や「年収査定」を行っています。自分がどんな仕事に向いているのか適性年収なのかを診断することができます。

 

dodaのキャリアタイプ診断TOP

 

ぜひ一度試してみてください。

ハジメ

dodaが行っている「キャリアタイプ診断」についてはコチラの記事で解説しています。

 

改めて企業研究に取り組もう

転職活動に疲れないためには、企業研究にしっかりと取り組むのもおすすめです。

 

四季報

 

今まで知らなかった企業を知ることで転職への意欲が高まります。また一通り転職活動をし、疲れてしまってからでも遅くありません。

再び企業研究に立ち返ることでより希望が明確になり、また妥協すべき点も見えてくるものです。転職に疲れた時には積極的に行動を起こすやる気が出ません。そんな時には企業研究だけでも進め、少しでも転職への可能性をキープしておくことも方法の1つです。

そもそも企業研究をしっかりしてから応募するようにしておけば、希望とのマッチング度も高く内定率も上がります。疲れてしまうほど転職活動が長引かない可能性が高くなるので企業研究には念入りに取り組んでみてください。

転職活動用のクチコミサイトを見るのもいいですよね。

リカさん

 

 

転職エージェントを活用しよう

転職活動の疲れは「なかなか内定がでない」「時間調整が大変」「自分に合った企業が見つからない」といった原因が大きいですが、いまや転職エージェントを活用することで事前対策できます。

転職エージェントのメリット

 

ハジメ

転職エージェントをつかった転職をご紹介します。

\ 無料で診断 /適職診断を受けよう

転職エージェントを頼って「転職活動疲れ」を解消しよう!

転職エージェントは転職する人の転職活動をサポートしてくれます。

転職エージェントを上手に活用することで「転職活動疲れ」を回避できます。

 

自分でやらなくても良い手続きは転職エージェントに頼る

転職エージェントではエントリーに必要な「履歴書」や「職務経歴書」の添削を行ってくれるところがあります。

企業によって「職務経歴書」などはアピールするポイントがことなってくることがあります。転職エージェントを経由することで事前にアドバイスを貰えることもあります。また面接日の調整も転職エージェントにおまかせできます。

転職エージェントを上手に活用することで転職活動をスムーズに進められます。

 

あなたに最適の転職エージェントの選び方は?

もちろん転職エージェントといってもさまざまなタイプがあります。

dodaやリクルートエージェントといった総合型の大手転職エージェントから20代に強い転職エージェント、年収が高いハイクラス専門の転職エージェントとさまざまです。

自分に合った転職エージェントを探しましょう。

ハジメ

転職エージェントの探し方はコチラの記事で紹介しています。

 

補足: 合わない転職エージェントを使うと転職疲れの原因になる?!

転職エージェントと合わない場合もあります。

担当者とのコミュニケーションがうまくいかないと「転職疲れ」の原因にもなってしまいます。

転職エージェントは複数登録することと、もし担当者と合わないのであれば担当者変更をお願いしましょう。

 

転職活動に疲れた時は まとめ

転職活動に疲れてについてご紹介してきました。

転職活動が長期化すると、精神的・身体的・経済的に疲れていきます。

疲れる理由はいくつか考えられますが、いずれの場合も疲れを感じた時には転職活動自体を見直すことが大切です。疲れた顔のまま転職活動を続けることは避けましょう。疲れた顔だと内定獲得が難しく、そのせいで不採用となるとさらに疲れが募っていきます。

転職活動に疲れないためには、焦らずゆっくりと取り組むことが大切です。

自分の市場価値を正確に把握し、企業研究など基本に立ち返ることをおすすめします。100%理想を叶えることはできなくても、転職に成功することはできます。

ゆっくり休んだら、また転職活動をマイペースに続けてみてください。

 

仕事を辞めたい理由だけでなく、対処法や辞めるべき基準やケースを教える記事です「仕事を辞めたい」その理由だけでなく対処法や辞めるべき基準も教えます 会社行きたくない会社に行きたくない!そんな時に知っておきたい原因別の対策と立ち直るための考え方を徹底解説 派遣から正社員派遣社員から正社員になりたい!おすすめ業種や立場の違い将来性・メリット・デメリットなど派遣と正社員の違いもわかりやすく紹介 転職口コミサイト転職口コミサイトを徹底比較!私が利用して「信頼できる」と思った転職口コミサイトを4つ紹介します。 転職エージェントおすすめ転職エージェントおすすめ13社!キャリア別に実際に利用した転職成功者が詳細に紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です