転職スタイル只今リニューアル中!

やりがいのある仕事を探したい!あなたにとって満足感の得られる仕事の見つけ方

やりがいのある仕事とは

人生の3分の1は「仕事」に費やすといわれるほど、働くことは私たちの人生において大きな比重を持ちます。
しかし、日本は世界的にみても仕事への満足感ややりがいを感じている人が少なく、やりがいのなさを感じながらも仕方なく働き続けている人が多いのです。

もちろん誰もが自分にとって「やりがいのある仕事」「満足感の得られる仕事」に就きたいと考えています。しかし、その中でもやりがいのある仕事に出会える人と出会えないままの人がいるのです。

やりがいのある仕事に就き、毎日楽しみを感じながら働いている人とやりがいもなく日々時間が流れていくのを待ちながら働く人とでは人生の充実感も変わり、あなたの生き甲斐に大きく影響します。

本当に今の仕事にやりがいを感じられているでしょうか。

今回はそんなやりがいを感じる仕事の見つけ方について考えていきたいと思います。

 

ハジメ

一言に「やりがい」といっても人によって感じ方はそれぞれ。様々な角度からやりがいを感じられる仕事について紹介します。

 

どんな仕事にやりがいを感じるのか

 

同じ仕事であってもやりがいを感じるかどうかは人によって違います。
例えば製造業などは単純作業ばかりでやりがいを感じ辛いと思われがちですが、細かな作業や日々の作業精度を上げることが好きという人であればやりがいを感じながら働くことができ、逆に地味な作業が好きな人が営業職などに就くとやりがいを感じることが難しくなります。

そのため、一定の職種においてやりがいが発生するのではなく、人によってやりがいが感じられるかどうか変わってくるということです。

この「仕事のやりがい」についてはアメリカ心理学会(APA)から20万人を超える人、259の職業調査の統計を調査したデータが公表されています。(2007年発表)

参考Integrating motivational, social, and contextual work design features: A meta-analytic summary and theoretical extension of the work design literature.(英文)

このレポートではやりがいを感じるかどうかは5つの要素が関わっていると発表されています。

まずはこのレポートの内容からやりがいのある仕事を探すヒントを探っていきましょう。

 

ハジメ

259の職業と20万人を超える人への統計調査とはすごい。だから現在でも信頼されているレポートなんだね。
「仕事のやりがい」の要素には世界各国で共通していることが多いみたいですよ。

リカさん

 

やりがいを感じる仕事の5要素

やりがいのある仕事とは

 

前述した通り、アメリカ心理学会(APA)のレポートによると人が仕事にやりがいを感じる要素は5つあると発表されています。
アメリカでの調査ですが、その後この調査結果は世界各国で共通するという研究結果も発表され、現在でも信頼性の高いレポートといえます。

ではやりがいを感じる5つの要素とは一体なんでしょうか。

 

やりがいを感じる5つの要素
  1. 自分で仕事をコントロールできるか(自治性)
  2. 仕事の内容に幅があるのか(多様性)
  3. 適度な難しさがあるのか(困難さ)
  4. フィードバックがあるのか(フィードバック)
  5. 全体に関われるのか(全体性)

やりがいを感じるにはこの5つの要素を満たすことが大切だといわれています。
そのため、この逆の要素が多い仕事については基本的にやりがいを感じることが難しいと言えるでしょう。

それでは1つずつ説明してきます。

 

仕事を自分でコントロールできる(自治性)

仕事のやりがいにおいて自分で仕事がある程度コントロールできることは大切です。

例えば、常に上司からの命令で仕事内容を決められ、強制され続ける仕事にやりがいを感じるでしょうか。

やはり自分で考え、判断し仕事を進めていくことができる環境の方がやりがいを感じながら働くことができるはずです。
自分で仕事をコントロールできるということは責任が伴うこともありますが、それを超えて自分の考えが仕事の上で実現されていくことで、会社に貢献していると感じられやすくなるでしょう。

それによって自分がこの仕事をやる必要を見出し、やりがいを感じることができるようになります。

 

仕事の内容に幅がある(多様性)

業務内容が多岐に渡り、ある程度幅がある方が人は仕事へのやりがいを感じやすくなります。

業務の幅が広ければ、様々な仕事へのチャレンジができるため、仕事の達成と新しいチャレンジを繰り返していくことができ、やりがいを感じられやすくなります。

同じ仕事を何年も続けていると、仕事の達成感を得られる機会も少なくなるためやりがいを感じにくくなってしまうのです。
また、仕事のために学ぶモチベーションも生まれにくく、自分の成長を感じられにくくなることもやりがいを感じられなくなる一つの要因です。

 

適度な難しさ(困難さ)

適度な難しさがあるか

やりがいを感じるには適度な難しさも必要と言えるでしょう。

例えば誰にでもできるような簡単な仕事をしていてもやりがいを見出すことが難しく、逆に難易度が高すぎて自分には絶対にできないような業務もミスが多くなり自信を失くすばかりでやりがいを感じることができなくなるでしょう。

人は成長することに喜びを感じる生き物です。
そのため、自分の努力によって達成可能な適度な難易度、課題のある仕事をこなすことで、自己実現欲求が達成されやりがいを感じることができます。

また、始めは困難だと思われた仕事が達成された時の満足感はさらなるやる気を生み、やりがいにつながっていくのです。

 

フィードバックがある(フィードバック)

フィードバックがあるか

自分が行った仕事に対して評価やアドバイスを受けられることも仕事のやりがいに大きく関わってきます。

フィードバックが受けられると自分が行った仕事の成果や成長がはっきりと把握できるようになり、前述した課題などの設定もしやすくなります。

人は誰かの役に立つことにやりがいを見出しやすくなります。
そのため自分がいることで会社の役に立っていると感じられれば自己肯定感へ繋がり、もっと認められよう、もっと役に立とうと努力することができるようになるのです。

また、フィードバックの一つとして給与も関係します。
自分への評価が給与へ反映されることで、成果を目に見える形で実感することができます。
自分の成果が目に見える形で反映されるようになると、強いやりがいを仕事に感じることができるようになるでしょう。

 

全体に関わる(全体性)

仕事の最初から最後まで関わることができるかというのもやりがいを感じるのに重要です。

大きな枠組みの一部の仕事にしか関われず、行った仕事が自分の手を離れてどうなっているのか一切わからない、自分の業務以外のことは一切知らされない、となっていては自分の仕事の意味や結果が見えにくくなるため、やりがいを感じることが難しくなります。

そのため「マーケティングだけ」「営業だけ」という仕事よりもマーケティングから企画、開発やアフターフォローなど事業の全体に関われるような仕事の方がやりがいを得られやすいのです。

また、全体性でいえばエンドユーザーからのフィードバックも重要であると述べられています。

自分の行った仕事の結果を実際に利用したユーザーの声で得られることで「自分の行った仕事の結果を得られた」「会社や社会において貢献出来ている」と感じることができルため、強いやりがいを感じることができるようになるのです。

 

ハジメ

実際に世の中に大きな影響を与えているかどうかではなく「自分の仕事が世の中で役に立っている!」と思い込むことも大切みたいだね。

 

やりがいのある仕事にしていく

どうやってやりがいのある仕事を見つけるか

 

ここまでやりがいを感じる仕事の5つの要素についてご紹介してきましたが、あなたの現在の仕事に当てはまる要素はあったでしょうか。

前述した通り、やりがいを感じる仕事とは職種によって決まるものではなく人によって変わっていくものです。
そのため、同じ職場内でもやりがいを感じながら働いている人もいれば、やりがいを感じられず日々悩みながら働いている人もいます。
実際に働いているビジネスパーソンを見ていると「たまたま就いた仕事」の中でやりがいを見出している人がほとんどです。

仕事のやりがいは職業によるものではなく、自分が感じるものです。
その中で自分がこの仕事に向いていると感じる人は「その仕事を長く継続できている」ことが多いです。自分のスキルを長い時間をかけて上達をさせることで仕事にやりがいが得られることもあるため「仕事の継続」によってやりがいを見出すこともできます。

もちろん、やりがいを見出すために転職をするという選択肢もありますが、やりがいを感じる仕事に出会うために転職を繰り返していくよりも、この5つの要素を今の仕事の中からやりがいを見出していくことも大切です。

 

ハジメ

私は転職をくり返してやりがいのある仕事を見つけました。でも、実際は今の仕事の中でやりがいを見つけたほうが早そうですね。

 

やりがいのある仕事の見つけ方

やりがいのある仕事の探し方

 

それでも今の仕事でやりがいを見出せない場合は異動や転職など、仕事を変えることを考える必要がありそうです。

ではやりがいのある仕事に出会うにはどのようなポイントがあるのでしょうか。

 

やりがいのある仕事に出会うためのポイント
  1. 「興味・関心」のある仕事
  2. 社会貢献が感じられる仕事
  3. 子どもの頃に憧れていた仕事
  4. やりたくない仕事

「興味・関心」のある仕事を選ぶ

例えば給与や待遇が良い仕事だったとしても、仕事の内容が全く興味のないものであるとやりがいを持って働き続けることは難しくなります。
また、「好きなこと」で仕事を選んでしまうと、ユーザーと働き手とでは感じ方も変わり、現実を見ることで好きだったことをそのまま嫌いになってしまうことがあります。

そのため、仕事を選ぶ際には「自分の知識が生かせるか」「今後勉強していきたい分野か」など自分の興味・関心があるかを見極めていくことが大切です。

自分の知識や経験を生かせる仕事に就き、日々勉強しながらスキルアップしていくことができる仕事であれば、自然とやりがいを持って働くことができ、スキルを生かし職場でもプラスの評価を得られやすくなります。

仕事を通じて成長していけるか、自分が積極的になれるかをしっかり見極めて仕事を探していくと良いでしょう。

 

社会貢献が感じられる仕事を選ぶ

誰でも社会の役に立っている・人の役に立っていると感じられる仕事にやりがいを感じられるものではないでしょうか。

社会貢献というと高尚な仕事のように思われますが、実はどんな仕事であっても必ず社会の役に立っています。
実際に世の中に大きな影響を与えるような仕事でないとしても自分が「人の役に立っている」「世の中に影響を与えられている」と思えることが大切です。

そのため、広い視野で「どんな人を喜ばせたいか」「どうやって喜ばせるか」を考えて仕事を探してみると良いでしょう。

また、ユーザーの声が直接聞ける仕事もやりがいを感じやすくなります。
自分がした仕事について直接ユーザーから感謝の声が届くと人の役に立っている実感も得られますし、ユーザーからのフィードバックを得ることもできます。

しかし、気をつけなくてはならないのは企業が世の中に良い影響を与えているような会社かどうかを見極める必要があることです。
厳しい意見ばかりが集まるような企業ではやりがいをなくしてしまうこともあるため、会社をよくみて選ぶ必要がありそうです。

 

子どもの頃に憧れていた仕事について考える

やりがいを見失ってしまっているときには、子どもの時に憧れていた仕事について振り返るのも良いでしょう。

そのまま憧れていた職業に就くというのは難しいですが、小さい頃にその職業のどんなところに憧れていたのか、どんなところが良いと考えていたのかを分析することで、自分のやりがいを見つけられることがあります。

自分のやりたい仕事ややりがいを感じる仕事は簡単に見つかるもではありません。
そのため、まずは自己分析の一つとして小さい頃のことを思い出し、今後の仕事の方向性について考えてみるのも良いでしょう。

 

やりたくない仕事について考える

やりがいのある仕事を探す上では「やりたくない仕事」についても考える必要があります。

やりがいのある仕事を探す上で自己分析は大切です。
その中でやりたくない仕事について明確にしておくことで、判断基準がはっきりするため本当にやりたい仕事を見つけやすくなります。

やりたくない仕事について、何故やりたくないのか、苦手な部分は何かなど具体的に考えるとより効果的です。

 

これらのポイントを意識して仕事を探していくことで、やりがいのある仕事に出会いやすくなります。

特に自己分析を丁寧に行い、自分がどんな仕事にやりがいを感じられるのかを意識しながら仕事を探すことで自分にあった仕事に出会えるようになるでしょう。

 

やりがいを感じられる職場の特徴

 

自分のやりがいを見つけられたところで、続いてやりがいを感じられる職場について考えてみましょう。
やりがいを感じられる職場にもいくつかの特徴がありそうです。

やりがいのある職場の特徴
  1. 今後発展する”可能性”のある職場
  2. 上司とのコミュニケーションが取れている職場
  3. 成長業界の職場
  4. 評価制度がしっかりしている職場

今後発展する”可能性”のある職場

やはり「フィードバック」が感じられる職場として今後発展する可能性のある企業ではこれから世の中に何らかの影響を与えられると考えることができ、やりがいを感じやすくなります。

例えばIT関連の企業では、サービスのニーズに対してエンジニアの数は足りていないのが現状です。
その中で発展する可能性のあるサービスに関わることで、フィードバックを得ながらやりがいを持って働くことができるでしょう。

ハジメ

どのようなサービスに発展していく”可能性”があるのか、調べてみるといいかもしれないね。

関連記事:未経験からIT業界へ転職!転職を成功させるために重要な6つのポイント

 

上司とのコミュニケーションが取れている職場

上司が任せる主義

上司とのコミュニケーションが取れている職場ではやりがいを感じられる機会が多いようです。

コミュニケーションが頻繁に取れる職場では上司から仕事を任せてもらえる機会も多く、自分で仕事をコントロールすることができるためやりがいを感じやすくなります。
また仕事について上司からの評価やフィードバックを受けることで、自分の成長を感じられることも多いでしょう。

上司と部下の関係が良い職場では自然と職場自体の人間関係も良好なことが多いため、働きやすさの点でも恵まれることが多く、結果としてやりがいを持ちながら長く働き続けることができます。

 

成長業界の職場

成長業界であること

衰退業界と成長業界では当然仕事の内容も職場の雰囲気も違います。
そのため、やりがいを得るためには成長業界を選ぶことをおすすめします。

衰退業界では決まった仕事を繰り返すだけで社内も閉塞感が漂い、とてもやりがいを持てるような雰囲気ではないでしょう。
しかし、成長業界であればどんどんと新しいサービスや技術が生まれ、社内でも新しいプロジェクトが発足されるなど企業の中が活気に溢れています。
そのため、仕事の幅も広がり新しい仕事が増えていくことはやりがいを感じながら働いていくことができます。

ハジメ

成長企業に転職することは転職活動の鉄則だね。

関連記事:伸びる業界へ転職して人生逆転!この先10年伸びる業界を一挙紹介!

 

評価制度がしっかりしている職場

仕事についての評価が公正公平であることは働きがい、働く上での満足度に大きく関係します。

中でも評価が一方的なものではなく、働き手が納得できる評価制度があることが大切です。

社内で共通の目標を持ち、それに向かって努力・評価するような企業は特に従業員の働きがい、満足度が高いと言われています。

社内の目標がはっきりしていれば働き手に対して公正な評価ができるため、働き手が納得のいく評価を得ることができます。
それによって長期間に渡って努力を促すことができるため、結果的に「継続した仕事」を行うことができ、スキルの習得などからやりがいを見出しやすくなるのです。

 

これらの4つのポイントを意識しながら企業を見ていくことで、自分の仕事の上でやりがいを感じられやすい職場を選ぶことができます。
転職の際に参考にしてみてください。

やりがいのある仕事との出会い方 まとめ

ここまでやりがいのある仕事について紹介してきました。

自分が「やりたい仕事」に就ける人はごく稀で、ほとんどの人は就職した先で自分のやりがいを見つけながら働いています。

例えば松下電器の創業者である松下幸之助は電球を磨くことにやりがいを見出せなかった従業員へこのような話をしています。

「この電球はどこで光っているか知っているか?
外が暗くなり、家の中はもっと暗くなれば、子どもたちは絵本を途中で閉じなあかん。
でもな、あんたがみがいている電球一個あるだけで、子供たちのドラマは続行や。
あんたは電球をみがいているんやないで。子供たちの夢をみがいてるんや。
子供たちの夢のために、日本中、世界中にこの電球を灯そうや。」

この話を聞いた従業員は誰でもできるような仕事だと考えていた電球を磨く仕事の中に自分が子どもたちの夢の役に立っている、自分が磨いた電球によって社会が明るくなると感じることができ、やりがいを持って働くことができるようになりました。

このようにどんな仕事であっても「やりがいを見出す」ことはできます

今回ご紹介したポイントを参考にして、是非自分の今の仕事にやりがいを見つけて、充実したビジネスライフを送ってください。

どうしても今の仕事ではやりがいを感じない場合には転職する前に今回紹介したやりがいのある仕事と出会うポイントを意識して、新しくやりがいのある仕事を見つけましょう。

仕事の充実はあなたの人生の充実に繋がっていきます。
是非、一度自分の仕事について見直してみてください。

 

勉強し続けることに抵抗がない未経験からIT業界へ転職!転職を成功させるために重要な6つのポイント 伸びる業界伸びる業界へ転職して人生逆転!この先10年伸びる業界を一挙紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です