転職エージェントの選び方を解説!

履歴書は手書き、パソコン作成、オススメはどっち?メリット・デメリットと採用担当者の好みを知る方法

履歴書手書きのメリット

パソコンを使って、書類を作成するのは当たり前のことですよね。

しかし、未だに「履歴書は手書きで作成するべきだ」と考えている採用担当者がいることは事実です。

応募する側からするとパソコン作成の履歴書であれば、使いますことができますし、楽なのは間違いありません。ただ「パソコンで作成したから採用されなかった」となるのであれば、履歴書は手書きで書いた方がいいわけです。

では、履歴書は手書きとパソコン作成のどちらがいいのでしょうか?

結論から言うと履歴書は手書きがいいのかどうかは採用担当者次第です。

この記事では、採用担当者は履歴書手書きが好みなのかを知る方法をご紹介します。また、この機会に履歴書をパソコンで作成する場合、手書きで作成する場合のメリット・デメリットを整理しましょう。

ハジメ

採用担当者によって手書き・PC作成と好みがあるんだ。
まずはそれぞれのメリット・デメリットを見てみましょう。

リカさん

 

目次

履歴書手書きのメリット4つ

履歴書手書きのメリット

 

まず履歴書を手書きで作成するメリットです。

メリット1:字が綺麗だと、それだけ印象がアップする

採用担当者にとって字の印象が第一印象と言っても過言ではなく、綺麗な字ならそれだけでプラス評価をもらえることもあります。

また「字は人を表す」というように、字によって個性が出るのも事実です。

自分の人柄を伝えたいという場合は手書きの文字が効果的でしょう。営業職などで「履歴書の内容も人とは違う凝ったものにしたい」「自分らしさを出したい」と考えているなら手書きにすると担当者の目に止まりやすくなります。

 

メリット2:丁寧な仕事ぶりをアピールすることができる

手書きで履歴書を作成するのにとにかく時間がかかってしまう、というのは採用担当者も共通認識として持っています。

そのため、時間をかけて手書きで作成した履歴書は「丁寧に仕事をすることができる」というアピールに繋がります。

また、採用担当者の中には「時間をかけた」という事実を重視する人がいることも確かです。「本気で志望しているなら、その分履歴書作成にも時間をかけるもの」と考え、手書きかどうかで熱意を判断するので、そのタイプの採用担当者には手書き履歴書のほうが響きます。

 

メリット3:記入ミスを減らすことができる

転職に有利な資格

 

手書きで履歴書を作成する時はよく考え、集中するためにミスが少なくすみます。

パソコン作成だと、時間がかからない分ミスをしても気がつかないことが多々あるのは経験済みかと思います。

かつ書いているうちに考えが推敲されていくというのもメリットと言うことができます。

 

メリット4:手書きで文書を書くことがある仕事ならプラス評価になる

字が綺麗な場合、手書きの履歴書がプラスに働くこともあります。

たとえば接客業でお客様の前で字を書く仕事の場合や医療事務など手書きで字を書くことが多い仕事の場合など、字が綺麗だと採用担当者に安心感を与えることができます。

お客様にお礼状を書くことがある業務なんかだとプラスになりますよね。

リカさん

 

\ 無料で診断 /適職診断を受けよう

履歴書手書きのデメリット3つ

手書きのデメリット

 

反対に履歴書を手書きするデメリットもあります。

デメリット1:時間がかかってしまう

手書きで履歴書を作成すると、とんでもなく時間がかかることはやはり大きなデメリットです。

ビジネスパーソンとして仕事をしながら隙間時間で転職活動を進めている場合、履歴書を手書きで用意するには大変な労力を必要とします。

とくに書き損じした時のストレスは相当なもの。履歴書の間違いを修正液で訂正することがタブーとされているため、1文字でも書き間違えるたびに泣く泣く捨て去らなければなりません。

 

デメリット2:字が汚いと印象が悪くなる

字が汚いと手書きの履歴書はマイナスの印象を与えてしまうこともあります。

せっかく経歴が誇れるものでも字が汚いと読みにくいため採用担当者がきちんと目を通してくれない可能性も考えられます。自分の経歴に対する説得力が欠けてしまうのが事実です。

字が汚い人が手書きで履歴書を書くと「いい加減そう」「仕事が適当そう」「当社への志望動機が希薄」などと思われてしまうこともあるので注意しなければなりません。

 

デメリット3:買いにいく手間がかかるし、フォーマットも選ぶ必要がある

手書きの履歴書はわざわざお店に買いに行き、自分の好みに合うフォーマットを探し出さなければなりません。

忙しい社会人にとってはこの手間さえ惜しいでしょう。

 

履歴書パソコン作成のメリット5つ

履歴書PC作成のメリット

 

一方パソコンで履歴書を作成するメリット・デメリットにはどんなことが挙げられるのでしょうか。まずはメリットから見てみましょう。

 

メリット1:時間を短縮することができる

履歴書作成1枚あたりにかける時間も手書きに対して短く済みます。

転職活動は複数企業を同時に受けることがほとんどですが、データで1枚履歴書を作っておけば、一部を変えるだけで他の企業を受ける際でも使い回しが可能です。

手書きだと1枚ずつ企業別に用意しなければならないことを考えると、かなりの時間を短縮することができます。

 

メリット2:間違ったら修正できる

パソコンで履歴書を作成する際のメリットは修正できるということです。

手書きの場合は一文字でもミスすると最初からやり直しですが、パソコン作成だといつでも素早く修正することができます。

提出直前に「やっぱり志望動機を変えたい」と思っても対応できますが、手書きではそうはいきません。

 

メリット3:パソコンスキルをアピールできる

履歴書作成にはエクセル、もしくはワードを使用することがほとんどでしょう。

事務職などのデスクワークに応募する際、オフィスソフトの基本操作は問題なくできるということをアピールできます。

デスクワークの経歴に自信がない場合は、パソコンで履歴書を作成しておくのも作戦の1つです。

 

般的なフォーマットそのままだとアピールにはならんが…レイアウトやフォント・文字列が綺麗に揃っていると丁寧に書類を作成するという印象を与えることができますね。

リカさん

 

メリット4:読みやすい履歴書を作れる

パソコンの揃った字の方が手書きのいびつな文字よりも読みやすいことは大きなメリットです。

しかし、読みやすいというメリットを生かすには書き方を工夫する必要があります。

だらだらと横に続けて書くだけでなく効果的に箇条書きを利用するなどして読みやすさを意識することをお忘れなく。

 

メリット5:フォーマットがインターネット上にいくらでもある

パソコンで履歴書を作成する場合、自分好みのフォーマットを無料でダウンロードすることができるのもメリットです。

手間や時間、お金をかけずにフォーマットを探すことができますし、パソコン操作が得意なら自分でフォーマットを作ってしまうことも可能です。

「趣味・特技」を書きたくない、「資格」欄をもっと充実させたい、など自分の強み・弱みに合わせて融通を利かすことができるのはパソコン作成ならです。

 

 

\ 無料で診断 /適職診断を受けよう

履歴書パソコン作成のデメリット2つ

 

ここまで見るとパソコンでの履歴書作成はいいところばかりに思えますが、デメリットももちろんあります。

デメリット1:担当者によっては「手を抜いてる」と思われる

採用担当者の中には、パソコンで作成した履歴書に対して「楽をしている」「熱意が足りない」と判断する人もいます。

そのような担当者にあたってしまうと、パソコン作成の履歴書が不利になる場合もあります。

 

デメリット2:タイプのミスに気がつきにくい

パソコンで文章を作成する時全般に言えることですが、パソコンではタイプミスに気がつきにくいものです。

見直したのに、印刷をして確認もしたのにそれでもミスが隠れているという経験があるはずです。

履歴書のような、自分の将来を左右する大切な書類でのミスは許されません。採用担当者からも「大切な書類の確認さえきちんとできない人」とみなされてしまいます。見直しには手書きの場合以上に時間をかけなければなりません。

 

 

結局のところ、履歴書は手書きとパソコン作成どっちがいいの?

 

履歴書手書き・パソコン作成の違いについて述べましたが、結局のところどちらがいいのかというと、字が綺麗で時間があるなら手書きが良いでしょう。

字が綺麗な人が手書きの履歴書を作成して、それをみた採用担当者がマイナス評価することは考えられません。

 

字の綺麗さに自信があるなら履歴書は手書き

メリット・デメリットだけを見るとパソコン作成の「時間がかからない」という点に惹かれるかもしれません。

採用担当者は人間であり、字を見て「面接で会ってみたい」と判断することももちろんあります。また一次面接担当者から二次面接担当者へ引き継がれるときも履歴書が手書きで綺麗な字だとそれだけでもプラス評価になり二次面接に呼ばれる可能性もあがります。

このように字が綺麗な場合は、少なくともマイナス評価になることはありません。

パソコン作成を歓迎する企業でも、綺麗な手書きの履歴書なら悪い印象になることはありません。

 

逆に言うと手書きの履歴書重視でも字が汚く読みにくいとよい印象を与えることはできないので、手書きに自信がない人はパソコンで作成した方がよいでしょう。

 

時間がなれば効率の良いパソコンで作成

と言っても、履歴書作成にかかる時間を他のことに当てたほうが転職活動の効率良いのは確かです。

効率を重視する場合はパソコンを使用しましょう。

手書きで履歴書を作成する時間で他の企業にどんどん応募することができますし、志望動機を練ることに時間を回した方が書類選考に通過する可能性が高まります。

 

 

採用担当者の考え方次第のところはある

また結局のところ、手書きかパソコン作成のどちらがよいのかは採用担当者の考え方によるのが大きくなります。

IT企業でも「履歴書は手書きがポイント高い」と言っている企業もありますし、だからといって字が汚い人が手書きの履歴書を出したら「この履歴書の人、字が汚いからいい加減そう。」とマイナス評価になるということもあります。

 

字が綺麗で時間があるなら手書き、字が汚いから無理せずパソコンで作成、というのがいいでしょう。

もしパソコンで出したことによるマイナス評価で採用NGなったとしたら「企業との相性が悪かった、そんな企業で無理して働く必要ない」と開き直った方が自分のためだと考えましょう。

 

ハジメ

俺としては「履歴書手書きじゃないとダメ」といっている会社はずいぶん古い考え方の会社だな、とこっちからお断りだけどな。

 

傾向としては歴史のある会社の年配担当者ほど履歴書手書きにこだわる可能性がありますね。

リカさん

 

 

採用担当者の履歴書の好みが手書きかパソコン作成かを知る方法

会社を辞めたい20代

 

また企業の採用担当者が履歴書手書きかパソコン作成かで影響があるかを知る方法があります。

それは転職エージェントを利用する方法です。

転職エージェントであれば企業の採用担当者ともつながっており、採用・不採用時の理由まで知っていることがあります。

過去に履歴書が手書きだったのかパソコン作成だったのかが評価につながったことがあるのかどうかを知っている場合もありますので、思い切って聞いてみると教えてくれることがあります。

 

 

ハジメ

「以前面接で落ちた人は履歴書の◯◯の部分が合わないと思って不採用でした」なんてことまで知っていることがあるんだ。

 

もちろんすべての企業の採用担当者の好みがわかるわけではありませんが、中には「この企業を面接受ける際は履歴書は手書きのほうがいいですよ」と教えてくれることもありますので、採用担当者の好みを知るには転職エージェントの利用がおすすめです。

 

ハジメ

いまや転職する際は転職エージェントの利用は必須だ。
MEMO
転職エージェントと一言にいってもさまざまなタイプがあります。詳しくはこちらの記事でまとめています。
参考転職エージェントおすすめ13社!キャリア別に実際に利用した転職成功者が詳細に紹介

履歴書は手書き・パソコン作成どっちが良い? まとめ

以上、履歴書手書きが・パソコン作成のメリット・デメリット、採用担当者の好みの調べ方までご紹介してきました。

字が綺麗で時間があるなら履歴書は手書きのほうが確実でしょう。

とはいえ忙しいビジネスパーソンの場合、効率よくパソコン作成することも重要です。手書きをする時間を、履歴書の中身のクオリティを上げることに充てる、ということも大事です。

転職エージェントを利用している人はエージェントに聞いてみましょう。

履歴書作成のポイントも含めていろいろなアドバイスを教えてくれますよ。

趣味欄の記述例履歴書にある「趣味」欄は自己アピールに重要なポイント!趣味欄に書いていいこと・ダメなことをご紹介 面接で何を見られている【Instagram画像】面接時の服装コーディネートの実例を紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です