転職エージェントの選び方を解説!

第二新卒での転職は絶対に失敗できない!実は売り手市場の第二新卒の転職を成功させるための秘訣

第二新卒の転職

「新卒で入社したもののやりたい仕事ではなかった」

「就職活動に失敗してしぶしぶ入社した会社。やっぱり辞めたい」

「本当にやりたいと思う仕事の求人が出ているから転職したい。」

大学を出て就職し、1、2年も経つと多くの人のそう感じることがあります。

 

ハジメ

ほとんどの人が一度くらいは本気で「もう会社辞めようかな」と考えたことがあるはずです。

 

私は1ヶ月目に思いましたよ。

リカさん

 

まだビジネスパーソンとしても経験が浅い第二新卒。入社して3年以内の転職活動てうまくいのでしょうか。

結論から言うと、今のタイミングであれば第二新卒でも自分の希望通りの転職は可能です。
第二新卒での転職は、方法さえ間違えなければ売り手市場です。

 

ただし、また焦って転職活動をし、

もし第二新卒での転職活動でも失敗してしまうと次取り戻すのは大変です。

 

第二新卒の転職に成功し自分のしたい仕事、成長できる仕事に就くことができるのか、それとも、また合わない会社に転職し、また転職…と転職ばかりを繰り返す人生を歩むか。

第二新卒の転職は今後の人生が掛かるとても重要な転機です。

 

ということで今回

、第二新卒での転職について詳しく紹介します。

あなたが悔いのない人生を送るためにも、この転職はとても重要です。
第二新卒で本当に転職すべきか、転職すると決めたなら、あなたが理想とする転職先を見つけるにはどうすればいいのか。

第二新卒の
転職を成功させるためのポイントもまとめています。

 

目次

第二新卒の定義 卒業後いつまでが第二新卒なの?

第二新卒の定義

第二新卒とはよく耳にするものの、一体どの時期の人を指す言葉なのでしょうか。

「第二新卒」と「中途」の違いは、知っていないとわかりにくいかもしれません。

まずは第二新卒の定義から説明します。

 

第二新卒とは 該当する年齢は何歳まで

第二新卒は一般的に入社1〜3年目の若手社会人を指します。

年齢的には25〜26歳まであたりを第二新卒として扱います。

もちろん大学院卒の場合は社会人経験が浅くても年齢が25歳を越えることも多々あります。

その場合は企業の応募要項の年齢制限を見て第二新卒にあてはまるかどうか確かめましょう。

 

「第二新卒」と「既卒」の違い

第二新卒と既卒の違いは社会人経験の有無です。

既卒は「高校や大学、専門学校などを卒業した後に社会人経験がない若者(職歴なし)」を指します。

一方、第二新卒は既卒と同世代の若者を指すものの「社会人経験が1〜3年ある」場合にのみ使われる言葉です。

転職市場では社会人経験のある第二新卒の方が有利となります。

 

 

企業が第二新卒と既卒を分けて求人募集する理由

企業が第二新卒と既卒を分けて求人募集するのは、たとえ1〜3年の短い期間であろうと社会人経験があるかどうかは、大きな差となるからです。

第二新卒は一通りのビジネスマナーを身につけ、仕事経験もあるため飲み込みが早い傾向にあります。

一方既卒は、年齢は上がるものの新卒と同じように一から育てなければなりません。企業にとって第二新卒は教育の手間を削減でき、かつ若手で柔軟性もあるありがたい存在だと言えます。

 

補足:第二新卒採用と「経験者(中途)採用」の違い

第二新卒は20代半ば、年次は3年以内の若手社会人に限られます。

経験者(中途)採用は「社会人経験がある人」を指すため、広義では第二新卒も中途に含まれるとも言えます。

ある程度のスキルや実績を重視して即戦力を強化したい場合には経験者(中途)採用が行われますが、新卒ほどのコストをかけずに若手人材を育成したい場合には第二新卒採用が好まれます。

 

\ 無料で診断 /適職診断を受けよう

第二新卒の転職事情

第二新卒は、実は転職事情において得であることが多々あります。

そんな第二新卒の転職事情を以下で解説します。

新卒で入社した会社が合わないなら、第二新卒のうちに転職するのもアリかもしれません。

 

新卒の3人に1人は3年以内に転職している!?

新卒の3人に1人は3年以内に転職しています。

厚生労働省の「新規学卒就職者の在職期間別離職率の推移」によると、毎年1〜3年目の約3割が転職していることがわかります。

 

 

 

「1つの企業には最低3年勤めなければならない」とよく耳にしますが、実際には3年待たずに転職する人が少なくありません。

 

第二新卒は高需要!企業も積極採用中

第二新卒は需要があり、多数の企業が積極的に採用しています。

後の見出しで詳しく説明しますが、第二新卒はまだ若く成長の余地がありかつ新卒よりも新人研修コストをカットできるので企業にとって魅力的だと言えます。

 

第二新卒の転職はチャンス! 実は新卒より採用のハードルが「低い」?!

第二新卒の転職は、実は新卒よりも採用ハードルが低いことがあります。

新卒採用で確保できなかった人数を第二新卒採用でまかなおうとする企業も多くその場合採用基準は新卒採用よりも低く設定されることも考えられます。

第二新卒の採用人数自体は多くないものの、受ける人もその分少ないため広義の中途枠の中では最も内定を獲得しやすい年代でしょう。

 

実績がなくても「大手」にステップアップできる可能性も!

年々第二新卒を採用する大手企業が増えています。

前述通り第二新卒はスキルを求められないため、実績なしで大手企業にステップアップできる可能性が十分考えられます。

近年の安定志向により大手企業は新卒採用の倍率が高く、また中途での難易度が高い傾向にあります。

しかし第二新卒枠を利用すれば転職に成功できる可能性十分にあります。

 

 

第二新卒の転職で求められる人材

第二新卒の転職で求められる人材

では企業はどのような人材を求めて第二新卒を採用するのでしょうか。

続いては第二新卒の転職で求められる人材について紹介します。

以下の人材を獲得するために企業は第二新卒の採用を進めていると理解しておきましょう。

 

若い!フレッシュ!

第二新卒は社会人歴が浅く、年齢も若いことが企業にとって非常に魅力的です。

若くて素直であり、フレッシュで初々しい雰囲気を持つ人材が求められます。

 

やる気・情熱・意欲がある

若手社会人の魅力は前向きさです。

やる気・情熱・意欲があり、仕事に対する理想を持って努力する人材を企業は欲しています。

 

最低限のビジネスマナーができる

名刺交換の方法やビジネスメールの送り方など、最低限のビジネスマナーを身につけていることが第二新卒の採用では想定されています。

ビジネスマナーに自信がなければ、選考を受ける前に一度一通りのビジネスマナーを確認しておきましょう。

 

社会人としてのコミュニケーション力がある

第二新卒では社会人としてのコミュニケーション力を備えていることが求められます。

挨拶、的確な受け答え、質問の聞き方などが社会人としてふさわしいレベルであるかどうかを、面接では重点的に見られるでしょう。

 

\ 無料で診断 /適職診断を受けよう

第二新卒で転職するメリット

第二新卒で転職するメリット

第二新卒での転職を考えているなら、メリット・デメリットを把握しておきましょう。

まず第二新卒で転職することにはメリットは5つ挙げられるます。

 

メリット1:一度働いた経験を活かして就活をやり直せる

第二新卒は一度働いた経験を活かして、新卒同様に就活をやり直すことができます。

第二新卒でも、新卒同様に働いたことのない業界に応募することができます。

一度働いたことで、企業選びのポイントや実務への理解が深まっていることは間違いありません。

新卒での就活よりも、さらに注意深く企業研究をすることができます。

 

メリット2:社会に出たからこそ気付けた「自分の適性」を活かせる職につける

一度社会に出たことで、自分にできること・できないことがわかったはずです。

またやりたいことやなりたい将来像も明確になったことでしょう。

つまり仕事を通して自分の適性をより正確に把握できている年代が第二新卒です。

第二新卒ならより適性にあった企業への転職が可能です。逆に合わない仕事なのに我慢して年数が経ってしまうと異業界への転職がどんどん難しくなってしまいます。

 

ハジメ

自分の適職を調べる方法がありますよ。
適職診断

自分のキャリアに迷っているなら無料の適職診断を受けましょう。

参考【無料】仕事や転職で悩んでいるなら適職診断を受けてみよう!

 

メリット3:新卒で不採用になった企業に再挑戦できる可能性も

新卒で不採用になった企業に第二新卒で再挑戦し、内定をもらえることも十分考えられます。

応募規定に「過去に当社の選考を受けたことがない人のみ対象」などとの記載がなければ、もう一度受けられます。

新卒でのリベンジだと正直に面接官に言うことで、熱意や本気度が伝わります。

一度選考に落ちた自分なりの理由や自分が企業に貢献できることを論理的に話すことができれば、内定獲得は困難ではありません。

 

メリット4:よりよい労働環境で働けるかも

大企業も第二新卒の募集をしているところが多々あります。

福利厚生や労働条件が整っている大企業に内定をもらうことができれば、よりよい労働環境で働くことができる可能性も考えられます。

 

メリット5:自分の理想とする職場に転職するチャンスがある

仕事をしてさまざまな取引先を見るうちに、「こんな企業で働きたい」と理想を持つことがあるかもしれません。

そんな理想の職場に転職するチャンスがあるのも第二新卒のメリットです。転職のハードルが高くない第二新卒のうちに転職することで、みんなが理想に思うような職場で働くことができる可能性も十分あります。

 

第二新卒で転職するデメリット

第二新卒で転職するデメリット

第二新卒で転職することにはデメリットもあります。

第二新卒での転職を考えているなら、デメリットも理解しておきましょう。

デメリット1:短期間で仕事を辞める癖がついてしまう可能性も

社会人1~3年目で第二新卒として転職すると、その短い間で新卒から勤めた会社を辞めることになります。

短期間で仕事への適性などを判断してしまいがちになり、すぐに仕事を辞める癖がついてしまうかもしれません。

第二新卒で転職したことによって我慢することができなくなり、その後も転職を繰り返すことになる可能性があります。

 

デメリット2:焦って転職して前より悪条件の会社に転職してしまう可能性も

新卒で就職した会社があわないからと焦って転職し、結局前よりも悪い条件の会社に転職してしまうことも考えられます。

そうなると結局転職を繰り返すことになりかねません。

焦るあまり企業研究が疎かにならないよう注意してください。

 

デメリット3:第二新卒歓迎の求人の中には「ブラック企業」が紛れている可能性も

第二新卒歓迎をしている企業は人手不足で、若い社員を欲しています。

つまり「仕事や働き方がハードで、スキルはなくてもよいので若くて体力のある人材が必要」との事情がある可能性が考えられます。

そのため、第二新卒歓迎の求人の中に「ブラック企業」が紛れていることもめずらしくありません。

第二新卒の転職では慎重に求人を選ばなければなりません。

 

ブラック企業の見抜き方

転職活動前にこの記事を読んでブラック企業を見抜けるようにしましょう。

参考ブラック企業の特徴と見分け方!事前のリサーチや面接でブラック企業を見抜く方法

 

第二新卒で転職したい!転職活動に最適な時期は

 

第二新卒で転職するなら、転職活動に最適な時期はいつなのでしょうか。

転職活動を開始すべき目安について、以下で説明します。

 

第二新卒の転職は時期関係なくチャンスがある!

第二新卒の転職は時期にあまり大きく左右されません。

1年を通して第二新卒の募集があり、チャンスに溢れています。

「転職したい」と思った時が転職のタイミングでしょう。

 

第二新卒の転職 一番求人が多い時期は「4月入社」

第二新卒の求人が一番多い時期は、年明け1月から3月です。

年度が変わる「4月入社」に合わせての求人が最も多くなります。

年度が変わるために採用した第二新卒の配置を考えやすく、また新卒と一緒に研修を受けることで、研修コストを削減することができるからです。

 

第二新卒の転職時期 新卒内定の辞退者がでる「秋から冬」も狙い目!

第二新卒は新卒で確保できなかった人数を補うために行われることも多々あります。

そのため、新卒内定の辞退者がでる「秋から冬」にかけても募集が増える傾向にあります。

この場合採用ハードルが下がっているので内定が出やすく、狙い目だと言えるでしょう。

 

失敗しない第二新卒の転職 成功ための5つのポイント

第二新卒で転職を成功させるためのポイント

第二新卒で転職する時、失敗したくないものです。

第二新卒の転職を成功させるためには5つのポイントを押さえておきましょう。以下で詳しく解説します。

 

今の会社を辞めたいのは一時的な感情ではないか冷静に見極めて!

今の仕事を辞めたい理由を冷静に考えましょう。

仕事で失敗したり、残業が続いたりすると仕事に対するやる気がなくなることもあります。

しかしその一時的な気持ちに流されて安易に転職しても、成功することはできません。

今の会社を辞めるべきなのか、もう少し長く勤めるべきなのかは慎重に見極めてください。

 

仕事辞めたい

仕事辞めるべきか残るべきか迷っているなら一度この記事を読んで考えてみてください。

参考「仕事を辞めたい」その理由だけでなく対処法や辞めるべき基準も教えます

 

 

人のせい、会社のせいで転職するのは失敗のもと

「上司の教え方がよくない」「会社がよくない」と、何かのせいにして転職すると失敗しがちです。

完璧な職場はないため、結局転職しても同じような問題に直面することになります。

そしてまた問題から逃げるために転職を繰り返してしまうかもしれません。

「自分のやりたいことがこの会社ではできない」「より理想に近づくため」など、前向きな転職理由を見つけましょう。

 

転職後のキャリアプランは明確に

転職後のキャリアプランは明確にしておくことが大切です。

「理想のキャリアプランを達成するためには、逆算して今この第二新卒のタイミングで転職が必要」だと話すことができると、面接でも採用担当者を納得させることができます。

今後安易な転職をしないためにも、キャリアプランを持っておく必要があります。

 

転職活動は在籍中に始めよう

少し大変に感じますが、転職活動は在籍中に始めましょう。

先に現職を辞めてしまうと、焦りから内定を急いでしまいブラック企業に転職してしまう可能性が高くなります。

また空白期間があると、企業にも計画性に欠ける印象を与えることになります。

 

転職先で活かせる専門的な資格があれば取得しておこう

転職先の志望企業・業界が決まっているなら、仕事で活かせる専門的な資格をあらかじめ取得しておきましょう。

とくに異業界から転職する場合には、資格があると熱意と即戦力性をアピールすることができます。

転職に有利な資格の例事務職なら簿記やマイクロソフトオフィススペシャリストなどを持っていると心強いでしょう。

また転職での英語資格も多くの企業に歓迎されるため、代表的なTOEICで750点以上を取得することもおすすめです。

 

どんなメリットがあるの転職の役に立つ有利な資格5選!転職成功に導く資格取得方法について

 

転職に有利な英語資格転職に有利な英語資格おすすめ6選!鉄板のTOEICから外資系企業にも強い英語資格をご紹介

 

これで完璧!第二新卒での転職で失敗しないための事前準備

第二新卒の転職事前準備

第二新卒での転職に失敗しないためには、入念な準備が必要です。

新卒とは就職フローが異なり、第二新卒だからこそ考えておきたい事項も多々あります。

第二新卒の転職に必要な準備について以下で紹介するので、転職活動を進める際にはぜひ実践してください。

 

第二新卒での転職 履歴書はこう書く!

履歴書は基本的には新卒の就活の時の書き方と差はありません。

また履歴書では書き間違いは厳禁です。

おすすめは、wordでの履歴書作成です。書き間違いをすぐに修正でき、転職活動を進めるごとにアップデートしていくことができます。

新卒との唯一の違いは「職歴」を書かなければならないことです。

学歴の下に「職歴」と記入し、入社日と会社名を記載しましょう。

現職なら「○○年4月入社〜現在」と書きますが、先に退職している場合は退職月も記入する必要があります。「一身上の都合で退職」と、退職理由も添えておきましょう。

 

志望動機はポジティブに 転職の目的を具体的に伝えて

志望動機は転職面接で最重要視されると言っても過言ではありません。

ポジティブに、かつ転職の目的を具体的に伝えることが大切です。

「なぜこのタイミングなのか」「この転職が自分のキャリアプランにとってなぜ必要なのか」を志望動機に盛り込むようにしましょう。

「実際に働いてみて自分のやりたいことが変わった」「自分の適性に気づいた」など、自分の将来のための方向転換だとアピールしてください。

 

自己PRでは「自分が企業にどう貢献できるか」をアピールする

自己PRでは、新卒の時よりも具体的に「自分が企業にどう貢献できるか」をアピールしなければなりません。

自分の性格面やポテンシャルだけでなく、仕事面でのスキルや強みについても言及しましょう。

新卒は長々と話してしまいがちですが、第二新卒は社会人として簡潔かつ適切に自己アピールすることが求められます。

入念な準備の有無が自己アピールの質を左右します。

 

職務経歴書の書き方のポイント 業務内容や実績があれば記入して

職務経歴書には決まったフォーマットがありません。

インターネットで検索し、自分が書きやすいフォーマットを見つけて上書きすることをおすすめします。

職務経歴書は履歴書に書ききれないことを記載することができます。現職の業務内容や実績、工夫しているポイントなどを簡潔に記入しておきましょう。

面接では職務経歴書を参照しながら質問されます。

アピールしたいポイントや聞いてもらいたい箇所をあえて職務経歴書に書いておくことで面接での回答がスムーズになります。

 

補足:提出書類は企業ごとにブラッシュアップを

履歴書・職務経歴書は志望企業ごとに必ず提出します。

毎回同じ内容で提出せずに、企業に合わせてブラッシュアップしましょう。

志望企業ごとに志望動機やアピールポイントもその都度調整する必要があります。同じものを使い回すと齟齬が生じることがあるので、注意してください。

 

面接で必ず聞かれる「退職理由」 ポジティブに答えよう

第二新卒を含む中途採用の面接では、必ず退職理由を聞かれます。

退職理由はポジティブに答えるようにしてください。

「人間関係が悪い」「仕事に面白みを感じない」などのマイナス表現はNGです。

会社を批判するような言い方をすると、「採用しても、また会社のせいにして辞めてしまう」という懸念を面接官に与えてしまいます。

 

退職理由について

面接で必ず聞かれる退職理由について鉄板回答集です。

参考面接で必ず質問される「退職理由」について鉄板回答5選

 

退職理由と志望動機は一貫性をもたせること!

退職理由と志望動機が一貫しているかどうか、よく確認してください。

退職理由と志望動機に矛盾があると、説得力に欠けてしまいます。

退職理由と志望動機は紙一重とも言えるので、セットで考えるようにしておきましょう。

 

第二新卒の転職と新卒の就活は全くの別物!同じ採用活動では失敗する!

第二新卒の転職と新卒の就活は全くの別物です。

第二新卒は、あくまでも中途採用だと考えておきましょう。

つまり新卒採用時は「学生」として見られていましたが、第二新卒の面接では「社会人」として見られます。

面接官と同じ立場である社会人どうしで話すことになります。

マナーや言葉遣い、話す内容など社会人として判断されるため、新卒の時よりもさらに入念な準備と心構えが求められます。

 

第二新卒の転職活動は「転職のプロ」に頼れば心強い!

第二新卒での転職活動は初めての経験です。

転職活動の進め方や求人の選び方に自信がなくても仕方ありません。

不安を抱えたまま手探りで転職活動を進めるよりも、「転職のプロ」に頼ってみましょう。

転職のプロである転職エージェントは、第二新卒の転職ノウハウも豊富です。

履歴書や職務経歴書の書き方の指導や、面接対策も無料で対応してくれます。

ぜひ転職エージェントを利用してみてください。

 

第二新卒の転職に強い【転職エージェント】

今や転職に欠かせないのが転職エージェントです。

転職エージェントは以前はある程度のキャリアがある人向けのサービスでしたが、近年はキャリア特化型の転職エージェントが増え、転職・就職すべての世代の人で利用できます。

第二新卒にも強い転職エージェントもありますので、ぜひチェックしてみてください。

 

マイナビエージェント

マイナビエージェント

【おすすめ度】5 out of 5 stars
【公式サイト】https://mynavi-agent.jp

20代・30代から人気の転職エージェントがマイナビエージェント。

新卒採用での知名度をもあり第二新卒世代にもっともおすすめです。

 

ハジメ

マイナビエージェントは新卒採用で有名な「マイナビ」が手がける転職エージェントです。

 

おすすめポイント
  • 新卒採用で知名度高い「マイナビ」グループ
    マイナビエージェントは新卒採用で有名な「マイナビ」グループの転職エージェント。
  • 「マイナビ」グループならではの非公開求人
    新卒採用の強みを活かした非公開優良企業求人が多数
  • 20代向けはじめての転職もしっかりサポート
    20代ではじめての転職をサポートするキャリアアドバイザー。

 

マイナビエージェント無料登録はコチラ

マイナビエージェントの口コミ評判はコチラ

 

 

リクルートエージェント

リクルートエージェント

【おすすめ度】4.5 out of 5 stars
【公式サイト】https://www.r-agent.com/

もうひとつおすすめが業界最大手で求人案件数はNo.1のリクルート社が運営している「リクルートエージェント」です。

企業側・求職者ともに登録が多く非公開求人もトップラスです。。人材・転職業界で歴史があり転職に関するノウハウも豊富なため転職に不安な第二新卒も充実したサポートが受けられます。

おすすめポイント
  • 転職業界No.1の王者
    求人数No.1のリクルートエージェント。一般公開している求人の他に10万件以上の非公開求人を取り揃えています。
  • 実績豊富な転職エージェント陣
    リクルートエージェントは、各業界・各業種に精通したキャリアアドバイザーが、求職者の希望やスキルに沿った求人を、厳選してご紹介しています。
  • 転職サポートも充実
    470名いるリクルートエージェントのアドバイザーは、求人紹介をするだけではありません。職務経歴書・履歴書などの書類の添削、独自に分析した業界・企業情報の提供、志望企業への推薦など様々な転職をサポート。

 

ハジメ

リクルートエージェントは業界最大手で実績もある転職エージェントですから、登録必須ですよ。

リクルートエージェント無料登録はコチラ

リクルートエージェントの口コミ評判はコチラ

 

 

JAIC(ジェイック)

JAIC

【おすすめ度】5 out of 5 stars
【公式サイト】https://www.jaic-college.jp

JAICは主にフリーターや職歴がない既卒、第二新卒でも1年未満と職歴が短い方おすすめの転職エージェントです。

ビジネスマナーから書類の書き方、面接の仕方までJAICでしっかりと研修を行います。

またJAICの研修を受ければ書類選考なしで登録企業と面接も受けられます。またJAICのスタッフは1社1社取材訪問しており、飲食や投資用不動産、保険といった離職率の高い業種や、そもそも若手を育てる気がない企業を排除し、安心して働ける企業を紹介しています。

そのため就職後も定着率94.3%と高いので、一度就職に失敗した第二新卒の転職にもおすすめです。

 

おすすめポイント
  • フリーター・職歴なし・第二新卒向け転職エージェント
    ビジネスマナーから書類の書き方、面接の方法までしっかり研修を行っています。
  • 書類選考なし100%面接へ進めます
    JAICで研修を受ければ書類選考無しで面接が受けられます。
  • ブラック企業を徹底排除している
    1社1社訪問取材しブラック企業や若手を育てる気がない企業は紹介していません。

ハジメ

職歴なし・フリーターの人はまずはこのJAICでしっかり就職について学んでからがおすすめです。

 

JAIC(ジェイック)無料登録はコチラ

JAICの口コミ評判はコチラ

 

 

第二新卒の転職について まとめ

第二新卒の転職についてご紹介してきました。

今のこのタイミングであれば第二新卒は転職市場で有利なことが多く、正しく対策を取れば大企業への転職に成功できることもあり転職のチャンスに溢れています。

もちろん第二新卒の転職は新卒での就職活動と異なる点も多々あり、入念な準備が必要です。

今日々仕事でツライ思いをしている、長くできる仕事ではない、そんな悩みをもった第二新卒はこの記事を参考に転職するかどうかじっくり考えてみてください。

また転職する際は必ず転職エージェントを利用しましょう。転職のプロが、第二新卒での転職を成功に導いてくれます。

 

仕事を辞めたい理由だけでなく、対処法や辞めるべき基準やケースを教える記事です「仕事を辞めたい」その理由だけでなく対処法や辞めるべき基準も教えます ブラック企業の見分け方ブラック企業の特徴と見分け方!事前のリサーチや面接でブラック企業を見抜く方法 退職理由を聞く理由面接で必ず質問される「退職理由」について鉄板回答5選 転職と学歴転職では「学歴」は新卒ほど重視されない!中途採用で学歴より重要な事とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です