【年収アップに大事なこと】20代年収1,000万円→30代240万円→40代2,000万円と年収アップになったその経歴

転職JP運営者の経歴

私は新卒から起業するまで合計7回の転職をしてきました。

20代の頃は仕事が順調で20人の部下を持ち年収1,000万円に。

その後さらなるキャリアアップを目指し友人が経営するスタートアップへ役員として経営参画。

管理部門の担当役員として40人の社員を抱え、経営者として仕事をしていましたが経営はうまくいかず役員報酬月額20万円までダウン。30代で年収240万円という状態に。

その後紆余曲折経てまた会社員になり、その後40歳になったのときっかけに再度起業し自分の会社の経営者となりました。

今ではおかげさまで仕事も順調で年収2,000万円まで復活しました。

 

7回の転職で20代で新卒入社年収300万円→1,000万円へ、その後30代で240万円、会社員となり500万円、そして40代で2,000万円と山あり谷ありのビジネスマン人生を経験したのですが年収アップで大事なことは学歴でも職歴でも努力でもない、とても重要なポイントがあることに気が付きました。

この記事では私の経歴とともに年収アップの重要なポイントをご紹介します。

俺の転職経歴 40代 転職7回

若き私

 

40代年収2,000万円となった私ですが、決して高学歴でも出世街道を歩んで来たわけでもありません。

 

コンサル山田
コンサル山田

まぁエリート街道歩んでいたら独立してないしな。

 

 

(学歴)
大学はいわゆるFランク大学です。国内大学ランキングTOP100位にも入っていません。

 

(1社目)
新卒では就職活動も早めに終わらせたい一新で、大量採用していた大手通信機器販売販売会社へ就職。

中小・零細企業へOA機器を販売する営業職からキャリアをスタートしました。

しかしあまりのキツさに1年足らずで退職。新卒入社なのに1年未満で辞めたのです。

 

(2社目)
就職氷河期真っ只中。

街の小さな印刷会社になんとか就職。年収300万円以下です。そこでは飛び込み営業職を2年。オンデマンドプリントやネットプリントが普及してきたタイミングもあり、昔ながらの印刷会社ではどれだけ足を棒にして売り込んでも売れませんでした。

 

(3社目)
その後、当時では珍しいウェブサービスを展開するベンチャー企業、後にM&Aを繰り返し最終的には東証一部上場の大手インターネット企業へ。

印刷会社では年収300万円以下だったが、わずか2年後には年収600万円、更にその2年後にはその会社で年収1,000万円と3倍以上になったのです。

 

(4社目)
その後起業ブームに乗り友人が起業したスタートアップの会社に入社。専務取締役として管理部門を担当役員として一時は40人の社員の会社へ。

しかし経営はうまくいかず役員報酬は月額20万円までダウン。20代で年収1,000万円までいったのに30代で年収240万円という状態になったのです。

結局、その会社はダメになり私は役員を辞任。

 

(5社目)
また社員として就職。インターネットサービスのベンチャー企業へ入社。元経営者としてマネジメントを期待され年収は500万円へ。しかし経営者と折り合いが合わず、またマネジメントでも結果をだせず2年で退職。

 

(6社目)
次に入社したインターネット関連の会社でも経営者と合わず1年以内に退職。

 

(7社目)
また別のインターネットサービス(広告関連)のベンチャー企業へ転職。その会社では5人程度のチームマネージャーとして入社。数年後、その会社が200人規模となり株式上場。
設立間もない頃に入社した私はストックオプションを得ることができ、上場後に行使・売却。

そのおかげでまとまった資金ができたので後輩にポジションをゆずり退職し自分のやりたいビジネスで起業することに。

 

(8社目)
40歳で起業し、今はウェブサービスの事業を中心に2名で会社経営をしています。

 

コンサル山田
コンサル山田

合計7回の転職をしたんだ

 

 

「7回の転職」で学んだ年収アップに大事なこと

転職JP運営者の経歴

 

このように私は大学を卒業してから40歳までに仕事を転々としてきました。

自分自身が転職を繰り返して来た結果、成功・失敗をたくさん学んできました。

また年収を決める要素は自分の努力だけではないことを知りました。

40歳までに転職7回して学んだ大事なことをご紹介します。

 

ポイント1:仕事には合う・合わないがある

仕事には合う・合わないがあります。

私の場合、新卒入社した会社ではまったく使い物にならない落ちこぼれでした。しかし(3社目)の後の大手インターネット企業では水が合ったのか一気に出生街道を歩んで給料3倍になります。

その後(4社目)役員として参画した友人の会社では専務取締役という立場でありながら仕事が合わず毎日が苦痛でした。

次に転職した会社(5社目・6社目)でもそうです。最後に会社員になったインターネット系ベンチャー企業(7社目)では仕事内容が合ったのかまた評価され一気にマネジメントポジションへ。

このように同じ人間でも仕事には合う・合わないがあるんです。

なので今、「がんばっているのに仕事がうまくいってない」「後から入ってきた人からどんどん追い抜かれる」「自分はビジネスパーソンとしてダメだ…」と落ち込んでいる人はひょっとしたら仕事合ってないだけなのかもしれません。

別の仕事・部署・会社に移るだけで一気に開花する、なんてことはあるので、今仕事うまくいってないことを気にする必要はまったくありません。

自分に合った仕事に巡り会えれば年収はあがります。

 

ポイント2:年収を上げるには業界選びが大事

年収を上げるには業界選びが非常に非常に重要です。(大事なことなので2回言いました。)

構造上、どれだけ働いても給料がほとんど上がらない業界があるのです。

また旧来の印刷業界のように市場が下り坂の業界で働くと、会社の売上が年々下がっていくので、休日返上して寝ずにがんばっても給料が上がりません。

私自身も印刷会社からウェブサービスの企業に移ったとき、最初は給料同じでしたがインターネットバブルの到来と会社の業績アップでわずか2年で2倍になりました。その後4年で3倍以上です。別に3倍の努力・労働をしたわけではありません。業界が伸びて会社が伸びただけなのです。

更に伸びている業界だと、新しい仕事がどんどん入ってきます。いろんな経験を持った人材も入社してきます。会社の成長とともに自分も成長でき毎日エキサイティングで楽しいのです。

下り坂の業界だとそうはいきません。取引先探すのも一苦労です。新しい人材も入ってこないので老害のような社員ばかりになります。そんなところで働いていてもスキルも全然上がりません。将来性もありません。

 

 

 

ポイント3:マネジメントポジションになる(ただし諸刃の剣)

7回の転職で学んだのは年収を上げるには「マネジメントポジションになる」ことが重要ということです。

マネジメントといっても経営者までではなく、3人、5人、10人でもいいので部下をもつリーダー、マネージャー、課長、部長といったポジションになることです。

結局自分で挙げられる成果には限界があります。1人で週5日40時間プラスαでは挙げられる成果には限界があります。

それが3人、5人、20人のチームで業務をすることで何十倍、何百倍もの成果につながるのでそのチームのトップであるマネジメントポジションになることで年収が上がるのです。

年収を挙げるには積極的に会社でアピールし、昇格してマネジメントポジションを狙うのが近道です。

ただしこれは諸刃の剣でもあります。

若いうちにマネジメントポジションになることで20代でも高い年収を得て、ビジネススキルを挙げることもできますが、その反面重たい責任、高いストレスがかかってきます。

そして1人で仕事するのと複数名のチームマネジメントではやるべきことの仕事量もまったく異なってきます。

マネジメントポジションになることで年収アップしますがその反面責任・ストレスで仕事が続けられないこともあるので注意しなければなりません。

またマネジメントポジションになっても給料がたいして変わらない会社でも、一度はそこを通過して課長・部長・経営者とならなければ年収アップにはなりません。

一生平社員か一度は苦労してマネジメントポジショを目指すかのいずれかです。

 

いろんな会社で見た年収がアップする「優秀な人材」

いろいろな会社を見てた中で、私が思う優秀な人とは「いつ会社を辞めても問題ない」です。

もちろん上司に気を使いまくり、それこそ「社畜」として人生の大半を会社に捧げ、会社に媚びていくほうが出世が早いです。

本当に優秀なやつは「いつ会社を辞めても問題ない」という気迫で仕事をしています。自分のペースで仕事すすめ、言いたいことは上司だろうが社長だろうがちゃんと言う、労働者の権利として休みを取るときにはしっかり休む、リフレッシュしてまた仕事に戻る。

そんな人が充実したビジネスパーソン人生を歩んでいる人が「優秀な人」なのです。

もちろんそのためにはスキルアップは必要です。自分が関わっている業界や業種に関する知識を得るため、「優秀な人」は日々専門書を読み勉強し、資格を取得したりセミナーに参加したりと自己研鑽を怠りません。

高い専門知識とスキルがあるので「会社からも必要とされ」わざわざ上司媚びたり社畜のように働かなくても自分のペースで仕事すすめ充実したビジネスパーソン人生を送れるのです。

ただ転職を繰り返していて「いつかいい会社に出会えないかな」と運任せの転職ではいつまでたってもダメです。

転職をしながら人生を充実したものにするのはスキルアップ必要不可欠なのです。

 

転職で大事なことは「情報量」

転職活動で自分の希望とする会社に巡り合うはたくさんの情報を得ることが重要です。

候補先2,3社から優良企業は探せません。200社、300社の求人概要を見続けることで優良企業や自分に合った会社を見つけることができるのです。

転職サイトの登録はもちろんこと、転職エージェントも複数社登録するのが当たり前の時代です。

今は希望の求人がなくても、3ヶ月後にまさに自分が活躍できるようなポジションで急に空きがでるかもしれません。その時にすぐに詳細を確認できるよう準備をしておくのです。

自分に合った優良企業に巡り合うにはたくさんの情報を得ることが重要です。

このサイト「転職JP」で転職だけではなくビジネスパーソンへ役立つ情報を発信していきたいと思っておりますのでぜひチェックしていってください。

 

コンサル山田
コンサル山田

この3つの記事は必見だぞ

タイトルとURLをコピーしました