転職エージェントの選び方を解説!

新しい働き方「パラレルワーク」ってなに?始める前に知っておきたいメリット・デメリット


パラレルワークとは

パラレルワークという新しい働き方が今注目を集めています。

働き方改革により、副業やフリーランスなど働き方が多様化する中、この【パラレルワーク】を始める人もじわじわと増えているんです。

この記事では「なぜ今パラレルワーカーが急増しているのか」その理由や、「実際にパラレルワークを始める前に知っておくべきメリットやデメリット」を紹介します。

 

新しい働き方「パラレルワーク」とは?

パラレルワークとは

「パラレル」とは平行や並列という意味の言葉です。

パラレルワークは平行や並列関係の仕事を持つと言う意味となります

パラレルワーク・パラレルキャリアの意味

パラレルワーク・パラレルキャリアは並列関係の仕事やキャリア。

つまり一つの仕事に依存せずに複数の仕事やキャリアを持つことを指しています。

パラレルワークと≪副業≫の違い

パラレルワークは副業とは似て非なるものです。

副業という言葉は本業が他にあり、主となる仕事があり主と副の関係が明確な時に成り立ちます。

しかしパラレルワークは並行関係の仕事を指しているため、主と副の関係ら成り立ちません。

複業や兼業とはどう違うの?

パラレルワークと複業や兼業はほぼ同義として使われています。

ただし複業と兼業は少し意味が違います。兼業は本業以外の「事業」を行っていることを指します。

そのため複数の会社に勤めて給料をもらっている場合は「複業」。

会社の務めながら事業を行う場合は「兼業」という言葉が使われることが一般的です。

パラレルワーカーが増えている理由

パラレルワーカーが増えている理由の一つが終身雇用制度はで確実なものではなくなっていることがあげられます。

かつては新卒で入社した会社に一生勤め上げることが一般的でしたが、働き方も多様化しており転職する人も多くなっています。

また時代の流れも早くなっており、一つの企業やキャリア形成では安泰とは言えなくなっています。

その中で二つのキャリアを持つことができるパラレルワークは今の時代にあっている働き方であると言えるでしょう。

 

新しい働き方

同じように新しい働き方「ギグワーカー」も今注目されています

参考「ギグワーカー」とは?働き方改革で注目される現代の働き方を解説します

 

\ 無料で診断 /適職診断を受けよう

パラレルワークのメリット

パラレルワークには様々なメリットがあります。

パラレルワークで得られるメリットを具体的に確認していきましょう。

一つのビジネスでつまずいてもリスク分散できる

パラレルワークのメリットの一つはキャリアが一つに偏らないため、職業のリスクを分散できることです。

近年はAIなどの発展により自分の仕事がロボットに奪われる可能性があります。

しかしパラレルワークをしておけば全ての仕事を同時に失うことはありません。

パラレルワークは職を失うリスクを軽減するひとつの方法となっています。

 

高収入を目指せる

パラレルワークをすることによって、二つの仕事をこなすこととなり大変ではありますが収入が増やすこともできます。

 

知見や視野を広げられる

二つの仕事をするということはとても大変なことです。

しかし二つの仕事をすることで知見や視野を広げることも可能です。

一つの仕事をしているとどうしてもその仕事や業界の知識や経験に偏ってしまうもの。

パラレルワークは飛躍的に能力を高める可能性もある働き方であると言えるでしょう。

 

人間関係を広げられる

人間関係を広げられる

二つの仕事を持つことは人脈の拡大にもつながります。

近年は異業種同士でコラボすることで価値を高める企業も増えています。

異業種同士のコラボは一つの業界で働いているとなかなか人脈を広げることができないため、実現は難しいものです。

しかしパラレルワーカーであれば広い知見と人脈を活用し、様々な企業や人を巻き込んで仕事を進めることができます。

 

効率よくスキルアップできる

パラレルワーカーは効率よくスキルアップすることが可能です。

二つの仕事を同時に行うことでただ勉強するよりも、効率よく、確実にスキルを身につけることができます。

例えば英語を使う仕事を行えば普段から英語を使う機会が格段に増えるため、英語力向上と維持につながるでしょう。

逆に言うと双方の仕事に役立つスキルアップにつながるパラレルワークを持つことで、飛躍的に能力を向上させることができます。

 

パラレルワークのデメリット

メリットも多いパラレルワークにもデメリットがあります。具体的に確認しておきましょう。

労働時間が増えてしまう

パラレルワーカーは副業とは異なり、主の仕事を二つ持つことになります。

仕事が増えることで労働時間が増えてしまう傾向にあります。

 

仕事を抱え込みすぎてしまう

二つの仕事を二つ持つことで仕事の調整をしっかりしないと仕事を抱え込んでしまうことが多くなってしまいます。

ご自身の業務スキルや処理能力を考えて仕事を受注することが大切です。

 

機密情報などの管理が大変

仕事をするうえでは必ず外部には漏らしてはいけない情報があります。

二つの仕事をしているときっちりと整理しておかないと情報漏洩につながる恐れもあります。

情報漏洩は地道に気付きあげた信用をいっきに失墜させてしまいますので気をつける必要があります。

 

会社員の場合は就業規則に反することも

就業規則で別の仕事をすることを禁じている会社もあります。

最悪の場合は解雇される可能性もありますので、自分が働いている会社の就業規則をしっかり確認してから別の仕事を探すようにしましょう。

 

税金の問題

一つの会社で働いている場合は会社が税金の計算をしてくれます。

しかし複数の会社で働きフリーランスとして働く場合は自分で所得を計算し、確定申告を行う必要があります。

確定申告は慣れない方にとっては負担も大きくかパラレルワーカーになるデメリットの一つとなります。

 

\ 無料で診断 /適職診断を受けよう

パラレルワークに向いている職業

パラレルワーカーはどんな職業が向いているのでしょうか。
具体的に見ていきましょう。

ライター

ライターとはWebや雑誌などの記事を書く仕事です。

ライターは仕事量を自分で調整しやすいため、可能な範囲で仕事を受注することができます。

コンサルタント

コンサルタントは企業等の業務改善のアドバイスをする立場です。

特定分野に強みがあればパラレルワーカーとして十分にコンサルタントとして働くことができるでしょう。

エンジニア

エンジニアとはシステムを作る仕事です。

少人数で売り上げを拡大するためには強固なシステムが必要となるため、エンジニアの存在は不可欠です。

優秀なエンジニアであれば短期間でシステムを構築することができるためパラレルワーカーとしても働くことができるでしょう。

 

未経験からITエンジニアに

人気の職種ITエンジニアに未経験からなる方法をまとめています。

参考未経験からIT業界へ転職!転職を成功させるために重要な6つのポイント

 

Webデザイナー

WebデザイナーはWebページのデザインをする仕事です。

接客の仕事とは異なり自分の好きな時間に作業をすることができますのでパラレルワークとして選ぶには向いている仕事ですね。

 

在宅ワーク

在宅ワークでは様々な仕事があります。

家に帰ってから仕事ができるためパラレルワーカーとしても働くことができます。

 

投資家

投資家は株や債券などの売買で利益を出している人です。

日々の変動で利益を出す投資家や長期間投資を継続して投資先の成長を期待する投資家もいます。

投資する原資は必要ですが、別の仕事を持っていても投資家として活動することは可能です。

 

パラレルワークの始め方 求人を探すには

パラレルワークを探す方法は様々です。

人材紹介会社のサイトに登録してパラレルワークを探す方法やクラウドソーシングサイトなどを活用して、単発の仕事を探すこともできます。

正社員として働くか、請け負った仕事の成果に応じて報酬を得るかによって仕事の探し方も異なります。

自分にあった方法で求人を探してみると良いでしょう。

 

新しい働き方「パラレルワーク」について まとめ

終身雇用の時代が終わり、様々な仕事を持つパラレルワーカーが増えています。

パラレルワーカーにはメリットも多いため、今後も増えていくでしょう。

ただし働きすぎや税金の問題などデメリットもありますので、正しく理解してパラレルワークを行うようにしましょう。

 

ギグワーカーとは「ギグワーカー」とは?働き方改革で注目される現代の働き方を解説します
 IT業界未経験転職IT業界に未経験から転職したい!向きor不向きや未経験からの給与は?IT業界おすすめ職種まで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です