転職スタイル只今リニューアル中!

仕事ができない人からの脱出!仕事ができない人の特徴と改善するコツをご紹介!

デスク周りが散らかっている

あなたは自分で「仕事ができない」と思っていますか?
おそらくそのように感じている人は少数だと思います。

仕事ができない人は基本的に自覚症状がありません。
なぜなら仕事ができない人=仕事をしない人ではないからです。

サボっているわけではなく、毎日一生懸命働いているにも関わらずよく怒られる人や上司に評価してもらえない、周りからなぜか距離を置かれているという人は仕事ができていないのかもしれません。
同僚の仕事を見て「あの人、仕事できないな」と思う一方であなたが周りから仕事ができないと思われている可能性があるということです。

では仕事ができない人の特徴とはどんなものがあるのでしょうか。
また、改善策はあるのでしょうか。

仕事ができない人から抜け出すために、一緒に考えていきましょう。

 

ハジメ

本当は仕事ができる、できないに関わらず協力しあえる職場環境であることが望ましいね。
誰でも仕事の中で得意、不得意がありますからね。

リカさん

 

仕事ができないと思われる部分は意識することで改善することができます。

一般的に仕事ができないと思われてしまう人はスケジュール管理や仕事に取り組むスピードなど基本的なことができていないために周りから思われてしまうことがほとんどだからです。

そのため、まずは仕事ができないと思われてしまう人の特徴をチェックしてみましょう。

自分自身が当てはまっていないかしっかり確認してみてくださいね。

 

仕事できない人に当てはまる17の特徴

仕事ができない人の特徴

 

仕事ができない人にはいくつかの分かりやすい特徴があります。

これから18個の特徴をご紹介しますが、自分が当てはまるか、また職場にいる人がどのタイプなのか、などチェックしてみてください。

 

特徴1:人生の目標がない

まず、仕事できない人の一番の特徴は「人生の目標がない」ことです。

自分がどのような人間になりたいか、今後どのような人生を歩みたいかという将来的なビジョンがない人には仕事ができない人が多く見受けられます。

  • 40歳までに部長になりたい!
  • プロジェクトマネージャーになって活躍したい!
  • 年収を◯◯◯◯万にアップさせたい!
  • 35歳までにマイホームを購入する!

このように人生の目標は人によって様々ですが、仕事ができない人は人生に目標を持っていないことが多いです。

とりあえず毎日を漠然と過ごし、今のまま暮らしていければそれで不満がないと思っているため、自分の人生の充実のために努力しよう、より良くしようという気がありません。
このような心持ちでは当然仕事にも力が入らず、その場その場での対応になるため周りから仕事ができないという評価を受けやすくなってしまいます。

大きな人生目標をいきなり立てることは難しいですが、3年後・5年後という短期・中期的人生目標を持つことで少しずつ仕事への考え方も変わり、仕事ができない人から脱出することができると思います。

 

ハジメ

目標がないままでは仕事でのミスも気にならなくなってしまい、周りからできない人と思われやすくなってしまうんだ。
目標を持って前向きに仕事にも取り組めるようになるといいですね。

リカさん

 

特徴2:メモを取らない

例えば、同じミスを何度も繰り返す人がいます。
こういった人に多い特徴はメモを取らないということです。

どんなに記憶力の良い人であっても話を聞くだけでは内容をすぐに忘れてしまいます。
メモを取ることで記憶しやすくなるとともに、後で見直すこともできます。
そのため、何か教えてもらったりアドバイスをもらった際には必ずメモを取るようにしましょう。

また、メモを取っていない人がミスをすると周りからの印象は一層悪くなります。
メモを取っている新入社員とメモを取らない新入社員ではどちらの方がミスのフォローやアドバイスをしたくなるでしょうか。

メモを取っているかどうかだけで、社内での印象も変わってくるため、今までメモをとる癖が付いていなかった人は是非メモ帳を買って、ちょっとしたことでもメモを取るように癖つけることをおすすめします。

 

特徴3:周囲とのコミュニケーションを取らない

仕事ができない人は周りの人とのコミュニケーションが不足していることが多いです。

「コミュニケーションが苦手」「あの人と話しにくい」など職場によってあるかもしれませんが、仕事なのでコミュニケーションをとらなければなりません。

仕事をする上で大切なのは「報・連・相」です。

報連相ができていなければ相手の要望や考えを汲み取ることができず、結果的に上司の指示を無視して仕事を進めて行くことになってしまいます。

すると当然するべきことができていない結果になり、余計な手間が増えてしまい仕事ができない人だと周りから思われるようになってしまうのです。

また、コミュニケーションはただ相手の要望や考えを汲むだけではなく、自分の要望や主張を伝えることも大切です。
中には自分の要望を言うなんて申し訳ないと遠慮してしまい、納期がダブルブッキングしてしまいどちらの仕事も中途半端になってしまうと言うこともあります。
現在の仕事の進み具合や可能な納期などあなたにしかわからないことも多くあるため、申し訳ないと遠慮するのではなく、上司にどちらの仕事を優先するべきかなど相談するようにすると良いでしょう。

コミュニケーションをとることでマイナスになることはほとんどありません。
スムーズな仕事ができるようになり自分の仕事の管理もしやすくなるため、周りの人からの見え方も変わるでしょう。

 

ハジメ

コミュニケーションが不得意な人は多いと思うけど、仕事をする上では積極的にとっていくことが大切だね。

 

特徴4:何回も同じミスを繰り返す

 

何度も同じミスを繰り返すことは仕事ができないレッテルを貼られてしまう典型的なタイプです。

もちろん失敗しない人間はいませんが、何度も同じミスを繰り返してしまうことはより良い仕事をしようとする意識が低いと周囲の人に感じさせてしまいます。

小さなミスだからと見逃していると、ミスを繰り返すことが習慣化されてしまい上司や周りから「いつまで学ばない人」と思われるようになりますし、次第に大きなミスにつながるようになるため、何度も同じことで注意されている人は意識をして改善する必要があるでしょう。

もちろんミスはしたくてするものではありません、そのため「どうしてミスをしてしまったのか」原因やきっかけなどをメモをして把握し、再発防止に努めることが大切です。

 

特徴5:理解していないのに「わかりました」と言ってしまう

仕事の指示が理解できていないにも関わらずわかりましたと言って仕事を進めてしまう人がいます。
このような人も仕事ができないと思われてしまう特徴の一つです。

知らないことを素直に質問できない人はプライドが高く、質問することが恥ずかしいと思っている人が多くいます。
仕事ができないと思われたくなくてつい「わかりました」と言いたくなる気持ちはわかりますが、わからないまま仕事を進めていくことはその後、重大なミスにつながる恐れがあります。

わからないことがあれば必ず素直に質問をして、しっかりと理解した上で仕事を進めるようにしましょう。

 

特徴6:スケジュール管理に問題がある

スケジュール管理ができない

スケジュール管理が苦手な人は仕事の納期ギリギリになってから「あの仕事をやらなくてはならなかった」「まだこっちも終わっていなかった」ということが頻繁に起こります。

どんなに丁寧な仕事をする人であっても、仕事の納期を守れない人は社会的な信用を得ることはできません
メモをとったり、スケジュール帳・スケジュールアプリを活用したりすることがなく、自分の頭の中で管理しようとする人ほど抜け漏れが多く発生してしまいます。

「少しくらい大丈夫だろう」とは思わずにトラブルが起きる可能性などを加味して現在進めている仕事との兼ね合いを考えながら余裕を持ったスケジュール計画を練るようにしましょう。

そのためにもメモ帳やスケジュールアプリの活用、上司への相談など様々なトラブル対策をすることが大切です。

 

特徴7:納期ギリギリに動き始める

 

特徴4にも通じますが仕事できない人は後々大変なことになるのがわかっているのにギリギリまで動こうとしないことです。

「あれやった?」「進んでる?」と聞かれても「まだ時間あるので大丈夫です」と言って手をつけず、結局締め切り間近になってから周りを巻き込んで何とか仕上げるはめになります。

 

特徴6:「5分の遅刻」を何とも思わない

仕事ができない人は時間を管理することが苦手です。

そのため、朝ギリギリに出社もしくは5分遅刻しても何も思わず、社内会議だけでなく取引先との商談まで、「少しくらいなら遅れてもかまわない」と考えている節があります。

自分だけならともかく仕事は相手がいます。

少しでも遅れることが「アイツは信用できない」とレッテルを貼られ仕事が進めにくくなるのです。

 

ハジメ

上級の役職の人ほど時間に厳しい。時間の大切さをよく知っているからな。

 

特徴7:言われたことしかやらない

「指示待ち人間」とも言われたりしますが、上司からの指示を受けるとそのこと以上はやりません。

というのも、仕事の全体像が見えていないので「何を追加でしておいたら上司が楽になるのか」ということに気が回らないからです。

もしくは「余計なことして無駄になったら嫌だからやめておこう」と極端に慎重になりすぎている傾向があります。

 

特徴8:プライドが異常に高い

プライドだけ高い

 

仕事ができない人はプライドだけはものすごく高い人がいます。

自分の能力を見誤っているので、本当はできないのにできる風を装ったり、簡単な仕事をやらなかったり、謙虚に人に教わることもせず、会社でただただややこしい存在になっているです。

 

特徴9:最初から100%の完璧を目指してしまう

仕事ができない人は完璧主義すぎることが多いです。

最初から100%の完璧を目指すので時間がかかってしまい、また途中経過を見せることをしないため、完成後に上司や顧客から「思っていたのと違うのでやり直し」という事態になることも。そもそも完成自体も期日を超えてしまうのです。

本人は誠実にミスなく業務を進めようとした結果なのかもしれませんが、周りからすると「コミュニケーションがとれない」「期日を守らない」ということになってしまいます。

 

ハジメ

まずは60%、70%でも一度提出してフィードバックをもらう、期日を守るというのが大事なんだ

 

特徴10:集中力が持たず、注意力が散漫

会社に行きたくない

 

仕事ができない人は集中力がありません。

そのためいくつかのタスクが重なると順番に終わらせていかず、全部ちょっとずつ手を出す、ということを好みます。結果ペンディングのタスクが増えるだけで何も終わっておらず、「仕事のスピード感がない」と周りからは見られます。今はいろんな仕事に手を出すマルチタスクより、一つずつ仕事を片付けるシングルタスクの方が効率がよいのです。

また集中力がない人は肉体的にも精神的にも疲れている可能性があります。

 

最近では集中力がないのは体の疲れだけではなく「脳の疲れ」とも言われているのよ。

リカさん

 

特徴11:立ち直りが遅く、いつまでも凹んでいる

仕事ができない人はプレシャーに弱く、凹んだ時から立ち直るのに時間がかかります。

少し怒られただけでいつまでも引きずってしまい、その後の仕事の能率が下がったりミスが多くなったりします。

また素直に反省できないことも特徴です。

そのふてくされた態度は上司も見抜いているため、だんだんと怒ってくれなくなり仕事ができないまま放置されるようになってしまい、最後には社内での居場所を失ってしまいます。

 

特徴12:自分で調べず、簡単なことも人に質問する

仕事ができる人はわからないことがあった時、まず自分で考え、かつ作業の全体を見てからまとめて質問します。また仕事ができる人はできるだけ自分で調べようとします。自分で調べたことは忘れにくいことを知っているからです。

しかし仕事のできない人は目の前のことしか見えていないため、その都度質問をします。自分で調べればわかることなのに質問ばかりして全然身についていないです。

質問の回数が多くなるほど他の人の時間を奪っているということに気がついていません。

 

特徴13:必要な場面で人を頼らない

仕事ができない人は、「助けてほしい」ということをなかなか自分から言いません。

自分の得意分野、苦手分野を理解せず何でも自分一人でやってしまおうとします。そのため作業に必要以上に時間がかかったり、思い込みで進めてミスをしたりということが多々あります。

 

特徴14:デスク周りが片付けられない、散らかっている

デスク周りが散らかっている

整理整頓できない人は、やるべきタスクも優先順位がつかないままです。

デスク周りが散らかっているため書類を出し忘れたり、必要な時に必要なものをとりだせなかったりと、デスクの散らかりが仕事の質を下げています。

 

特徴15:何でも他人のせいにしてしまう

これも、プライドが高くて怒られるのが苦手なせいなのですが、何かミスやトラブルがあると「自分は悪くない」という言い逃ればかり主張します。

「あの時頼んだよね?」と自分より立場の低い人のせいにすることも。

しかし周りは事実を見抜いているため、結果仕事を回してもらえなくなってしまいます。

 

特徴16:服装や身なりに気を遣わない

服装に気を使わない

仕事ができない人は「他の人がどう思うか」ということに関心がありません。そのため作成した資料なども他人からの視点を意識していないため、ぱっとみてわからないことが多いのです。

服装に対してもかなり無頓着で、シワの寄ったシャツや寝癖のついた髪型で出社してきます。

「今日はお客さんに会わないから大丈夫」と本人は思っているようですが、同じ職場の周りの人に「だらしない人」と思われていることに気がついていません。

 

MEMO
オフィスの服装
面接用ファッションの記事ですが、コチラもオフィスで好印象もたれる服装の参考になります。
参考【Instagram画像】面接時の服装コーディネートの実例を紹介!

特徴17:ネガティブで否定的な考え方をしてしまう

「どうせ〜」「でも〜」「いや〜」いう言葉をよく使ったり、会社や同僚の愚痴を社内でこぼしたりと、仕事ができない人は基本的にネガティブな考え方です。

その気持ちのせいで仕事ができないのか、仕事ができないためにふてくされているのかはわかりませんが、マイナス発言を繰り返す人はうまく仕事を回せていないことは間違いありません。

 

ハジメ

そんな仕事できない人でも改善方法はあるんだ。

 

仕事できない人が仕事できるようになるために必要なことは

仕事ができるようになるには

挙げればきりがありませんが「仕事できない人の特徴」を17個挙げました。周りの人も自分もいくつか当てはまった項目があると思います。

それでは仕事できない人が仕事できるようになるためにはどうしたらいのでしょうか。

仕事スキルアップのための細かいテクニックはたくさんありますが、根本的には大きくこの4つなのです。

 

人生の目標を明確にする

仕事やプライベート問わず人生に対して目標を明確にもちましょう。

3年後年収◯◯◯万円、5年後には◯◯◯万円で課長になる。結婚して子供は2人、郊外に一戸建てを買う・・・老後までに資産◯◯◯◯万円築く。

といったように人生目標を立てるのです。

そうすれば今の仕事でモタモタしているわけにも行かず、結果を出すために仕事や人生に対して前向きになります。足りて内部を補おうと努力をするはずです。

自分も含め部下や同僚で人生目標が曖昧で仕事ができない人がいたら目標設定をしてみましょう。

 

ハジメ

もちろん私も人生目標をしっかり掲げているぞ。毎日自分の人生目標を確認しているんだ。

 

コミュニケーションをしっかりとる

仕事ができない人はコミュニケーションをしないと紹介しましたが、仕事ができるようになるためには周りと積極的にコミュニケーションとらなければなりません。

上司をランチにでも誘って自分が期待されていることを聞いてみましょう。あなたが上司で仕事できない部下がいたら「進捗どう?」「つまづいているところない?」と声をかけてあげましょう。

周りとコミュニケーションをとらないので「あいつは感じが悪い」と思われ、少しのミスでも「アイツはできないやつだ」と思われてしまうのです。

反対に周りとコミュニケーションを上手にとっている人間が少しミスしても、周りがフォローしてくれたり笑顔で許してくれることを見たことがあると思います。

 

コミュニケーションが苦手だから…だといつまでたっても仕事ができない人のままです。少しずつでも周りの人とコミュニケーションを取っていきましょう。自分の問題点にも気がつけます。

 

スキルアップを積極的に行う

転職成功のポイント

 

仕事ができない人そもそもビジネススキルが低い場合があります。

技術職、営業職、企画職すべてに問わず「仕事ができる」ためにはビジネススキルが必要です。

書籍を購入して勉強したり、必要な資格を取得したり、また「セミナー」や「講習会」に参加してみるのもいいでしょう。

仕事ができる人は、日々勉強や研鑽を怠っていません。努力をしているのです。

スキルアップのための努力をしましょう。

 

ハジメ

優秀なやつほど通勤時間や自宅で業務に関する知識をしっかりインプットしている。
最近はオンラインのセミナーや講座もありますからね。

リカさん

 

思い切って仕事を変える

やはり人間には向き不向きがあります。

苦手な分野や自分が嫌いな仕事内容ではいくら頑張ってもなかなか成果がでないのが現実です。

そのため「根本的に仕事内容が合っていない」と判断できるなら、仕事内容を変えるか配置転換を考えてみましょう。または転職です。

仕事がぜんぜんできなかった人が、部署を変えたり転職しただけで水を得た魚のように大活躍する、なんてことはよくあります。

今や仕事しながらの転職には転職エージェントが必須です。

 

MEMO
転職エージェント
今や仕事しながらの転職には転職エージェントが必須です。
参考転職エージェントおすすめ13選!実際に利用した転職成功者からのアドバイス

仕事できない人の特徴17選!アナタは大丈夫なのか必ずチェックしましょう まとめ

 

以上、仕事ができない人の特徴と仕事できない人ができるようになるためには、をご紹介してきました。

 

誰もが仕事できないに少しは当てはまったかと思います。

根本的にはこの4つで解決できることです。

 

ハジメ

タップするとそれぞれの解決法にジャンプするぞ
今一度しっかり確認してみましょうね。

リカさん

 

自分もふくめ仕事できないという面は誰にでもありますので協力しあって仕事すすめられるような職場づくりが理想ですね。

会社行きたくない「会社行きたくない」なら今すぐ辞めよう!ただし、辞める前に試してみるべき7つの方法はコレ! 上司と合わない「上司が嫌い」「上司と合わない」そんな関係をスッキリ解消・キッパリ解決する方法
MEMO
仕事辞めたいと思ったときの考えるべきこと・準備すべきことをご紹介しています。
参考【仕事辞めたい人必見】会社辞めるべきか残るべきかその後の人生を成功を決める重要な事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です