転職スタイル只今リニューアル中!

ジョブホッパーこそ評価されるべき!これまでの経験を長所に変え転職を成功させよう

ジョブホッパー

ジョブホッパーは「転職を何回も繰り返す人」という意味で使われます。

そのためジョブホッパーと聞いた時、落ち着いてない人、すぐに仕事をやめそうな人、そんなネガティブ印象を受けてしまうかもしれません。

しかし、ジョブホッパーにも2種類いるんです。

優秀で転職する度にキャリアアップしていく勝ち組街道をまっしぐらのジョブホッパーと、転職する度にポジションも給与も下がっていく残念なジョブホッパー。

この優秀なジョブホッパーと残念なジョブホッパーには違いがあるんです。

 

ハジメ

私もちょっとした転職まで合わせると30代で7社経験したからな。立派なジョブホッパーだ。

 

現在はジョブホッパーが増えてきています。

どうすれば転職するたびにキャリアアップしていく勝ち組ジョブホッパーになれるのでしょうか?

この記事では評価されるジョブホッパーの特徴や、あなたがジョブホッパーとして転職を成功させるためのポイントをご紹介します。

目次

ジョブホッパーはこんな人!意味や特徴を解説

ジョブホッパーとは

あまりいい意味で使われている印象がない「ジョブホッパー」という言葉。

そもそも本来はどんな意味なのでしょうか。まずはジョブホッパーという言葉の意味と、具体的にどんな人を指すのかをご紹介します。

 

ジョブホッパーとは頻繁に転職する人のこと

ジョブホッパーとは一般的に採用の現場で使われている言葉で、3年以内の転職を繰り返している人、また5回、6回と転職回数が多い人のことを指します。

期間や回数の明確な定義はありませんが、たとえば20代のうちに3回、4回と転職していたらジョブホッパーとみなされることが多いです。

本来ジョブホッピングという言葉は、スキルや給与の向上のために転職を何度もするという意味です。外資系企業では転職が当たり前となっていますが、日系企業は未だにジョブホッパーに対してマイナスイメージを持っていることが多いのも事実です。

 

では一体どんな人がジョブホッパーとなるのでしょうか。ここではジョブホッパーに見られる特徴をチェックしてみましょう。

 

ジョブホッパーの長所は「仕事に対する能力が高い」

ジョブホッパーになる人の長所と短所

まずジョブホッパーの長所として以下が挙げられます。

 

ジョブホッパーの長所
  1. 見切りが早く執着しない
  2. 行動力があってエネルギッシュ
  3. 自分を高める意欲が高い・野心家
  4. 自分の能力に自信がある
  5. 経験値が高く臨機応変に対応できる
  6. 表面的なコミュニケーション力が高い

 

ハジメ

ジョブホッパーの長所をひとつです紹介するから転職の際、プラスに考えて欲しい。

 

仕事に対して見切りが早く執着しない

会社や仕事自体に執着がないのは問題のようにも見えます。

しかし実際の業務ではミスを気にしすぎたり、無理な仕事を取ってこようとして割りに合わないエネルギーや時間を割いたりすることがありません。

そのため、効率よく仕事を進めることができる人が多いです。

 

優秀な人のなかには頑張り過ぎたり我慢し過ぎたりして燃え尽きてしまい、長期的に休養せざるを得なくなる人も少なくありません。

しかしジョブホッパーは「この職場では自分の能力が発揮できない」と思えば早々に見切りをつけ、さらに活躍できるいい企業に転職しようとします。

 

行動力があってエネルギッシュ

惰性で仕事を続けることがないため無駄がなく、より高いパフォーマンスを発揮するための行動力を持っておりエネルギッシュです。

 

自分を高める意欲が高い・野心家

また「こういうことがしたい」「将来はこうなりたい」という自分の意思を持っているため意欲が高く、社風や業務内容がマッチすると力を発揮します。偉くなりたいという向上心や野心が高いのです。

自分の能力に自信がある

「この会社を辞めても自分を欲しがる会社が他にある」ということを前提に転職を繰り返しているため、自分の能力に対する自信もあります。

経験値が高く臨機応変に対応できる

いろいろな企業で働いてきた経験があるため視野が広く、臨機応変に対応できる点も長所です。ひとつの会社で長く働いてきた人は、どうしてもその企業の仕事のやり方・考え方に固執しがち。その点ジョブホッパーはこれまでの転職経験から引き出しが多く、無駄な社内ルールを改善したり、効率的な対処方法を提案することができます。

 

表面的なコミュニケーション力が高い

表面的なコミュニケーション能力が高く、面接で弁が立ったり、転職の理由づけがうまかったりしてすんなり次の転職先が決まる人も多いです。

 

ジョブホッパーは仕事に対する能力が高いんですよ。

リカさん

 

一方でもちろん、ジョブホッパーには短所もあります。

ジョブホッパーの短所は「自己評価が高すぎる!」

 

ジョブホッパーの短所
  1. 忍耐力が足りない
  2. 飽きっぽい
  3. 自己評価が高すぎる
  4. こだわりが強い
  5. 野心が強すぎて上司と合わない
  6. 深い人間関係が苦手

ハジメ

ジョブホッパーの短所もひとつずつ紹介するぞ。短所は面接の際に突っ込まれるからしっかり準備するように。

 

忍耐力が足りない

「3年以上は1つの会社で働くこと」を常識とする日系企業が多数派であり、彼らにとってジョブホッパーは異端な存在です。

実際に本人も「嫌なことを我慢するくらいなら環境を変える」という考えを持っているため、よく言えば行動力がありますが、悪く言えば「忍耐力が足りない」とも捉えられるのです。

 

飽きっぽい

またジョブホッパーには好奇心旺盛でエネルギッシュな人が多い反面、飽きっぽいという側面もあります。仕事内容だけでなく、会社の社風や人間関係にも慣れてくると惰性を感じてしまい、刺激を求めて転職したくなる人も。

 

自己評価が高すぎる・こだわりが強い

「自分はこの仕事に見合っていない」「もっとできる」と信じ、自己評価が高い傾向にあるのもジョブホッパーならでは。そのため理想像が強く、こだわりが強くなってしまい今の会社に満足できなくなる、といった流れに陥りがちです。

野心が強すぎて上司と合わない

その強いこだわりや野心のせいで、人間関係に歪みが生じてしまい居心地が悪くなってしまう場合も。

たとえば「こんなレベルの低い仕事はやりたくない」「同僚の能力、仕事に対する考え方に疑問がある」と周囲へ不満をためていき、それが態度にも出てしまうといった具合です。野心が強すぎて上司に対しても「自分を正当に評価してくれていない」などと不満を抱え、いい関係を築けないケースもあります。

次はもっとうまくやろう、と思っていてもついつい悪い癖が出て結局居づらくなってしまいがち。

深い人間関係が苦手

いろんな会社を転々としているので表面的なコミュニケーションは得意なのですが、深い人間関係は苦手なのです。

 

ジョブホッパーは全体的に「自己評価が高すぎる」っていうのがありあすね。

リカさん

ジョブホッパーが転職で不利になるケース

ジョブホッパーは不利

 

ジョブホッパーは転職市場ではどういった扱いなのでしょうか。

 

転職回数の多さで書類選考が通らない企業も

外資系企業では転職を繰り返すのが当たり前で、2〜3年単位で転職をし30代で5社経験といった経歴もめずらしくありません。

しかし日系企業では「転職歴3回以下の人まで」と足切りを設けて書類選考を進める企業があり、面接に辿り着くことができないことも時にはあるのです。

 

ハジメ

実際に私が人事担当した会社では「30代で転職回数4回以上は書類の時点でNG」という基準があったんだ。

 

日系企業は本人の理想像よりも会社への忠誠心を重視するため「自社で長く働いてくれるのかどうか」という観点から人を採用します。

「雇ったのにすぐ辞めた」となると採用担当者の評価が下がってしまう可能性があるので、やはり人事としては長く働いてくれるかどうかは重要なポイントなのです。

 

MEMO
外資系企業への転職
ジョブホッパーは思い切って外資系企業を目指してみてはいかがでしょうか?
参考外資系企業へ転職したい!外資系企業その実態と転職成功の秘訣

仕事辞めてばかりで実は「能力が低いのでは」と思われてしまう

またジョブホッパーにはもうひとつ懸念点があります。

ジョブホッパーのいい面として「自分の能力に自信がある」と述べましたが、これが当てはまるのは転職によって専門性を高めてきた人の話です。

業種や職種を何度も変えてきた場合はひとつの分野を追求することが難しく、「中途半端に色んなことをやってきた人」とみなされてしまいます。

一般的な企業では「3年以上働いて一人前」と認められて重要な仕事を任されることが増えるため、短期間で退職しているジョブホッパーは責任あるポジションの経験が不足している、戦力にするのが難しいと考えられてしまうことも。

そうなると人気求人への競争に勝てず、ブラック企業に行き着いてしまう可能性が高くなってしまうのです。

転職をするのは悪いことではありませんが、会社を辞める前にしっかりとしたプランを持つことが必要です。

ハジメ

まあジョブホッパーはブラック企業を嗅ぎ分ける嗅覚が備わっているから大丈夫だとは思うが。

 

ブラック企業の見抜き方の記事をご紹介しておきますね。

リカさん

 

MEMO
ブラック企業の見抜き方
ブラック企業を見抜くポイントをご紹介しています。
参考ブラック企業を見抜け!事前のリサーチと面接でブラック企業を見抜くポイントとは

 

ジョブホッパーが評価されるための7つの条件とは

評価されるジョブホッパー

 

ジョブホッパーはマイナスイメージを持たれがちなことを前述しましたが、実際には高く評価されて転職するごとに年収アップに成功している人もいるのです。

優秀なジョブホッパーと残念なジョブホッパーの違いは一体何なのでしょうか?

ここでは優秀なジョブホッパーの実態について見てみましょう。

 

優秀なジョブホッパーは転職ごとにキャリアアップする

優秀なジョブホッパーは不必要な転職は繰り返さず、キャリアプランをしっかりと持って積み上げている人です。

かつ情報収集を普段から行っているので、狙っているポジションが空いたチャンスを逃しません。

このようなジョブホッパーは「キャリアビルダー」とも呼ばれています。

転職を繰り返していても「履歴書に傷が入った」とは捉えず、企業からも「忍耐力がない人」ではなく「目的のために最短距離を走ることができる人」という風に評価されるのです。

評価されるジョブホッパーの特徴はこの7つ

それでは具体的に、評価されるジョブホッパーにはどんな特徴があるのでしょうか。

キャリアビルダー」とも呼ばれ優秀なジョブホッパーに挙げられる特徴は以下の点です。

キャリアビルダーの特徴
  1. キャリアプランをしっかりと持っている
  2. 専門性がある
  3. 独立心が強く会社に養ってもらおうと考えていない
  4. 行動力がある
  5. 情報に敏感である
  6. コミュニケーション力が高い
  7. 大胆に交渉することができる

ハジメ

こちらも大事なポイントをいくつか紹介するぞ。

キャリアプランをしっかりと持っている

まず専門分野とキャリアプランを持っていることは必須です。

「なんとなく今の会社・業界が嫌だから」という理由で転職したのではなく、「○○のスキルを高めるために転職してきた」ときちんと説明できる人が優秀なジョブホッパーなんです。

一回一回の転職が自分にとってどのような意味があったか、転職回数は多いけれどその度に確実に成長している、とアピールできるため転職活動を有利に進められ、さらなるキャリアアップを重ねることができます。

 

情報に敏感である

自分の目的のためなら転職も辞さないジョブホッパーは、行動力・情報収集能力の両方に長けています。より自分が成長できそうな会社の情報は見逃さず、素早く行動に移すのでチャンスを逃さないのです。

 

コミュニケーション力が高い

コミュニケーション力が高いため転職先の会社に適応するのも早いですし、多様な転職経験から業界内の人脈も豊富。

また総じて独立心が強く会社にもたれかかることはありません。ある意味「会社を利用しよう」と考えているため、会社への忠誠心は強くありませんが短期間で成果を上げ自身の望みを叶えようとします。

結果的に会社に利益をもたらすことが多く、その点では長期間勤務して成果を挙げない社員よりも会社に貢献していると言うこともできます。

 

大胆に交渉することができる

そして肝心なのが、大胆に交渉することができるという特徴です。転職を繰り返して経験値が高いだけもあって、入社時の給与交渉がいかに大切かを知っています。

優秀なジョブホッパーは転職時に絶対に年収を下げることはありません。採用担当者もその経歴から期待値を高く見積もっており、採用の時点で給与の希望を聞き入れてくれやすいです。入社してから交渉するよりも簡単に年収が上がりやすい、ということを優秀なジョブホッパーはわかっているのです。

私たち日本人は主張が苦手で、かつ自身を売り込むことにも気が引けます。

しかし優秀なジョブホッパーはある意味欧米的に、自身の明確なキャリアのためにどんどん自分をアピールして積極的に交渉していくタイプです。これが転職するごとにキャリアアップしていける理由でしょう。

 

MEMO
退職回数の多さをメリットに
転職回数が多くても不安になることはありません。転職回数の多さをメリットに変えましょう。
参考転職回数が多いことをメリットに変えろ!採用側が考えている事を知り転職を成功させよう

ジョブホッパーが転職で成功する方法

稼げる影響

ジョブホッパーは良い面・ネガティブな面がありますが、企業側から見ると転職回数の多さはマイナスに捉えることも多く書類選考で落とされてしまうこともあります。

転職を重ねるごとに次の転職が難しくなるのです。

ジョブホッパーが転職で成功するためには何が必要なのでしょうか。

最も大切なのが、自分に対する自信と明確なキャリアプランです。

「今回の転職が自分にとってどういう意味を持っているのか」を誰が聞いても納得できるように説明することが転職の成功には必須です。

 

ジョブホッパーの書類選考・面接は計画性をアピール

ジョブホッパーの書類選考・面接は計画性をアピール

ジョブホッパーに対して会社側は「計画性がなくふらふらと転職を繰り返しているのでは?」という印象をもつことが多いです。

ジョブホッパーに対する採用担当者側の懸念を取り除くために、明確なキャリアプランや計画性をアピールしましょう。

 

ハジメ

強く意思を持ってこれまで転職してきたことは伝えるんだ。

 

また書類選考の段階では丁寧さが何よりも必要です。

社名を列記するだけでなく、その会社のどんなポジションでどんな仕事をしたのか詳しく書くことはもちろん、納得できる転職理由も添えておけば採用担当者も安心し、面接に呼んでもらいやすくなります。

 

「より裁量権のある仕事を任されたかったから」「よりレベルの高い会社で経験を積みたかったから」など、ポジティブな理由で転職してきたことをアピールするのがポイントです。

専門分野を持っていれば、そのスキルをさらに高めるために転職してきたと説明してください。

 

前述したとおり、転職回数は多いけれどキャリアプラン(専門分野)は一貫していると納得させることも大切です。

「複数の会社での仕事を通じて自分は◯◯分野に強くなった。これは誰にも負けない」「将来は〇〇分野でこんな仕事がしたい」と強みやキャリアプランをアピールします。転職の度にキャリアがリセットされてしまっているような内容だと、印象が悪くなってしまうので注意してください。

 

ジョブホッパーでも多様な経験・実績をアピール

ジョブホッパー最大の強みはmいろいろな会社でスキルや経験を積んできたことです。

たとえ同業種でも任される仕事の内容や必要なスキルは会社によってさまざま。複数企業での経験を通して幅広いスキルを身に着け、広い視野で臨機応変に対応できることを押し出してもいいでしょう。

面接では「忍耐力がなさそう」「人間関係に問題があるのではないか」「こだわりが強く一緒に仕事がしにくそう」という一般的なジョブホッパーのマイナスイメージを払拭することが大切です。

自信を持つことは大切ですが、過剰にならず聞かれたことに対して客観的かつ的確に答えるようにしてください。

 

ジョブホッパーこそ転職エージェントの活用がおすすめ

ジョブホッパーこそ転職エージェントの利用が必須です。

自分のスキル・実績・転職回数をピンポイントで評価してくれる会社を、転職のプロである転職エージェントにお願いしてみましょう。

5社も6社も転職していると、理由はどうあれ通常よりも書類選考を通すのが難しくなります。

そこで転職エージェントを利用すれば、書類選考を通せる会社、ジョブホッパーにも理解ある会社の情報を提供してもらうことができます。

また一見、一貫性のないジョブホッパーの経歴からも共通点を見出し、アピールポイントを一緒に考えてもらえます。

自分の強みは第三者の視点から言われて初めて気づくこともあるので、転職エージェントの客観的な意見をどんどん取り入れていきましょう。

 

ハジメ

私が7社目の転職をする時「次で7社だけど大丈夫ですか?」と聞いたら「もう6社も7社も一緒ですよ」といってサポートしてくれたんだ。結果希望する会社に入社できた。
どこの転職エージェントですか?

リカさん

 

ハジメ

その時はdodaだった。あの会社は心強いぞ。

 

MEMO
転職エージェントまとめ
dodaを含め転職エージェントを特徴別にまとめた記事です。参考にしてください。
参考転職エージェントおすすめ13社!キャリア別に実際に利用した転職成功者が詳細に紹介

ジョブホッパーが転職で成功するためには まとめ

ジョブホッパーが転職で成功するためのポイントをご紹介してきました。

ひとつの会社に勤めあげる時代は終わり、転職によってキャリアアップする人を評価する見方も徐々にですが増え始めています。

とはいえ考えなく転職を繰り返すとキャリアに一貫性がなくなり、残念なジョブホッパーになってしまいかねません。

一回一回の転職を意味あるものにするため、しっかりと自分の目的やキャリアプランを持つことが大切です。

チャンスを逃さない行動の速さは、ジョブホッパーならではの強みです。

転職回数が増えることを怖がることなく、チャンスが来た時にすぐ動けるよう日頃から情報には気を配っておきましょう。

面接突破のポイント転職回数が多いことは逆にメリットになる!採用企業が気にしている事を知り転職を成功させよう ブラック企業ブラック企業の特徴と見分け方!事前のリサーチや面接でブラック企業を見抜く方法 転職に有利な英語資格外資系企業の転職事情をご紹介!外資系企業への転職を成功させるポイントとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です