転職スタイル只今リニューアル中!

派遣から正社員なれる3つの方法!メリット・デメリットも含めてご紹介

派遣社員から正社員

「いま派遣社員だけど、正社員になりたい…。」

派遣社員で働きながらスキルや実績を積み上げて正社員に昇格させてもらう、そんなキャリアをたくさんの派遣会社が推奨しています。

しかし、派遣社員の延長線上に正社員はありません。

派遣社員から正社員になる方法は大きく3つのルートがあると言われていますが、確実に正社員をめざせるのは「正社員転職」と「紹介予定派遣」の2つだけです。

この記事では派遣社員から正社員になれるといわれている3つのルートをそれぞれ解説し、本当に正社員になれる2つの正しい方法をご紹介します。

派遣社員から正社員になる3つのルート

派遣社員から正社員

 

一般的に派遣社員から正社員になるルートは3つあると言われています。

 

正社員になるルート
  1. 今の派遣先の会社で正社員になる
  2. 派遣社員を辞めて正社員として応募する
  3. 紹介予定派遣で他の会社で目指す

1〜3つの方法はどれも派遣社員から正社員になることは不可能ではありません。しかし、「1.今の派遣先の会社で正社員になる」ルートだけは正社員からむしろ遠ざかってしまう可能性がありますので注意してください。

上から順番に解説していきます。

今の派遣先の会社で正社員になるルート

派遣社員として現在働いている企業。

人間関係も良好で、正社員の人が生き生きと働いている。「この企業で正社員として働きたい…!」と考えることも珍しくありません。

働いてみると社風がよく「このまま正社員になりたい!」と考えたことは何回もあります。

リカさん

 

派遣といっても、正社員になる前提で試用期間の意味合いを込めて派遣としてはたらく「紹介予定派遣」と、派遣社員として最初から最後まで働く「登録型派遣」の2種類があります。

 

紹介予定派遣であれば、そのまま正社員となれますので悩むことはありません。

しかし、登録型派遣であれば、そのまま正社員となることは難しいです。

そもそも派遣先に「正社員登用制度」が無い場合もあります。その場合は社内調整が必要となりますのでハードルは一気に上がります。正社員制度があったとしても正社員になるためには上司からの推薦が必要だったり、通常の正社員の転職と同じく面接が複数回必要であったり、筆記試験も受けなければならない場合があります。

派遣社員として派遣先での働きぶりが認められればチャンスは舞い込んできますが、こういった制度や採用工程の壁があります。企業としても新しく人員を増やしたいときは、業務や社員のことを知っている派遣社員を採用したほうがメリットがあるのに、規約のせいでスムーズに採用できない場合があります。

また、引き抜きによる派遣会社とのトラブルもあります

派遣先の会社から派遣会社へ「紹介料」を支払いして解決するケースもあります。通常の転職サイト経由からの採用よりも高くなってしまうことも少なくないので、ハードルをあげている要因の1つです。

新設のベンチャー企業など、派遣会社との付き合いが薄い会社などは「引き抜き行為」をすることも少なくありません。しかし、ビジネスマナーとしてはよくありませんよね。

リカさん

正社員を確実に考えたいのであれば、こういったハードルにわざわざ立ち向かうよりも、転職活動をしたほうが近道です。引き抜きは能力だけでなく、派遣先のタイミングにも左右されてしまいます。

派遣からより確実に正社員になりたいのであれば、以降にご紹介する方法をオススメします。

 

派遣社員を辞めて正社員として応募するルート

正社員として応募する

 

やはり、正社員になりたいのであれば転職活動が1番です。

派遣会社での派遣登録を辞めて、正社員として応募します。派遣社員でいることにこだわりがないのであれば、派遣社員→正社員というハードルの高い方法はやめましょう。

正社員から正社員となる転職と異なり、派遣社員から正社員への転職は難しいイメージがあるかもしれません。しかし、思ってるほど難しくないのがいまの転職です。

「とはいっても、私には自信がない…。」というあなたにコツを1つご紹介します。

大手企業に絞って転職活動をするのではなく、伸び盛りで人材不足のベンチャー企業or中小企業に狙いを絞る方法です。現実問題、ただでさえ正社員からの転職でも難しい人気大手企業を派遣社員からねらうのは厳しいです。

まずは正社員としてのキャリア形成のため、ベンチャー企業や中小企業に入り、実績をつんでキャリアアップを目指すのがオススメです。

 

MEMO
中小企業の事務職についてコチラの記事で紹介しています。
参考「中小企業の事務職について」実はこんなに業務の幅が広いんです

紹介予定派遣で他の会社で目指すルート

紹介予定派遣は正社員での雇用を前提にしている制度のため、登録型派遣のようなハードルの高さはありません。条件さえ満たせば問題なく正社員になることができます。

しかし、登録型派遣とは異なり、書類選考や面接があります。

試用期間として派遣社員の勤務があり、企業側もしっかり見定める期間があるので正社員転職よりも選考の難易度は格段に下がります。そのかわり新しくできた制度ということもあり、導入している企業も少なく、選べる範囲が狭いというデメリットはあります。

紹介予定派遣は、書類選考や面接をするのであれば、はじめから正社員転職をするのと変わらないし、派遣社員として働く期間が半年くらいはあるので、中途半端な制度として見る人もいます。

 

「いきなり転職は怖いので、慣れている派遣社員を経由して正社員になりたい」という人には向いている制度です。メリット・デメリットをしっかり考えましょう

リカさん

 

派遣から正社員になる時の気をつける点

派遣社員から正社員になる時の注意点

 

派遣社員から晴れて正社員になることができる!と思っても注意しなければならない点があります。

それは「正社員ではなく契約社員だった」というトラブルです。とくに派遣先の会社で社員に誘われた場合です。

契約社員だと正社員より雇用条件が悪くボーナスが支給されない、また3年、5年と契約期間が定められていたりして結局正社員になれずに契約を切られてしまうという可能性もあるんです。

契約書に「契約期限の有無」が記載されているかどうかを確認しましょう。

そもそも派遣社員と正社員で悩んでいるあなたへ

「いまから働きたいけど、正社員と派遣社員ってどっちがいいの?」と悩んでいる人も多いです。

そんなあなたのために派遣社員と正社員の違いについてご紹介します。

正社員も派遣社員もただの制度なので「必ず正社員が正解だ」という話ではありません。自分の環境を考えながら「いまの自分にはどっちの働き方が向いているのか」を考えましょう。

そのうえで「自分には正社員が正解だ」と思う場合は、派遣社員経由で正社員をめざすのではなく、一気に正社員を目指しましょう。

 

派遣社員と正社員の違い

正社員と派遣社員の違い

派遣社員と正社員は雇用形態が異なります。

どちらにもメリット・デメリットがあるため「正社員の方が100%良い」「派遣社員はよくない」ということはありません。

 

派遣社員のメリットとデメリット

派遣社員の主なメリットになります。

派遣社員のメリット
  1. 時給制のため働いた時間がそのまま給与に反映される
  2. 残業代が支払われる
  3. 転勤がない
  4. 未経験でもOKな求人が多い
  5. 辞めやすい

みなし残業になりがちな正社員は「働いた時間を正確に計算してみたら、時給1000円未満だった」ということも珍しくありません。労働環境がわるい職場であれば、時間ごとにしっかりお金が払われる派遣社員のほうが手取りが多いことも少なくありません。

※みなし残業とは、あらかじめ残業時間を予想して毎月おなじ額の残業代を支払う方法のことをいいます。みなし残業を導入することによって、企業側は毎月残業代を細かく計算する手間を省くことができます。

また、仕事を選ぶこともできるのが派遣社員のメリットです。派遣社員は契約内容に職種や仕事内容まで含まれます。「派遣社員にお茶くみをさせるのは違法」というのがニュースになるくらい、派遣社員への仕事の依頼は限定されます。正社員のように「何もかもやる」という働き方は求められません。

 

ハジメ

正社員だと雑用からトラブル対応まで幅が広い。なんでも屋みたいな働き方を求められるんだ。

 

「自由に仕事を選択できる」ことが派遣社員の最大のメリットだと言えます。

 

もちろん、デメリットもあります。

派遣社員のデメリット
  1. 3年以上同じ会社(業務)で働くことができない
  2. ボーナス・交通費などが支給されない場合がある
  3. 期間が更新されなければ急に職を失う可能性がある
  4. 責任ある仕事を任せてもらえない
  5. 派遣会社によって時給が異なる
  6. 昇給の幅が少ない

派遣社員は3ヶ月毎の契約更新の場合が多く、「いつ仕事を失うかが分からない。」という不安が常に付きまといます。くわえて、派遣社員が同じ会社で働くことができる期間には上限があります。そのため、必ず一定期間毎に派遣先を変える必要があります。

「ここでずっと働きたい!」と思っても続けられないのが派遣社員のデメリットです。

 

また、派遣先の社員ではなく「派遣会社の社員」の扱いのため、交通費はもちろんのことボーナスなどの待遇には期待できません。目に見える時給だけでなく、こういった細かいデメリットがあるので、よくよく計算して働かないと大変なことになります。

※大手派遣会社では交通費支給ありが増えてきました。

 

同様に「責任がそこまで重くない」というメリットはそのまま「重要な仕事は任せてもらえない」というデメリットになります。やりがいのある仕事ではなく、単調で誰でも出来る仕事を任されることが多くなります。やりがい・キャリアアップを望める仕事を任せてもらえないのはデメリットと感じるときもあります。

 

また、昇給の幅が少ないというデメリットがあります。給与の交渉は派遣会社が行い、昇給分はそのまま派遣会社が持っていってしまうこともよくあります。

 

正社員のメリットとデメリット

派遣社員と正社員の違い

 

正社員のメリットをご紹介します。

正社員のメリット
  1. 社会保険などの待遇が手厚い
  2. 雇用期間に期限がない
  3. ボーナスがあることが
  4. ローンを組みやすい
  5. 仕事の裁量が大きい
  6. 長く働くことでキャリアが形成される
  7. 月給制のため安定している

 

待遇面が派遣社員とくらべて高いことが最大のメリットです。待遇というのは給料はもちろんのこと、厚生年金や社会保険などの手取り以外の部分もあります。

また社会的信頼も高くなります。カードやローンの審査が通りやすいのも正社員のメリットと言えます。

残業の時給計算ではデメリットだった月給制ですが、ゴールデンウィークや年末年始・お盆などの長期休暇をとっても給与額が変わることはありません。

 

こういった待遇面のメリットだけでなく、仕事の裁量もあります。

仕事の裁量が大きく責任も生じますが、転職をする際にはキャリアと認められますし、スキルアップにも期待することができます。

 

ハジメ

やりがいのある仕事、評価される仕事は生きる上で大事なことなんだ。

また、契約更新もないため、突然無職になってしまうリスクもかなり低いです。安定感が派遣社員とは違うのもメリットです。

 

一方で正社員ならではのデメリットもあります。

正社員のデメリット
  1. 転勤や異動がある
  2. 仕事に強い責任を求められる
  3. 残業や休日出勤など労働時間が長くなる
  4. 残業代が支払われないこともある(みなし残業)
  5. 「会社に尽くすこと」を求められる

というデメリットも挙げられます。

派遣社員はどちらかというと「業務を手伝う」助けをするイメージです。正社員は「会社を大きくすること」を期待されます。つまり、会社への直接的な貢献を期待されているので、会社中心で扱いをされます。

 

ハジメ

「会社を第一に考える」ということはメリットでもデメリットでもあるんだ。

 

会社中心の扱い、の意味は「転勤」で考えるのがわかりやすいです。いま住んでいる場所でどう収入を得ていくか?を考えるのが派遣社員だとすると、会社が利益を出せるところに正社員が合わせなくてはいけません。いま、自分が東京に住んでいようと、北海道で会社の利益がでるのであれば北海道に行かなくてはなりません。

また、時間内に自分の業務を終わらせることだけでなく、後輩の育成なども求められます。自分都合でなくても休日出勤や残業なども求められます。みなし残業制度のせいで時給換算するとアルバイト未満になってしまうことも珍しくありません。

 

正社員を目指すなら、デメリットもしっかり把握しておきましょう。

リカさん

 

 

派遣社員には3つの働き方がある

派遣社員の種類

 

派遣社員には「登録型派遣」「常用型派遣」「紹介予定派遣」の3種類があります。

派遣社員として働く場合でも、しっかりと制度を理解してから選択するようにしましょう。中にはそのまま正社員を目指せる制度もあります。

 

登録型派遣

一般的に派遣といったらイメージするのが、この「登録型派遣」です。

派遣会社に登録を行い、派遣会社の派遣社員として、別の企業に勤務する派遣になります。

相性の合わない派遣先であれば、すぐに勤務先を帰ることもでき、業務内容や就業時間にも融通が利くので人気の働き方です。

アルバイトをするよりも時給が高い傾向にあります。そのため、アルバイトをするなら常用型派遣をしよう、という人も少なくありません。

 

常用型派遣

派遣会社で雇用契約を結び、派遣先で働きます。

派遣社員の社員となり月給制で働くところが「登録型派遣」と異なります。エンジニアや薬剤師などの専門職に多い派遣です。

また、登録型派遣と違って

  • 派遣先を探して待ちの状態での給料が発生する。
  • 月額制なので祝日などに給与が影響されない

というメリットがあります。

 

紹介予定派遣

紹介予定派遣は、派遣先での社員雇用を前提におこなう派遣をいいます。

6ヶ月間の間に双方の合意が必要となりますが、派遣先にそのまま社員として働くことができます。一定期間、派遣社員としてはたらくので、社員になった後にミスマッチが起こりにくいメリットがあります。

ただし、「採用されるまでに書類選考や面接がある」「社員と言っても契約社員の場合がある」といった悪いとこ取りの制度でもあります。

派遣会社が就職支援をしてくれる、と考えればそこまで悪い制度ではありません。

 

派遣社員より正社員に向いている人の特徴

正社員に向いている人

 

派遣社員より正社員の方が向いている人は以下のとおりです。

正社員に向いている人
  1. 仕事にやりがいを求めている人
  2. 成長意欲が高い人
  3. 仕事の幅を広げたい人
  4. プレッシャーや責任を負うことができる人
  5. 自由よりも安定が欲しい人

3つ以上当てはまれば、あなたは正社員のほうが向いています。

派遣社員という働き方は、年齢が上がるにつれ不安定な身分となっていきます。

将来を考えて、安定した給与や職を獲たいのであれば正社員を目指すべきでしょう。

正社員は、責任や能力がもとめられる反面、スキルアップや待遇にも期待でる働き方です。

 

ハジメ

最近は「複業」で複数の仕事をして収入源を複数持つ生き方もある。その1つの手段として派遣社員を利用する人もいるぞ。
MEMO
未経験者が転職しやすい業界をまとめてあります。
参考未経験でも転職できる業界とは?心機一転新しい業界にチャレンジ!

【まとめ】派遣から正社員になる方法

派遣社員から正社員になる3つの方法、派遣社員と正社員の違いをご紹介してきました。

派遣先に恵まれて、そのまま正社員になりたいと考える人も多いと思いますが、ハードルが高いということが分かってもらえたと思います。

 

ハジメ

もちろん不可能ではない。正社員登録制度があるかどうか確認してみよう。

紹介予定派遣を利用するなど、派遣から正社員になる方法もいくつかります。

どちらにせよ、自分がどの働き方に向いているかを見極めて、最短でなれる方法を取りましょう。

フリーターと正社員の違い【フリーターから正社員】令和元年ラストチャンスに就職のポイントを抑えて成功させよう! 商社業界未経験でも転職できる業界とは?未経験OKな業界で賢く転職! 事務職って中小企業の事務職って実際にどんなことしているの?事務員の経験者がご紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です