転職エージェントの選び方を解説!

外資系企業の転職事情~憧れの【外資系企業】で求められる人材は?未経験からの転職難易度も紹介

外資系企業への転職

外資系企業転職したい!バリバリ働いてかっこいい!」

外資系企業に勤務していると聞くと、英語が堪能でグローバルで活躍する「エリート」なイメージがありますよね。

働いている人たちはみんな外国人を相手に英語や外国語でコミュニケーションをして、会社はグローバル規模、給与も驚きの額!

 

ハジメ

外資系企業というとこんなイメージがありますよね。

 

実際にはどうなのでしょうか?

リカさん

 

「外資系企業で働く=グローバル企業で活躍できる」というイメージがある一方で、外資系企業は徹底した成果主義で成果が悪いとすぐに解雇されるのでは?という話を聞いたことがある人も多いと思います。

一口に「外資系企業」といっても、会社によってその企業形態や社風はさまざまです。世間のイメージが当たっている部分と、まったく違う部分があります。

こちらでは外資系企業に転職するためのポイントをまとめました。

外資系企業で働くメリットや未経験からの外資系転職の難易度、外資系企業で働く上で必要な英語力、また外資系企業への転職に「向いている」人や求められる人材についてご紹介します。

 

目次

外資系企業とは?外資系企業の特徴について

外資系企業の特徴

「外資系企業」はエリートで高給なイメージがあります。

実際には外資系企業とはどんな企業のことを指すのでしょうか。

まずは外資系企業の特徴を以下で挙げていきます。

外資系企業の定義について

外資系企業とは外国資本が一定の割合以上入っている企業のことを指します。

日本の会社法などで「外資系企業」の定義は明確に決まっていないものの、以下の3つのうちのどれかにあてはまる場合には一般的に外資系企業と呼んでいます。

 

外資系企業とは?
  • 外国に本籍を置く企業の日本支社
  • 外国企業と日系企業が共同で立ち上げた会社
  • 外国企業に買収された日系企業

 

1つ目にはグーグル日本法人やイケア・ジャパン、2つ目には富士フイルムホールディングスとアメリカのゼロックス・リミテッドの合弁企業である富士ゼロックス、3つ目には台湾企業に買収されたシャープなどがあてはまります。

ハジメ

外資系企業に明確な定義は無いんですよね。

 

外資系企業と日系企業の違い

外資系企業と日系企業は設立の背景だけでなく、企業文化や働き方、評価方法や安定性などさまざま点で異なります

以下で簡単に違いを比較してみましょう。

ハジメ

もちろんすべての日系企業・外資系企業がこの表ということではありませんが、代表的な特徴を比較してみました。
日系企業 外資系企業
  • 組織主義
  • 慎重な意思決定
  • 社内政治や根回しが出世に必要
  • 雇用が安定している
  • 個人主義
  • 素早い意思決定
  • 実力・結果が出世に必要
  • いつクビになるかわからない

 

外資系企業の特徴を後の「外資系企業の特徴 外資系の働き方のメリット」の項目で詳しく紹介していきますが、日系企業よりもややドライな印象を受けるかもしれません。

外資系企業は結果だけを見られる、外国流の働き方が求められると考えておきましょう。

日系企業では飲み会に顔を出したり残業をしてやる気をアピールしたりすることも出世に必要だっりしますが、外資系企業では仕事の成果のみで評価されることが多いです。

 

外資系企業の仕事内容

外資系企業は、外国企業の出資が入っている以上外国との連携が欠かせません。

本国の意向に従いながら、日本の市場を開拓していくことが主な仕事内容であることが多いでしょう。

そのため外資系企業では営業職やマーケティング職の割合が比較的大きい傾向にあります。

 

\ 無料で診断 /適職診断を受けよう

外資系企業の特徴 外資系の働き方のメリット

外資系企業の働き方

外資系企業は「日系企業とは全く違う」と聞くものの、実際どんな特徴があるのでしょうか。

ここでは外資系企業の働き方のメリット・デメリットを紹介します。

まずは以下でメリットを挙げていきます。

 

特徴1:外資系企業は「成果主義」

外資系企業は成果主義です。

成果を出すことに社員は集中するため、日系企業にありがちなだらだらとした会議や必要のない資料作りなどに時間をかけることはありません。

フレックス制をとっている外資系企業も多く、個々人が自分自身で計画立てて成果を上げるべく働きます。

 

特徴2:成果が上がれば給与も比例してアップする!

外資系企業では、成果を上げればインセンティブとして給与に比例されます。

自分の上げた成果を実感することができ、モチベーションをさらに上げることができます。

「外資系企業勤めは高給取り」というイメージは、成果を出せば出すほど給与に反映されることから来ているのでしょう。

 

特徴3:外資系企業は転職が盛ん 転職回数が多くても問題なし

日系企業では1つの会社に長く勤めることが一般的ですが、外資系企業では転職が盛んに行われます。

外資系企業では転職によって昇格・昇給したり、キャリアアップしていく人が多数派です。

そのため、転職回数が多い人も、「長続きしない人」「我慢できない人」とのレッテルを貼られて選考に不利になるようなことはありません。

 

 

 

特徴4:オンオフはしっかり切り替え!ワークライフバランスがとれた働き方ができる

外資系企業は成果主義かつ個人主義です。

そのためオンオフをしっかり切り替え、ワークライフバランスがとれた働き方をしやすい傾向にあります。

成果が出ていなければ残業をしてでも追いつく必要がありますが、成果が出ていれば長期休暇を取ったり定時で帰ったりしても文句を言われません。

切り替えができる人にとって働きやすい環境でしょう。

 

特徴5:評価するのはすべて上司

外資系企業では直属の上司からのみ評価されます。

つまり日系企業の場合以上に上司との相性が非常に大切です。外資系企業の場合、上司が外国人であることも考えられます。

多くの外資系企業で英語でのスムーズなコミュニケーションが求められる場合もあるでしょう。

英語力で評価は決まりませんが、上司とうまくやることが必要不可欠です。

 

補足:外資系企業に勤めると海外出張もあるの?

外資系企業の場合、海外本社に出向いたり海外事業に参画したりするための出張はあまり多くありません。

「ビジネス英語以上のレベル」の記載が求人票にある場合には海外とのやりとりをするために海外出張があるかもしれませんが、そこまで多くはないでしょう。

日系の総合商社やプラントメーカーの方が海外出張の機会は圧倒的に多いと言えます。

 

外資系企業で働くデメリットについて

外資系企業で働くデメリット

一方で、外資系企業で働くことには厳しさ・リスクもあります。

あらかじめ把握しておきましょう。

一番怖いのは「日本撤退」 安定している企業を選ぶべし!

外資系企業で働く上で最も怖いのが「日本撤退」です。

若者に人気だったファッションブランドのForever 21が2019年の10月末に全店閉店(Googleニュース「Forever21 撤退」ついて)したように、外資系企業は業績が悪ければ日本支社を撤退させます。

また外資系企業は撤退・従業員解雇のスピードが日系企業に比べて速く、ある日突然無職になることも考えられます。

日本撤退のリスクを避けるためにも、業績が安定している外資系企業を選ぶようにしてください。

 

研修制度が整ってない

外資系企業では転職が一般的です。

人の入れ替わりが激しく、日系企業のような「人材を一から育てる」文化がありません。

そのため研修制度が整っておらず、しかし成果を求められるため、仕事は自分自身で主体的に学んでいく必要があります。

日系企業から外資系企業に転職すると、この点に混乱を覚える人が多々います。

 

福利厚生が充実してない

外資系企業は日系大企業に比べると福利厚生が充実していないように感じられます。

家賃手当が出る外資系企業は一部に限られます。

しかし福利厚生の分も給料に上乗せされ高い給与の外資系企業も多いので、待遇への満足度は本人次第でしょう。

 

実力がないと給与が下がる

外資系企業は給料が高い傾向にあるものの、成果を出せなければその分給与が下がります。

日系企業では閑散期だからと手を抜いて仕事をしても給与が下がることはありません。

一方、実力主義の外資系企業は、手を抜いたり結果が伴わなかったりすると驚くほど給与を下げられてしまいます。

 

\ 無料で診断 /適職診断を受けよう

外資系企業で求められる人材は

外資系企業に求められる人材

外資系企業の良い面・厳しい面をご紹介してきました。

それで外資系企業ではどんな人材が求められるのでしょうか。

続いては外資系企業で求められる人材像について説明します。

 

専門性のあるスキルや実績は必須!

外資系企業はスペシャリスト集団です。

日系企業ではいろいろな業務を幅広くこなす能力が求められます。

一方、外資系企業では自分の役割・専門分野で成果を上げ、業務の線引きをはっきりさせます。

外資系企業に転職するためには、専門性のあるスキルや実績が必要不可欠です。

 

男性女性は関係なし! 必要なのは実力のみ

外資系企業では男女は関係ありません。見られるのは実力や実績のみです。

女性管理職が出産・育児をしつつ働くことも外資系企業ではよくあります。

性別を理由に仕事上で不利になることがなく、よくも悪くもシビアに実力のみで判断されます。

 

女性の転職

女性の転職について現状をまとめています。

参考女性の転職って現状どうなの?無理せず「自分がしたい仕事」に就くために

 

年齢制限は「なし」 20代も40代も実力があれば活躍できる!

外資系企業では年齢制限がなく、実力と結果があれば40代からの転職も一般的です。

短期間に大きな成果を挙げ、実力が認められれば20代でも管理職のポジションを与えられることがあります。

年齢や年次は昇進に関係ありません。

 

やる気や情熱がある

外資系企業は成果主義かつ個人主義です。

自分自身で計画を立て、確実に成果を出していかなければなりません。

やる気や情熱があり、主体的に考えて行動できることが必須です。丁寧に面倒を見てくれるメンターがいないので、受け身な姿勢だと仕事にならないでしょう。

 

積極的な姿勢は高評価

外資系企業では積極的な仕事への姿勢は高く評価される傾向にあります。

日系企業では上司の顔を立てるために「あえて言わない」「やらない」ということがあります。

しかし外資系企業はベースが外国なので、理路整然と自己主張をし、積極的に仕事に関わっていく方が「組織に貢献している」と見なされる傾向にあります。

ミーティングや会議では積極的に発言していきましょう。

 

外資系企業への転職に向いているのはこんな人

外資系企業に向いている人

続いては外資系企業の転職に向いている人の例を挙げていきます。

以下の例にあてはまる場合は日系企業より外資系企業での勤務が向いているかもしれません。

 

完全実力主義で評価されたい

日系企業特有の年功序列が嫌で、完全に実力のみで評価されたい人は外資系企業に適しています。

成果を出していれば、仕事の進め方に文句を言われたり、上司の顔色を伺って残業をしたりする必要もありません。

給与が低くなっても、「これが自分の実力だ」と受け入れて反省し、前向きに努力できる人が外資系企業に向いています。

 

日系企業と違う社内ルールに適応できる

外資系企業は日系企業とは大きく文化が異なり、社内ルールにも多数の違いが見られます。

今までと異なるルールに柔軟に適応できることも外資系企業で働く上で大切です。

「前の会社はこうだった、この会社もこうするべきだ」と考えがちな人は外資系企業に入社すると辛い思いをすることになるでしょう。

 

自主性があり自分自身をマネジメントできる

外資系企業では個人の裁量が大きく、仕事量を決めるのも自分自身です。

手を抜こうと思うと抜ける環境でもあるため、自主的に仕事を進め自分をマネジメントできる人こそ外資系企業で真価を発揮できます。

 

仕事とプライベートを分けたい

仕事にはプライベートを持ち込みたくない人にとっても外資系企業は居心地良い環境でしょう。

付き合いの飲み会やゴルフ、社員旅行への参加が出世に響くことはありません。

プライベートの時間を奪うようなイベントがほぼ設定されないからです。しっかりと働き休みたい時には長期休暇を取ることができます。

メリハリをつけて仕事をしたい人に外資系企業は向いています。

 

上司への気遣いができる

いくら外資系企業が実力主義だと言っても、他人への気遣いは必要です。

とくに直属の上司にしっかりと気遣いできることが外資系企業で働く上で求められます。

直属の上司に評価が委ねられるため外資系企業でも上司から好かれることが何より大切です。

 

企業方針や上司の指示が変わっても柔軟に対応できる

外資系企業は意思決定のスピードが速く、今までのルールが急に廃止されたり、急遽新しいルールへの変更を求められたりすることがよくあります。

企業の方針自体や上司の指示が360度変わることもめずらしくありません。

急な変化にも柔軟に対応し、新しいルールに適応しようとすることができる人が外資系企業に向いています。

 

成果や実績を自らアピールできる

日本人は、アピールをすることが苦手です。

しかし外資系企業ではアピールしないと上司も評価してくれません。成果や実績を積極的に自らアピールする姿勢が求められます。

日系企業にいた人にとっては難しく感じられるかもしれませんが、外資系企業では謙遜は必要ありません。

 

体力・メンタルの強さに自信がある

外資系企業で働くには体力が必要です。成果が出ていなければいいものの、いつもそうはいきません。

業績が振るわなければ徹底的に結果を追い求めなくてはなりません。また、「いつクビになるかわからない」というプレッシャーも降りかかります。

外資系企業はいいところばかりではなく、ハードでもあります。

そのため体力に自信があることが望ましいでしょう。

 

英語ができないけど外資系企業に転職したい!

英語ができないけど外資系企業に転職したい

外資系企業と聞くと語学力、とくに英語力が必須なイメージがありますが実際はどうなのでしょうか?

以下では外資系企業にまつわる英語事情について説明します。

TOEICや英検の資格は必要なし 求められるのは「会話力」

TOEICや英検など、英語力の指標となる英語資格があれば転職の時には有利になります。

しかし実際に仕事をする上で求められるのは「会話力」です。

外国人を前にして、物怖じせず対等に話すことが何より大切です。

その上で英文を正しく理解できる能力や、正しい英語でメールを打てる能力なども求められます。

資格よりも実際の英語でのコミュニケーション力が重視されます。

 

転職に有利になる英語資格

転職時に役立つおすすめ英語資格をまとめています。

参考転職に有利な英語資格おすすめ6選!鉄板のTOEICから外資系企業にも強い英語資格をご紹介

 

英語ができないけど外資系に転職…できる?

英語ができなくても外資系に転職することは可能です。

外資系企業の日本支社では、日本の市場を成長させる役割を担います。日本国内での営業に集中する人材も必要なので、英語ができなくても働くことができます。

しかしある程度のレベルまで昇進すると、英語ができないせいで業務の幅が狭まることを実感するようになるでしょう。

やはり英語は勉強しておくに越したことはありません。

 

補足:外資系企業で働く英語力を身につけるには「オンライン英会話」がおすすめ

外資系企業では英会話力が重要だと前述しました。

外国人に伝わるレベルの会話力を身につけるには「オンライン英会話」で実際に外国人講師と話すことがおすすめです。

「DMM英会話」や「レアジョブ」など、無料体験を受けられるものもあります。

まずは無料体験から始め、英会話力をアップさせましょう。

 

未経験で外資系企業に転職するのは難しい?

未経験で外資系企業に転職できる?

実際、未経験から外資系企業に転職できるものの、難易度はどのくらい高いのでしょうか。

以下では未経験から外資系企業に転職する時の難易度を「未経験」の種類別に説明します。

 

「未経験」からの転職の種類

「外資系企業未経験」には以下の3種類があります。

タイトル
文章

  1. 外資系企業未経験・職種は実績あり
  2. 外資系企業勤務あり・職種は未経験
  3. 外資系企業も職種も未経験

それぞれの場合で、転職の難易度も変わってきます。

以下で種類別に転職の難易度を見てみましょう。

1.「外資系企業未経験・職種は実績あり」の転職の難易度

外資系企業未経験・職種は実績ありの場合、転職難易度は低めです。

この場合、転職自体は比較的簡単ですが、入社後の企業文化の違いに混乱しがちです。

実力・実績とともに外資系企業と日系企業の違いをきちんと把握していることを伝えましょう。

「変化に強い」「適応力がある」と採用担当者に思わせることができれば、内定を取ることは難しくありません。

 

2.外資系企業勤務あり・職種は未経験 の転職の難易度

外資系企業勤務がある場合は、専門性があれば転職は難易度はそれほど高くありません。

今まで培ってきた専門性があり、それを業務に生かすことができるとうまくアピールできればスムーズに転職できます。

この2.に当てはまる場合、外資系企業にとって魅力的な話し方やアピール方法を心得ていることが多いため、内定を獲得しやすい傾向にあります。

3.外資系企業も職種も未経験 の転職の難易度

外資系企業も職種も未経験の場合、転職のハードルは上がります。

「成果を上げられるのか」「会社に馴染めるのか」と採用担当者が不安に思うからです。

と言っても、製薬業界や保険業界の外資系企業などは積極的に③にあてはまる未経験者を採用している企業もあります。

「自分が外資系企業に向いていて、成果を出すことができる」と的確にアピールできるかどうかが、転職の成功を左右します。

 

補足:海外就労が未経験 外資系企業に転職できるの?

海外就労が未経験、海外との取引や出張は一切したことがない、という人でも外資系企業に転職できます。

海外就労経験がなくても、ポテンシャルを見せることができれば心配いりません。

そのためにも、面接で英語の会話力を見せることができると大きなプラスとなるでしょう。

 

外資系企業への転職を成功させる!「企業研究」のやり方

外資系企業の企業研究について

外資系企業への転職に成功には、企業研究が必須です。

外資系企業だからこそ確認しておきたい、企業研究のやり方について紹介します。

外資系企業の選考を受ける場合には、ぜひ以下の流れで企業研究を進めてみてください。

 

1.本社がある国は?要注意!国が違えば働き方が違う

外資系企業の選考を受ける時は、本社の国籍を調べましょう。

外資系企業と言っても、アメリカ本社と中国本社では働き方も大きく違います。

働き方や雇用に関しては本国のルールに大きく影響を受けます。

 

2.資本状況、進出形態も確認する

資本状況や進出形態も確認しておきましょう。

日本支社という位置づけなのか、それとも日系企業との合弁会社なのか、では安定性も異なります。

日本資本が入っていれば必ず安心というわけではありませんが、日本撤退の可能性が低いことが予想されます。

 

3.本社にとっての日本法人の位置づけは

資本状況・進出形態とともに本社にとっての日本法人の位置づけを確認しておきましょう。

本社との力関係を把握しておくことで、入社後のギャップを抑えることができます。

日本支社の立場が弱いと、意思決定の際に本社の意向を常に確認しなければならない場合もあります。

逆に日本支社の売上がよければ意思決定の際の裁量が大きく、外国の新しい支社の立ち上げなどに関わるチャンスなども得られる可能性が考えられます。

 

4.怖いのは日本撤退 企業規模や売上は必ず調べること

外資系企業で働くことの最大のリスクが日本撤退です。

企業規模や売上を調べ、日本撤退のリスクが当分ないことを確認した上で転職活動を進めてください。

有名企業では、ハーゲンダッツジャパンなども日本から撤退しています。外資系企業を選ぶなら、安定性は確認必須の項目です。

 

外資系企業への転職 面接は超重要!

外資系企業の面接について

外資系企業への転職の際は面接が重要です。

外資系企業の面接のポイントを以下で押さえておきましょう。

 

面接官が外国人の場合の注意点 (自己紹介時の握手など)

面接官が外国人の場合、まずは求められたら握手をして着席をしましょう。

握手は自分からしてもいいですが、必須ではありません。

外国人と面接する場合は、「結論から話す」「現在のことから話す」「主語は『I』で話す」ことを徹底してください。

結論を先延ばしにしたり、過去から時系列で話すしたりすると相手をイライラさせてしまうことがあります。

また実績はすべて「I(私が)」で話し、あくまで自分の手柄として話しましょう。

 

外資系企業の面接で見られているのはこんなところ!

外資系企業では、「即戦力かどうか」が最重要視されます。

数字をまじえながら具体的に実績と専門性をアピールし、即戦力として活躍できる印象を与えなければなりません。

また日本人との面接の最中にスカイプで外国人と話すことになる、といった予想外のケースも多々あります。

柔軟性や適応力も見られることがあるので、何があっても落ち着いて構えるようにしておきましょう。

 

目を見て話すことは面接の基本中の基本!

面接官がどこの国の出身でも、目を見て話すことは基本です。

英語に集中するあまり目を伏せてしまうと、それだけで印象が悪くなってしまうので注意してください。

 

英語は完璧でなくて良い 知っている単語でゆっくりと

面接官が外国人だからといって完璧な英語を話す必要はありません。

知っている単語を使ってゆっくり、はっきり話しましょう。まわりくどい表現や、質問にきちんと答えていないような回答は厳禁です。

面接官の質問がわからなければ、想像で答えずに「もう一度言ってください」「〜ということですか?」と確認してください。

 

補足:面接対策は転職エージェントからアドバイスをもらおう!

面接に自信がなければ、転職エージェントからアドバイスをもらいましょう。

転職エージェントから過去に候補者が面接を受けている場合、面接の形式や質問の傾向を共有してもらえることがあります。

面接対策を立てやすくなるため、ぜひ転職エージェントを利用してみてください。

 

外資系企業への転職に強い転職エージェント

今や転職成功に必須なのが転職エージェントです。

最近では転職エージェントもキャリアや業種などに対応した特化型の転職エージェントも増えています。

ここでは外資系企業への転職に強い転職エージェントを3社ご紹介します。

ハジメ

自分で外資系企業探すより転職エージェントに依頼したほうが早いです。

 

外資系企業に強い転職エージェント1:JACリクルートメント

JACリクルートメント

【おすすめ度】5 out of 5 stars
【公式サイト】https://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントはエグゼクティブクラス(部長・役員)、管理職(課長・マネージャー)や専門職に特化した転職エージェントです。JACリクルートメント経由での転職者の70%が35歳以上です。

外資系企業だけではなく海外への転職にも強くネイティブスピーカーによる、英文レジュメ作成のアドバイスにも定評があります。

外資系企業・ハイクラス・海外転職ならJACリクルートメントおすすめです。

おすすめポイント
  • 年収600万円〜2,000万円級のハイクラス転職エージェント
    JACリクルートメントはミドル・ハイクラス特化の転職エージェント
  • 海外転職・外資系にも強い転職エージェント
    外資系企業実績4,000社
  • 業界特化のコンサルタント650名
    精鋭コンサルタントが650名もいます。

ハジメ

ハイクラス外資系企業を目指すならJACリクルートメントおすすめだ。

 

JACリクルートメント無料登録はコチラ

 

外資系企業に強い転職エージェント2:リクルートエージェント

リクルートエージェントTOP

【おすすめ度】4 out of 5 stars
【公式サイト】https://www.r-agent.com/

業界最大手で求人案件数はNo.1のリクルート社が運営している「リクルートエージェント」です。

外資系企業特化の転職エージェントということではないですが、リクルートエージェントは求人数が圧倒的に多いので国内・外資系企業どちらも多くの求人企業を見つけることができます。

外資系企業への転職を考え、求人情報を調べにるはリクルートエージェントへの登録は必須です。

おすすめポイント
  • 転職業界No.1の王者
    求人数No.1のリクルートエージェント。一般公開している求人の他に10万件以上の非公開求人を取り揃えています。
  • 実績豊富な転職エージェント陣
    リクルートエージェントは、各業界・各業種に精通したキャリアアドバイザーが、求職者の希望やスキルに沿った求人を、厳選してご紹介しています。
  • 転職サポートも充実
    470名いるリクルートエージェントのアドバイザーは、求人紹介をするだけではありません。職務経歴書・履歴書などの書類の添削、独自に分析した業界・企業情報の提供、志望企業への推薦など様々な転職をサポート。

 

ハジメ

リクルートエージェントは業界最大手で実績もある転職エージェントです。外資系企業探すならリクルートエージェントは登録必須です。

リクルートエージェント無料登録はコチラ

リクルートエージェントの口コミ評判はコチラ

外資系企業に強い転職エージェント3:Spring転職エージェント

Spring転職エージェント

【おすすめ度】3 out of 5 stars
【公式サイト】https://www.springjapan.com/

人材派遣大手アデコの転職エージェントがSpring転職エージェントです。

業界・職別にチームを編成しているので転職者に専門性の高いアドバイスを行っています。

外資系企業や海外転職にも強く利用者が30代・40代が多いのが特徴です。

キャリアコンサルタントが担当する求職者の数も少ないためより密度の濃いサポートが期待できます。

ハジメ

非公開求人が80%、全世界に5,100拠点がある最大手クラスの安心の転職エージェントです。

 

Spring転職エージェント無料登録はコチラ

 

外資系企業への転職 まとめ

外資系企業は日系企業とは異なります。

裁量が与えられた働き方ができ、プライベートの時間を確保できるものの、日本撤退や解雇のリスクを伴います。

まずは、自分が外資系企業の働き方にあっているかどうかを確かめましょう。

外資系企業の働き方があえば伸び伸びと、自分のペースで仕事ができるようになります。

 

外資系企業への転職に強い転職エージェント

 

海外転職について【海外転職のすべて】憧れの海外で働くための手順と注意点を詳しく解説します! 面接突破のポイント転職回数が多いことをメリットにする方法!採用企業が気にしている事を知ることで転職を成功させるために 女性の転職女性の転職って現状どうなの?無理せず「自分がしたい仕事」に就くために 転職に有利な英語資格転職に有利な英語資格おすすめ6選!鉄板のTOEICから外資系企業にも強い英語資格をご紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です