転職エージェントの選び方を解説!

外資系企業の転職事情をご紹介!外資系企業への転職を成功させるポイントとは

転職に有利な英語資格

外資系企業に勤務していると聞くとどこかグローバルで活躍するエリートなイメージがありますよね。

働いている人たちはみんな英語が堪能で、会社はグローバル規模、給与も驚きの額。だけど徹底した成果主義で、成果が悪いとすぐに解雇されるのでは?外資系企業にそんなイメージをお持ちではないでしょうか。

もちろん外資系企業といっても会社によってさまざまあり、世間のイメージが当たっている部分とそうではない部分があります

実際に働いてみないとなかなか見えてこない外資系企業の実態をお伝えします。

外資系企業の転職に成功するためのポイントもご紹介するので、外資系企業へ転職を考えている方はぜひ参考にしてくださいね。

 

「外資系企業」に明確な定義はない

外資系企業とは

外資系企業とは、一定数以上の株式を外国人もしくは外国の会社が所有する企業を指します。外国資本が50%以上の企業を外資系企業と呼ぶことが多いです。

しかし、日本の大手企業である「ソニー」は外国人の資本が50%以上入っています。グルーバル化によって少し外資系企業の定義も変わりつつあります。「外国人や外国の企業が経営方針などの舵取りをしている企業」が外資系企業だと認識するのが一般的かもしれません。

 

明確な定義はありませんが、株式や経営陣をチェックすれば大まかな判断はつきます。海外企業の日本子会社(グーグルなど)、海外に買収された日本企業(シャープなど)、海外の日本と合同出資の企業のどれかにあてはまれば外資企業と言えるでしょう。

 

外資系企業の実態とは

転職に有利な英語資格

外資系企業と日本企業では、労働環境が大きく異なるイメージがあると思います。

「働き方」「評価のされ方」「給料」など、日本企業とは異なるポイントやよくある疑問について解説をしていきます。「残業なし」「実力主義」「高待遇」といったキラキラしたイメージのある外資系企業ですが、実態はどうなのでしょうか。

 

疑問1:成果主義が徹底している?

外資系企業は、成果主義で評価されることが多いです。

どれだけ長い時間働いていても、成果がでなければ評価はされません。逆に無駄な残業などは一切せず、有給消化率も高い傾向になります。むしろ、残業や有給の未消化がマイナス評価につながることがあります。

日本企業は、残業をたくさんして頑張っている姿が評価されがちで、有給消化を躊躇(ちゅうちょ)する光景も珍しくありません。

ハジメ

日本企業は定時で帰るのが気まずい雰囲気がある。外資系企業にはそういう雰囲気は全くないぞ。

 

外資系企業は自分が担当する仕事の役割がハッキリしてます。そのため自分の仕事の終わりが明確であり、他人の仕事を手伝う文化が薄い傾向になります。「それは私の担当ではない」ときっぱり断れることも珍しくありません。

もちろん、残業がないから外資系企業が正しいというわけでもありません。ときにはお互いがサポートしあうことによって、企業として大きな成果を出せます。

 

疑問2:成果が出ない→すぐクビ?

「突然、肩を叩かれてクビにされた…。」外資系企業といえば、こんなイメージを思いかべる人も少なくありません。事実、外国にある企業では突然クビになってしまうことは珍しくありません。

しかし、日本の国内で即日クビになることはありません。外資系企業といえど日本の労働基準法が適用されるからです。

理由もなく社員をクビにできませんし、個人に問題がある場合でも上司との面談が設けられて改善を促す方向で進んでいきます。その反面で企業の名誉を著しく低下させた、などの事件があれば解雇されてしまうのは日本と変わりません。

 

また、気をつけなければならないのは雇用ではなく、業務委託などで働く場合です。業務委託は雇用関係ではないので労働基準法は適用されません。日本国内の場合でも「明日から仕事はありません」となっても何も言えません。

加えて、雇用関係であったとしても「日本から撤退する」ということで日本から会社自体がなくなってしまうこともあります。そういう意味では雇用の不安定さはあります。

 

ハジメ

外資系企業は、日本撤退のリスクもある。仕事を失いやすいのは間違いないな。

 

 

疑問3:給料が高いってホント?

外資系企業の給与

 

日本企業では信じられないレベルの高待遇がもらえる可能性はあります

外資系企業は成果主義の傾向が強く、給与体系にも現れています。基本給を低くし、インセンティブの比率を上げている場合が多いです。成果を上げたら上げた分だけ給料が青天井で伸びていく姿は、魅力的です。

しかし、成果がでなければ給料はとても低く、職を失うリスクも高いです。良くも悪くも自分次第の給料となる外資系企業が多いのは事実です。

最近、増えている外資系インターネット企業から「破格の給与を提示された」と人もいます。

リカさん

 

疑問4:人間関係はドライ?

外資系企業は、良くも悪くもドライな人間関係になります。

理由は、人の入れ替わりが激しいからです。外資系企業に転職したにも関わらず、あまり成果がでなければ半年や1年で退職に追いやられてしまうことも珍しくありません。逆に1~2年で成果を出して別の外資系企業にキャリアアップで転職してしまう人もいます。

3年勤めていれば、大ベテランだということも珍しくありません。人材の流動が激しい外資系企業では先輩がつきっきりで教えてくれる日本企業のような文化はありません。こういった部分でドライだと感じてしまう日本人がいるようです。

ハジメ

ただ、企業によっては仲良くやってるところもある。マネージャーにもよるがな。

 

疑問5:英語や中国語などの語学力は必須?

外資系企業といっても、英語が使えないとダメ・英語が使えたら良い・英語を全く使わない、といった3種類に別れます。

ただし、「英語を全く使わない」といっても本社が英語圏の会社である以上、一定のポジションまで行くと英語力を求められる場合もあります。TOEICの点数というよりも、メールや電話、会議などでコミュニケーションが取れることが大切です。

 

もちろん、入社後に英語力を支援してくれる外資系企業もあります。現段階で英語がまったく出来なくでも諦める必要はありません。TOEICの資格取得支援など、働きながら徐々に身につけて頑張っている人もいます。

 

疑問6:飛行機に乗って世界中を飛び回る?

外資系企業のほとんどは、本社が日本国外にあります。

日本企業で働くよりも、「本社に行く必要がある」「取引先が日本以外にあるので打ち合わせは海外」「新規開拓に海外へ出張に行く」など、海外に行く機会は増えるでしょう。

ハジメ

ポジションによっては、「月に1回はニューヨークの本社で会議をする。」なんて人もいるぞ。

 

 

しかし、海外で暮らしながら仕事がしたいのであれば外資系企業は向いていません。

なぜなら、外資系企業は世界各国に支社を持っていることがあります。「新規事業はニューヨークをターゲットにしましょう」と考えた場合、ニューヨークの近くに支社があれば現地社員が新規事業を進めるのが一般的です。

 

海外に住みながら働きたいのであれば、日本企業の海外営業部門がおすすめです。日本の商社やプラントメーカーなどは、プロジェクトを首尾一貫して担当することがあります。

 

MEMO
外資系企業へ転職
世界を飛び回りたいなら思い切って海外の企業へ転職する方法もあります。
参考海外転職にチャレンジ!準備すべきことを1から解説します。

外資系企業への転職

外資系企業へ転職

 

外資系企業の実態やメリット・デメリットまでご紹介してきました。

ここまで読んで「自分の実力がどこまでなのか試してみたい」「海外と日本を行ったり来たりして働くのに憧れる」のようにポジティブに考えることができるのなら、外資系企業への転職が合っているのかもしれません。

ここからは外資系企業への転職成功のポイントをご紹介します。ぜひ参考にして外資系企業への転職を成功させてくださいね。

 

どんな人が向いている?

外資系企業は成果主義かつ個人主義のため、自己管理ができる人によっては働きやすい環境です。

また、裁量スピードが日本とは異なり、朝決めたことを夕方には替えていることもあります。世界の株価の変動や気候による災害などの影響も降り掛かってきます。世界の国々を相手にしているので、日本人以外の顧客対応も必要となってきます。

小さな変化から大きな変化まで、何が起こっても対応できるタフさと柔軟さを兼ね備えた人は外資系企業で活躍できるでしょう。

 

未経験から転職できるの?

日本企業→外資企業への転職は、難易度は高い傾向になります。

しかし、以下の業種・職種であれば未経験でも比較的受かりやすくなっています。

 

未経験から転職しやすい業種
  1. 製薬業界、MR職
  2. 保険業界
  3. コンサル業界

 

これらは人材が流動的・かつ市場が拡大傾向にあります。

加えて語学も学んでアピールポイントを増やしていくことで、採用の可能性は上がっていきます。

 

外資系企業への転職注意点は?

日本企業から転職するということは「年功序列」から外れることになります。(これは外資系企業への転職に限ったことでなく、日本企業→日本企業への転職でも同じことですが。)日本企業で勤めていれば、昇給や昇進によってどうなるのか?は先輩を見れば分かります。

しかし、外資系企業では年功序列という概念はありません。勤務年数などは関係なく、自分の待遇は1年毎の成果で評価されます。「長年の貢献があるから会社も自分を大切にしてくれる」は外資系企業ではありません。

自分でキャリアを築いていく強い意志がなければ外資系企業に就職してもすぐに嫌になってしまうでしょう。自分に覚悟があるのかどうかを問いかけてみましょう。

ハジメ

もっとも…日本企業でも「年功序列」はもう無いと思ったほうがいいからな。

 

外資系企業ならでは面接のポイント

外資系企業の面接は、テキパキと簡潔に答えていくことがポイントです。

外資系企業はスピーディーに変化していきます。はたらく人にも敏感に変化を感じ取って変化していくことを求められます。そのため、スピード感をもって働けることを態度でアピールしましょう。

また、「柔軟でスピーディーに変化に対応できる自分」をアピールするためのエピーソードを用意することが大切です。成果にハッキリ現れている指標も提示できるように準備もしておきましょう。

日本企業では控えめなアピールがウケることもありますが、外資系企業では自分のキャリアに対して前向きにアグレッシブに考えている姿勢が評価されます。

 

 

外資系企業に強い転職エージェント

外資系企業に転職したいなら、一番確実なのは外資系企業に強い転職エージェントの利用です。

外資系企業が日本に進出してきて間もない頃は、外資系企業に強い転職エージェントを活用する傾向にあります。また、外資系企業は効率を求めるために、求人を転職エージェントに絞って募集するところがほとんどです。

おすすめは以下の3社です。

JACリクルートメント

JACリクルートメント

【おすすめ度】 ★ ★ ★ ★ ★
【公式サイト】https://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントは外資系企業、海外転職に強みをもった転職エージェントで海外にも支社が多数あります。

ネイティブスピーカーによる、英文レジュメ作成のアドバイスにも定評があります。エグゼクティブクラス(部長・役員)、管理職(課長・マネージャー)や専門職にも強いのが特徴です。

外資系企業・外転職・マネジメントポジションの転職ならJACリクルートメントはまず登録しましょう。

 

 

リクルートエージェント

リクルートエージェント

【おすすめ度】 ★ ★ ★ ★
【公式サイト】https://www.r-agent.com/

業界最大手で求人案件数はNo.1、求人業界トップのリクルートが運営している転職エージェントが「リクルートエージェント」です。

やはり国内最大手のリクルートエージェントは、外資系企業の求人数に関しても圧倒的です。とにかく求人をたくさん紹介してもらえるため、1つの企業がだめでもすぐに次に進むことができます。登録しておいて損はありません。

おすすめポイント
  1. 業界最大級の非公開求人数
    求人数No.1のリクルートエージェント。一般公開している求人の他、10万件以上の非公開求人を取り揃えています。
  2. 実績豊富なアドバイザー陣
    リクルートエージェントは、各業界・各業種に精通したキャリアアドバイザーが、求職者の希望やスキルに沿った求人を、厳選してご紹介しています。
  3. 充実した転職サポート
    リクルートエージェントのアドバイザーは、求人紹介をするだけではありません。職務経歴書・履歴書などの書類の添削、独自に分析した業界・企業情報の提供、志望企業への推薦など様々な転職をサポート。

ハジメ

つまり業界最大手だから一番チカラもある転職エージェントだ。ここは安心して利用できる。

 

Spring転職エージェント

Spring転職エージェント

 

【おすすめ度】 ★ ★ ★ ★
【公式サイト】https://www.springjapan.com/

世界60カ国で展開する人材サービス企業アデコグループの転職エージェントがSpring転職エージェントです。2018年オリコン顧客満足度調査で転職エージェント部門顧客満足度No.1に輝いています。

こちらも英文レジュメ添削や英語面接対策などもサポートしています。外資系企業・海外転職ではSpring転職エージェントもおすすめです。

 

 

外資系企業へ転職したい人へ まとめ

外資系企業の実態、メリット・デメリット、転職のコツをご紹介しました。

外資系企業は成果・個人主義が強いので、自己管理ができるならば有給消化しやすく残業も少ない上に給料も高いです。その反面、日本企業にはある年功序列やお互いのフォローがありません。

向き不向きはありますが、「自分のチカラを試したい!」という方にはオススメです。日本企業では考えられない待遇にたどり着くこともあります。

また、外資系企業への転職は、外資系企業に強い転職エージェントを活用するのが常識です。

MEMO
確実に転職を成功させたい時こそ、転職エージェントを活用すべきです。
参考転職エージェントおすすめ13社!キャリア別に実際に利用した転職成功者が詳細に紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です