転職スタイル只今リニューアル中!

「営業でガッツリ稼ごう!」稼げる営業職一覧を一挙紹介

固定給が高い

ハジメ

ガッツリ稼ぎたい!と思ったら営業職だ。

 

就職や転職する上で大きな要素となるのが給料。仕事のやりがいなども重要ですが、まずはしっかり稼がないと話になりませんからね。

給料が高い職業はどれも資格が必要な専門職や高度な知識・技術を習得する必要がある職業が多く、「今すぐに転職する」というのがなかなか難しいのが現実です。高度なスキル・資格を手に入れるにもお金と時間がかかりますからね。

そこで未経験からでも実績次第では大金を稼げるのが営業職です。

 

ハジメ

営業職であれば未経験からでもはじめられ自分の成績次第でたくさん稼ぐことも可能だぞ。
営業職と一言にいってもいろんな業種がありますから。

リカさん

 

営業職というと大変というイメージもありますが、会社の顔としてモノやサービスを売ってお金を入金してもらうという花形職業でもあります。稼ぐ営業がいなければ成り立たない会社がたくさんあります。

また、営業職といってもさまざまな種類があります。「大変さもありますが見返りも大きい」そんな営業職の中でも、とくに稼げる業種をここではご紹介します。今後の就職活動・転職活動にぜひ役立ててください。

 

稼げる営業職ってどんな感じ?

稼げる営業職とは

 

営業職には「ルート営業」と「新規開拓営業」の2種類があります。

決まったルートを回って営業を行う「ルート営業」と新しいお客様を開拓していく「新規開拓営業」で役割は異なります。稼げる営業職は「新規開拓営業」になります。それぞれについて紹介していきます。

 

「ルート営業」とは、定期的に発注してくれる取引先(お得意さん)を周る営業になります。足りないものがないか、困っていることはないか、取引先を回りながら日々チェックして回ります。日々の信頼関係が重要となるので、強引なセールスやしつこい営業や厳禁です。そこまでガツガツした営業をすることもなく、取引先も好意があるからこそ続いているのでストレスもすくない営業です。

 

「新規開拓営業」とは、会社の商品やサービスを新しいお客さんに購入してもらうために営業を行います。「新規開拓営業」を行う営業マンの評価は常に売上になります。また、「ルート営業」と異なり、売れば売るだけインセンティブとして自分の給与に反映されることがあります。

 

ハジメ

たくさん稼ぎたいなら新規開拓営業だ。売れば売るだけ青天井に給料が上がる企業もある。企業として、売れた分だけ給料を払えばいいから楽なんだ。

 

しかし、ゼロから顧客を獲得していくのはとても大変です。これまで面識のなかった人と人間関係を構築し、商品を買ってもらう必要があります。既存顧客から契約をもらうより新規開拓で契約をとるほうが4倍も5倍もエネルギーがかかると言われています。また、会社によってな数字へのこだわりが過熱し、高いノルマを課せられ、ストレスを感じる人も少なくありません。

 

大変ではありますが、売れるだけ青天井で給料が上がっていく企業もあり、営業力があれば魅力的なのが「新規開拓営業」です。

 

稼げる営業の給与体型ってどうなってるの?

給与体系は

 

企業によっては青天井に給料が上がっていく新規開拓営業。給与形態について、もう少し詳しくご紹介します。新規開拓営業といっても給料体系は大きく分けて3種類あります。完全固定給制、固定給+歩合制、完全歩合制の3種類です。

 

ハジメ

「完全固定給制」は、インセンティブのない給与体系だ。どれだけ成果を出しても給料は変わらないんだ。

 

新規開拓営業といっても、必ずインセンティブがあるわけではありません。売上数が給与に反映されない企業もあります。魅力的な商品を企画する企画部門、高い開発力で便利な商品を作り上げる製造部門、認知度を上げてブランド戦略を担う広報部門。いろいろな後ろ盾があって、初めて商品やサービスは売ることが出来ます。

 

営業はあくまでその販売の役割を担っているだけであって、営業が全てではありません。そういった思想の会社は、新規開拓営業といっても他と同じ固定給を採用している場合があります。売上は給料ではなく評価に反映されて、将来の出世などに関係してきます。

 

ハジメ

「固定給+歩合制」は、インセンティブのある給与体系だ。固定給があるため、インセンティブの比率が低くなる。そのかわり、固定給があるので調子が悪くても安心できる。

 

歩合制とは、売れた数によって給料が増える給与体型のことをいいます。「固定給+歩合制」とは月々の固定給に加えて、売れた数に応じたインセンティブが上乗せされる給与体系のことをいいます。完全固定給制と比べて固定給の額は低い傾向にあります。その分インセンティブがあるので、売上が高いと完全固定給制よりも割の良い給与をもらうことが出来ます。

 

また、固定給があることで最低限の生活費を確保できます。そのため精神的に余裕がある状態で成果を出すことに集中することができます。営業であれば、自分の体調が悪いとき、同じことをやっているのになかなか数字のでない月もあります。そういったときに安心できる給与体系です。また、自分が営業が初めてで売上に不安があるときも「固定給+歩合制」はおすすめできます。

 

ハジメ

「完全歩合制」は、成果に完全に比例した給料になる。成果がゼロであれば、給料がゼロだ。逆に成果が高ければ、給料もとてつもなく高くなるぞ。

 

「完全歩合制」とは、成果に比例した給料が支払われる給与体系です。成果を上げることができれば「完全固定給制」では到底考えることができない給料を得ることができます。逆に成果を全くあげることができなければ給料はゼロになります。

 

投資用不動産や通信回線の営業など、一部の業界の営業職が「完全歩合制」を取っています。また、雇用契約も少し特殊です。社員として雇われるというよりは、業務委託契約として契約する場合が多いです。社会保険や厚生年金などの恩恵を受けられません。

 

また、この歩合制なのかどうかは、営業求人を探す際には必ず確認しましょう。

 

ハジメ

「歩合給」や「インセンティブ」っていうのが求人票に明記されてるところを選ぼう。
歩合の仕組みについては面接で確認してみましょう。会社によっては「無い」とか「あやふや」なところもありますので気をつけましょうね。

リカさん

 

営業職の歩合給で高年収が期待できる業種とは

稼げる営業業界

 

歩合制を採用している営業の求人は特定の業界に偏っています。

 

「不動産業界」稼げる仕事の筆頭

不動産営業は「固定給+歩合制」が多い業界です。

不動産は1件1件の金額が多い反面、毎日売れるような商品ではありません。また、販売や購入する意思がある顧客を見つけたとしても「買主や売主を探し」「借り入れの審査」「不動産の修正」「決済による登記」など色々な手続きも必要になります。そのため「固定給+歩合制」が比較的多い業界になります。

「固定級+歩合制」の場合は、固定給があるので歩合の比率も控えめです。しかし、不動産業界は1件の販売金額が高いので、歩合による跳ね返りが非常に大きいのが特徴です。不動産の営業は固定給があるにもかかわらず、歩合による割合も大きいのが人気の理由です。月収100万円、年収1,000万プレーヤがたくさんいることでも知られています。

不動産営業の中でも1億円を超える高級マンションなどの高級物件の販売が人気です。不動産販売の仲介料はパーセンテージできまっており、取引額の3%になります。1000万の不動産を販売すると30万円ですが、10億円の不動産を1件販売すると3000万円の報酬となります。歩合は報酬の1%であれば、この場合は1件販売しただけで1000万円の給料となります。

 

また宅地建物取引士(宅建資格)という国家資格を持っていると基本給がアップしたり、昇進などにプラスになって更に稼ぎやすくなるという側面もあります。宅建資格というのは、不動産売買の際に買い手が知識不足のために不当な契約を結んでしまわないように重要な契約事項を説明する仕事です。

合格率の低く国家資格の難関資格なので、持っておくとかなり価値があります。また宅建士の知識を営業に生かしてお客様からの信頼を獲得することも可能です。

 

ハジメ

注意しなければらないのは「投資用マンション」などを売っている不動産営業はブラック企業だったり悪徳業者が多いから要注意だ。いくら給料がいいからといって人を騙しまでやってはいけない。

 

稼げる営業の代表「不動産営業」ですが、投資用マンションや投資用不動作を扱う営業は業界的にもブラック企業や悪徳業者が多くなるので注意しましょう。転職・就職の際はしっかり調べるようにしましょう。

 

MEMO
ブラック企業に注意
ブラック企業を避けたい人におすすめの記事です。
参考ブラック企業の特徴と見分け方!事前のリサーチや面接でブラック企業を見抜く方法

 

「保険営業」一人一人が事業主!?

保険営業は「完全歩合制」が多いことで有名です。

保険営業の中でも2種類あります。飛び込みでいろいろな事務所に営業をかけて数取っていく個人営業。法人と契約し福利厚生のような形で保険契約を行い、一気に数十人や数百人と契約する法人営業があります。法人営業は、大きな保険会社が提携することが多いので、完全歩合制の企業で契約するのは難しいです。完全歩合制の営業は必然的に個人営業がメインになります

完全歩合制で有名な保険営業には、例えば「プレデンシャル」という外資企業があります。報酬体系は販売した保険料(年間)の30%をもらえます。また、2~4年目に関しては約8%ほどがもらえます。仮に保険料の合計が年間30万円だとしたら、1人に販売すると約10万円がもらえます。年間で100人に売ることが出来たら年収1000万円になります。翌年も100人に販売することができたら年収1000万円に加えて、1年前に100人に販売した保険料8%がもらえるので240万円を加えた1,240万円が年収になります。このペースでいくと4年は年収1700万にまで到達する計算になります。

 

ハジメ

外資系だとプルデンシャル生命なんかが保険営業としては有名だ。国内だとソニー生命なんかも有名だぞ。
結果を出して自信がついたら独立して個人で保険代理店をはじめる、なんてことも可能よ。

リカさん

 

「医療機器メーカー」医療業界はやはり高給

医療機器メーカーは「完全固定給制」と「固定給が+歩合制」と2パターンあります。

医療機器といってもレントゲン装置やCTスキャン装置などの超高額なものから、血圧測定器、心臓ペースメーカーといった身近なものまでさまざまありあすが、高額なものほど歩合・インセンティブが高くなる傾向があります。

また高額医療機器は売った後にも定期的なメンテナンスが必要なため、売れると一定の割合で収入が保証されます。歩合制の給与体型をとっている企業は固定給がそれほど高くなく設定されていることがありますが、医療機器メーカーの場合は固定給も他の業種に比べ高く設定されている企業が多数あります。

医療機器メーカーの営業は商品を売るだけでなく、販売後の組み立てや故障の対応もします。商品に関する勉強会なども定期的に参加する必要があり、業務が多岐に渡るので飽きずに仕事に取り組むことができる、営業としても販売・フォローアップ・メンテナンス・研修・勉強会開催といった幅広いスキルが身につくのも魅力的です。

 

ハジメ

さらに医療業界の営業職だと病院の先生といった高所得者とやりとりするから、収入の高い人ってどんな人っていうのが学べるぞ。ただし変わった人も相当いるがな。

 

経歴があれば証券会社

証券会社は「固定給+歩合制」の給与体系をとっていることがほとんどです。

証券会社は固定給のベースも高く、役職が付くことで更に固定給のアップも期待することができます。歩合は日々の給料に反映されずボーナスに反映される企業がほとんどです。ボーナスに反映されるということは、証券会社の業績によって歩合の比率が高くなることもあります。加えて証券会社はビジネスパーソンの中でもエリートと呼ばれることも多く、社会的地位も高い傾向にあります。

 

好条件に見える証券会社ですが、2点ほど難点があります。

1点目は「転職が非常に難しい」点です。大手証券会社は新卒で入社するときも高学歴ばかりの優秀な学生を取ることで有名です。東大や京大、早稲田や慶応など、有名大学の学生を中心に獲得していきます。そのため「入社したいと思っても、そもそも入社できない」というハードルが存在します。

2点目は「全国転勤」がある点です。歩合制の営業職は比較的自由が認められています。ある程度のエリアは指定されますが、県をまたいだりすることはほとんどありません。しかし、証券会社は金融業界の会社であり、金融業界に転勤はつきものです。そして歩合制の要素が強い証券会社もその例外ではありません。北は北海道で南は沖縄まで、日本全国どこにでも飛ばされる可能性があります。

もちろん、転勤があっても引越し費用は住宅補助は手厚く出る傾向にあり、待遇面では不満は出にくいです。

 

ハジメ

証券といった会社は入社にあたって学歴なんかが重視されることがあるから中途転職組はハードルが高いんだ。

 

歩合じゃなくても稼げる基本給が高い営業職

固定給が高い

営業職だからといって、必ず歩合ではありません。また、歩合ではないからといって給料が低いわけでもありません。

ここでは「完全固定給制」にも関わらず、高待遇な営業職をご紹介します。

 

製薬会社の営業職「MR」

製薬会社の営業であるMRは、営業の中でも毛色が違います。

MRは「医薬情報担当者」といい、医師や薬剤師に「自分の会社の薬の情報を伝える」仕事であり、薬を直接売るわけではありません。薬の知識が必要となり、また「MR認定試験」という資格を取らされることがほとんどです。

固定給が高く設定されていることが多く、文系・理系問わず人気のある営業職です。

 

ベンチャーが狙い目「インターネット広告」「IT業界」

IT業界は近年めまぐるしい成長をし、その成長は今なお続いています。IT業界では日々新しい会社が立ち上がり、新しいサービスを提供しています。

IT業界の営業としてシステムやサービスの売り込みに成功すると一度に大きな金額が入り、その後もシステム利用料で継続的なストック売り上げが見込めることがあります。

ベンチャー企業の場合は規則が厳しくないため、そのような大きな売り上げを上げるとボーナスの時期でなくとも経営者がインセンティブを支給してくれる可能性も。また固定給も高めに設定されている企業が多数存在します。

IT業界といっても営業職であれはプログラミングなどの技術的な知識は必要ないので、市場を開拓していく自信がある人は挑戦してみはいかがでしょうか。

 

ハジメ

インターネット広告業界は若いメンバーも多く楽しいぞ。達成会なども派手にやる会社が多い。

インターネット広告業界やIT業界は今も盛り上がっていますが今後も更に伸びるのは間違いなしです。伸びる業界で働くことが給料アップには大事ですので伸びる業界での営業につきましょう。

 

MEMO
10年後伸びる業界
今後10年で伸びる業界を見きわめて、転職を有利に進めましょう。
参考伸びる業界へ転職して人生逆転!この先10年伸びる業界を一挙紹介!

営業でガッツリ稼ごう まとめ

がっつり稼げる営業職についてご紹介してきました。

歩合制を導入している営業職は、青天井で稼ぐことができる会社もあります。

また、今回ご紹介したように歩合はつかなくとも、固定給が高く設定されている営業職もあります。自分にあった方法で稼げる営業職を選んで下さいね。

営業は数字に追われるハードな仕事ではありますが、その分やりがいも抜群です。特に自分のビジネスパーソンとしての能力が数字に現れる快感は、ハマってしまうと他の職種ができないほどだと言われます。

学歴や専門スキル、キャリアはないけど能力に自信のある人が一発逆転を狙って働く場合も多いです。一度、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

勉強し続けることに抵抗がない未経験からIT業界へ転職!転職を成功させるために重要な6つのポイント ブラック企業ブラック企業の特徴と見分け方!事前のリサーチや面接でブラック企業を見抜く方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です