転職エージェントの選び方を解説!

「自分に合った仕事」を見つけよう!天職・に出会うための方法

残業少ない仕事

「天職」という言葉はよく聞きますが、本当に自分に合った仕事に出会い充実したビジネスライフを送っている人は多くありません。

仕事において自分が充実感を持って働くことは会社にとっても、あなたの人生にとってもプラスになります。

なんとなく今の仕事が合わない・成果が出ていないと感じている人へ、自分に合った仕事に出会うための方法をご紹介します。

 

今の仕事は「自分に合った仕事」なのかチェックリスト

自分に合う仕事の条件

「自分の好きなことを仕事にしたはずなのに、成果が出ずなんとなく合わない気がする…」

「仕事をしていても充実感がなく、ただその日の業務をこなしているだけになっている…」

このような漠然とした不満を持ちながら仕事だからと我慢しながら働き続ける人は多くいます。

本当に今の仕事を続けていくことがあなたの人生の充実につながるのでしょうか。
そもそも自分に合っている仕事とはどんなものでしょうか。

これから自分に合っていると感じられる仕事の条件を紹介します。

今の仕事が自分に合っているのか、あらためて考える参考にしてみてください。

 

今の仕事に夢中になれているか?

時間を忘れて仕事に取り組んでしまう、仕事が忙しくても苦にならないと感じている人は現在の仕事がまさにあなたに合っている仕事だと言えるでしょう。

仕事をしていれば苦労する場面は必ずあります。

そんな時にも、自分から仕事に必要な資格の勉強をしたり、やりがいを感じて時間を忘れてしまうくらい夢中になれるのは現在の仕事があなたにあっているからであり、天職である可能性が高いです。

逆に仕事に対してストレスを感じたり、労働時間以上の疲れを感じる場合は自分には向いていない仕事なのかもしれません。

 

ハジメ

自分に合った仕事はあっという間に一日が過ぎて仕事をもっとしたいと思えるようになるよ!

 

今の仕事に使命を感じているか?

今、任されている仕事に使命感を持ちながら働いているでしょうか。

多くの人は「使命感」と聞くと誰かのために働く、利他的な仕事の仕方を思い浮かべる人が多いと思います。
まるで自分を犠牲にして働かなければならないような印象を持つかもしれませんが、本来、使命感を持って働くことは目標や目的に共感し、達成するために自分の役割を果たそうとするポジティブな姿勢です。

当然、利己的な動機(成果に対する評価やインセンティブなど)を原動力にして働くことは悪くありませんが、人は社会に貢献している、人の役に立っていると実感することで仕事のやりがいを見出すことができるといわれています。実は利己的な動機だけでは「天職」と出会うことは難しいのです。

自分の仕事によって社会的に貢献できると感じながら働くことは自身のモチベーションに繋がっていきます。

「自分だからこそ、この仕事ができる」と思えるような仕事こそまさに天職と言えるのです。

 

人の役に立っている・社会に貢献できている実感があるか?

貢献している実感

 

自分の仕事によって会社に貢献できている、社会の役に立っていると実感できると仕事への意欲が大きく向上します

自分が開発したシステムが実際に社会で役に立っていたり、顧客から「ありがとう」という声をもらうことが働く上で大きなモチベーションにつながるのです。

前の項目でも触れましたが、人はインセンティブなどの利己的な動機だけでは仕事の満足感を得ることは難しいと言われています。
仕事のやりがい、社会への貢献が実感できることこそが自分にあった仕事だと感じられます。

 

仕事の成果が出ているか?

自分が取り組んだ仕事の成果が社内で評価され、自分でも成果が出せていると実感できているのであれば、今の仕事はあなたに合う仕事であると言えるでしょう。

仕事が合っていると感じられるかは「その仕事が好きかどうか、その業務ができるかどうか」が大切になってきます

現在の仕事が好きでなおかつ成果が出せているのであれば、まさにあなたに合っている仕事です。
また仕事がそこまで好きでなくても、成果が出せているのであれば適切な努力と必要なスキルを持っているといえるため、あなたにとって適職であると言えます。

どんなに成果が出ていても自分が常に無理をしているような状態だとすれば、モチベーションを持ち続けることが難しく、長く続けることが苦痛になるかもしれません。

天職は必ずしも自分が好きなことであるとは限りません
好きなことであっても、仕事で成果が出るとは限らないからです。
どんな仕事であっても今以上の成績を出したいと前向きに考えて取り組むことができれば、あなたにとって適職になる可能性は十分にあります。

そのため周囲の評価・成果を振り返ることで今の仕事が自分にあっているのか、わかりやすくなるでしょう。

 

自分よりも周囲の人の方があなたのスキルをわかっているので、社内の評価で判断するといいかもしれませんね。

リカさん

 

\ 無料で診断 /適職診断を受けよう

自分に合った仕事は人によって異なります。

今後仕事を探す上で知っておきたい「自分に合った仕事」の特徴についてご紹介します。

 

自分と会社の希望・要望がマッチしている仕事

自分と会社の希望がマッチしている

あなたが理想とする働き方はどのようなものでしょうか。

人によってスピーディな仕事をしたい人、ゆっくりと自分のペースで仕事をしたい人など、仕事をこなす理想のスピードもそれぞれです。

同じように会社側も、とにかく数をこなして欲しい仕事や正確に一つ一つ取り組んで欲しい仕事など仕事によって適切なスピード、スキルがあります。

あなたと会社の望む働き方がマッチしていることは、天職を見つける上で大切になります

まずは理想の働き方について振り返り条件の優先順位をつけてみるとよいでしょう。

 

仕事探しの優先順位
  • 忙しくてもスピーディな仕事の方が自分の力を発揮できる
  • 常に新しい仕事に取り組んでいけるような環境がいい
  • 仕事とプライベート、どちらも充実させたい
  • 成果主義の会社の方がモチベーションが保てる

 

このように自分の働き方について具体的なビジョンを持って、仕事や会社を選ぶことで転職後のミスマッチが減り自分に合っている仕事に出会いやすくなります。

 

好きなことが自分に合った仕事とは限らない

自分に合う仕事を探す上で間違えやすいことの一つとして、自分の「好きなこと=自分に合った仕事」と考えている人がいます。

実は好きなことがあなたの天職になるとは限りません

 

好きだけど仕事となると異なること
  • 本が好きだから出版社で働きたい
  • 子どもが好きだから保育士になりたい
  • 服が好きだからスタイリストになりたい

 

など、好きなことならば多少の苦労も耐えられると思うかもしれませんが、どんな職業も表に見えている華やかさと実際の仕事は違うため、現実と理想のギャップから好きだったことを嫌いになってしまう人もいます。

思い描いていた仕事ができないことでストレスも抱えやすくなるでしょう。

あなたの好きという気持ちと仕事で必要なスキルについても、イコールになるとは限りません。

努力をしても思っていたような成果が得られず、モチベーションを保つことが難しくなることもあるでしょう。

そのため、自分に合った仕事と出会うためには自分の好きなこと・やりたいことを中心に考えるのではなく、あくまで自分の持っているスキルや周囲の人の評価を参考に、自分が必要とされる仕事を探すとよいでしょう。

 

強いやりがいを感じている

強いやりがいを感じている

 

仕事が合っている人だと思っている人は仕事に対して強いやりがいを感じています

仕事へのやりがいを感じられることでモチベーションを高く保てるため、前向きに仕事へ取り組み、働きに見合った評価を得やすくなるのです。

やりがいを感じて働いている人は自分の仕事の意味・目的をしっかり把握しており、自分の役割を明確に理解しています

自分にしかできない仕事だと理解しているため、多少苦労する場面があっても諦めることなく仕事へ取り組みます。

無意識に仕事へ取り組んでいるような人はみんな仕事へのやりがいを感じており、まさに自分の仕事を天職だと思える人です。

 

やりがいを感じる仕事とは

やりがいを感じる仕事は科学的に分析されています。

参考やりがいのある仕事を見つけよう!今の仕事をやりがいのあるものにしていくためには

 

 

辛いことがあっても「仕事が楽しい」と感じられる

仕事が楽しいと思えているのなら、現在の仕事があなたに合っている仕事です

仕事は楽しいものばかりではなく、辛いこと、困難なことにも必ず出会います。
そんな時でも「仕事が楽しい」と感じられるのであればその仕事はまさに天職だといえるでしょう。

仕事のミスで上司に叱られても、叱られたことを引きずるのではなく今後ミスをなくすための改善策を考えることが無意識にできていたり、自分の成長のために必要であったと感じられるようなら、まさに仕事が楽しいと感じられていると言えます。

仕事が楽しいと感じられることは勤め続ける上で非常に大切です。

天職や自分にあった仕事だと感じるにはある程度年数を重ねて働いた時に気づくことも多くあります。
そのため、多少悩んでいることがあっても簡単に転職をするのではなく、仕事が楽しいと感じられるのであればまずは続けていくことがおすすめです。

 

大変なこともあるが充実している

仕事に追われ忙しい毎日を過ごしている時に、仕事に対してマイナスな思いを持つでしょうか。

仕事で忙しくても仕事で必要なスキルの勉強をしていたり、勤務時間外に仕事のことを考えるのが苦にならない場合、充実したビジネスライフを送っていると言えるでしょう。

例え仕事が大変でも毎日に充実感が得られているのであれば、その仕事があなたに合っている仕事である可能性が高いです

逆に「仕事のせいで自分の時間が取れない」と不満を持っているようであれば、仕事があなたに合っていないのかもしれません。

仕事に充実感が感じられると日々の生活にもやりがいと充実感を得られるようになります。

仕事が自分の人生の豊かさに繋がっていくのです。

 

自分の持ち味を生かして成果が出せる

成果が出せる

自分の「得意なスキル」「持ち味」は把握できているでしょうか。

自分の好きなことでなくても、スキルを生かして仕事の成果が得られているのであれば、その仕事はあなたに合っている仕事なのかもしれません。

これから自分の持っているスキルを伸ばしていきたい、成績をあげたいなど、前向きな気持ちがあれば今後その仕事があなたの天職になることは十分考えられます

努力とともに成果が得られるようになると仕事は楽しく感じられるものです。
また好きな仕事内容であったとしても、自分のスキルと合わず評価が得られない状態が続くと段々と仕事が楽しく感じられなくなります。

仕事に対して気持ちの面も大切ですが、自分の持っているスキルを見直して、持ち味を生かした仕事ができるようになると自分に合った仕事へ出会いやすくなるでしょう。

 

自分に合った仕事と出会うためにはまず「自己分析」

ここまで「天職・適職」の特徴についてご紹介してきました。

中には自分には今の仕事があっていないと感じた人もいるでしょう。
ではこれから自分に合う仕事と出会うためにはどうしたらよいのでしょうか。

まず転職活動を始める前にやっておきたいことがあります。

それは「自己分析」です。

現在の仕事が合っていないと感じる原因は自己分析が不足かもしれません。

まずは自分がどのような仕事をしたいのか、どのような働き方を理想としているのか具体的に考えることで自分にあった仕事、企業に出会いやすくなります

この章では、自己分析をする上で考えておきたいポイントを3つご紹介します。

 

仕事に「何を求めるか」を考える

仕事のやりがいを求める人、プライベートとの両立を重視したい人、新しいサービスを作り出したい人など、仕事に何を求めるかは人によってそれぞれです。

その中で自分が仕事に何を求めているのか、どんなビジネスライフを理想としているのかを具体的に考えることが天職に出会うための第一歩です。

例えば下記のようなことを考えてみましょう

 

仕事探しの自己分析
  • 仕事で喜びを感じる場面
  • モチベーションが上がる場面
  • 1年後、3年後、10年後どんな働き方、暮らし方をしたいか

以上を考えてみることで自分が仕事に何を求めているのか、具体的に見えてきます。

 

ハジメ

短期・中期・長期でキャリアプランを考えることはとても大切だね

 

自分が辛いと感じることを知る

自分が仕事に求める理想を具体化できたら、次に考えて欲しいのは「自分が辛いと感じること」です。

仕事する上で土日休みがなければ嫌、知り合いがいる地元企業は辛い、誰でもできるような仕事はしたくないなど、とことんわがままになって自分が辛いと感じることを挙げて優先順位をつけていきましょう。

辛いことをなるべく取り除いた条件で仕事を探すと希望に近い求人を見つけやすくなります。

もちろん完璧にあなたの理想を叶えられる企業はありません。
そのため優先順位によって妥協する必要がありますが、自分が辛いと感じることを少しでも減らすことで長く勤められるようになります。

また自分が辛いと感じることを俯瞰してみることで、自分に向いている働き方や仕事が見えてくることもあります

ハジメ

避けたい就労条件を素直に書き出してみることが大切だよ

 

自分の得意・好きなことを知る

自分の得意なこと、好きなことを書き出してみましょう。

過去に自己分析をした経験がある人は、過去の自己分析を参考にしようと考えるかもしれませんが、新しく書き出すことをおすすめします。

過去の嗜好やスキルと現在では変化のある人が大半でしょう。
そのため現在の価値観で自己分析をすることが大切です。

実際に働いてみて気づいた自分の得意なことや好きなことを改めて知ることで、自分にあった仕事を見つけることができます

人と話すことが好きだったため営業が向いていると思ったが、実は人の持つスキルや性格を見抜くことが得意で、人事の仕事に興味が出てきた。企画書を作成するのが楽しくて時間を忘れて作っていた。
など、社会人経験があるからこそ自分が本当に好きなこと・得意なことが見えてくるようになります。

もし、自分の得意なことが浮かばない場合には以下のことを参考に考えてみてください。

 

 

得意なことや好きなことの要素がある仕事はあなたに合う仕事である可能性が高くなります。

もう一度自己分析をやり直し、自分に合った仕事に出会うための仕事探しをしましょう。

 

やりがいを感じる仕事とは

やりがいを感じる仕事は科学的に分析されています。

参考やりがいのある仕事を見つけよう!今の仕事をやりがいのあるものにしていくためには

 

\ 無料で診断 /適職診断を受けよう

自分に合った仕事と出会うための8つの方法

ここまで簡単な自己分析を通して理想の仕事や今後どのような働き方がよいのかを考えてきました。

ここからは更に掘り下げて自分の過去・現在・未来を見通し、あなたに合った仕事について考えていきましょう。

仕事についてやりたいことがない人でも、ここから一つ一つ丁寧に考えていくことで、自分に合った仕事が見えてくるはずです。

理想の仕事を見つけて充実したビジネスライフを手に入れましょう。

 

今までの経験を振り返る

今までの経験

 

まずは自分の過去を振り返りましょう。

子ども時代から振り返ることで、より自分の根本的な性格に気づけるかもしれません
どんな子ども時代を過ごしていたか、その頃の憧れや興味のあったもの、どんな勉強が好きだったかを通して、今の仕事を選んだ理由など一つ一つ振り返ることで人生を通しての共通点が見えてくるようになります。

振り返ったものはすべてノートに書き出し、整理することで自分にあった仕事のヒントになるでしょう。

 

視野を広く持つ

さまざまな理想の働き方、自分の目指したいキャリアプランが具体的になってくると、すべての条件を満たした求人ばかりを探してしまいがちです。

しかし理想を満たす求人は数多くないため、あまりにも自分の条件を重視しすぎると応募できる求人がなくなってしまうこともあります。

そのため視野を広げ、いくつかの条件を考えておくといいでしょう。

例えば
第一志望は自分の理想条件を満たす企業
第二志望は土日休みでなくても教育制度が充実していてスキルアップができる企業
第三志望は自分の裁量が大きく、スキルを生かせる企業
など

自分の理想の中から、さまざまな視点を持って希望する条件を考えると転職失敗のリスクを減らすことができます

 

周囲にヒヤリングする

自分に合う仕事と出会うためには客観的な意見も必要です

周囲の人は思っているよりも自分の仕事振りを見ています。
仕事の得意・不得意について、自分で考えるよりも周囲の人の方が正確に答えてもらえるかもしれません。

またどんな仕事が向いているか、どの仕事をしている時が楽しそうかなど自分では気づかないところも周囲の人は知っています。

自分の適職を探すための参考に一度自分がどんな仕事に向いていると思うか聞いてみるとよいでしょう。

 

自分の軸を決める

ここまで自分の好きなことや理想の働き方について自分の過去から、周囲の人の意見まで参考にしながら考えてきました。これらは今後の行動規範の元となるものです。

行動規範の元ができたら次に取り組みたいのは「自分の軸を決める」ことです。

ここまでの意見、メモを参考に自分のこれからの人生について考えてみましょう。

人生という言葉で想像しにくい場合には1年後の自分、3年後の自分、5年後の自分、10年後の自分というように短期・中期的な未来のなりたい自分像について考えるといいでしょう。

例えばライフイベントや老後のことなど、仕事とは関係のない事柄も含めて書き出すことで自分がどんな人生を過ごしたいのか、人生の軸を見つけ出すことができます。

自分の人生の目標やなりたい自分を軸として仕事を探すことで、求人の条件のみで企業をみるのではなく、社風やその企業の未来性までしっかりと見極められるようになります。

この軸がない状態で仕事を探すと、条件ばかりに目がいきすぎて自分の人生プランと合わない企業の内定に入社後、後悔するかもしれません。

 

ハジメ

自分の基準をより詳しく決めておくことで条件以外で企業を見る目を持っておくことが大切なんだね

 

理想のキャリアプランを考える

理想のキャリアプラン

自分の軸が決まったら次はキャリアプランへ発展させていきましょう。

どのような人生を送りたいのかが決まれば、キャリアプランは比較的簡単に作成できます。

例えば結婚したい時期が決まれば、その時期に向けて希望の年収額や役職、待遇など、具体的に自分の希望を示すことができます。

軸が決まっていることで自分がどのような業界・職種に身を置きたいのか、先ほどと同じように自分のキャリアについても時系列で書き出すことができるのです。

ライフプランによっては、自分のやりたいことよりも給与や手当などの待遇を優先させて仕事を探す人もいるかもしれませんし、今までの業界ではなく新しい業界へ一歩踏み出す必要があると考える人もいるでしょう。

自分に合う仕事とはただ目の前の仕事ができるだけでなく、自分の将来も豊かにしてくれるような仕事のことです。

そんな仕事と出会うためには具体的にあなたの目的が定まっている必要があるのです。

 

適職診断を参考にしてみる

それでもやりたいことや自分に向いている仕事がわからず漠然と悩んでしまうことがあるでしょう。

そんな時は適職診断を参考にすると、自分に合う仕事ややりたいことに出会うヒントが得られるかもしれません。

しかし、適職診断には二種類のテストがあるため注意しましょう。

自分のやりたいことがはっきりと決まっている場合には業界の適正診断、やりたいことがまだ漠然としている場合には性格診断などを中心とした適職診断を受けることがおすすめです。

それぞれ転職サイトなどで独自のテストを作成しているため、どのテストがよいのか悩んでしまうかもしれませんが無料で受けられるものが多いため、気軽に受けて自分を客観的にみるための参考にしましょう。

 

専門のキャリアアドバイザーに相談する

自分にあった仕事探しについて、専門のキャリアアドバイザーに相談することも大切です。

転職エージェントへの登録をすることで、キャリアアドバイザーへの相談を無料で受けることができるようになります。

あなたの経歴やスキル、今後の希望などを元にあなたに合う仕事、企業を紹介してくれるため大変便利なサービスです。

転職エージェントはさまざまな業種や経験に合わせて専門のエージェントを選べます。
そのため、あなたのキャリアやスキルにあったエージェントに登録することで、あなたに合う企業を探すことも難しくありません。

 

おすすめのキャリア別転職エージェント

転職エージェントにもいろんな種類があります。コチラの記事で詳細にまとめています。

参考転職エージェントおすすめ13社!キャリア別に実際に利用した転職成功者が詳細に紹介

 

会社に完璧を求めすぎない

最後に気をつけたいのが会社に完璧を求めないことです。

まず自分の希望がすべて叶えられる会社は存在しません。
そのためにさまざまな妥協点も考えておく必要があるのです。

自分が辛いと感じることとやりたいこと、好きなことなどを総合的に考えて、自分がもっとも優先したい条件が整うように優先順位を考えておきましょう。

 

自分に合った仕事に出会う まとめ

自分に合った仕事と出会うための方法についてご紹介してきました。

自分に合った仕事と出会うためには、さまざまな角度から自己分析をして自分のやりたいことややりたくないことなどを振り返り、ライフプランにマッチする仕事を選ぶことで、企業とのミスマッチを減らし自分に合った仕事に就きやすくなります。

自分に合った仕事に就くことで、仕事が楽しく感じられ、人生の充実感が得られます。

今の仕事について少しでも不満が感じられるのであれば、一度立ち止まって自分を振り返ってみましょう。

もしかすると今の仕事からもあなたがやりがいを感じられる業務が見つかるかもしれませんし、自分に合った新しい業種と出会えるかもしれません。

自分のビジネスライフが充実し、人生をより豊かに過ごすために自分に合った仕事を見つけましょう。

 

1やりがいのある仕事とはやりがいのある仕事を見つけよう!今の仕事をやりがいのあるものにしていくためには 転職エージェントおすすめ転職エージェントおすすめ13社!キャリア別に実際に利用した転職成功者が詳細に紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です