転職エージェントの選び方を解説!

転職面接の服装 面接成功率を高めるスーツや髪型の基本マナー

転職面接の服装

みなさん面接で成功するための「受け答え」や「応募の書類」について何度も練習をして細かくチェックしますが、もう一つ忘れがちで大事なことがあります。

それは「見た目」です。見た目の良い悪しで面接の印象は大きく変わってきます。

その面接で見た目で重要なポイントは「服装」です。

過去の自分の経歴は変えることはできませんが、面接時の服装で大事なポイントをしっかり抑えるだけで面接で重要な「見た目」を変えることができます。

そこで今回、転職面接時で重要となってくる「転職面接の服装」について大事なポイントやマナーについてご紹介してきます。

 

目次

転職面接の服装 好印象を与える!基本的な5つのマナー

転職面接の服装

 

まずは転職面接の服装を用意する際に押さえておきたい、基本的な5つのマナーを紹介します。

以下の5つを押さえておけば、男性・女性のどちらでも面接官に好印象を与えることができます。

「個性を重視する」と表明している企業もあります。しかし個性は服装ではなく話す内容で表現するようにしてください。

基本的には転職面接の際には「無難」な服装が最適です。

 

清潔感は最重要!しわや汚れ、タバコの臭いは要注意

服装と髪型が清潔感を左右します。清潔感は相手によい第一印象を与えるために欠かせません。

スーツにしわや汚れがないよう、面接前にクリーニングに出しておきましょう。

また喫煙者は要注意です。タバコの臭いがスーツに染み込んでいると、特に面接官が非喫煙者の場合にはよくない印象を与えることになってしまいます。

面接用スーツではタバコを吸わないようにするか、消臭スプレーでしっかりと臭いを取り除くようにしてください。

 

created by Rinker
ファブリーズ
¥386 (2020/06/02 18:23:14時点 Amazon調べ-詳細)

 

おしゃれは不要!TPOをわきまえて

転職面接ではおしゃれをする必要はありません。

女性はシンプルで小さなピアスやネックレスなら身につけていてもよいですが、男性ならアクセサリーははずしておきましょう。

髪を派手な色に染めたりすることもやめておきましょう。

面接は企業と向き合う正式な場です。TPOをわきまえ、求められる身だしなみを想像することが必要です。

 

転職の面接にリクルートスーツはNG

就活生の時に使用したリクルートスーツを転職の面接で使い回すのはNGです。

「あまり着ていないしもったいない」「面接官もわからないだろう」と思うかもしれません。

実際リクルートスーツは一目瞭然です。もったいなくてもリクルートスーツは「使い捨て」だと思い、転職面接用に新しいスーツを仕立てるようにしてください。

リクルートスーツを転職の面接に着ていくと「常識がない」と思われてしまう可能性も考えられます。

 

サイズや色、自分に似合っているスーツを選ぼう!

サイズ・色が合っているスーツを選ぼう

スーツは、サイズや色で相手に与える印象を大きく左右します。

大きなサイズのスーツだと頼りなく見え、「仕事があまりできなさそう」そんな印象を与えてしまいます。

またサイズが小さすぎると窮屈で動きにくそうに見えてしまいます。

スーツのサイズが自分に合っていないと、面接に集中できないことも考えられます。首回り、袖、丈、肩回りのサイズが合ったスーツを着てください。

また一般的に濃い目の色のスーツが転職面接には適切とされていますが、自分に似合っている色を選ぶことも大切です。

 

カバンや時計 華美なブランド品は避ける

カバンや時計などの持ち物は、シンプルなデザインを選びましょう。

華美なブランド品を持っていると、面接官によくない印象を与えてしまう可能性があります。

カジュアルすぎるデザインのものも避けてください。

スーツにリュックサックで通勤するサラリーマンもよく見かけますが、業界によって印象が変わってくるので面接の時にはスタンダードな手提げスタイルのカバンをおすすめします。

 

補足:面接時は服装だけでなく立ち振る舞いにも注意して!

面接では一言一句、一挙一動見られています。

服装だけでなく、立ち振る舞いにも十分注意してください。足を組む、貧乏ゆすりは厳禁です。

猫背や、髪を頻繁に触る仕草も面接官の目に留まりやすいでしょう。

服装がきちんとしていても、立ち振る舞いのせいでマイナス評価につながることがめずらしくありません。

 

\ 無料で診断 /適職診断を受けよう

転職の面接 男性の服装の基本マナー

転職の面接における服装の基本マナー9つを以下で紹介します。まずは、男性から見てみましょう。

 

髪型は黒髪の短髪が好印象

男性の場合、ヘアスタイルは黒髪の短髪にしておくと清潔感が出やすくなります。

ロングヘアや茶髪は避ける方が無難です。

またツーブロックにしている社会人も多いですが、金融やメーカーなどの堅い企業の面接を受けるならやめておいた方がよいかもしれません。

広告業界やIT業界などの比較的服装にゆるめの企業でも、サイドを刈り上げたツーブロックはやりすぎだと思われるでしょう。

黒髪の短髪をジェルやワックス、スプレーなどでセットして面接に臨むのが、面接官へ好印象を与えるのに最適です。

 

転職の面接 スーツの色はベーシックカラーがおすすめ

紺色や細いストライプの入った黒、落ち着いたグレーなどのベーシックカラーおすすめです。

転職面接では、無地のブラックのスーツは避けましょう。

リクルートスーツや冠婚葬祭用な印象を与えてしまう可能性があります。

 

面接スーツ ボタンの数は

スーツには、ボタンが1つしかないものから4つあるものまで存在します。

ボタンが2つのものを選べば、どの業種・職種でも受け入れられます。

3つボタンのスーツはイギリス由来のため、保守的・堅実なイメージとなります。金融系や公務員などにおすすめです。

1つボタンのスーツは礼服仕様で、4つボタンのスーツはカジュアルなデザインです。1つボタン・4つボタンは転職の面接では避けましょう。

 

シャツの色は白がベター 襟の形も要注意

シャツの色は白がベターです。薄い水色などもよいですが、柄が入っているものは避けてください。

汗ジミなどが襟元にあると不潔な印象になってしまうので、新しいシャツをおろすか、クリーニングでしっかりと洗ってもらってください。

クリーニングに出すなら、ノリを効かせてもらいましょう。

シャツの襟の形にも注目です。襟の先が開いていたりするとカジュアルな印象になってしまいます。

一般的な襟のタイプである「レギュラーカラー」か、首回りが太い人なら襟口が少し広い「ワイドカラー」がよいでしょう。

 

転職の面接 ネクタイの色は志望する職種で選ぶと◎

ネクタイの選び方

転職の面接で迷うのがネクタイの色です。ネクタイの色は志望職種によって使い分けてみてください。

たとえば、以下のような配色が考えられます。

・赤・えんじ・黄色…営業職
・紺…事務職
・グレー…技術職

 

赤やえんじは情熱的な、黄色は明るい印象を与えます。

紺は落ち着きを表すことができるので、事務職や堅い業種の面接におすすめです。

エンジニアなど技術職はグレーのネクタイで冷静さを印象づけてみるとよいかもしれません。

細いストライプや小さなドットが入っているネクタイは転職面接でも使えますが、大きな水玉や太すぎるストライプ、ブランドのロゴを強調したものはやめておきましょう。

ネクタイの主張が強いと「協調性がなさそう」と思われてしまう可能性があります。

 

靴下は黒か濃紺の無が無難

スーツからのぞく靴下も、面接官はチェックしています。黒か濃い紺の無地の靴下がおすすめです。

グレーでもいいですが、白など明るい色のものは避けてください。靴下だけが変に目立ってしまいます。

靴下の色に迷ったら、スーツの色に合わせておきましょう。

 

靴は黒か茶色のベーシックなビジネスシューズを

「細かいところに気を配っているかどうか」を見るために、靴をチェックしている面接官もよくいます。

黒や濃い茶色のベーシックな革靴を用いましょう。合皮・本革はどちらでも大丈夫です。

靴底がゴム製だと歩き疲れにくいのでおすすめです。面接前には磨いてツヤを出しておきましょう。

ベルトは表革 靴の色と合わせて

ベルトは革製のものを使いましょう。靴の色と合わせておくと統一感が出ます。

布などの材質や、バックルが大きく派手なものは転職面接に向きません。

革に深いしわが寄り穴が大きくなってしまったベルトは新調するようにしてください。

 

カバンはA4が入るビジネスバッグを

カバンは手で提げるタイプの黒いビジネスバッグを使いましょう。

A4が入る大きさが目安です。自立するものにしておくと足元が気になりません。

 

補足:見落としがちな「ひげ」 剃り残しは悪印象

男性の服装で案外見落としがちなのが「ひげ」です。

ひげはきっちりと転職面接の朝に剃っておいてください。

剃り残しがあると清潔感に欠け、だらしない印象につながります。

きれいに処理できているか、あごや首まわりまで入念に鏡で確認しましょう。

 

転職の面接 女性の服装の基本マナー

女性の服装マナー

続いては、女性の転職の面接における服装の基本マナー9つを紹介します。

一般的に女性は男性よりも服装の選択肢が広いため、迷うことも多いかもしれません。以下の9つのポイントを参考にしてください。

 

転職面接 女性の髪形はスッキリまとめて

新卒就活の時ほどきっちり髪をまとめる必要はありませんが、前髪がすっきりしていると好印象です。

ポニーテールにしたり、顔にかかる前髪は固めたりピンで留めるなどして、面接中に邪魔にならないようにしておいてください。

 

面接スーツの色はダーク系が◎

面接スーツの色は紺、ブラック、濃い目のグレーなどダーク系がおすすめです。

女性向けスーツには明るいグレーやベージュなどもあるので、比較的服装が緩い業界ではライトカラーのスーツもよいでしょう。

ストライプの入ったスーツも洗練された印象を出すことができます。ただし、柄があまりにも目立つようなデザインはNGです。

 

面接スーツのインナーはブラウス?シャツ?カットソー?

面接スーツのインナーは白で清潔感を出しましょう。

ブラウスでも、シャツでも、カットソーでも大丈夫です。

ブラウスは女性らしさが、シャツはきちんとした雰囲気が強調されます。

シンプルなカットソーは快活な印象となり営業職や企画職を志望する人におすすめです。

ふんわりとしたデザインのインナーもよいですが、フリルがついたものは派手すぎになることがあるので気をつけてください。

 

面接スーツはスカートorパンツ どちらが好印象?

女性なら、面接スーツをスカートにするかパンツにするかで迷ったことがあるはずです。

どちらでも大丈夫ですが、転職面接では新卒の就活よりもパンツスーツを好む人が多い傾向にあります。

スカートは女性らしさが強調されるので、受付業務や事務、接客業の面接を受ける人におすすめです。

営業職など「バリバリ働く」ことをアピールしたい場合は、パンツスーツで活発な雰囲気を出しましょう。

 

季節を問わずストッキングは必須(色などの注意点も)

パンツでもスカートでも、また季節に関係なくストッキングは必ず履いてください。

肌色に近いベージュのストッキングが必須です。

黒いストッキングは喪服の印象があるので、転職面接ではやめておきましょう。暑いからと素足のままや、寒いからとタイツを着用することはNGです。

 

転職活動中の女性を悩ませる「靴」 シンプルなパンプスを

転職活動中の女性の悩みになりがちなのが「靴」です。

動きやすさとデザインの両方を考えると、やはりシンプルなパンプスがベストでしょう。黒く、5cm程度の太いヒールのついたパンプスを履くと足が綺麗に見えるためおすすめです。

営業職を希望する場合、ヒールのついていないパンプスで歩きやすいものを選ぶのもアリです。

ヒールが細すぎたり高すぎたり、歩く時の音がうるさい靴は転職面接にふさわしくありません。

 

カバンはA4が入るビジネスバッグ ブランド品はNG

カバンはシンプルなビジネスバッグがベターです。面接先で資料を配られることもあるので、A4を折らずに入れられるサイズであることが必須です。

シンプルなデザイン、落ち着いた色のカバンなら大丈夫なので、男性よりも選択肢を広く持てます。

革製のものが無難ですが、一眼でブランド品だとわかるカバンはNGです。面接の場で派手なカバンを持っていると「職場でも浮くのでは」と面接官を不安にさせてしまいます。

 

メイクやネイル ハデは× 香水も面接には不要

メイクはナチュラルが基本です。

またネイルもNGではないもののキラキラしたラインストーンや付け爪は避けてください。

人によってはネイルに対して「清潔感に欠ける」との印象を抱く人もいます。

また面接では香水を振る必要はありません。匂いに敏感な人もいるので、香水はつけない方が無難です。

 

アクセサリー類は付けすぎないこと

女性の場合、小さなネックレスやピアスはつけていても大丈夫です。

しかし大きなものや派手なものはマイナス印象につながります。

アクセサリーを付けたいならどれか1つに絞り、ワンポイントとして活用しましょう。

補足: 転職の面接にカラーコンタクトはあり?

普段カラーコンタクトを入れている人も多いかもしれません。

しかし転職の面接ではカラーコンタクトはNGです。

カラーコンタクトを入れると「不自然に黒目が浮き出ている」と違和感を覚える人もいます。特に、面接官が年配だとその可能性が高くなります。

カラーコンタクトによってマイナスな印象がついてしまうこともあるので、普通のコンタクトレンズを使用してください。

 

\ 無料で診断 /適職診断を受けよう

転職面接【夏】の服装の注意点

面接が夏のときの服装

転職面接の服装は、夏と冬でも違ってきます。

暑い季節は汗で身だしなみが乱れがちですが、夏でも気を抜かないことが大切です。まずは夏の服装の注意点を以下で説明します。

 

夏場の転職面接でもスーツ着用が基本!

夏場はスーツが苦痛です。それでも、転職面接の際にはスーツを着用しましょう。

とくに服装の指定がなければ、ジャッケットを着ておくことをおすすめします。

夏用で生地が薄く、風通しのよいスーツがあります。

夏用スーツを購入しておくと転職の面接に快適に臨むことができます。

 

ネクタイはどうする? クールビズはどのくらい対応してよいの?

特に指定がなければ、ネクタイは着けておきましょう。

クールビズに関しては会社によって導入具合が異なります。

半袖シャツ・ネクタイなしOKのところもあれば、夏でもジャケット着用必須のところもあります。「クールビズでお越しください」と指定がない限りはネクタイをしておいた方が無難です。

 

どんなに暑くても素足・サンダルは絶対ダメ

夏は革靴の中で足が蒸れ、不快感が増します。

しかしどんなに暑くても素足のまま靴を履いたり、サンダルを履いて転職面接を受けたりすることはやめましょう。とくに女性では夏は通勤にサンダルを履いていく人も多くいますが、転職面接ではパンプス着用が望ましいです。

 

半袖やノースリーブは転職面接にふさわしくない

基本的には長袖シャツを着ておきましょう。

クールビズの指定があった時には半袖でもかまいませんが、女性でもノースリーブはやめておく方が無難です。

面接ではジャケットを脱ぐように言われることもよくあります。その際にシャツが汗まみれだと不潔な感じがするので、汗を吸う下着を着用しておくことも忘れずに。

 

下着や地肌が透けないように対策を

またジャケットを脱ぐ時にそなえておきましょう。

地肌が見えないように下着を着用することは当たり前ですが、下着が透けているのもみっともないので対策が必要です。

白の下着は透けやすいので、肌に近いベージュや、意外と透けにくいグレーの下着をおすすめします。

首や袖、裾の折り返しが少ないものにするとより透けにくくなります。

 

転職面接【冬】の服装の注意点

続いては転職面接を冬に受ける際の服装の注意点をお伝えします。

冬はコートやマフラーなど荷物が多くなりがちです。防寒が過剰にならないよう注意しましょう。

 

コートは普段着用でも可 但しダウンは避けた方が◎

コートは普段着として着ているものを利用して大丈夫です。

面接ではコートを脱ぐため、そこまで見られることはありません。

しかしダウンは面接官からの印象を左右する可能性があるので、やはりフォーマルなコートの着用をおすすめします。

 

スーツの下にニットは重ね着しない

冬のオフィスカジュアルと言えばシャツの上にニットのセーターが定番ですが、転職面接ではやめておきましょう。

「ニットは面接の場にはカジュアルすぎる」と感じる面接官もいます。寒さに耐えられない!という場合は、男性ならジャケットと同じ色のベストを着る方がいいでしょう。

「スリーピース」と呼ばれ、ジャケットとベスト、パンツのセットで売っているスーツもあります。

しかしシャツにジャケットとオーソドックスなスタイルが一番無難ではあります。

寒い冬場でもブーツは避ける

女性には冷え性の人も多く、寒い冬はブーツで面接に行きたいと思うかもしれません。

しかしやはりたとえショートブーツでも面接の場にはふさわしくありません。

ブーツではカジュアルになりすぎるため、男性は革靴、女性はパンプスがベストです。

 

転職時の面接 服装は【私服】または【自由】といわれた時は

転職面接の案内を受け取った時に「私服でお越し下さい」「服装は自由です」と記載があるかもしれません。

そんな時にはどんな服装をしていけばいいか迷ってしまいます。私服OK、服装自由の面接の時の身だしなみについて説明します。

 

服装の指定がない場合はスーツが無難

服装が特に指定されていない場合はスーツを着ていきましょう。

上記で前述したとおりきちんと隅々まで気を配った身だしなみで面接に行くことが最善です。

たとえば、夏の場合に「クールビズでお越しください」との指定があれば素直に従いましょう。

「服装自由」はオフィスカジュアルでも可

「服装自由」との指定があれば、オフィスカジュアルでも大丈夫です。

服装から個性を見たい、との意図があるかもしれないので、少しフォーマル寄りのオフィスカジュアルで面接を受けてもよいでしょう。

もちろんスーツも可です。

服装自由の指定があっても、営業職を受ける場合にはスーツを着ていく方がよい印象を与えることもあります。

 

「面接には私服で」は普段着ではない!ジーンズやTシャツは避けて

新卒の就活などで「面接には私服で」と指定する企業があったかもしれません。

IT企業やベンチャー企業の転職面接でも「私服」と指定される可能性があります。

そんな時本当の私服で行ってしまうのはNGです。ジーンズやTシャツ、スニーカーなどは避けてください。

 

私服指定のときは「その会社で働いている」イメージで服を選ぼう

私服指定のときは「その会社で働いている」イメージを持つと選びやすくなります。

ベースはオフィスカジュアル、もしくはもう少しだけカジュアルな程度が目安です。

例えば、金融企業の事務で仕事するなら、スーツベースのフォーマルな服装がおすすめです。

IT企業の企画職なら、オフィスカジュアルを崩し少し個性を出したりおしゃれをしてみたりするのもよいでしょう。

エンジニア職の場合、シンプルにシャツと単色のパンツなどシンプルな服装がおすすめです。

企業HPで社員の服装や社風を確認しておくと、適切な服装を選ぶ上で役に立ちます。

 

どんな服装指定でも清潔感を心がけ、キチンとした身だしなみを

スーツでも私服でも、最も大切なことは清潔感です。

過剰な装飾や派手な色使いを避け、「どんな人に会っても不快感を与えない」キチンとした身だしなみを心がけるようにしてください。

 

転職の面接 服装の困ったQ&A

面接時の服装で疑問が多いQ&A集をご紹介します。

ぜひコチラも参考にしてください。

 

面接のときスーツのボタンはしめる?開ける?

まずスーツのボタンは基本的にすべて閉めず一番下は開けます。3つボタンなら上から3番目、2つボタンなら2番目のボタンを開けます。

そして椅子に着席する際はボタンをすべてあけて座りましょう。

ボタンを閉じたまま座るとシワがよって窮屈そうに見えるため不格好になってしまうこともあります。

座るタイミングで自然とボタン開け、立ち上がるタイミングでボタン閉じる、この動作をスマートにできるよう練習しておきましょう。

 

面接が決まった!でもスーツがない場合はどうする?

今の職場がスーツではない場合、そもそもスーツを持ってない人もいるでしょう。

ただやはり転職活動をする、となれば最低でもスーツは一着用意しておきましょう。

急に面接がきまってどうしてもスーツがない場合は、今持っている服の中でできるだけビジネスシーンで着れるもので代用するか、緊急で購入するしるようにしましょう。

予算的に厳しいのであればレンタルスーツもあります。

 

ただやはり社会人ならビジネスシーン着れる自前のスーツは一着用しておきましょう。

 

転職活動がばれたら困る!今の会社にスーツで出社できないときの対処法

今の職場ではスーツを一切着ない人が仕事終わりに面接に行く場合、今の職場にスーツで出社すると目立ってしまう、勘ぐられてしまう、というケースもあります。

開き直ってスーツで出社する人もいますが、なかには普段の私服出社しながら「面接用のスーツを持ってコインロッカーに入れておく」「大きめかばんにスーツをいれて持っていく」として、面接前に早めに移動して、公共施設のトイレなどで着替えるという方法もあります。

 

 

 

転職面接時の服装について まとめ

転職の面接ではどんな服装にすべきか悩みますが、「清潔感」を意識することで最適な服装がわかるはずです。

カバンや靴などの持ち物にも気を配るようにして、よい印象を面接官に与えましょう。

第一印象がよければ、選考が有利に進んでいきます。

服装に迷った時はスーツ売り場の人に相談してみましょう。

身だしなみを万全に整え、転職面接に臨んでください。

 

最終面接はこれまでと異なる転職最終面接のポイント解説!一次二次面接とは異なる3つ重要なこと

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です