未経験からIT業界へ転職!転職を成功させるために重要な6つのポイント

勉強し続けることに抵抗がない 業界別

転職市場ではますます人気が高まっているIT業界

今後も伸びること間違いなしの注目の成長業界です。

他の業界・業種から未経験でIT業界にチャレンジしたい!と思っている方も多くいます。伸びている業界なのでチャンスは充分にあるとしても未経験だと採用してもらえるかどうか不安になってしまいますよね。

ということで今回、IT業界に未経験から転職するための6つのポイントをご紹介します。

未経験からIT業界への転職を成功させるためには、しっかりとした準備が必要です。ぜひこれからご紹介することを参考に、未経験からIT業界への転職活動を進めてみてください。

 

IT業界の仕事内容紹介

IT業界ってどんな業界
IT業界といったも多岐にわたります。

WEBサービスを開発・提供したり、企業のために通信や情報処理全般をサポートしたり、アプリの開発や、パソコン・スマートフォンの開発をしたりと様々な仕事をしています。

まず自分がIT業界に入って何がやってみたいのかを考えてみましょう。

 

  • インターネット・ウェブ関連
    ウェブサイトやウェブサービスの開発します
  • システム開発関連
    企業向のシステムを開発します
  • ネットワーク関連
    ウェブやシステムが安定稼働できるよう構築・運用・保守を行います
  • ハードウェア開発関連
    家電・PC・スマホなどにシステムを組み込む仕事です

 

 

コンサル山田
コンサル山田

いきなり人工知能(機械学習)・ビッグデータ関連といっても難しいしイメージがつかないから身近なサービスで考えてみるといいぞ。

 

普段自分がふかっているようなWEBサービスを作りたいのか、スマホアプリ開発に携わりたいのか、など自分のやりたいことがある程度定まると、広いIT業界の中でどの企業を目指すべきなのかがわかってきます。

 

IT業界で働くメリットがたくさん

IT業界で働くメリット

IT業界で働くメリットを理解しておくと転職活動のモチベーションになります。

IT業界は将来的には人工知能(機械学習)、IoT、ビッグデータと呼ばれる発展途上の部分に大きく期待されています。

IoTが進歩してもっと色々なものがインターネットと繋がるようになると他業界からの参入も増えますし、ビッグデータと呼ばれる日々さまざまなところから集められるデータをもっと解析できれば、マーケティングに生かすことができます。

人工知能の実用化が進めば、人手不足の解消に繋がります。

IT業界は今後も世間から期待されているため、技術も人もお金も集まりやすい業界なのです。

そのため優秀な人と働くことができ、最新の技術を学べ、また給料にも期待ができます。

 

コンサル山田
コンサル山田

転職を成功させる鉄則は伸びる業界に行く!ということだ。

 

自分がIT業界のどんなメリットを享受したいのかをわかっていれば、志望動機にもつなげられるはずです。

 

 

未経験からIT業界へ!自分に適正があるかどうかを確認しよう

適正があるのかどうか

業界全体が伸びていて魅力的なIT業界。中途の未経験から転職する人もたくさんいます。

しかし未経験でIT業界に転職した人に意外と多いのが、「自分には合わなかった」ということです。

せっかくIT業界に転職できても自分に合わなかったら転職成功にはなりません。自分にIT業界への適正があるのかどうか事前に確認してみましょう

 

変化に柔軟に対応することができる

IT業界は20~30代の若手の需要が高い傾向にあります。

IT業界では毎日激動の変化に対応しなければならないからです。年齢を重ねてしまうと、なかなか変化に追いついていくのが難しい人多くいます。

IT業界では突然の仕様の変更や、昨日までしていたことが今日急にできなくなった、また新しい技術・サービスが生まれこれからはそっちをメインに、なんてことが頻繁にあります。

そんな状況の中でも、前のやり方に固執することなく柔軟に変化に対応できるかどうかは、重要な要素です。

 

 

勉強し続けることに抵抗がない

勉強し続ける

日進月歩で進化するIT業界。苦労して勉強したことでも、またまっさらサービスに対応するために一から勉強し直し、ということも多々あります。

プログラマー志望なら、1つプログラミング言語を覚えても、また次の言語の学習に移ることが必須です。

仕事終わりや土日でさえ勉強にあてている人もたくさんいます。勉強することに飽きず、学習意欲を維持できるかどうか、IT業界で成功するために必要なようそになります。

 

コンサル山田
コンサル山田

次々と新しい話がでてくるから常に勉強しなければならないんだ。そうしないと業界から取り残されてしまうんだ。

 

仕事をすることが好き

IT業界では一般的に、仕事が好きな人が多いです。

残業の有無を気にせず長時間仕事をする人が多い傾向があり、日々の変化に追いつくためにスピード感を意識して働く人が現場を占めていることが多々あります。

またチームで仕事を進める場合が多いので、チームワークを楽しんで仕事ができるかどうかも重要です。残業したくない、マイペースでいたい、ワークライフバランスが一番!という場合は、職場環境によってはツライ思いをしてしまいます。

コンサル山田
コンサル山田
ただ人あまり接すること無く自分の仕事に集中できる開発職もあるからな。人付き合いが苦手にな人におすすめ場合もある。

 

もちろん企業次第で、なかには他の業界よりもホワイト企業もたくさんありますが、「仕事好きな人が集まる業界」と覚悟しておいた方がよいでしょう。

 

 

未経験からIT業界へいくには前職の経験をしっかりアピール

前職の経験もアピール

「自分にはIT業界で働く適正がありそう!」そう自信が持てたら、前職の経験がIT業界に生かせるかどうかを考えてみましょう。

「未経験歓迎」の求人はたくさんありますが、IT業界未経験でも何かしらの接点を持っている人の方が実際採用の可能性は高くなります。

IT業界で未経験の人でもつきやすい職種としては営業、進行管理、SE・プログラマー、WEBデザイナーなどがあげられます。

たとえば法人営業の経験があると、IT業界の営業職に応募する場合かなりのプラスですし、私が働いていた広告会社でプロジェクトの指揮をとっていた人が、アプリやWEBサービスの進行管理の仕事に転職していった例もあります。

40代でもDTPデザインの経験があったためにWEBデザイナーとして採用された人もいます。

マネジメント経験なども、チームワークで仕事を進めることが多いIT業界では大きな武器となります。

IT業界が未経験でも、今までの仕事を振り返り、何かしらの接点や役に立つような経験がないかどうかを考えてみましょう。

 

未経験からプログラマー・開発職志望の場合

未経験からプログラマー
未経験でプログラマー・開発職志望の方は、今まで役に立ちそうな経験を見つけることも難しいですよね。

そんな場合には、資格を取得してアピールする方法があります。WEBやインターネット、システム開発への高い関心と勉強意欲をアピールすることができます。

またスクールで勉強するのもおすすめです。最近ではオンラインスクールも増えてきているので確認してみましょう。

 

資格を取得してみる

IT関連・システムエンジニア・技術開発職関連で有名な資格として下記があります。

 

  1. ITパスポート
  2. 情報処理技術者試験
  3. 応用情報技術者試験

 

実際には未経験だと情報処理技術者試験や応用情報技術者試験は難易度が高くなり、現実的ではありませんので、まずは「IT業界ってどんなものか」を知るためにITパスポートについて勉強してみるのがいいでしょう。

 

コンサル山田
コンサル山田

資格取得には時間がかかるから実際は試験勉強しながら転職活動をしたほうがいい

 

参考ITパスポート、情報処理技術者試験などを行っている独立行政法人情報処理推進機構
公式HP:https://www.jitec.ipa.go.jp/

 

 

スクールに通って勉強をする

SE・プログラマー、WEBデザイナーを目指したいという人は学校に行くことでスキルをアピールすることが可能です。

プログラミングスクールやWEBデザインスクールではただ技術を学ぶだけでなく、実務を想定したカリキュラムを組んでくれている学校もあります。

そのためその経験を武器に転職活動に挑むと完全未経験より採用確率が格段にアップします。またプログラミングスクール自体がプログラマーの職業支援をしていて、求人を紹介してくれるところもあるため、一見遠回りに見えますが、実は最短で就職できた、ということも。

最近ではオンラインスクールも増えています。

 

IT業界に特化した転職エージェントを利用する

今や転職を成功させるには欠かせないのが転職エージェント。

転職エージェントはたくさんありますが、IT業界に特化した転職エージェントを使うことが転職への近道です。

IT業界に特化した求人も多く、未経験可の求人情報もありますので未経験からIT業界へ転職する場合は登録しましょう。

 

未経験からIT業界へ転職 まとめ

未経験からIT業界へ転職する6つのポイントをご紹介してきました。

 

  • IT業界ってどんな業界かを知る
  • IT業界で働くメリットを理解
  • 自分にIT業界で働く適正があるかどうかを確認
  • 前職の経験をIT業界に生かせるかどうかを確認
  • プログラマー志望なら資格を取得・スクールに通う
  • IT業界に特化した転職エージェントを使う

 

日々変化・進歩し、これからもどんどん成長が見込まれるIT業界。

IT業界で働くことは、自分のキャリアにとっても必ずプラスになることは間違いありません。

正面からぶつかっていくのもいいですが、長く働くためにもご紹介したような準備をしておくことをおすすめします。ぜひIT業界への転職を成功させてくださいね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました