転職エージェントの選び方を解説!

未経験からIT業界へ転職!転職を成功させるために重要な6つのポイント

勉強し続けることに抵抗がない

転職市場で右肩上がりのIT業界。

システム開発に加えて、スマホアプリの開発・AIや自動運転など、トレンドが尽きることなく、盛り上がりをみせています。そのおかげでIT業界は常に売り手市場。良い意味でどこの企業も人手不足におちいっています。

しかし、未経験者にはハードルが高いと思われているのもIT業界です。

「IT業界にチャレンジしたい!」「でも、未経験には難しいかな…。」そんな悩みが尽きないIT業界に未経験から転職する6つのポイントをご紹介します。

未経験からIT業界へ転職するためには、準備が重要になってきます。こらからご紹介するポイントを抑えて、IT業界への転職を成功させてください。

IT業界の仕事内容紹介

IT業界のお仕事紹介

IT業界の転職で失敗する人の特徴は「IT業界で働きたい!」とアバウトに考える人です。

実は10年前とは異なり、IT業界といっても色々なサービスがあります。

WEBサイトを作ったり、ツイッターやインスタグラムのようなWEBサービスを作る企業、パソコンの本体を作る企業、スマホを作る企業、スマホで操作できるアプリを作る企業など様々です。

自分がIT業界の中で何がしたいのか?どんなサービスを提供したいのか?を具体的にイメージしましょう。

  • インターネット・ウェブ関連
    ウェブサイトやウェブサービスの開発します
  • システム開発関連
    企業向のシステムを開発します
  • ネットワーク関連
    ウェブやシステムが安定稼働できるよう構築・運用・保守を行います
  • ハードウェア開発関連
    家電・PC・スマホなどにシステムを組み込む仕事です

ハジメ

いきなり人工知能(機械学習)・ビッグデータ関連といっても難しいしイメージがつかないから身近なサービスで考えてみるといいぞ。

未経験であれば、自分が使ったことのあるサービスから始めることがオススメです。

このようにして、自分が具体的に何がしたいのか?をハッキリさせてから転職活動に挑むようにすることがポイントです。

\ 無料で診断 /適職診断を受けよう

IT業界で働くメリットがたくさん

IT業界のメリット

IT業界で働くメリットはたくさんあります。

その中でもIT業界で働くイチバンのメリットは、将来性があることです。

AIと呼ばれる人工知能(機械学習)、自動車運転の概念を変える自動運転、SNSなどの莫大な情報を整理して利用ユーザーに最適な提案をするビッグデータ。

これらはまだまだ開発途中であり、いまから数十年をかけて盛り上がりをみせていきます。

さらにIoTと呼ばれる、モノとITを組み合わせる技術。介護への活用も期待されるロボット技術。

これらを全てひっくるめてIT業界と呼んでいます。

ハジメ

IT業界は専門職なのでスキルがそのまま価値になる。スキルさえ身につけば、数十年は安泰な業界なんだ。

 

これからキャリアを積んでいくなかで、自動運転の技術を身に着けていくのか?それとも自動運転で仕事がなくなると言われているタクシー運転手をめざすのか?

将来性を考えてIT業界を選ぶ、という選択は正しいといえます。

 

未経験からIT業界へ!自分に適正があるかどうかを確認しよう

IT業界に適性があるか

将来性があり、専門スキルも身につき、給料も期待できるIT業界。他業界から未経験で転職する人が増えています。

しかし、未経験からIT業界にチャレンジして失敗する人もいます。

失敗した感じた人の中で1番多い理由は「自分にIT業界が合わなかった」です。

せっかくIT業界に未経験で転職できたとしても「自分に合わないな、ツライ」と感じてしまったら不幸の始まりです。

まずは自分に適正があるのか?を3つのポイントでチェックしてみましょう。

 

変化には柔軟に対応できる

IT業界はトレンド次々と出てくる、変化の激しい業界です。昨日まで主力だと思われていた技術が、明日には古い技術になっていることも珍しくありません。

年齢を重ねてしまうと変化が辛くなっていくのは皆そうですが、20代~30代から「変化が辛い…。」と思っているようであれば向いていないかもしれません。

逆に新しい技術がどんどん出てくるため、トレンドを追いかければ2~3年で最先端技術のパイオニア的存在になることができます。

こういった変化を楽しめる人であれば、間違いなくIT業界は向いています。

 

勉強をすることに抵抗がない

勉強し続けることに抵抗がない

変化に対応すると似ていますが、IT業界は常に勉強が必要になります。

次から次へと新しい技術が生まれてくるため、2~3年勉強しなければついていけなくなることも多々あります。

もちろん、何十年も使われているプログラミング言語もあったりと老舗となる技術はありますが、基本は廃れてしまうと思って新しいことをどんどん勉強する必要があります。

 

ハジメ

次々と新しい話がでてくるから常に勉強しなければならないんだ。そうしないと業界から取り残されてしまうんだ。

ただし、新しい技術といっても、今までの技術に少し毛が生えたレベルの技術であることがほとんです。新しいことを勉強しつづける、というよりも日々知識をアップデートするレベルの感覚でも十分やっていけますので、安心してくださいね。

 

仕事が好き

IT業界には、技術そのものが好きで、仕事熱心なビジネスパーソンが多いです。

残業することに抵抗がなく、長時間仕事する人も珍しくありません。日々の変化に追いつくためにスピード感を出して仕事をする人は多いからです。

また、IT業界は大きなシステムを開発するためにチームで仕事をすることがほとんどです。そのため、仕事好きな人と一緒になるとワークライフバランスが崩されることも多々あります。加えて、ITは24時間動いているものも多く、夜間にトラブルが起きると夜間出勤が必要になります。

プライベートと仕事とキッチリ分けることに向いていない業界であることは間違いありません。が、その中でもシフト制にしたりして、プライベートを安心して過ごせるように工夫しているホワイト企業は増えてきてはいますので、安心してください、

 

未経験からの転職を成功させる方法

未経験からの転職を成功させる秘訣をまとめています。

参考未経験からの転職を成功させる方法〜狙う業種や転職しやすい仕事は

\ 無料で診断 /適職診断を受けよう

未経験からIT業界へいくには前職の経験をしっかりアピール

前職をアピール

「自分でもIT業界にチャレンジできそう!」と思えたら、自分がIT業界にアピールできる経験があるのかを振り返ってみましょう。

IT業界は人手不足のため「未経験歓迎」の求人は多いですが、その中でも待遇の良い企業に入るためには活きる経験があったほうが有利になります。

中でも前職がデザイン関係や営業の人は、未経験でもIT業界に入りやすいです。

IT業界の人は基本的にコミュニケーション能力に自信がない人が多いので、コミュニケーション能力が勝負の営業の人はIT業界でも重宝されます。IT業界でもプレゼンや営業活動は必要なので、その切り口からIT業界への転職を成功させる人がいます。

デザイン関係はシステム開発と仕事の流れが似ているということで、未経験でもすぐに現場になれてしまうことが多いです。

また、40代でもDTPデザインの経験があったためにWEBデザイナーとして採用された人もいます。

一見遠そうなマネジメント経験もチームで仕事を進めていくIT業界でも大きな武器になります。

IT業界が未経験でも、今までの職歴を振り返り、何か接点がないか?を考えてみましょう!

未経験からプログラマー・開発職を志望する場合

残業少ない仕事
とはいっても、プログラマーや開発志望の人は「プログラマーや開発に役に立ちそうな経験があるか?」と考えてみても見つからないことがほとんどだと思います。

そんな場合でも安心してください。IT業界、とくにシステム開発関係のお仕事は資格が豊富です。WEBやインターネット技術の資格、基本情報技術者といったプログラマー専用の資格まであります。

また、最近はプログラミングスクールも盛り上がっていますので、資格を取得するだけにとどまらず、経験を積むこともできます。

 

資格を取得する

プログラマーやシステム開発志望であれば、それ専門の資格を保有していれば有利になります。

  • ITパスポート
  • 情報処理技術者試験
  • 応用情報技術者試験

まずは2~3週間ほど勉強して、ITパスポートを取得してみるのもいいと思います。もし、2ヶ月ほどガッツリ勉強する余裕があれば、情報処理技術者試験を受けるのが良いでしょう。

応用情報技術者試験はエンジニア業界に5年ほど務めていても取得していない人がいるほど、難易度が高いので、情報処理技術者試験に合格して時間があまれば取得するとよいでしょう。

 

ハジメ

資格取得には時間がかかってしまうので並行して転職活動を始めるのが賢いぞ。面接時に参考書を見せるだけでも意欲は示せるからな。

 

参考ITパスポート、情報処理技術者試験などを行っている独立行政法人情報処理推進機構
公式サイト:https://www.jitec.ipa.go.jp/

 

 

スクールに通ってプログラミングを勉強をする

プログラマーやシステム開発、さらにはWEBデザイナーを目指したいと決めている人はプログラミングスクールに通うのも1つの手段です。

ハジメ

最近のプログラミングスクールは、ただ教えてもらうだけでなく実際にチーム開発を経験させてくれるのもあるぞより実践的な技術を経験することができます。また、プログラミングスクールによってはそのまま就職支援をしてくれるところも現れています。

また、オンラインで完結するプログラミングスクールも出てきています。

IT業界に特化した転職エージェントの活用は有効

未経験でもIT業界へ転職を成功させたいのなら転職エージェントがおすすめです。

色々な転職エージェントがありますが、もちろんIT業界に特化した転職エージェントを使いましょう。

未経験でも待遇のよりIT企業など、今は増えています。

費用はかからないので、自分で探すよりも転職エージェントを経由して、より高待遇なIT企業に転職しましょう。

未経験からIT業界へ転職 まとめ

IT業界へ未経験から転職するポイントを6つご紹介してきました。

未経験からIT業界へ転職するポイント
  1. IT業界ってどんな業界かを知る
  2. IT業界で働くメリットを理解
  3. 自分にIT業界で働く適正があるかどうかを確認
  4. 前職の経験をIT業界に生かせるかどうかを確認
  5. プログラマー志望なら資格を取得・スクールに通う
  6. IT業界に特化した転職エージェントを使う

 

今もこれからも盛り上がっていくIT業界。

自分に適正があると思うのであれば、今の業界のキャリアを捨てて転職するほど価値があります。

もちろん、真正面からぶつかっていく転職も良いですが、待遇の良い自分に合った企業と出会うために準備をバッチリにしてIT業界の転職を成功させてくださいね。

 

商社業界未経験からの転職を成功させる方法について〜狙う業種や転職しやすいおすすめの仕事とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です