転職エージェントの選び方を解説!

IT業界に未経験から転職したい!向きor不向きや未経験からの給与は?IT業界おすすめ職種まで

IT業界未経験転職

将来性があり高収入も見込めるIT業界。

新サービスやAIなどの新しい技術の進化に伴い、業界の勢いは増すばかり。

IT業界への転職は、未経験者からもとても人気があります。

ハジメ

未経験からのおすすめ業界は「IT業界」です

 

伸びる業界ですからチャンスがたくさんあります。

リカさん

 

しかしながら転職先としてどんなに魅力的であっても「IT業界は専門知識や技術がないと未経験では転職できないのでは?」と不安に思う方もいらっしゃるでしょう。

 

安心してください。実際はそうではありません。

 

最近では未経験者でもIT業界で働くことができる企業も増えてきているのです。

 

この記事では未経験者がIT業界への転職を成功させるために、給与や勤務形態、必要な資格や、未経験者が転職しやすい職種、またIT業界が未経験者を受け入れる理由など、詳しい情報をまとめています。

IT業界への転職を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

目次

IT業界と一言にいってもさまざまなジャンルがあります

IT業界と一言にいってもさまざまなジャンルがあります

IT業界と一言で言ってもたくさんの種類が存在します。

職種や業界、その種類について代表的なものを一つ一つ詳しく説明します。

WEB関連業界について

Web関連には、Webデザイナー・Webマーケター・Webエンジニア・Webディレクターと言った職種があります。

WEBデザイナー

Web制作に置いて配色やフォントの選定といったデザインを主に行う職種。デザインに関する知識はもちろん、グラフィックソフトの操作スキルなどが必要です。Webディレクターの指示を受けながらグラフィックソフトを用いてデザイン案を作成していきます。

WEBディレクター

Webディレクターは、言うなればWeb制作現場の監督。クライアントから依頼を受けたニーズに答える企画を考え、プロジェクトの進行・管理を主な仕事とします。Web全般の知識に加えて、文章力やコミュニケーション能力、著作権をはじめとしたWeb表記の法律に関する知識などが必要となります。

WEBマーケター

Webマーケターは、インターネットを使ったプロモーション活動が主な仕事です。Webマーケティングの技術やサービスを用いて商品を宣伝・販売し売り上げに繋げるという役割を担い、インターネットマーケティングに関する知識や分析力が必要です。

WEBエンジニア

Webサービスに関連する開発や保守を主な仕事としています。身近なもので言うと、twitterやFacebookなどのSNS、動画配信サービスなど日々利用しているウェブサービスがこれに当たります。必要なスキルは、Webサービス開発用の言語を用いたプログラミングです。

 

ハジメ

WEB関連といってもたくさんありますよね。

 

システム開発について

システム系には、プログラマーやシステムエンジニアの2種類があります。

プログラマー

プログラマーは、ソフトウェア開発の基本となる職種。プログラム言語はもちろん、プログラムに関する技術も必要となります。

システムエンジニア(SE)

システムエンジニアは、システム開発に総合的に関わるのが主な仕事。

ソフトウェアの開発のみならず、マネージメントやコンサルティングを行う方もいます。必要なスキルは、基本的なプログラミングの知識のみ。プロジェクト全体に関わるためやりがいを感じられる職種です。

 

ハードウェア関連について

ハードウェア系では、携帯電話やスマートフォン、ゲーム機や家電などのハードウェアを扱います。

仕事の内容は主に、製品に組み込まれるシステムを開発すること。

製品の安全性はもちろん、機能の精確性も求められるため、高いスキルと特殊なプログラミング言語にも精通していることが必要となります。

 

情報処理・通信関連の業界

情報処理・通信関連の業界は、主に企業に情報システムの導入を行う際に、必要なる全てのサービスを提供するのが主な仕事です。

ハードウェア業界とソフトウェア業界の両方をカバーし、ハードウェアの選定やデータベースの構築、ソフトウェアの管理・開発などを行ったり、企業が抱えている課題を分析や解決など幅広く業務を担います。

この情報処理・通信関連の業界には、ITコンサルタントとセールスエンジニアの2種類があり、ITコンサルタントは、クライアントである企業の問題点をヒアリングして解決策を提案することが主な仕事です。

一方のセールスエンジニアは、クライアントに対して自社のサービスや製品をアピールしたり、クライアントの課題に対し効果的な提案を行うことを主な仕事としています。

 

\ 無料で診断 /適職診断を受けよう

IT業界の特徴や将来性について未経験の方も知っておこう

IT業界の特徴や将来性について

「IT業界をもっと詳しく知りたい」、「IT業界に興味はあるけど…今後はどうなるの?」と思っている方のために、ここでIT業界の特徴について紹介します。

 

IT業界への転職は急増!まさに成長中の業界

今では一つの職種として人気を集めているIT業界。まさにIT業界は成長中の業界であるということは間違いありません。

 

ハジメ

転職にIT業界を望んでいる人も多くいます。転職市場も盛り上がっています。

 

IT業界は、これからますます発展する可能性のある業界です。そして上記でも述べたように、ITと一言で言ってもその種類は様々。

自分が得意とするIT分野へ転職をすれば、楽しくお仕事をすることができます。

 

リモートワークやテレワーク、フリーランスなど働き方も多様化

IT業界では、わざわざ会社へ出勤して仕事をする必要はありません。

実は、IT業界はパソコンがあればどこでも仕事ができる職種。

リモートワークやテレワーク、フリーランスで仕事をしたい方にもうってつけです。

 

年功序列は関係ない!評価されるのは実力のみ

IT業界で働くために年齢は他の業界ほど一切関係ありません。

必要とされるのは、知識と実力。

また年功序列が少ない業界のため、年齢が若くても実力次第で大きな仕事に関われる可能性もあります。

古い業界でよくある勤続年数が長い人から順番に出世するわけではないため、自分の実力で勝負したいという方にはピッタリな職種なのです。

 

ハジメ

もちろん自分が年齢を重ねても実力がなければ評価されませんから。

 

 

ち密な作業ばかり 性格的に合う・合わないがはっきりしている

IT業界は業界特有の特徴があります。

代表例として、IT業界はち密な作業が多くあります。一人で地道な作業ができ人ではないとなかなか勤まりません。

またトラブルに弱い方も合わないかもしれません。IT業界ではバグやシステムトラブルなど突発的な問題が起きやすいからです。

そのようなトラブルに合った際、解決できる能力を持たない方はただただストレスを溜めてしまうことに。

 

反対に好奇心旺盛で機転を利かせることができる人であれば、IT業界に向いている人といえます。

 

労働時間は意外と長い?! IT業界の残業時間の現実

「IT業界はカッコイイ」という憧れだけで選んでしまと転職して後悔してしまう人が多くいます。

その理由は労働時間。

IT業界は、残業が多く意外と体力を必要とする職種です。

これはIT業界で初めて働く人が辞めたくなる大きな理由の一つ。

上記でも述べたように、IT業界ではいつトラブルが起きてしまうか分かりません。トラブルが起きればそれを解決するために時間を費やしますし、スケジュール通りに仕事が進まないと言ったことも起こります。

またそういったトラブルが納期前に起こってしまうと、急にヘルプに駆り出されるといったことも。そのため、決して楽な仕事ではないです。

転職して後悔

せっかく転職したのに後悔…大きく3パターンあるんです。

参考転職で後悔する代表的事例3つ!後悔したらまたすぐに転職ってできるの?事前の確認ポイントもご紹介

 

毎日のストレスも多い

IT業界は、ち密な作業が多いと上記で述べました。

ち密な作業が多いということはそれだけ神経を使うということです。一日中パソコンの画面と向かい合い、頭をフル回転させて細かい作業をする。

これだけでもかなりのストレスを感じるでしょう。また休みの日であっても緊急事態で人手が足りず、呼び出されることもあります。

上手に息抜きができる人でない限り、続けていくことは難しいです。

 

専門的な知識が必要 常に最新情報を勉強し続ける

IT業界は、専門的な知識が必要不可欠。

常に最新情報を知っておく必要があるため、勉強は欠かせません。今実力があったとしても新しい技術はどんどん生まれてきます。

時代のニーズに合わせて動くIT業界ですので、日々勉強や学ぶ努力も必要です。

長くIT業界で働きたいと望んでいるのであれば、新しいことを学び続ける努力をしなければならないのです。

 

これからくるAI時代 将来性は抜群!

これから先、AI技術がどんどん進み人間の仕事場が奪われてしまうのではないかと心配の声が多く上がっていますが、そもそもITに詳しい人がいなければAI技術は進みません。

そのためIT業界が注目を浴びているのです。

IT業界は、企業だけでなく人々の暮らしも豊かにする目的で作られた技術です。その技術をAIに注ぎこめば、更なる国の発展にもつながります。

まさにIT業界は将来性の高い職種と言えるでしょう。

 

▲目次に戻る

未経験でも転職OK!IT業界への転職が向いている人・向いていない人

未経験でも転職OK!

未経験からIT業界に転職することはもちろん可能です。

IT業界はどんな人が向いているのか、ご紹介していきます。

未経験者がIT業界に転職したい!年齢制限は?

まずはIT業界の年齢です。IT業界では年齢制限は設けられていません。上記でも述べたように、IT業界に求められるのは、年齢ではなく「実力」。

実力さえあれば年齢は関係なく転職することができます。

ただし未経験者となるとやはり20代までが一般的です。未経験で35歳、40代以上となると現実かなり厳しくなるでしょう。

 

男性・女性 向き不向きはある?

IT業界といえば、男性が多くいるイメージではありますが、女性も多くIT業界で活躍しています。

男性・女性どちらの方が向いているのか一概には言えません。

女性であっても、実力があれば男性よりも上の立場に立つ事も可能です。また女性の方が細かい作業に向いているため、IT業界でも働きやすいのかもしれません。

 

ハジメ

男女比はIT業界でもウェブ関連とシステム関連で変わってきます。ウェブ関連は女性も多く活躍してます。

 

常に勉強し続けられる人はIT業界に向いている

「常に勉強することが好き」「知らないことを調べることは苦にならない」という方は、IT業界に向いています。

IT業界では常に最新の情報を抑えて置くことがとても大切です。時代の変化と共に新しい技術がどんどん生まれてきます。

変化についていくことができなければ、周りとどんどん差を広げられてしまうことにもなりますし、何より情報不足でも仕事もできなくなってしまうのです。

そのため勉強し続けられる人でない限り、IT業界への転職は難しくなるのです。

 

自分で考え、新しいものを作り出すことが好き

IT業界では最新の情報も大切ではありますが、自分で考え新しいものを作り出すことも大切です。

そのため、好奇心旺盛な方や普段から新しいものを考えるのが好きという方には、IT業界はまさに天職

自分のひらめきを頼りに楽しくお仕事をすることができます。

天職とは

転職するなら「天職」に巡り会いたいですよね。天職に関する記事はコチラ。

参考天職とは?天職を見るけ方法から天職に就くための転職術

 

システムエンジニアなどの開発職は地道な作業・ち密な作業が得意な人

IT業界の中でもシステムエンジニアなどの開発職は職種と比べると地道な作業やち密な作業がほとんど。

一つのことをコツコツとやる作業が好き、または得意という方に向いています。

逆に一つのことをコツコツと集中して行うのは無理という方は、残念ながらIT業界の開発職には不向き。

 

 

▲目次に戻る

\ 無料で診断 /適職診断を受けよう

未経験からIT業界に転職したい!未経験でもできる職種は

未経験からIT業界に転職したい!

IT業界には、様々な職種があるということを冒頭で述べました。

ではどのような仕事についていた方が、どのようなIT業界の職種に向いているのか。必要な資格や前職を活かせるスキルについて紹介します。

 

IT業界への転職!未経験でも求人が多い理由

IT業界は専門的な知識を必要としますが、未経験者でも受け入れてくれるIT業界は多くあります。

ではなぜ未経験者であってもIT業界は募集をかけるのか。

大きな理由は人手不足です。

 

業界や市場が伸びているので慢性的に人手不足であるのはもちろんのこと、IT業界は人の入れ替わりが激しい職種。退職する理由は勤務時間や給与、人間関係などが挙げられますが、人の入れ替わりが激しいとなると次第に人手不足に陥ります。

 

その人手不足を解消するため「未経験者でもいいから入社して欲しい」という思いから求人を出すというわけです。

未経験者ですから最初からうまく仕事ができるわけではありませんが教えれば何とかなるのではないか、という企業の考えもあるようではないでしょうか。

そのため未経験者でもIT業界で仕事をすることが可能となるのです。

 

営業職・コンサル職:業界が変わってもビジネススキルが活かせる

IT業界といっても開発職だけではありません。IT業界には、自社の製品をアピールするセールスエンジニアや企業の問題点を解決してあらたな提案を提供するITコンサルタントという職種が存在するからです。

営業職やコンサル職を前職していた方は、業界が変わってもビジネススキルを活かすことができます。自分がこれまで培ってきたスキルをこれまで同様に活かすことができるのです。

 

マーケティング職:マーケティングに従事していれば経験が活かせる

マーケティングに従事していた経験がある方は、マーケティング職を選んでみてはいかがでしょう。

IT業界には、上記で述べたWEBマーケティングとデータアナリストがあります。

データアナリストは「ビッグデータ」と呼ばれるデータの中から、様々な法則を見つけ出しターゲットの動向や将来的なニーズを導き出すことが主な仕事。この導き出したニーズを元に、事業の成長や問題解決を考案するのです。

 

Webマーケティングもデータアナリストも集めたデータを元に企業にとって効果的となる策を見出します。マーケティングに従事していた方であれば、将来的なニーズをとらえることも得意なため、この2つがおすすめというわけです。

 

エンジニア職:まずはスクールでスキルを身につけて!

エンジニア職は、IT業界の中でも人気の高い職種です。

しかし何の専門知識を持たない方は、エンジニア職に就くことはまず不可能です。

まずはスクールで専門的なスキルを身に付けることから始めてみましょう。ある程度知識を身につけることができたら、求人を元に企業を選び応募すると、受かる可能性も高くなります。

 

クリエイター職(デザイナー職)

クリエイター職は、WEBコンテンツやWEBサイトの制作作業全般を担うのが主な仕事です。

クリエイターは企業に所属する働き方と、フリーランスで働くという2つの方法があります。

未経験者であれば、企業に所属してスキルを磨き、人脈を増やしてからフリーランスとして働くことがおすすめ。未経験者でフリーランスとなっても、スキルも人脈も全くないため仕事が回ってきません。

そのためクリエイター職を目指すのあれば、まずは企業に所属して色々と学びましょう。

 

▲目次に戻る

「未経験OK」の転職情報には要注意!ブラック企業の可能性も…

「未経験OK」の転職情報には要注意

IT業界の転職情報には、「未経験者OK」と書かれた募集もありますが中には、ブラック企業である可能性もないことはありません。

IT業界のブラック企業にはどのような特徴があるのか。

見分ける際のポイントにもなりますので、ぜひ覚えておいてください。

 

IT業界のブラック企業の特徴・給与や勤務時間は

IT業界のブラック企業の特徴は、給与や勤務時間をチェックすべきです。

勤務時間自体は、通常のIT業界でも長いのですが労働基準法では、たとえIT企業であろうと1日8時間、1週間に40時間を超えて労働させてはならないとされています。

近年では、働き方改革が見直され、きちんと法律に乗っとった勤務時間の会社が増えてきましたがまだまだ長時間労働や休日が少ない企業もたくさんあります。

中には残業代を違法に支払わないブラック企業も存在しますので未経験からIT業界に行く際は「労働条件」の確認は必須です。

ブラック企業の見分け方

転職する前にはブラック企業の見分け方を知っておきましょう。

参考ブラック企業の特徴と見分け方!事前のリサーチや面接でブラック企業を見抜く方法

 

未経験者の大量募集や高給すぎる求人は要注意!

未経験者を大量に募集したり、高給とうたっている求人は怪しんだ方が良いでしょう。

IT業界はお金が稼げる職種ではありますが、未経験者が最初から高給な額をもらうこと自体不自然だからです。IT業界は未経験の場合、それほど専門的な知識を持っていないことがほとんどです。会社に入って自分の実力をつけていくため、最初は高い給料をもらえません。最初から高給というのはあり得ないのです。

また大量に未経験からのIT職を募集している企業も要注意。大量に募集するということは、薄給激務で社員を使い捨てか、大量の社員を厳しく追い込んで使える社員を残すというという会社の可能性もあります。

転職口コミサイトなどで企業の情報を事前にしっかり集めることが先決です。

転職口コミサイト

実際に働いている社員の口コミを見たいなら「転職口コミサイト」必見です。

参考転職口コミサイトを徹底比較!私が利用して「信頼できる」と思った転職口コミサイトを4つ紹介します。

 

▲目次に戻る

未経験からIT業界に転職を成功させるには

どうすれば未経験からIT業界に転職することができるのか。転職を成功させるための秘訣をここで紹介します。

ぜひ自分に合った働き方を見つけてみてください。

大企業?中小?ベンチャー? あなたの理想に合う働き方を

大企業・中小企業・ベンチャー企業とそれぞれ特徴が異なります。

大企業

大企業は、基盤がしっかりとしておりブランド力があります。従業員数も多く大きなプロジェクトを抱えているのも大企業ならではの特徴。

優秀な人材を集めているため社内競争は厳しいです。

中小企業

中小企業は、従業員数が少ないため、様々な業務を担当することができスキルアップにつながります。自分の企画やアイデアが認められれば、プロジェクトに参加できるチャンスも。

その反面、部署や営業所が多いことから、状況に応じて異動を命じられることもあります。

 

べンチャー企業

ベンチャー企業は、新しい技術や革新的な技術や知識を元に、新しい事業形態やサービスを提供することを目的として作られた企業です。投資家などから資金を援助してもらって会社を立ち上げ、急成長を目的として作られます。中々成長できず、ビジネスモデルとして不安定な企業もまだまだたくさんあるのが実情です。

逆に提供しているサービスが世の中から認められるようになれば、急速に発展する企業でもあります。

 

未経験からの場合、「中小企業」か「べンチャー企業」からスタートというのが多くなるでしょう。

とはいえ数年前はべンチャー企業だった会社でもわずか数年前で東証一部上場、数千人規模の会社に成長しか会社もたくさんあります。そういった規模の会社でも未経験からIT職をたくさん求めていますので幅広く探してみましょう。

 

未経験者の研修プログラムが充実した会社を選ぶ

IT業界未経験者のための研修プログラムを組んでいる会社もあります。

研修プログラムを受けることで、自分がこの会社で何をすれば良いのか、どれだけのスキルを求められているのかが分かり、安心して仕事を続けることができるきっかけにも。

また研修ですので、分からないことを聞いても上司に怒られることもないため、不安を抱かずにどんどん質問もできます。

研修プログラムが充実している企業こそ、本気で従業員のことを思っている企業である証。検収プログラムが充実しているのかどうかも、忘れずにチェックしましょう。

 

転職保証付きのスクールを受講する

未経験からIT開発職やWEBクリエイター系を目指したい方はスクールに行くもの確実は方法の一つです。

最近のプログラミングスクールやWEBデザインスクールではただ技術を学ぶだけでなく、企業入社後の実務を想定したカリキュラムを組んでくれているスクールもあります。

大手IT企業と提携しているスクールもあり、卒業のタイミングで就職先も紹介していくれます。

ハジメ

プログラミングスクールではこの2社がおすすめですよ。

TECH::EXPERT

TECH::EXPERT

TECH::EXPERT では未経験からエンジニアでの就職・転職を目指すプログラミングスクールです。

スクールで学習するだけではなく卒業後も転職できるようキャリアアドバイザーがマンツーマンでサポート。

公式URL https://tech-camp.in/

 

DMM WEB CAMPDMMwebCAMP

DMM WEB CAMPでは業界初の就職保証付きのプログラミングスクール。

IT業界未経験でも3ヶ月という短期間で高いエンジニアスキルを身につけることが可能というの特徴です。

受講完了後3ヶ月以内に転職・就職できなければ全額返金という保証も付いています。

公式URLhttps://web-camp.io/

 

▲目次に戻る

IT業界に未経験から転職したい まとめ

未経験者がIT業界に就職することはできるのか、またIT業界がどのような業界なのかについて紹介しました。

IT業界は急成長の業界です。伸びている業界で働くことは様々なチャンスもありますし自分自身の成長にもつながるのでおすすめです。

ぜひ今回ご紹介した記事を参考に未経験の方でもIT業界へチャレンジしてみてください。

 

未経験から転職未経験からの転職を成功させる方法について〜狙う業種や転職しやすいおすすめの仕事とは 天職天職とは?天職を見るけ方法から天職に就くための転職術 テレワークについてテレワークってどんな働き方なの?メリット・デメリットについても分かりやすく解説
 第二新卒での転職転職で後悔する代表的事例3つ!後悔したらまたすぐに転職ってできるの?事前の確認ポイントもご紹介 ブラック企業の見分け方ブラック企業の特徴と見分け方!事前のリサーチや面接でブラック企業を見抜く方法

▲目次に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です