転職エージェントの選び方を解説!

未経験業界・職種へ転職したい!未経験OKな企業への転職を成功させるコツとは

商社業界

求人に目を通しているとよく見かけるのが「未経験可」の募集です。

転職を考えていて、憧れの業界に「未経験可」の求人があれば、チャレンジしたいと考えるでしょう。

しかし転職は、キャリアにおいて非常に大きな決断です。
未経験で転職をして「失敗した…」と後悔することになっては取り返しがつきません。

今回は企業が求めている未経験者の意味と未経験でも転職を成功させるコツについてご紹介します。

未経験業界・職種への転職を成功させるための参考にしてください。

 

未経験求人の秘密!なぜ未経験者を募集するのか

求人を見ているとよく見かけるのが「未経験者歓迎」「未経験可」の募集です。

本来、中途採用では即戦力が求められることが多いですが、なぜ未経験者を募集する求人は数多くあるのでしょうか。
また本当に未経験でも採用される可能性はあるのでしょうか。

この章では企業が求める未経験者の本当の意味を解説します。

経験者があまりいない職種

工場の製造業や宅配ドライバー、バス運転手など、専門性や資格が必要そうにみえる職種において未経験歓迎の求人が多いのはなぜでしょうか。

実はこれらの職種は元々経験者が少ない上に人手不足で人材を求めている企業が多く、未経験者を一から育てる教育体制が整っているため、未経験者の採用を積極的に行っている企業がよく見受けられます。

また医療・福祉関係の職種でも、資格取得支援制度がある企業も多く、資格を持っていない未経験者でも採用されやすい傾向にあります。

 

業績が伸びている企業・業界

業績が伸びている企業や業界でも未経験者を積極的に採用することがあります。

業績が伸びている業界では事業拡大のために人手不足になりやすいため、未経験者の増員をする企業が多くあります。
新しい事業を始めるためにその人が持つさまざまな経験を求めており、業界未経験者であっても積極的に採用されることがあるのです。

またあなたの持つスキルや人柄を重視されることが多くあるため、未経験者だからと諦めるのではなく積極的に自分の経験やスキルをアピールすることで成長業界への転職を成功させることができるでしょう。

 

柔軟性のある人材を求めている

未経験者を募集する企業の中には「柔軟性のある人材」を求めていることがあります。

経験者を採用すると以前いた企業のやり方や業界ならではの常識にしばられてしまうことがあります。

未経験者であれば新しい環境へ柔軟に対応できるとともに、一から自社で育成できるため活躍できそうだと思えば経験を問わず採用する企業は多くあるのです。

また社会人経験によって基本的なビジネスマナーが備わっていることで、育成する負担が少ないことやよりよいやり方を提案してくれることなども期待されるでしょう。

 

実は優先して採用されるのは「経験者」「第二新卒」

では「未経験可」の求人であれば採用される可能性が高いと思ってよいのでしょうか。

実は未経験歓迎の求人だからといって安心ではいられません。

もちろん求人には「未経験可」と書かれていますが、応募する人の中には未経験者だけではなく経験者も含まれます。

そのため採用予定人数が少なければ経験者や第二新卒から採用することが多いのが現実です。
「未経験可」と書かれている求人であっても、そもそも未経験者を求めている場合は少なく、経験者の応募が少ないから未経験可としていることがあるのです。

もちろん採用側は経験だけでなく、人柄もみているため必ずしも経験者に勝てないという訳ではありませんが、自分がいかに新しい企業で貢献できるかをしっかりアピールする必要があります。

 

「未経験」の対象を知りたい!

求人を見ていると「業種未経験」「職種未経験」など未経験可の求人の中にはいくつかの種類があります。

伸びている業界は、市場が拡大しているので人手不足です。

そのため他の業界から転職してくる未経験者が多いのです。また業界が伸びているので新しい仕事、技術、人材が集まってきて毎日エキサイティングで楽しいのです。

 

私自身がインターネット系広告代理店に勤務していたのですが、「中途採用者はほとんどが業界未経験」でした。

ハジメ

業界自体が新しいからそもそも経験者が少なかったんだ。

 

また広告業界では、日々あらゆる業界のクライアントから相談を受け、商品やサービスが売れるように一緒に考える仕事をします。そのため新卒から広告業界にいる人は、よくも悪くも知識が広告のみの「業界に対して浅い知識」なってしまいがちです。

たとえば広告主で美容系や英会話、金融系が多い広告代理店の場合、同じく美容業界出身者、英会話スクール出身者、金融業界出身者は業界のことをよく知っている人材として重宝されるのです。

 

また人材業界に関しても同じです。自分の専門性や経験があると、その業界を志望する求職者にアドバイスをしやすいというメリットがあります。それに実際に転職を経験した人の言葉にはより説得力がありますよね。近年は就職状況が「売り手市場」と言われるように近年求人数も上がってきているので、人材業界も人手を欲している今が転職のチャンスかもしれません!

 

このように市場自体が伸びている業界だとそもそも人手不足のため業界未経験でも大歓迎なのと、別業界の知識・経験が必要ということで転職先として狙い目なのです。

 

未経験者が多い業界を狙う

専門性が必要そうに思える一方で意外と未経験でも応募可能な求人が多い、そんな業界を以下でご紹介します。

中には年間を通して業界未経験者を募集していることが多い業界もあります。やはり求人を出しているということは離職率が高い可能性があります。

業界リサーチはもちろんのことどういう会社なのかの企業リサーチもしっかり行って自分がどうしていきたいかというキャリアプランをじっくり考えましょう。

 

「美容業界」は女性に人気

エステサロンやマッサージを筆頭とした美容業界は、女性の転職では人気の業界。

専門知識が必要そうに見えますが、しっかりと研修をしてくれる企業が多いのでご安心下さい。この業界は女性が大半を構成しているため、結婚や出産などで離職者が一定数出てしまいます。

そのため未経験者も募集している求人が多々あるので、美容に興味がある方は考えてみてはいかがでしょうか

 

MEMO
女性の転職
女性の転職について考えなければならないこと
参考【女性の転職】厳しい現状でも「自分のしたい仕事」に就くために

「商社業界」高給取り

商社業界

商社というと激務で高給取りのイメージがありますが、それは三菱商事や三井物産、丸紅などの大手総合商社によるもので、世界を股にかける大手総合商社から、専門的な資材のみ扱う専門商社まで様々な商社があります。

商社は基本的に「ものを買い付けて売る」というコーディネーター的存在をしているので、販売経験があれば意外と受かりやすいのが実情です。

おすすめは専門商社です。専門商社だと一つの商材への専門性が高まるので、次に転職する際も動きやすくなります。

 

「IT業界」未経験PG・SE募集の求人もある

IT業界

 

IT業界は人手が足りていない会社が多く、業界未経験でも応募できる求人がたくさんあります。

なかにはプログラマー(PG)・SEさえも、未経験OKで入社後研修を通じて育てる、という会社も。しかし未経験OKだからと安易に転職してしまうのは要注意。

自分自身でプログラミングを勉強するくらい関心があったり、本を読んだりするくらいの意欲がないと日進月歩のテクノロジーの世界についていくことはできません。逆に情報への感度が高く年齢的にも若いのであれば、未経験でも思い切って応募してみてはいかがでしょうか。

 

MEMO
未経験からIT業界へ
未経験から人気のIT業界へ転職する6ポイントをまとめています。
参考IT業界へ未経験からの転職!転職を成功させるためにはこの6つが重要

「不動産業界」人の入れ替えが激しい

不動産業界

不動産業界は未経験OKな求人が年間を通してたくさん出ています。成績がよいと歩合がついたりと高給な場合が多いですが、ノルマの達成はなかなかきついもの。

また「将来不動産投資のために、不動産業界で勉強したい」という人も多く、ある程度の知識を得た後に転職する人が一定数います。そのため人の出入りが激しいのですが、業界未経験者でも応募しやすくはあります。

ただし投資用不動産会社はブラック企業が多く存在しているので要注意です。

 

ここで営業経験をつけて、再度転職をするのも一つの手です。

 

「保険業界」扱う商品が様々

保険業界

 

保険業界では扱う商材が多岐に渡るため、業界経験者でも転職をすると一から勉強のし直しということが少なくありません。

また保険業界出身者でも、転職のたびに必要な資格を取りなおさなければならないので、保険業界は経験・未経験にこだわらず募集をかけている会社が多数あります。保険業界もノルマがきついイメージがありますが、金融業界へ転職するステップにも繋がるので、保険業界の経験があると転職市場では価値が上がります。

最近では来店型の保険ショップも増えてきており、個人向け飛び込み営業・テレアポ営業ではない事前予約の来店スタイルがおすすめです。

保険販売員の資格をとって独立することも可能です。

 

「介護業界」資格は入社後でOK

少子高齢化の影響もあり、人手不足が深刻な介護業界。資格が必要というイメージがありますが、人手不足のために入社してから資格を取るサポートをするという企業も増えています。

ブラックなイメージが強いために、最近では働き方を重視する会社も増えてきているので、条件のよい求人があれば狙い目かもしれません。

業界的には今後社会に必要な業界なので現場スタップもよいですが、介護業界への新しいテクノロジーを導入するような企業がよいでしょう。

 

年間通して求人だしている企業はブラック企業の可能性もあります。短期間で業界経験を積んで次の会社へステップアップする、方法もありますがよく調査してから転職を考えましょう。

 

MEMO
ブラック企業を見抜く
「未経験歓迎!」で大量採用の会社はブラック企業の可能性があります。ブラック企業の見抜き方ご紹介しています。
参考ブラック企業を見抜け!事前のリサーチと面接でブラック企業を見抜くポイントとは

未経験でも転職できる業界 まとめ

未経験からで転職しやすい業界をご紹介してきました。

未経験からでも転職しやすいのは職種はこれまでと一緒で「伸びている業界」「自分が興味をもてる業界」への転職がよいのです。

業界が変わるだけで大活躍して自分自身が大きく成長できることもあります。

ただし誰でもOKの業界・会社は慢性的にブラックな可能性もありますので要注意です。

 

今の業界で伸び悩んでいるのでしたら心機一転新しい業界へチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

伸びる業界伸びる業界へ転職して人生逆転!この先10年伸びる業界を一挙紹介! 勉強し続けることに抵抗がない未経験からIT業界へ転職!転職を成功させるために重要な6つのポイント ブラック企業の見分け方ブラック企業の特徴と見分け方!事前のリサーチや面接でブラック企業を見抜く方法 女性の転職女性の転職って現状どうなの?無理せず「自分がしたい仕事」に就くために

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です