転職スタイル只今リニューアル中!

転職エージェントおすすめ13社!キャリア別に実際に利用した転職成功者が詳細に紹介

転職エージェントおすすめ13社

転職エージェントを使って転職。

最近では当たり前になってきましたが転職エージェントと一言にいっても自分のキャリア・経験別に使い分けをしなければなりません。

以前は若手の転職はリクナビNEXTといった転職サイト、経験・実績があり年収高い人はリクルートエージェント・dodaエージェントといった転職エージェントを利用する、と別れていました。

しかし、今は転職するすべての人に転職エージェントの活用が必須です。

 

でも転職エージェントもたくさんあってどれがいいのか?何社登録すればいいのか?よくわかりません。

リカさん

 

ハジメ

自分のキャリア・経歴にあった転職エージェントを選ばないと遠回りになっちゃうんです。

 

たとえば「20代後半から30代中盤の伸び盛りビジネスパーソン向け転職エージェント」、「部長・役員といったハイクラス・エグゼクティブ向けの転職エージェント」、「第二新卒・職歴なし・フリーター向け転職エージェント」、「ITエンジニア向け転職エージェント」といったように転職エージェントもそれぞれの年齢・キャリアに特化してきています。

転職エージェントを利用する際は自分の年齢・キャリア・職種にぴったり合った転職エージェントを選ばなければなりません。

 

そこで今回、実際に職歴なしからマネジメントクラスまでさまざまな転職エージェントを実際に利用して転職を成功させてきた筆者が、おすすめ転職エージェントを分かりやすく紹介してきます。

自分に合った転職エージェント探している方はぜひこの記事を参考にしてください。

 

この記事で伝えていること
  • 転職エージェントってどんなサービス?
  • 転職エージェントを利用する際の事前注意点
  • タイプ別おすすめ転職エージェント

 

転職エージェントおすすめ一覧を見たい方はコチラ

 

転職エージェントとは?

転職エージェントとは、求職者(アナタ)の代理人(エージェント)が企業との間に入り転職をサポートするサービスです。

 

転職エージェントのメリット

 

転職エージェントとは
  • 転職のプロであるエージェントが求職者の希望を聞いた上で企業を紹介する
  • 紹介はアナタの経験・キャリア・人柄にあった企業
  • 企業の人事担当者・経営層と面識・コネクションがある
  • 一般的に出回ってない特別な「非公開求人」をもっていることがある
  • 求職者(アナタ)は転職エージェントの利用無料
  • 採用する企業側が求職者を採用した時に年収の◯◯%を支払う

 

転職エージェントの場合は、転職のプロであるエージェントが求職者(アナタ)の転職希望と面談を行い、これまでの経験や実績・スキル・人柄から、求職者(アナタ)に合った企業を紹介してくれます。

転職エージェントは企業側の人事担当や経営陣と直接連絡できる関係なので、自力で応募するよりも有利に転職活動を進められます。

 

また転職エージェントは一般的に求人広告として出回ってない「非公開求人」や「特別ポジション」の募集などの案件を持っています。

 

ハジメ

企業によっては新規プロジェクト関係の求人などは隠しておきたいんだ。

 

そして転職エージェントの利用料金に関しては求職者(アナタ)は無料です。

 

転職エージェントの費用は採用する企業側が採用時に「採用した人の年収の◯◯%を支払う」という契約が一般的です。

転職エージェントとしても自分が紹介した人が採用されれば数百万円の売上になるので、一生懸命サポートしてくれるというメリットがあります。

 

「転職サイト」と「転職エージェント」は実は違います

以前からあった「転職サイト」とは厳密に違いがあります。

ハジメ

一緒にして紹介しているところもありますが、「転職サイト」と「転職エージェント」は明確に違います。

 

転職サイトの場合は、サイトに自分の情報を登録し自分で希望条件を入れて検索をし求人企業に応募をします。

 

転職サイトのメリット

 

登録企業がオンラインで応募してきた人の経歴などを見て「書類選考」→「面接」→「採用」という流れになります。

基本的には企業側と求職者(アナタ)のみでのやりとりで「転職サイト」側が何かをサポートしてくれるわけではありません。

もちろん転職サイトの利用料金も求職者(アナタ)は無料です。

 

転職サイトは利用自体が気軽にできるのと、登録企業も気軽に登録できることもあり求人登録数が多いのがメリットです。

 

ハジメ

リクルートやマイナビのように「転職エージェント」も「転職サイト」も運営しているところも多いから、同じ意味で使っている人も多いんだが、厳密には違うサービスなんだ。

 

転職エージェント 転職サイト
気軽さ △

エージェントとの面談などあり

◎

オンライン登録可能

サポート ◎応募書類の書き方、面接のポイントなどなでサポートしてくる △サイトの掲載情報で対応
求人件数 ◯転職サイトと比べると数は少ないが、非公開求人や特殊ポジションの案件などあり ◎企業側も気軽に利用できるため求人企業数が多い
決定力 ◎人事担当者や経営層とつながっているので決定力あり △
自分のチカラで勝負
利用料
(求職者)
◎
無料
(採用時企業側が支払う)
◎
無料
(企業側が負担)

 

ハジメ

転職は情報量が重要なのでまずは両方利用してみるのがおすすめですよ。

 

利用はどちらも無料ですからね。

リカさん

 

転職エージェントおすすめ一覧を見たい方はコチラ

 

転職エージェントにはキャリア別にタイプがあります

転職エージェントには4つのタイプがある

 

転職エージェントにはいくつかのタイプがあります。

ハジメ

大きく4つのタイプに分類されます。

 

転職エージェントのタイプ
  • 20代後半から30代全般と幅広い年齢層で、さまざまな業界に対して幅広い求人案件をもつ「総合型転職エージェント」。リクルートdoda(デューダ)などが有名
  • これから伸びる「20代若手向けの転職エージェント」。マイナビエージェントや20代の転職相談所(ブラッシュアップジャパン)が有名です。
  • 経営者・部長・マネージャークラス・ハイキャリア・特別な資格者を中心とした「ハイクラス向け転職エージェント」。BIZREACH(ビズリーチ)やJACリクルートメントなどが有名です。
  • フリーター・第二新卒・職歴なし向けの「キャリア浅い・未経験向け転職エージェント」。JAICや就職Shop(リクルート)が有名です。

 

このように年齢・キャリア・狙うポジションによって転職エージェントが異なってきます。自分の特性・希望と違う転職エージェントを選んでしまうと転職活動が厳しくなってしまいます。

自分のキャリア・希望・特性にあった転職エージェントを選びましょう。

 

転職エージェントおすすめ一覧を見たい方はコチラ

 

転職エージェントの選び方と注意点

転職エージェント選び方と注意点

 

国内には数多くの転職エージェントがあります。

 

ハジメ

新規参入する新しい転職エージェントもたくさんあるんです。

 

たくさんある転職エージェントですが実のところサポート体制や求人の質など転職エージェントによって差があります。

悪質な転職エージェントの場合、転職希望者に対して本人の意向とは無関係に内定の出しやすい企業を強引に勧めてくる場合などがあります。

転職エージェントに乗せられて自分の希望にそわない転職をしないように転職エージェント選びは注意しましょう。

 

転職エージェントの基本的な選び方

転職エージェントを選ぶ際は1社に絞らず、必ず

  1. 大手の「総合型転職エージェント」1〜2社登録
  2. 追加で自分の特性にあった転職エージェントを1〜2社登録

 

しましょう。

 

転職エージェントは登録・利用は無料です。

最初はなるべく多くの転職エージェントを複数社選び、実際に利用してみて「この会社は信頼できる」「この転職エージェントは紹介の質が良い」という1〜2社に絞り込みましょう。

もちろん有名な転職エージェントでも「担当者」によってサポートの質が変わることがあります。

担当者と合わないと感じたら担当者を変えてもらうか別の転職エージェントを利用しましょう。

ハジメ

転職エージェント側も「紹介できるところが少ない」と判断したら申込みを断ることもあるんです。

 

断られることを見越して多めに登録しておいたほうがいいですね。

リカさん

 

転職エージェントの選び方
  1. 大手の「総合型転職エージェント」1〜2社登録
  2. 追加で自分のキャリアにあった転職エージェントを1〜2社登録
  3. 無料なので複数社利用してみて最終1〜2社に絞り込む
  4. 担当者によってサポートの質が変わることがあるので、担当者と合わないと感じたら担当者変更か他の転職エージェントを追加利用

 

ハジメ

ここからキャリア別に転職エージェントおすすめ一覧を紹介します

 

総合型おすすめ転職エージェント一覧

ここから私が実際に利用&調査したおすすめの転職エージェントを具体的にご紹介いたします。
▲一度目次に戻る方はコチラから

 

最初に紹介するのは「総合型の転職エージェント」です。

「20代後半から30代全般と幅広い年齢層」「さまざまな業界に対して多数の求人案件」をもつ一定のキャリアがある20代後半から30代は候補となる求人案件の種類・ポジションも多く、転職を優位に進められますので転職エージェントの登録はまずは案件数の業界多い大手転職エージェントから選びましょう。

おすすめの転職エージェントはこの4社です。どれも大手なのでまだ登録していなところがあれば登録してみましょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

【おすすめ度】5 out of 5 stars
【公式サイト】https://www.r-agent.com/

総合型転職エージェントおすすめNo.1は業界最大手で求人案件数はNo.1のリクルート社が運営している「リクルートエージェント」です。

企業側・求職者ともに登録が多く、非公開求人もトップラス。人材・転職業界で歴史があり転職に関するノウハウも豊富です。知らない人がいないリクルートエージェントは登録必須の転職エージェントです。

おすすめポイント
  • 転職業界No.1の王者
    求人数No.1のリクルートエージェント。一般公開している求人の他に10万件以上の非公開求人を取り揃えています。
  • 実績豊富な転職エージェント陣
    リクルートエージェントは、各業界・各業種に精通したキャリアアドバイザーが、求職者の希望やスキルに沿った求人を、厳選してご紹介しています。
  • 転職サポートも充実
    470名いるリクルートエージェントのアドバイザーは、求人紹介をするだけではありません。職務経歴書・履歴書などの書類の添削、独自に分析した業界・企業情報の提供、志望企業への推薦など様々な転職をサポート。

 

ハジメ

リクルートエージェントは業界最大手だから一番チカラもある転職エージェントです。まずは登録です。

リクルートエージェント無料登録はコチラ

リクルートエージェントの口コミ評判はコチラ

 

doda

doda

【おすすめ度】4.5 out of 5 stars
【公式サイト】https://doda.jp/

転職サイトで有名なdoda(デューダ)が運営している転職エージェント。

dodaも老舗・大手ということで求人案件が豊富です。またキャリアカウンセラーからのサポートにチカラを入れているのがおすすめポイントです。

リクルートエージェントと比べると中規模の企業や伸び盛りのベンチャー企業の案件が多めなのも特徴です。

リクルートエージェントとdodaの2つは転職する際には登録必須の2社です。

 

おすすめポイント
  • 業界最大級の非公開求人・限定求人・極秘ポジション保有
    dodaの非公開求人は、dodaサイトや求人企業のサイトでも公開されていないようなプレミアムな求人情報が多数あります。
  • 2名体制による転職サポート
    キャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当の2名体制でサポート。応募書類の添削から模擬面接など手厚いサポートを行っています。
  • イベント・セミナー多数開催
    dodaでは就職フェアや就職セミナーを毎週のように開催しています。企業担当者に直接会えたり転職成功のポイントを学ぶことができます。

ハジメ

私リクルートエージェントとdodaは多く人のが2社利用してます。もちろん僕もそうでした。

doda無料登録はコチラ

dodaの口コミ評判はコチラ

 

パソナキャリア

パソナキャリア

【おすすめ度】4 out of 5 stars
【公式サイト】https://www.pasonacareer.jp

人材派遣大手で有名なパソナグループが運営する転職エージェントが「パソナキャリア」です。

リクルートエージェントと比べると求人数40,000件と少ないのですが、人材派遣ネットワークの強みを活かし他社エージェントにはない優良案件を持っています。

またパソナキャリアはキャリアアドバイザーと企業の人事担当者とのコネクションが強いのがポイントです。

リクルートエージェント・dodaで希望の企業が紹介されない時の二番手候補として登録を検討してみましょう。

パソナキャリアは人材派遣の流れで女性に人気の転職エージェントですよ。

リカさん

 

おすすめポイント
  • 人材派遣のコネで他社にはない優良案件あり
    パソナキャリアは人材派遣の流れで他社にはない非公開求人があります。
  • 取引実績も25万人16,000社以上
    転職エージェントとしては大手2社と比べると少なく感じますがそれでも16,000社以上の実績あり。
  • 女性に人気の転職エージェント
    人材派遣で人気のパソナ系列なので受け女性に人気の転職エージェントです。

 

パソナキャリア無料登録はコチラ

パソナキャリアの口コミ評判はコチラ

 

 

type転職エージェント

type転職エージェント

【おすすめ度】3 out of 5 stars
【公式サイト】https://type.career-agent.jp/

type転職エージェントは首都圏(東京・埼玉・千葉・神奈川)の求人案件を主に扱う老舗エージェントです。

@typeというITエンジニアに強い転職サイトも運営しています。

年収アップにこだわった転職エージェントで転職者の約71%が年収アップに成功。30代で未経験可の案件も多くありますので未経験の業界や職種を希望する場合は相談してみましょう。

 

おすすめポイント
  • 首都圏中心の案件をもつ老舗転職エージェント
    type転職エージェントはサービス開始24年の老舗転職エージェント
  • 年収アップにこだわっている転職エージェント
    実績として転職者の約71%が年収アップに成功
  • 各業界に精通した専門アドバイザー
    業界に詳しい人が転職サポート

 

ハジメ

typeは年収アップにこだわった転職エージェントです。首都圏中心とエリアは限定されてますが、他の転職エージェントと組み合わせることで、これから転職する業界に詳しくなれる転職エージェントです。

type転職エージェント無料登録はコチラ

type転職エージェントの口コミ評判はコチラ

 

20代向けおすすめの転職エージェント

20代向けおすすめ転職エージェントのご紹介です。

キャリアが浅く転職自体がはじめて、という方にも安心のサポートがある転職エージェントです。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

【おすすめ度】5 out of 5 stars
【公式サイト】https://mynavi-agent.jp

20代転職エージェントではもっともおすすめできるのがマイナビエージェント。

新卒採用で有名で第二新卒や20代から信頼されている20代向けNo.1転職エージェントです。

 

ハジメ

マイナビエージェントは新卒採用で有名な「マイナビ」が手がける20代向けおすすめの転職エージェントです。

 

新卒採用の強みも活かしマイナビエージェントならでは非公開求人が多数あります。また20代ではじめての転職をサポートするキャリアアドバイザーがいます。

 

おすすめポイント
  • 新卒採用で知名度高い「マイナビ」グループ
    マイナビエージェントは新卒採用で有名な「マイナビ」グループの転職エージェント。
  • 「マイナビ」グループならではの非公開求人
    新卒採用の強みを活かした非公開優良企業求人が多数
  • 20代向けはじめての転職もしっかりサポート
    20代ではじめての転職をサポートするキャリアアドバイザー。

 

マイナビエージェント無料登録はコチラ

マイナビエージェントの口コミ評判はコチラ

 

20代の転職相談所

20代の転職相談所

【おすすめ度】4 out of 5 stars
【公式サイト】https://20tensyoku.jp/

第二新卒・20代向けに総合的な転職サービスをしているブラッシュアップ・ジャパン株式会社が運営している転職エージェントが「20代の転職相談所」。

その名の通り20代向けの転職エージェントです。相談所のエリアは東京・大阪・名古屋・横浜と限られますが、20代に親身になってサポートする転職エージェントとして人気です。

求人数も5,000件と少なめながら、担当者が取材訪問をして「若手が成長できる企業」を紹介してくれます。

 

おすすめポイント
  • 20代特化の転職サービス企業が運営
    20代転職に特化したブラッシュアップ・ジャパン株式会社が運営
  • 20代の「はじめての転職」に寄り添う転職エージェント
    はじめての転職で不安がある20代を親身にサポート
  • 実際に企業を取材をした企業を紹介
    担当者が実際に企業に訪問し「若手が成長できる企業」を紹

 

ハジメ

私が20代のころブラッシュアップ・ジャパンにお願いしたことがありますが、親身にサポートしてくれました。

 

20代の転職相談所無料登録はコチラ

 

MEMO
20代おすすめ転職エージェント特集記事20代おすすめ転職エージェント!20代キャリア3タイプ別厳選8社をご紹介」でより詳細にご紹介しています。

ハイクラス向けおすすめの転職エージェント

経営マネジメント・部長・課長や年収600万円以上の方向けのハイクラス向け転職エージェントのご紹介です。

転職市場では年齢ともに転職成功の難易度が上がります。参考までに厚生労働省のデータがあります。

 

厚生労働省「平成29年上半期雇用動向調査結果の概要」の「転職入職者の状況」を見ると、25~29歳の転職入職率が男性8.9%、女性8.6%なのに対し、30~34歳では男性5.3%、女性6.4%、35~39歳では男性4.6%、女性5.1%となっており20代より30代の方が、割合が低くなっています。

参考平成29年上半期雇用動向調査結果の概要

 

ハイクラスになってくるとポストが限定されてくるので、本人の能力というよりいかに自分にマッチしたポジションが空いているか、が勝負になります。

そのためハイクラスこそ転職エージェントの利用が必須なのです。

 

ハジメ

年収600万円以上となると限られたポジションと自分のキャリアがピンポイントでマッチするかが重要だぞ。

 

BIZREACH(ビズリーチ)

ビスリーチ

【おすすめ度】5 out of 5 stars
【公式サイト】https://bizreach.biz/

TVCMでも有名な「ビズリーチ」。こちらは年収600万円以上の方向けの転職サービスです。

登録企業・募集ポジションのレベルの高さはもちろんのこと、外資系ハイクラス案件もあります。求人数100,000件以上、年収1,000万円を超える求人が3分の1以上と圧倒的はハイクラス求人数です。

30代管理職・スペシャリスト・専門職で年収が高めの転職を希望の方はビズリーチ!でしょう。

 

おすすめポイント
  • 「ビズリーチ!」のTVCMでお馴染み
    転職エージェントとして知名度が高く利用企業も急増中
  • 求人数100,000件、年収1,000万円以上が3分の1
    ハイクラス求人数の圧倒的多さ。
  • 幹部ポジション案件多数
    極秘案件や大手企業幹部を目指すような求人も多数

ハジメ

 年収800万円以上のハイクラスを目指すならビズリーチだ。

BIZREACH(ビズリーチ)無料登録はコチラ

 

JACリクルートメント

JACリクルートメント

【おすすめ度】4 out of 5 stars
【公式サイト】https://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントはエグゼクティブクラス(部長・役員)、管理職(課長・マネージャー)や専門職に特化した転職エージェント。JACリクルートメント経由での転職者の70%が35歳以上です。

外資系企業にも強くネイティブスピーカーによる、英文レジュメ作成のアドバイスにも定評があります。

マネジメントポジションの転職ならJACリクルートメントおすすめです。

おすすめポイント
  • 年収600万円〜2,000万円級のハイクラス転職エージェント
    JACリクルートメントはミドル・ハイクラス特化の転職エージェント
  • 外資系にも強い転職エージェント
    外資系企業実績4,000社
  • 業界特化のコンサルタント650名
    精鋭コンサルタントが650名もいます。

ハジメ

ハイクラス外資系企業を目指すならJACリクルートメントおすすめだ。

 

JACリクルートメント無料登録はコチラ

 

Spring転職エージェント

Spring転職エージェント

【おすすめ度】4 out of 5 stars
【公式サイト】https://www.springjapan.com/

人材派遣大手アデコの転職エージェントがSpring転職エージェントです。業界・職別にチームを編成しているので転職者に専門性の高いアドバイスを行っています。

完全にエグゼクティブ専門というわけではありませんが外資系企業にも強く利用者が30代・40代が多いのが特徴です。

キャリアコンサルタントが担当する求職者の数も少ないためより密度の濃いサポートが期待できます。

非公開求人が80%、全世界に5,100拠点がある最大手クラスの安心の転職エージェントです。

 

Spring転職エージェント無料登録はコチラ

 

CAREER CARVER(キャリアカーバー)

CAREER CARVER

【おすすめ度】5 out of 5 stars
【公式サイト】https://careercarver.jp/

リクルートが運営しているエクゼクティブ(部長級・役員以上)ヘッドハンティングサービスがこのキャリアカーバーです。

リクルートの経験豊富なヘッドハンターが求職と企業の間に入り転職活動をサポート。複数の企業顧問案件などエクゼクティブの方は登録しておくのはいかがでしょうか。

 

CAREER CARVER(キャリアカーバー)無料登録はコチラ

 

フリーター・職歴なし・第二新卒に特化した転職エージェント

最近増えてきているのがフリーター・職歴なし・第二新卒特化の転職エージェントです。

学校を卒業したものの就職のタイミングを失った20代若手に対して、基本的なビジネスマナーから書類の書き方、面接対応まで親切丁寧にサポートしている転職エージェントです。

まずは正社員で就職し、数年のキャリア積んでさらなるステップアップするためにこのフリーター・職歴なし・すぐに辞めてしまった第二新卒はこの転職エージェント利用しましょう。

 

JAIC(ジェイック)

JAIC

【おすすめ度】5 out of 5 stars
【公式サイト】https://www.jaic-college.jp

JAICはフリーターや職歴がない既卒に対してビジネスマナーから書類の書き方、面接の仕方までしっかりと研修を行う転職エージェントです。研修を受ければ書類選考なしで登録企業と面接も受けられます。

またJAICのスタッフは1社1社取材訪問しており、飲食や投資用不動産、保険といった離職率の高い業種や、そもそも若手を育てる気がない企業を排除し、安心して働ける企業を紹介しています。

そのため就職後も定着率94.3%と高いのです。

 

おすすめポイント
  • フリーター・職歴なし・第二新卒向け転職エージェント
    ビジネスマナーから書類の書き方、面接の方法までしっかり研修を行っています。
  • 書類選考なし100%面接へ進めます
    JAICで研修を受ければ書類選考無しで面接が受けられます。
  • ブラック企業を徹底排除している
    1社1社訪問取材しブラック企業や若手を育てる気がない企業は紹介していません。

ハジメ

職歴なし・フリーターの人はまずはこのJAICでしっかり就職について学んでからがおすすめです。

 

JAIC(ジェイック)無料登録はコチラ

JAICの口コミ評判はコチラ

 

就職Shop(リクルート)

就職Shop

【おすすめ度】4 out of 5 stars
【公式サイト】https://www.ss-shop.jp/

リクルートが手がける20代職歴なし・フリーター・第二新卒向け転職エージェントが「就職Shop」です。

こちらもしっかりとした面接対策・書類作成を行い書類選考無しで面接が可能です。採用企業も未経験者歓迎の求人で8,500社以上。

100%訪問取材した企業なので安心です。

おすすめポイント
  • 転職業界最大手の「リクルート」グループ
    就職Shopはリクルートグループの20代職歴なし・フリーター・第二新卒向け転職エージェントです。
  • 書類選考なし100%面接へ
    キャリアコーディネーターと面談をし、その後は企業と面接に進むことが可能です。
  • 100%訪問取材しています
    1社1社訪問取材しブラック企業や若手を育てる気がない企業は紹介していません。

 

ハジメ

「就職Shop」は 安心のリクルートグループの転職エージェントだ。

 

就職Shop無料登録はコチラ

 

ハタラクティブ

ハタラクティブ

【おすすめ度】3 out of 5 stars
【公式サイト】https://hataractive.jp

ハタラクティブはフリーターといった職歴がない20代向けの就職支援サービスです。就活アドバイザーがマンツーマンでサポートし、社会人未経験でも安心して面接に挑めるよう面接対策を行っています。

またハタラクティブは求人サイトにない非公開求人も案件も多数。紹介可能な企業はしっかりと取材をした安心の企業ばかりです。

支援実績も60,000人以上、正社員就職成功率80%以上と高い実績を挙げています。

おすすめポイント
  • 20代フリーター向け転職エージェント
    就職支援実績60,000人以上
  • 就活アドバイザーが親身にサポート
    社会人未経験でも安心して面接挑めるようアドバイザーがサポート
  • 自分発見カウンセリングを実施
    迷っている方もにカウンセリングを通じて自分に向いている業種・職種をアドバイス

 

ハジメ

ハタラクティブは20代フリーターの正社員就職支援サービスとしては有名な企業なんだ。

 

ハタラクティブ無料登録はコチラ

 

▲目次に戻る

 

転職エージェントを利用するときにもっとも重要なこと

転職エージェントで重要なこと

 

「総合型転職エージェント」「20代向け転職エージェント」「ハイクラス向け転職エージェント」「フリーター・職歴なし・第二新卒向け転職エージェント」をご紹介してきました。

ここで最後に転職エージェントを利用する際にもっとも重要な事をお伝えします。

 

それは転職エージェント経由で転職するかどうかは別にして転職エージェントは複数登録しておきましょう。

 

転職は情報量が重要です。転職エージェントによって扱っている転職情報がまったく異なるのです。

転職エージェントは担当者が一人ひとりついて企業と求職者(アナタ)の間に入って紹介や転職サポートをしてくれます。そのため求職者(アナタ)に合った求人案件がないと、紹介できる企業がないためそもそも登録を断られてしまうこともあるんです。

もし断られても落ち込んだりする必要はありません。それは求人企業側の時期や転職エージェントの他の求職者の登録状況によって変わるからです。今は断られても半年後は登録できることもありますし、もちろんその逆もあります。

 

人によってはA社の転職エージェントでは紹介案件がなくてもB社の転職エージェントでは案件多数で登録歓迎される、ということもよくあります。そのB社から紹介された転職先がまさに希望通りだった!なんてことも。

大事なポイント
  • 転職は情報量が重要
  • 転職エージェントによっては紹介できる・できないがある
  • 転職エージェントは複数社登録しよう

 

必ず複数の転職エージェントに登録を申し込んでおきましょう。そして複数の転職エージェントから常に自分に合った転職先候補企業を貰うようにして、いつでも転職できるように準備しておくことが転職を成功させるポインなのです。

 

ハジメ

転職エージェントの上手な活用方法をお伝えします
STEP1
自分の特性に合った転職エージェントを1〜2社登録
「20代向け」「ハイキャリア向け」「職歴なし向け」「総合型」と大きく4つに分類しています。自分に合った転職エージェントに申し込みましょう。
STEP2
追加で大手の「総合型転職エージェント」1〜2社登録
この中でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」「doda」の3社は登録必須の転職エージェントです。まだ登録していない人は登録しておきましょう。
STEP3
利用は無料なので複数選んでから最終1〜2社に絞り込む
登録ができたら求人案件の紹介がはじまります。自分に合いそうな企業を紹介しくれる転職エージェントに絞り込みましょう。
STEP4
合わないと感じたら担当者変更か別の転職エージェントを利用
転職エージェント担当者との相性も大事です。どうしても合わなければ別に転職エージェントの利用も検討しましょう。(そのために複数社登録しておきましょう。)

 

転職エージェント担当者との相性も大事です。どうしても合わなければ別に転職エージェントの利用も検討しましょう。(そのために複数社登録しておきましょう。)

 

2019年は超売り手市場で求職者有利です。

今より条件のより自分に合った会社へ転職できるチャンスは確実に増えています。

ぜひ複数の転職エージェントを上手に利用し、転職を成功させましょう。

 

▲目次に戻る

 

最後にもう一度転職エージェントおすすめ一覧のご紹介です

●総合型おすすめ転職エージェント

 

●20代おすすめ転職エージェント

 

●ハイクラスおすすめ転職エージェント

 

●職歴なし・フリーターおすすめ転職エージェント

 

※(★)が特におすすめの転職エージェントです。
※クリックすると公式ページにジャンプします。

 

▲目次に戻る