転職エージェントの選び方を解説!

「転職失敗した…。」代表的な転職失敗事例と短期間でのリカバリー転職成功のコツ

転職失敗

「転職失敗したかも…。転職したばかりでまだ3か月なのに、もう仕事辞めたい!」

せっかく転職したのにイメージと違った、入社前の確認が漏れていた!入社後に話が変わった、など絶対に転職を失敗したくないですが、一定数転職失敗する人はいます。

それでは転職後に「失敗した」と感じてしまった場合、どのように対処すればいいのでしょうか。

今回「転職失敗!」もう仕事辞めたい!…と悩んでいる方の対処法や、次の転職で失敗を繰り返さないために、失敗から学ぶ「転職成功術」を紹介しています。

 

ハジメ

これから転職する人も必見ですよ。

 

目次

転職失敗した!まだ3か月…転職したばかりなのにもう辞めたいと感じてしまう理由

転職失敗した!と感じる理由

転職間もないときは「失敗したかも…」と思いうことはよくあります。

まずは落ち着いて「転職失敗」が一時的なものではないか考えてみましょう。

新しい環境になじめてないだけ

転職するとこれまで築いてきた関係などもリセットされている状態なので、誰しもはじめはなじめないものです。

就職活動中に会社のことを調べたり、実際に面接などで会社の面接官と話しますが、その職場の雰囲気などはその場は分かりずらく入社してみると思っていたことと違うということもあり、すぐになじめないことも少なくありません。

少しずつ社内で相談できる人や上司・部下の考え方がわかるようになれば解決することもあります。

 

人間関係をうまく築けない

新入社員であれば同期がいたりするので、話しやすく人間関係を築きやすいものですが、転職の場合には中途採用となるのでどうしても中途半端なタイミングでその職場に入ることになります。

そのためきっかけを掴むことができないために上手く人間関係を築くことができず、転職に失敗したと思ってしまいます。

こちらも周りの人と気軽に話せるようになれば解決することもあります。

 

緊張して疲れてしまっている

転職まもなくて疲れている

はじめての転職などでは誰しも緊張してしまうものです。

「新たな職場で上手くやっていけるかな?」「人間関係を上手く築けるかな?」「いきなりミスしたらどうしよう」などさまざまな緊張が発生してしまい、疲れてネガティブな考えになっているだけの可能性もあります。

 

新しく覚えることが多すぎる

同じ職種の転職でも新しい会社に入社するのはわからないことが多くあります。

ましてや完全に別の職種に転職した場合には全てイチから仕事を覚えなければならないため、余計にストレスを受けることもあります。

少しずつ覚えていけば解決することもあります。

 

転職直後は慣れない…「後悔」して当たり前!

このように転職直後はどうしてもその会社の雰囲気や人間関係に悩んだり、覚えることが多くて疲れてしまったりということが誰しもあるものです。

後悔することは当たり前なので、どうしてそう思っているのかなど落ち着いて考えてみると良いでしょう。

 

\ 無料で診断 /適職診断を受けよう

転職失敗したからといってすぐ辞めるのはやっぱりダメ?!転職回数は何度まで許されるか

転職失敗してすぐ辞めて大丈夫?

転職したけれど仕事や会社がどうしても合わなかったり、人間関係がうまく行かない場合、また転職を考えることもあるでしょう。

しかし日本ではあまり転職回数が多いと、次の転職活動でも「またすぐに仕事辞めてしまうのでは?」という印象を面接官に与えてしまう恐れがあります。

そのようなことが起こらないようにするために、転職は何回まで問題ないのかご説明していきます。

 

転職回数4回以上は多い印象

転職回数が1〜2回であれば問題ありませんが、4回以上になってくると「どうしてそんなに転職しているのか」疑問に思われる恐れがあります。

 

ハジメ

30代で4回となると3〜5年に1回は転職しているのでやはりちょっと多い印象ですね。

 

転職回数よりマイナス評価になる「短い」在籍期間

転職回数が少ないから大丈夫と思っていても、会社の在籍期間が短いと転職回数よりもマイナス評価になることもあります。

たとえば履歴書に一つ前の会社の在籍期間が3ヶ月と記載されていると、「早期での退職理由を知りたい」と面接官は考えます。

会社としては長く勤めてもらうために募集しているのですから、すぐに辞めてしまう人を採用しずらくなるのです。

 

退職理由について

面接で重要になってくる退職理由についてまとめています。

参考面接で必ず質問される「退職理由」について鉄板回答5選

 

年齢に応じた転職歴はプラス評価になることも

反対に40代、50代で「はじめての転職」となると、企業が側も不安になります。

採用担当者としても「30年同じ会社で働いていた人を新たに受け入れられるのか」と考えてしまいます。

今の時代、一度、二度の転職をしながらしっかりキャリアップしている人は、次の転職でも評価されることもあります。

 

【転職失敗例】転職失敗してしまう10つの理由を紹介

転職失敗する10の理由

転職で失敗するにはいくつか原因があります。

代表的な10の事例をご紹介します。

「会社を辞めたい」からすぐに転職してしまった

なんとなく嫌だから仕事辞めたいと考えで転職してしまうと、転職先でも同じようなことを考えてしまいどうしても仕事を続けることができなくなってしまいます。

そうなるとまた転職をと考えて繰り返してしまうと転職自体が難しくなってしまうので、どうして転職したいのか、自分にとって仕事とは何なのか、を考えて行うことが重要です。

 

created by Rinker
¥1,123 (2019/11/22 01:18:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

キャリアビジョンもなく、なんとなく転職してしまった

自分の年収をアップさせるため、技術をもっと磨くためにというビジョンをもとに転職するのであれば、どの会社が良いのかなど真剣に転職を行います。

しかし明確なキャリアビジョンもなく、なんとなく転職したいという理由で行ってしまうと会社選びもそれなりで進めてしまうので、結果として「仕事が合わない」「自分のやりたい仕事ではなかった」など転職失敗の原因になってしまいます。

 

面接で見栄を張ってできないことをできると言ってしまった

転職面接でできないことをできると言わないようにしましょう。

中途採用となるとどうしても技術面で期待されることも多くなってくるため、見栄を張って言ってしまうと入社した後に「できない!」「期待はずれ!」と評価され後悔して社内での立場が厳しくなります。

 

雇用の条件を詳しく確認していなかった

雇用条件を確認してなかった

雇用条件を十分に確認することも重要です。

なぜなら給与体系や休暇の有無など、実際に入社してみると書いていた内容が違うということがあるからです。

残業代に関することや、昇給の状況、夏季休暇・慶弔休暇など一般的な会社と比べて多いのかなども知っておいてほうが良いでしょう。

入社してからでは遅いので、人事担当官など事前にチェックできるのであれば、雇用条件を確実に確認しておきましょう。

 

面接で仕事内容への希望を伝えられなかった

転職の際の面接では、自分がやりたいことについて、面接官にしっかりと希望を伝えておきましょう。

自分がやりたいことのイメージを伝えていないと、単純に人が足りない場所に配属されてしまい、自分がやりたいことと違うということになりかねません。

そのため面接のときに具体的なところまですり合わせておきましょう。

 

待遇や肩書ばかり優先し、転職の目的を見失っていた

待遇や肩書ばかりを考えて転職すると、なぜ転職するのか?という目的を見失ってしまいます。

転職の目的が明確にせず行うと、やりがいを感じなかったり給与面に不満がでて仕事に身が入らないなど、転職に失敗したと考える恐れがあります。

ときに肩書は会社独自のものです。「マネージャー」という肩書でも、正式な部下もいなく、自分が一番下だった、なんてこともありえます。

目先の待遇や肩書ばかりを優先せず、転職の目的を明確にして行うようにしましょう。

 

憧れの会社だったけど、理想と違った

「有名なサービスで知名度もある!」「給与や待遇も良いからあの会社に入れば大丈夫」だといった憧れだけで、十分なリサーチを行わずに会社を選んで入社すると理想と違ったことによって、嫌気がさしてすぐに辞めてしまうことも。

理想を持つことも良いですが、後悔しないように十分なリサーチを行いましょう。

 

楽な仕事を求めて転職してしまった

「現在勤めている仕事がキツイからもっと楽なところに転職しよう」という甘い考えで会社を変えてしまうと、新しい職場ではどうやっても覚えることが多いので余計にキツく感じてしまうことも。

場合によっては前の仕事のほうが楽に感じてしまい後悔することになるので、今より楽な仕事をという安易な理由で転職しないようにしましょう。

 

ハジメ

慣れている仕事のほうが楽に感じるものです。

 

人のせい・会社のせいにして転職をした

「上司が合わないから辞めた」「部下がいうこと聞かない」「会社は自分のことを評価してくれない」こんな感じに矢印が外に向いている人は、転職しても同じ目に合うことが多いです。

会社を変えるよりまずは自分が変わらないといけない事もあります。

他人のせい・会社のせいばかりにしている人が転職しても結果、同じになることが多いのです。

 

転職先が決まる前に退職して焦ってしまった

転職活動は原則、在職中に行い次の内定が出てから退職をしましょう。

転職先が決まる前に退職してしまうと、収入が途切れるため焦ってしまい、結果自分が希望としない会社に決めてしまう、といったことがあります。

ハジメ

慌てて転職するとブラック企業に捕まるケースが多いんです。

 

\ 無料で診断 /適職診断を受けよう

転職を失敗した!間違えたときの対処法

転職失敗したときの対処法

ここからは実際に「転職失敗してしまった!」となったときの対処法についてご紹介していきます。

やり直しのチャンスはいくらでもあります。

転職が失敗か成功かは全力を尽くさないと分からない

「転職失敗した!まだ3か月…転職したばかりなのにもう辞めたいと感じてしまう理由」でもご紹介したとおり、転職してすぐはなれない環境のせいか「仕事が合わない」「転職失敗かも」「仲良い人ができない」と感じてしまうものです。

ハジメ

僕も何度か転職しましたけど最初からイメージ通り!という転職先はなかなかありません。

 

悪質なブラック企業や雇用条件が虚偽とかでなければ、1ヶ月、2ヶ月…と仕事をしていく上で慣れてきて成果がでたり、社内の意外な人と仲良くなったりして、「仕事が楽しい」と思うようになることもあります。

 

まずは慌てず冷静に、会社に慣れる、仕事に慣れる、人間関係に慣れる、ことを意識して半年くらい過ごしてみましょう。

 

短期間での再転職はリスクが高いので最低1年…今の職場でがんばってみる

どうしても我慢できない場合、再転職を考えることになりますが、2、3ヶ月での転職は厳しいのが現実です。

できれば最低でも1年は仕事を続け、仕事をしながら並行して少しずつ転職を活動開始するのが良いでしょう。

転職して失敗した理由を明確にして、「問題を解消すべく自分でもいろいろチャレンジした」というのを具体的にして転職活動をしていきましょう。

 

前の会社に出戻りしたい!出戻り転職はできる?

最近は出戻り歓迎!の会社も増えてきています。

「他の会社に転職したけど…やっぱり前の会社のほうが良かった!」というのは会社側としても嬉しいものです。

退職手続きをしっかり行い円満退社をしているのであれば「出戻り」も検討してみましょう。

 

円満退社するって大事ですね…

リカさん

 

ハジメ

最近の会社は退職しても1割くらいの人は出戻りで戻ってきている印象がありますよ。

 

出戻りとは「出戻り」について一度辞めた会社に戻るメリット・デメリットを分かりやすく解説



 

どうしても我慢できない時は「転職エージェント」を活用して転職を

転職後、短期間での再転職はとても厳しい転職活動になります。おそらく転職サイトなどでの自力では不可能でしょう。

短期間の転職活動は「転職エージェント」の利用が必須です。

転職エージェントであれば、短期間で転職活動をしなければならないことになった理由、についても話を聞いてくれ、その上で企業側に自分のことを紹介してくれます。

また親身になってくれる「転職エージェント」であれば「短期間での転職」を理解してくれている企業を紹介してくれます。

ハジメ

僕も転職後1年で転職したことありますが、転職エージェントのサポートのおかげでした。

短期間の転職では転職サイトではなく「転職エージェント」を利用しましょう。

 

転職エージェントについて

転職エージェントも種類がさまざま。自分に合った転職エージェントを選びましょう。

参考転職エージェントおすすめ13社!キャリア別に実際に利用した転職成功者が詳細に紹介

 

もう転職失敗を繰り返さない!成功する転職の進め方

転職失敗しないために

最後の転職失敗を繰り返さないためのポイントご紹介します。

転職失敗して短期間での転職をしようとしている人も、これから新たに転職活動する人もぜひ参考にしてください。

 

まずは転職失敗した理由を冷静に分析して

転職に失敗したと思って焦ってしまう前に、まずはどうしてそう考えてしまったか冷静に分析を行いましょう。

すぐに辞めてしまうと転職でマイナスの原因になってしまうからです。

職場環境や人間関係など原因となっている問題を理解することで、転職することになってもその経験を生かして行うことができるようになります。

 

ハジメ

理由は1つではなく複数あると思います。しっかりと失敗した理由を見直してみましょう。

 

なぜ転職するの?転職したい理由を整理しキャリアビジョンを明確に

自分は何のために転職をするのかを今一度考えてみましょう。

「今の会社が合わない」「なんとなくつまらない」「もっといい会社あるかも」

こんなノリで転職をする人はほとんど失敗しています。

 

絶対に叶えたい条件、妥協できる点を決めておく

転職をするにあたって、自分が実現したいこと、絶対に譲れない条件や妥協できるところをまとめておくことと良いでしょう。

転職をするときにその条件があれば、一致するところが見つかるまでとことん転職活動が行うことができ、自分が納得して転職できるので仕事を続けやすくなるからです。

 

過大評価は転職失敗の原因に!自分の市場価値は正しく見極めて

自分を過大評価してしまったがために、自分のスキルが通用しない会社を選んでしまったり、もっといい会社があるはずだと思っていたら転職タイミングを逃してしまったり、と転職活動自体が上手くいかないことも十分にありえます。

今の会社では上手くいっていても他の会社では通用しないこともあるので、過大評価することなく自分は新人くらいの気持ちで挑みましょう。

 

適職診断は一度受けてみてくださいね。

リカさん

ハジメ

こちらでは年収査定も行っています。

 

転職口コミサイトで会社の社風・人間関係などを確認しよう

会社の求人や面接だけでは、その会社の社風や人間関係を確認することは難しく、入社してから合わなかったでは手遅れになってしまいます。

そんな失敗をしないためにも、転職口コミサイトを活用しましょう。転職口コミサイトには実際に働いていた人たちが社風や人間関係について答えているので、転職するときに参考にすると良いでしょう。

 

転職口コミサイト

社員の口コミが見れるおすすめ口コミサイトはこの4サイトです。

参考転職口コミサイトを徹底比較!私が利用して「信頼できる」と思った転職口コミサイトを4つ紹介します。

 

事前の情報収集で理想と現実のギャップを埋める

転職をするときに転職先に理想を持ってしまう方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

理想ばかりを考えて事前の情報収集を怠っていると、入社後に書類よりも給与が低かったり待遇が悪かったりと、理想と現実のギャップが原因で会社を辞めてしまうことも。

そのようなことがないように、給与や待遇、社風など事前の情報収集を綿密に行い、理想とのギャップを解消しておきましょう。

 

焦って転職しない!転職は時間がかかると心得て

転職活動は一般では2ヶ月から半年とすぐに転職ができるということではありません。

時間が掛かりすぎているからと言って焦って転職すると、雇用条件が合わなかったり、やりたくない仕事の会社に就職してしまったといった失敗につながります。

転職活動は時間がかかるものですので、焦らずに納得のいく転職活動を行いましょう。

 

転職活動は退職前に

転職活動は先ほど述べたようにどうしても時間が掛かってしまうものとなります。

そのため退職してから転職活動を行うと収入が途切れてしまうため、長引いてしまうと生活するためなどさまざまな原因で焦りが生まれてしまいます。

そうなってしまうと、転職活動に集中できなくなってしまうので、必ず転職は退職前に行うようにしましょう。

 

応募企業は複数に!1社に絞りこんではダメ

忙しいからといって、転職先を1社に絞り込むことはやめましょう。

1社ずつ行ってしまうと内定がでないとまた一から応募しなおしとなってしまい、転職活動の意欲が削られてしまいます。また、複数社での比較を行うことができず、納得して転職を行えない可能性があるからです。

 

内定承諾前に給与や就業条件を再確認しよう

内定が出ると労働条件通知書といった雇用条件が提示されるはずです。

給与だけではなく、各種手当て、残業代の仕組み、昇給・降給などの人事制度などもしっかり確認しましょう。

長く働くには休暇の条件なども大事ですよ。

リカさん

 

転職失敗したときの対処法 まとめ

以上、転職失敗の事例や対処法をご紹介してきました。

転職失敗するケースのほとんどが「漠然とした転職」です。

「上司が嫌い」「なんとなく仕事がつまらない」「とりあえず会社の将来性が不安」といった感じで転職活動すると、結局転職した先でも同じでようになることが多いのです。

転職を通じて自分が実現したいことをしっかりと描いて転職活動をしましょう。

また転職活動失敗した!と思っても1年は腰を据えて頑張ってみてはいかがでしょうか。時間とともに解決することもあります。

もしどうしても厳しいのでしたら在職しながらの転職エージェントを利用した転職活動をしましょう。

 

退職理由を聞く理由面接で必ず質問される「退職理由」について鉄板回答5選 仕事を辞めたい理由だけでなく、対処法や辞めるべき基準やケースを教える記事です「仕事を辞めたい」その理由だけでなく対処法や辞めるべき基準も教えます 退職手続き「退職手続き」正しい8つのSTEP!退職申し出から提出書類受け取る書類・手続き方法までわかりやすく紹介 転職口コミサイト転職口コミサイトを徹底比較!私が利用して「信頼できる」と思った転職口コミサイトを4つ紹介します。 転職先が見つからない転職がうまくいかない!ありがちな理由や不安・ストレスを解消し「転職活動がうまくいく」方法をアドバイスします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です